#【動画】チャンスを逃さない!基本スマッシュの極意

58a6aa64-s

部活運営のヒント 読者のみなさま


こんにちは、清明学園中学の高橋です。



今回は、宮崎のステップ4で感じたことから小中学生に考えてほしいスマッシュ練習について紹介します。

ある選手が試合の合間にスマッシュ練習をしていました。遠くから見ていると、

 このようなステップで打ち込んでいました。
 
 私は、踏み込んで後ろから前に体重を乗せるということを追求してほしいと思っています。もちろんタイムプレッシャーのなか、前足を後ろにひくステップで打たなくてはいけない状況の方が多いと思います。
( 時間的ゆとりがないチャンスボールということです )
 
その選手が、そこを理解して打ち込んでいてくれれば、問題なしです。
 このさばきでの打ち込みは、下半身をほぼ使っていない楽なプレーです。
このプレーが当たり前になっては困ります。しっかりと使い分けをして理解したうえで

ここは、しっかりと足を使って踏み込んで打つ練習
 

ここは、タイムプレッシャーがかかる状態でのスマッシュ練習
 
と生徒が考えて理解してくれれば、頼もしいなと感じました。


 PS  
  先生方の学校には、学校に足が向かない生徒はいますか?宮崎のステップ4中の休憩時間に毎日、その足が学校に向かいない生徒と連絡を取り合っていました。たわいもない会話ですが・・・。その後、何人かの先生とチームを組み、ほぼ毎朝、自宅最寄駅まで迎えに行っています。

 そうするとすべてではありませんが、来られるようになりました。本当に嬉しく思います。まだまだ苦しんでいる生徒は他にもいますが、こうして少しの時間でも一人一人の生徒に愛情を発信していくことを続けなければと考えさせられました。
 高校男子チームの先生から質問を頂きました。O先生、ありがとうございます。

いつも楽しく読ませて頂いております。また、勉強させて頂いております。
さて、「テニスが嫌いだけど、テニスが上手」の記事の中の
「その楽しさの次にある、自分をより高めることへの楽しさを求めてほしいと思っています。」
という言葉に非常に共感致しました。
( 中略 )
本校の生徒も自主練習や休み時間になると楽しい練習ばかりして、自己のスキルアップという考えが頭から離れてしまうようで、私の悩みの種でもありました。
( 中略 )
高橋先生は、このような時にどのような指導をされているのでしょうか。
具体的な指導法でも考え方でもありがたいですので、ご教授頂けたらと存じます。
お時間ありましたら是非お願いします。

→ ありがとうございます。
 私も悩みながら、指導しています。
彼らの意識の甘い練習を見守りながらもなるべく声をかけないようにはしています。
なぜなら、彼らのためにならないからです。
でも勝ってほしいので、迷います。
「 あー次の大会までにここを詰めておけばよいのに・・・」と。
たくさんの失敗をしているので指導者は彼にはこれが必要だとわかることがありますが、彼らはわからないかもしれません。

ただ、日頃からその生徒のよいところ苦手なところ改善しなくてはいけないところは伝えています。
 また自主練習でも一人の生徒を掴まえて、私と個人練習をしたりします。そのときには、生徒と話をしてからメニューを決めています。都道府県メンバー選考会を控えた昨日(12・4)、ある生徒と20分、こちらが考えている練習をこなしました。残り10分になってときに、「 この10分続けたいけど、最後に勝負をするのは、自分だからあとは考えて!やりなさい 」とその生徒に決めさせました。

目先の勝負にこだわれば、もっと詰め込んだ方が良いかと思いますが、できるだけ自分で気づき変えていくという自然な形で促しいきたいと考えています。
ありがとうございました。
 

 次回は、トップ打ちの右足の使い方についてご紹介します。

 

  【編集部より】 
※このたびは編集部の都合により配信が遅れたことをお詫び申し上げます※
高橋先生へのお手紙、ご質問、レター等をお待ちしております!
ニックネーム・所属(学校名)・質問・レター内容を添えて、
sofuonhenshubu@gmail.com 
までお寄せください!
(「ご質問」の場合、・ニックネームおよび先生からの回答はメルマガ上で紹介させていただく場合もございます。学校名など、個人が特定される情報は掲載いたしませんのでご安心ください。)
 
