試合当日の時間の使い方が勝負を左右する!

IMG_5322

みなさん、こんにちは。トレーナーの市山です。
 
各地域で全国に繋がる予選会等、大会が多い時期ですね。
 
今回は一番良いコンディションで試合に入るための、試合日の過ごし方についてお伝えします!

 

1〜5までの流れについて、一つずつポイントをご紹介します。
 
<試合日の1日の流れ>

1.起床

2.朝の第一ウォーミングアップ(←大切!)

3.朝食

4.会場へ移動

5.練習前のウォーミングアップ



【1.起床】

出発時刻から逆算し、余裕をもって準備できるよう前日から起床時間を決めましょう
 
6〜8時間は睡眠時間を確保しましょう。
 
 
 
【2.朝の第一ウォーミングアップ】
 
15分程度のウォーキングと全身の静的ストレッチで、心と体を目覚めさせましょう。
 
朝一は、脳がリセットされた状態の為、正しい姿勢やバランスをとって身体を動かすことで、その日1日の動きが脳にインプットされます。

その為、ダラダラと散歩をするとその日1日がメリハリのない動きになってしまいます。

各関節をルーズにせず、姿勢を意識して行いましょう。



【3.朝食】
 
・主食・主菜・副菜をしっかりと食べましょう。
 
・特にエネルギーとなる炭水化物(ご飯・パン・麺類)が重要です。
 
試合当日は揚げ物や、脂質が多い食べ物は消化に悪いので避けましょう
 
食事量や栄養バランスは、試合当日だけでなく日頃から気を付けましょう。
 

 
【4.会場までの移動・到着後】
 
・冷房などで身体を冷やさないよう、長袖長ズボンを着用しましょう。(状況に応じて適切な服装を)
 
・到着後はチームのテント等にまとめて荷物を置くことになると思いますが、散らかっていては試合間にリラックスして過ごせません。
 
落ち着いて過ごせる環境をチーム全体で整えましょう。

・また、ウォーミングアップや練習にスムーズに入れるよう、道具の準備やサポーター・テーピング等、身の回りの準備を行い、余裕を持った行動を心掛けましょう。



【5.練習前のウォーミングアップ】
 
・普段通りのウォーミングアップですが、体だけでなく心の準備も必要です。

 その日の身体の状態を感じながら集中して行いましょう。
 
・また、チームのウォーミングアップの雰囲気は、試合の雰囲気に影響します。
 
 緊張でいつもと違う行動をとる選手も多いです。
 例えば、普段より喋らなくなる選手や、喋っていないと落ち着かない選手、注意散漫になり忘れ物や視野が狭くなる選手など様々です。
 
緊張」を悪者と捉えず、適度な緊張で試合に挑めるよう「リラックス」の方法を知っておくと安心ですね。
 
*後日「リラックス方法について」の記事を配信予定です!


 
勝ちたい気持ちが強い大会程、緊張感は高まります。
 
日頃から一番大事な試合の日をイメージしたウォーミングアップを心掛けましょう。




※ウォーミングアップ、トレーニング方法についての質問、疑問などがございましたら、

までお寄せください!質問および回答を当メルマガにてご紹介させいただきます。
(全てのご質問にはご回答できない場合もございますので、ご了承ください)


スポーツインテリジェンスHP

http://www.sports-intelligence.jp/


からだサポート【S.I メルマガ】登録フォーム

https://plus.combz.jp/connectFromMail/regist/cpfw9543

4660323a

スポーツインテリジェンスのトレーナー記事が誰よりも早く読める! 
メールマガジン「部活運営のヒント」(無料)の購読登録はこちら
    

#試合でベストパフォーマンスを出す方法とは?

1be083a3-s


みなさんこんにちは。

スポーツインテリジェンス代表の川上晃司です。

夏から秋にかけて試合シーズンが続きます。


今回は試合時の調整法(ベストパフォーマンスを出す方法)をお伝えしたいと思います。

 


 

ソフトテニスの試合に対する体のコントロールは、ほかの競技と比較しても大変難しいと思います。

1試合に関しては開始時間が決まっており合わせやすいわけですが、

2試合目以降は各コートの最初の試合が終わった後になり、時間が決められません。

また、前の試合の時にはコート付近での待機となり、自由に動き回るわけにもいきません。

このような場面で、次の試合でベストパフォーマンスを出すためには何ができるでしょうか?