●参考情報:

清明学園・高橋先生に関する記事:

 ●ソフオン編集長が高橋茂先生の指導方法の根幹に迫るインタビュー

[ 高橋 茂 監督 プロフィール ] 
 清明学園中学校 ソフトテニス部顧問 
 全日本アンダー17男子コーチ 

[ 清明学園中学 近年の戦績 ]
 (平成26年度) 全国中学校大会 男子個人戦優勝、男子団体戦出場 
 関東中学校大会 男子個人戦優勝・ベスト16、男子団体戦優勝 
 第2回国際ジュニア大会 男子シングルス優勝 
 過去5年間では全国出場3回、都道府県対抗10年連続出場、東京都大会・個人の優勝は10回以上 
 
 
高橋先生の指導に対する考え方がいち早く読める! 
メールマガジン「部活運営のヒント」(無料)の購読登録はこちら
 


【講習会レポ】きつ〜い筋トレよりも簡単に(2)

こんにちは。外部コーチブロガーオキモトです。

前回に引き続き、今回もスポーツインテリジェンスさんの
講習会を受講した時の模様を書いていきたいと思います。

前回の記事→『【講習会レポ】きつ〜い筋トレよりも簡単に(1)』
準備運動までの内容をご紹介しましたが、今回は続きから最後までを。

準備体操の後は、ストレッチトレーニングの開始です。

ポイントは『股関節』
4-2

なぜこのストレッチを行うかというと、筋肉をほぐしてあげるのは
もちろんのことですが、この動き・体勢の時にはこの場所の筋肉を
使ってあげる事が必要で、そのためにはこの筋肉を鍛えてあげる必要があるよ

という事を確認する作業も含まれています。
4-3

準備体操の後にウォーミングアップとしてすぐにラケットとボールを使った
練習に入ってしまう方がほとんどかと思いますが、やはりストレッチは大事。
その日の体の状態を確認する作業と、怪我の予防。
そして、試合の日なんかは1試合目の最初から全力で入れるようにするための
準備も含まれています。

実際、ストレッチトレーニングを毎日、練習の最初に20分〜30分入れるように
なってから、子供達の怪我がほとんど無くなりました

どうしても練習できる時間の短い冬場などは、この20分〜30分でできるだけ
ボールを打たせたいと考えてしまいがちですが、試合で全力を出させるには
体が健康な状態、しっかりと動かせる状態である事が第一です。

そして、子供達を預かっている私たちにとって、怪我をさせないというのは
1番に考えなくてはいけない
と思っています。

このストレッチトレーニングは、形だけ真似ても効果が薄れてしまいます。
川上トレーナーからのアドバイスは、とにかくどんな練習でも
細かいところに意識をさせる事が大事
。とありました。
腹筋や背筋などのハードなトレーニングをしなくても、
その箇所に負荷がかかるように意識をした動きをしていく事で、
十分補える
というお話を頂いたので、その点をしっかりと
注意しながら、今後取り組んでいくのも大事だなと思いました。

ストレッチトレーニングの最後には縄跳びの飛び方も教わりました。
冬場は縄跳びでトレーニングする学校も多いと思いますが、
飛び方も意識してやると効果が全然違います。
4-4

この川上トレーナーの飛び方ヒントです。

そして、縄跳びをつかってコート周りを走るチーム対抗リレーも。
足が速くなりたい方にはこのトレーニングは有効らしいです。
競争となると、子供達は一気に火がつきますからね(笑)

ストレッチトレーニングをしっかりと学んだ後は、
実際にラケットとボールを使った練習に入っていくわけですが、
ポイントは『肩甲骨』
4-5

よくある"ホームラン打ち"のような、とにかく遠くまで
ボールを飛ばす練習を行いました。
当たり前ですが、力を入れるだけではボールは飛ばないし、
体をうまく使う事が大事。そして、重く伸びるボールを
打つためのコツとしては、肩甲骨の使い方と連動させる動きを
しっかりと体に覚えさせる、意識を持った練習が必要
とのこと。

テニスはボールをコートに納めるスポーツですが、
そればかり意識が強くなってしまうと、体全体をしっかりと使った
フォームを忘れてしまうこともあるので、
この練習はできるだけ行った方がいいとのお話でした。

そして、この練習はボールを全て打ち終わった後に待っている
ボール拾いまでトレーニングになっています。
4-6

あらかじめいくつかのグループに分けて練習をするのですが、
散らばったボールは最後に1球ずつ拾っては取りに行きの
繰り返しで集めるので、自然と体力トレーニングにもなります。

お昼の時間近かったのでみんな辛そう(笑)

これで、全体の練習は終了でしたが、
大事なのは最後に行うクーリングダウン
これを行っていない方はとても多いと思います。
4-7

使った筋肉はしっかりとケアしてあげないと、疲労の蓄積の
原因にもなりますし、怪我にも繋がってしまいます。
4-8

軽くジョグをするだけでも全然違いますので、
取り入れないといけませんね!

クールダウンが終わり、全ての講習が終了となりました。
4-9

最後に川上トレーナーからお話を頂いて、集合写真を。

私自身も色々と見直すところが発見でしましたし、
何より子供達のウォーミングアップとトレーニングに対しての
意識が変わった、とても有意義な講習会でした。
4-10

私が教えている中学生は、この時期が運動神経の発達する
最後の時期だそうで、ゴールデンエイジとも言われています。
子供達の可能性を少しでも引き出してあげるために
トレーニングの講習、ぜひ受けてみることをオススメします!


全国のソフトテニス指導者のみなさんへ

スポーツインテリジェンスさんのトレーナーさんの指導を受けてみませんか?

単発指導から、チーム契約まで、ご事情にあわせた取り組みができるようです

詳しくはこちら
↓ ↓
http://www.sports-intelligence.jp/haken/

【アジア選手権】 BEST PHOTO集!

こんにちは!ソフオン編集部です!

日本のソフトテニス界に大きな感動を与えた
「アジア選手権」から2週間が経ちました!

今回は、日本選手のベストPhoto
コメントと共にアップしていきますね☆

IMG_0542
男子シングルス決勝は手に汗握るファイナルゲームを制し、
内本隆文(早稲田大学)がアジア選手権初出場で初優勝!


IMG_0190
男子シングルス、増田健人(和歌山県庁)は準々決勝で
強豪韓国のエース、キム・ドンフンに大金星を挙げました!


IMG_9758
大会1日目のシングルス会場で、
一際大きな声を出していたのは船水雄太(NTT西日本広島)
思い切りいいプレーは日本チームだけでなく、会場全体を盛り上げました!


IMG_1011
ミックスダブルス優勝は船水颯人・佐々木聖花(早稲田大学)
同校ペアらしい息の合ったプレーは観客を湧かせました!


IMG_0911
杉脇麻侑子・上松俊貴(早稲田大学/岡山理大附高)
2回戦でキム ドンフン・コ ウンジ(韓国)との
長いラリーを制し、金星を挙げました!


IMG_0852
桂拓也・神谷絵梨奈(和歌山県庁/ヨネックス)のペアは
神谷選手の宣言通り、「元気」のよいプレーが目立ちました。
気迫と笑顔のナイスペアリングは日本チームを盛り上げました!


IMG_0774
中川瑞貴・長江光一(ナガセケンコー/NTT西日本広島)
落ち着きのある息の合ったプレーを披露しました!


IMG_1200
森田奈緒・高月拓磨(ヨネックス)
ヨネックスらしい元気のあるプレーで会場を沸かせました!


IMG_2541
男子ダブルス優勝は船水颯人・上松俊貴(早稲田大学/岡山理大附高)
準決勝では篠原・小林とのファイナルデュースの死闘を制し、
勢いそのままに金メダルまで駆け上がりました!


IMG_2192
準優勝は内本隆文・丸山海斗(早稲田大学/明治大学)
2015年インターハイ個人Vペアのコンビネーションは
健在ではなく、進化!今まで以上のペアリングを発揮しました!


IMG_2568
女子ダブルス優勝は中川瑞貴・森原可奈(ナガセケンコー/東芝姫路)
決勝では、森田奈緒・神谷絵梨奈との日本人対決を制し、
悲願の金メダルを獲得しました!


IMG_2375
準優勝、森田奈緒・神谷絵梨奈(ヨネックス)
準決勝でキム ジヨン・コ ウンジ(韓国)のエースペアを
ファイナルデュースの末、撃破!!!
勝利の瞬間、日本応援団は歓喜に包まれました!