もっとも考えないといけないことは、緊張や不安、焦りといった

メンタルコントロール
です。

一番必要なのは、リラックス(余裕を持てる)することです。

様々な方法がありますが、「呼吸法」をお勧めします。

一般に腹式呼吸と言われるものです。


次に、不安を解消するために自身で「暗示」をかけることです。

「絶対に勝てる。いや、絶対勝つ」といったプラス思考を頭に染み込ませることです。

こういった、脳のコントロールをしっかり行ったうえで体の調整に入ります。


しかしながら、いくら頭のコントロールでリラックスができたと思っていても実際にはまだ緊張しています。

緊張すると上半身の関節は縮んだ状態になり、下半身の関節は伸びた状態になります。

具体的には、肩や肘は大きく伸ばすことをしなくなり、

股関節や膝は曲がりにくくなります。

これらはテニスにとって最悪の状態です。

こういう場合には、しっかりと関節の運動をしなければなりません。

具体的なストレッチ方法については、次回お伝えさせていただきます。



 

 

※ウォーミングアップ、トレーニング方法についての質問、疑問などがございましたら、

までお寄せください!質問および回答を当メルマガにてご紹介させいただきます。

(全てのご質問にはご回答できない場合もございますので、ご了承ください) 


 



スポーツインテリジェンスHP

http://www.sports-intelligence.jp/


からだサポート【S.I メルマガ】登録フォーム

https://plus.combz.jp/connectFromMail/regist/cpfw9543

4660323a

スポーツインテリジェンスのトレーナー記事が誰よりも早く読める! 

メールマガジン「部活運営のヒント」(無料)の購読登録はこちら

ソフトテニスに引退はない!!

yokohama_junior-high01og


こんにちは。
ソフオンブロガーの荒川です。


各地で猛烈な暑さが続くなか、試合に練習にとソフトテニス漬けの3連休だった方も多いのではないでしょうか。


土日に茨城で開催された東日本選手権。

その大会初日で残念ながら敗れた私。

日曜は気持ちを切り替え、地元神奈川で中学生の大会観戦です。


yokohama_junior-high03



場所は横浜市三ツ沢公園テニスコート。


今年から中学校の部活動外部コーチを始めたこともあり、中学生大会のレベルを見ておきたかったのもありますが、それ以外にもう一つ大きな理由がありました。

私が主催する武蔵小杉ソフトテニス練習会に、ここ半年ほど毎回のように参加してくれていた中学生が、見事地区大会を勝ち抜いて市大会に出場すると聞いていたのでその応援も兼ねてです。