IMG_1778
徳川愛実・平久保安純(ヨネックス/早稲田大学)
シングラーペアらしい粘りのあるプレーで銅メダルを獲得しました!



男子は国別対抗戦で金メダルを獲得!
最終日、4000人超の観客を感動の渦に巻き込みました!

IMG_2960
 篠原秀典・小林幸司(日体桜友会/ミズノ)

IMG_2995
 増田健人(和歌山県庁)

IMG_2821
 船水颯人・長江光一(早稲田大学/NTT西日本広島)

IMG_3179
日本優勝の瞬間、ベンチは優勝を決めた増田健人選手に駆け寄り、
観客席は大きな拍手で選手をたたえました!

日本選手のベストPhotoは以上となります☆

今大会での日本チームは…
合計、金メダル5つ、銀メダル3つ、銅メダル4つを獲得!



全選手プレーPhotoは下記をクリック↓
【アジア選手権】 日本選手団プレーPhoto集!








































【講習会レポ】きつ〜い筋トレよりも簡単に(1)

こんにちは。 外部コーチブロガーオキモトです。

すいぶん久しぶりの登場となってしまいましたが、12月4日(日)に
スポーツインテリジェンスさんの講習会を受講しましたので、
今回はその模様をお伝えしたいと思います。

会場は、千葉県某市にある某中学校。
私が外部指導でお世話になっている学校です。

2年位前に1度、スポーツインテリジェンスさんの
大きな講習会に自分だけ参加をさせて頂いたことはあったのですが、
今回は自ら行くのではなく、こちらに招いて講習会をお願いしました。

そして、なんとビックリ!
講習会に来てくださったのがこの方。
4-1
川上 晃司 トレーナー

この日はたまたまこちらに来る用事があったとのことで、
特別のような形で来ていただく事ができました。
アジア選手権終わりで色々とお忙しい中、ありがとうございます。

そして、もう一方。
4-2
橋本 貴子 トレーナー

スポーツインテリジェンスのメールマガジンや
ソフオンのSIメルマガSIブログでもおなじみの橋本トレーナーですね。

今回は、自分の指導している学校と、同じ市内からもう1校を呼んで、
2校での受講となりました。講習は2時間ほどの予定。
4-3

トレーナー陣、会場に到着後、練習中の子供達をしばらく観察し、
この子達にはこういうメニューで行こうと決められたようでした。

事前に、「このような内容で」とある程度のお願いはしていましたが、
それに沿うようにしながらも、現状、何が必要であるかをすぐに見極めて、
ホワイトボードを使って子供達にわかりやすく説明。

やはり、プロは指導の流れを瞬時に決めて、流すのが上手。
川上トレーナーの軽快なお話で、子供達の不安も一気に取れたようでした。
普段、元気で礼儀正しくできる子達ですけど、やはり女の子ですから
警戒心は男子よりも強いですからね。それも開始5分で心配なくなりました。

川上トレーナーのわかりやすい説明が約10分ほど。
その後、今度は実際に体を動かしてのウォーミングアップトレーニング開始。
ここからは橋本トレーナーに交代。
4-4

まずは歩き方の指導。から、ジョグに移っていきます。
歩き方ひとつにしても、いつも動きなれている動作と違う方法で歩くと、
色々なところに負荷がかかります
。ジョグもそうですね。
より、理想的な体の使い方を覚えるには意識をすることがとても大切です。

何週かしてから、今度は準備体操へ。
4-5

屈伸をするのも、理想的な方法をしっかりと聞いて行うと意外と難しいもの。
以前の講習会で勉強させていただいてから、取り入れていたのもあって、
自分の教え子達はある程度こなす事ができていましたが、
やはり本職の方からさらに細かい指示を出して頂けると意識も違います。
いつもやってきたメニューではありますが、また新しい発見がありました。

4-6

そして時折、川上トレーナーから注意点の補足指導も。
この補足説明があることで、より意識するポイントが明確になりました。

4-7

実際に、川上トレーナーがお手本になって意識する部分を説明する場面も。
・・・贅沢だ。ものすごく贅沢な講習会だ。

準備運動・ウォーミングアップは体をただ温めればいい訳じゃないということ
改めて考えさせられましたし、より細かいところまで意識させて
かつ、自分のためにちょっと負荷かけて頑張ってやってみようかなという
考え方も大事
だという事。ウォーミングアップだけでも奥が深い!

さて、ここまでで開始から約40分ほど。
ここからトレーニング編に移っていくわけですが、次回に続きます!


全国のソフトテニス指導者のみなさんへ

スポーツインテリジェンスさんのトレーナーさんの指導を受けてみませんか?

単発指導から、チーム契約まで、ご事情にあわせた取り組みができるようです

詳しくはこちら
↓ ↓
http://www.sports-intelligence.jp/haken/

体幹トレーニング No.5

4660323a



みなさん、こんにちは。トレーナーの橋本です。
 
体幹トレーニング5回目の配信は、
静→動へ」をテーマとしたトレーニングをご紹介します。
 
動きの中で体幹を意識的に固め「軸を作る動的安定性」のトレーニングです。

不安定な状況で、いかに軸をしっかり作れるかが、ボールコントロールの重要なポイントとなります。
是非、チャレンジしてみてください!



【1】フロントブリッジ片足開脚(片側10回×1〜2セット)
 
◆開始姿勢
うつ伏せになり、両肘を肩の下につき、つま先を立てて身体を持ち上げます。
ヽ始姿勢
<ポイント>
・お腹の力が抜けていると、腰が反ってしまったりお尻が上に浮いてしまいます。
・上体が前後にぶれないように、重心を意識しましょう。

◆動作
上体をキープしたまま片足を大きく横に開き、つま先でタッチして足を閉じます。
<悪いフォーム〉
悪いフォーム悪いフォーム悪いフォーム
   × 身体が倒れる     ×上半身が一緒に動く   ×お尻が浮いてしまう
<ポイント>
・動作中は体幹がぶれないように、重心を意識しましょう。
・足先だけを動かすのではなく、股関節から大きく動かしましょう。


【2】サイドブリッジ片足開脚(片側10回×1〜2セット)

◆開始姿勢
横向きになり、下側の肘を肩の下につき、上体をあげます。
開始姿勢
<ポイント>
・肩から足にかけて一直線になるように意識をしましょう。
・お腹の力が抜けて上体が下に落ちたり、身体が開かないよう注意をしましょう。

◆動作
上側の足を真上にあげて戻します。
<ポイント>
・足をあげるときはまっすぐ真上にあげることを意識しましょう。
・動作中、足首はしっかりと立てておきましょう。


【3】サイドブリッジ片足前後スイング(片側10回×1〜2セット)

◆開始姿勢
横向きになり、下側の肘を肩の下につき、上体をあげます。
開始姿勢

◆動作
(1)上側の足を少しあげ、体幹を保持したまま足を前方へ動かします。
(2)体幹はキープしたまま、足を前方から後方へ動かします。
<ポイント>
・動作中は体幹がぶれないように、軸を意識しましょう。
・足を動かすときには、足先だけで動かすのではなく股関節から大きく動かす意識をしましょう。
・動作中、足首はしっかりと立てておきましょう。





※ウォーミングアップ、トレーニング方法についての質問、疑問などがございましたら、

までお寄せください!質問および回答を当メルマガにてご紹介させいただきます。
(全てのご質問にはご回答できない場合もございますので、ご了承ください)


スポーツインテリジェンスHP

http://www.sports-intelligence.jp/


からだサポート【S.I メルマガ】登録フォーム

https://plus.combz.jp/connectFromMail/regist/cpfw9543

4660323a

スポーツインテリジェンスのトレーナー記事が誰よりも早く読める! 
メールマガジン「部活運営のヒント」(無料)の購読登録はこちら
 
[ソフトテニス・オンライン]
ソフトテニス・オンライン

Twitterで更新情報を発信しています
ソフトテニス部でよくあることをつぶやきます。@いただいた投稿のうち優秀作品はbotに追加します。 By ソフトテニスのポータルサイト【ソフトテニス・オンライン】http://t.co/8y6bhL2EPB
ぉまみのブログ「ソフトテニス☆サプリメンツ」はこちら

最新記事
PageView

    記事検索
    月別アーカイブ