武蔵小杉ソフトテニス練習会
https://www.facebook.com/MUSAKOsofttennis/


会場に足を運んで驚いたのは、その大会規模です。

yokohama_junior-high02


yokohama_junior-high04


さすがは人口370万人を要する政令指定都市の横浜市です。

市大会でこの規模とは驚きます。


横浜市には18の行政区があり、市大会に出るまでにも厳しい地区予選があります。

この日は個人戦でしたが、各地区予選を勝ち上がってきた男女各128ペアがエントリー。

このなかからそれぞれ上位24ペアが県大会への出場権を手にします。


yokohama_junior-high05


夏の中学総体は県大会のあとも関東大会、全国大会へと続いていきます。

しかし横浜市内中学生の競技人口を考えれば、県大会への出場も相当な狭き門。

各コートでは白熱した試合が展開されます。



yokohama_junior-high06



3年生はこの夏の大会で負ければ部活を引退となる子がほとんどです。

前述の一緒に練習していた子も、同じ学校内の他ペアはすでに地区予選で敗退し、1ペアのみが市大会まで勝ち残っています。


yokohama_junior-high07


この一球に、3年間積み重ねてきた自己のすべてを発揮する。


私は固唾を飲んで見守るしかできませんが、仲間の声援を受けながら懸命にプレーする姿はぐっと胸にこみ上げてくるものがあります。

保護者でもなければその学校のコーチでもなく、ただこの数ヶ月一緒に練習していたというだけなのに、自然と感情移入してしまいます。


yokohama_junior-high08



結果的には、強豪中学のペアを相手に善戦しつつも1回戦敗退。

残念ではありましたが、それでも市大会出場という立派な結果に胸を張ってほしいと思います。



他にも、テニススクールで以前レッスンを受け持っていた子たちのたくましく成長した姿も見ることができて嬉しかったです。


yokohama_junior-high09




中学生の試合を見ていると、指導者として携わっている大人の責任の大きさを実感します。


yokohama_junior-high10



できることなら勝たせてあげたいですが、勝ちにこだわるだけがスポーツではありません。

指導者としては、教え子がソフトテニスを大好きになって、卒業してからも長く続けてもらえたらどんなに嬉しいことか。

たとえそれがソフトテニスではなくても、競技を通じて培ったものは必ずそのあとの人生に役に立ちます。


何よりもスポーツマンらしく、まっすぐに成長していってくれれば。

yokohama_junior-high11




40歳を超えても、いまだにソフトテニスに熱中している変なおじさんもここにいます。

私の周りには、私よりももっと変なおじさんやおばさんもたくさんいます(笑)。


そうやって一生涯の趣味や仲間を持てるのは、スポーツの何よりの素晴らしさです。

思えば、私自身も中学最後の夏の都大会で負けた悔しさが、その後高校、大学、社会人とソフトテニスを続ける大きなきっかけとなりました。




yokohama_junior-high12


私は仕事の都合により午前中で会場を後にしたのですが、この日はベスト32までが勝ち残り、県大会出場を賭けた戦いは来週に続くそうです。


負けて部活動を終える子、勝って次につながる子とさまざまですが、願わくばここまで頑張ったソフトテニスを長く続けて欲しいものです。

部活に引退はあっても、生涯スポーツであるソフトテニスに引退はありません。

少しだけ休んだら、きっとまたあのボールが打ちたくてうずうずしてくるはずです。


この子たちが大人になってもまた帰ってくる場所があるように、私も頑張って、そして楽しみながらいつまでもソフトテニスに携わり続けていきたいと思います。




softtennis_blog


【週刊NEWS】ファイナル負けは前衛の責任?/2018年7月16日(祝)号

20180716_001
<Photo: 「まさとぶろぐ@カンボジア」より>

ソフオン読者のみなさん、こんばんは!
ソフオン編集部 Hoshoです。

昨日、シューズを買いに行って自分の足が幅広だと今更知りました・・・
サイズは24.5と小さいので幅広のシューズは無縁だと
勝手に思い込んでいました。。
どおりで、小指の付け根あたりの外側がいつも痛くなり、
靴もそこから破れるわけですね(^^;


 ファイナル負けは前衛の責任?
- 前衛ドットコム(ブログ)(2018/7/15更新)

https://softtennis-zenei.com/mentality/final-responsibility/
ファイナルゲームについて前衛の視点から書かれています。
【編集部 Hosho】

 カンボジアチームと東北高校が合同合宿
- まさとぶろぐ@カンボジア(2018/7/14更新)
https://ogiwaramasato.net/
合同合宿の様子を写した写真がたくさん掲載されています。
【編集部 Hosho】

 「全種目で金メダルをつかむ」
- 北國新聞社(2018/7/12更新)
http://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20180712104.htm
アジア競技大会のソフトテニス日本代表選手団団長に伏見高の北本英幸教諭(50)が選ばれた。北本教諭はこれまで選手として3度、監督として1度出場し、団体で金1、銀1、銅2のメダルを獲得。5度目の挑戦となるアジア大会に向け「全種目で金メダルをつかむ」と力を込め、周囲も「北本ジャパン」に期待を寄せている。(本文より)
【編集部 Hosho】

 【観戦記】東日本選手権大会
- 早稲田大学軟式庭球部 ニュース(2018/7/15更新)
http://www.waseda-nantei.com/news/detail/id/9191
早大勢の大会結果と所感が掲載されています。
【編集部 Hosho】

猛暑のなかの熱戦!東日本選手権

2018higashi-nihon_01og


こんにちは。
ソフオンブロガーの荒川です。


茨城県神栖市で行われた東日本選手権に行ってきました!

早朝に自宅を出て、首都高と東関東自動車道を飛ばすこと約2時間。

会場は神栖海浜運動公園です。


しかも今回は観戦だけではありません。

自分も選手としてしっかりエントリーしています。

2018higashi-nihon_02


私が出るのは35歳以上の部ですが、今年の全日本社会人へ出場が叶わなかった自分にとっては、一番の大きな大会です。


この東日本選手権は予選があるわけではなく、日連に選手登録をしていればエントリーが可能です。

もちろん、これだけの広域大会にエントリーしてくる選手は、いずれも腕に覚えのある選手ばかり。

今年は関東開催なので比較的近いとはいえ、せっかく茨城まで来て記念参加だけで終わるわけにはいきません。

2018higashi-nihon_03



土日の2日間に渡って開催されるこの東日本選手権。

エントリー数の多い「一般男子の部」は初日2回戦までですが、「35男子の部」はベスト16、「45男子の部」はベスト8までを初日に選出します。


今回のドローでは3回勝てばベスト16。

目指せ、2日目勝ち残り!

2018higashi-nihon_04


2018higashi-nihon_05



年齢制限のない一般の部では、クラブチームや実業団などの社会人選手と、学連、高体連に所属する選手たちがカテゴリーの垣根を越えてぶつかり合うのも見どころです。

とくにシード選手が登場する2回戦からは注目の対戦が目白押し。

まず何よりも自分の試合に集中ですが、すぐ隣のコートで全国区の有名選手たちが試合をしているのは不思議なものです。

2018higashi-nihon_06


2018higashi-nihon_07



8月にインドネシアで開催されるアジア競技大会の日本代表に選ばれている船水・上松ペア(学連/早稲田大学)を筆頭に、ナショナルチームのメンバーや、今年のインターハイ・インカレを賑わすであろう有力選手たちがしのぎを削ります。

2018higashi-nihon_08


2018higashi-nihon_09



試合もアツいですが、とにかく気温もアツい!!

なにしろこの日は全国各地で猛暑日を記録するなど、大変な暑さでした。

朝の車中で聞いていたラジオでも、「今日は各地で危険な暑さとなりますので、くれぐれもご注意ください」と繰り返していました。

2018higashi-nihon_10


2018higashi-nihon_11



試合をしている選手たちはもちろんですが、観戦するほうも日傘やこまめな水分補給など熱中症対策が肝心です。

まだまだこれから夏本番なので、コート内、コート外いずれでも注意が必要です。


2018higashi-nihon_12


2018higashi-nihon_13


そんな酷暑との戦いも強いられるなか、おじさんたちの熱い戦いも繰り広げられます。


北は北海道から、東北、北信越、関東と、東日本各県から猛者たちが集うこの大会。

ビッグネームがずらり居並ぶトーナメントですが、ペーペーの私としては誰と当たっても思い切りぶつかるのみ。


2018higashi-nihon_14


なんとか初戦をファイナルで競り勝ち2回戦へ。


続く2回戦でも強豪ペア相手に善戦しましたが、序盤からリードしつつも最後はファイナル5-Г乃嫖症蕕院

いい試合はできましたが、あと少しで勝ちに手が届きそうだっただけに悔やまれます。


2018higashi-nihon_15


緊迫する接戦のなか、いかに勝負どころで前衛としての仕事ができるか。


普段練習でもできないことを、いきなり試合でやろうとしたって失敗するだけです。

日頃の練習のなかで何度も反復をして、それを実戦のここぞという大事な場面で発揮する。

簡単なようで、なかなか難しいものです。

2018higashi-nihon_16


勝つためには、まだまだ身につけなければならないものだらけです。



平成30年度(2018) 東日本ソフトテニス選手権大会 試合結果

茨城県ソフトテニス連盟 > 平成30年度 第73回東日本ソフトテニス選手権大会特集
http://www2.cnet.ne.jp/ibsta/pc_ent.htm


でも、これだからソフトテニスはやめられません。


足りないものもたくさんありますが、一方で少しだけ手応えもありました。

この先まだまだ続く競技人生のなかで、一歩ずつでも階段を上っていけるように、また地道に基本から鍛えるのみです。

練習、練習!



softtennis_blog
[ソフトテニス・オンライン]
ソフトテニス・オンライン

ぉまみのブログ「ソフトテニス☆サプリメンツ」はこちら

最新記事
PageView

    記事検索
    月別アーカイブ