#(その2)大事な大会の前日に話すこと

 58a6aa64-s


こんにちは、清明学園中学の高橋です。

今回は、「大事な試合の前日に何を話すか」の2回目(前回の続き)です。


生徒との個別ミーティングのテーマとして以下の6点をあげました。
  
ストロングポイントの確認
試合での失点パターンをどのように回避するかの確認
これまでどこをどのように頑張ってきたかの確認
サービス・レシーブからの攻撃の確認
進路の話
どのような挫折・失敗・敗戦を乗り越えてきたかの話



ぁ.機璽咼后Ε譽掘璽屬らの攻撃の確認
  こちらも前回と同じですが、後半の勝負どころでレシーブをどこに打つかを決めている生徒もいますし、1ゲームの1ポイント目から仕掛けたい生徒もいます。ファイナル5−5でどこに打つのかという話をしたりする生徒もいます。試合の流れもあり、相手の特徴も関係してくるのですべてを詰めることができませんが、その部分の話の確認をします。
 サービスもエースを取れる生徒もいれば、まだまだ非力で確率重視の生徒もいます。自分がどのようなサービスを打って3球目の攻撃、あるいは守備に繋げるのかということを再確認します。
 こちらに関しては、年間通してとても大切にしていることなので、生徒によってしっかりと当たり前のように浸透しているものもいます。その生徒にはわざわざ時間を割いて話をしません。
 ただ、サービスもレシーブもどれだけ練習しても本番では何が起こるかわからないので、入らくなったときに、どのように対応するかを生徒の口から話をさせます。


ァ/箆の話
  こちらは最後のミーティングでなぜ??と思われるかもしれません。清明学園に入学してくる生徒・保護者にとって受験というものはとても大きなものです。また、この時期は同級生が8泊9日の勉強合宿にも行っています。彼らは2泊しか参加できません。全中前合宿でも、少しでも勉強の時間を確保しましたが、それでも同級生が勉強していることに対して焦りを感じている3年生もいます。なので、彼らに進路をどのように考えているかを話させて、それに向けて、どのようなに向かって行くかのアドバイスや過去の先輩の話をしたりもしました。彼らがどのような進路先を伝えてきても絶対に否定することなく、目標に向かって進むことの大切さを伝えました。


Α,匹里茲Δ丙胆沺失敗・敗戦を乗り越えてきたかの話
 こちらは、実際の話を紹介します。
 さかのぼること、1年前の話です。今回、全中優勝を果たした杉戸中相手に夏の研修大会で、清明学園の現レギュラー選手は完敗しました。当時は2年生でした。私からすると、ジュニア出身ではない彼は、まだまだこれからの選手。大きく構えていましたが、自分の敗退でチームが負けたので、よほど悔しかったのでしょう。テニスノートや目標や課題を書かせると毎回杉戸中を倒して全国で勝負をするという言葉が並びました。そして、この関東大会で杉戸のエース相手に彼がファイナルまで追い詰めました。そこに至るまでに地道な練習を重ねてきました。
 その敗戦を乗り越えて、いよいよ全国大会前夜です。
 再度確認しました。

 「 あの一年前の敗戦によって成長してきたね。そして関東では、その杉戸中をあと一歩まで追い詰めることができた。明日、もう一度チャンスが来る。杉戸と対戦できるのは決勝戦。日本一をかけてその舞台に立てるように、自分に厳しく向きあおう。 」
と話をしました。
 
  彼は、全中団体戦のみの出場で下が、その杉戸中と対戦したいという想いをもってコートに立って、団体戦2回戦から、二戦連続勝利を収めることができました。決勝の舞台に行き、杉戸と再戦することはできませんでしたが、その強い想いを表現できました。とてもいい顔をしてコートで躍動していました。ミーティングで詰めたことです。


最後に一人一人、ポイントを絞ってまとめた手紙を前夜寝る直前に渡しました。

IMG_1372


埼玉の指導者の方、ご質問ありがとうございました。次週になりました。よろしくおねがいします。




では!


【編集部より】
高橋先生へのお手紙、ご質問、レター等をお待ちしております!
ニックネーム・質問・レター内容を添えて、
sofuonhenshubu@gmail.com 
までお寄せください!
(ご質問の場合、・ニックネームおよび先生からの回答はメルマガ上で紹介させていただく場合もございます。個人が特定される情報は掲載いたしませんのでご安心ください。)
 
●参考情報:

清明学園・高橋先生に関する記事:

 ●ソフオン編集長が高橋茂先生の指導方法の根幹に迫るインタビュー

[ 高橋 茂 監督 プロフィール ] 
 清明学園中学校 ソフトテニス部顧問 
 全日本アンダー17男子コーチ 

[ 清明学園中学 近年の戦績 ]
 (平成26年度) 全国中学校大会 男子個人戦優勝、男子団体戦出場 
 関東中学校大会 男子個人戦優勝・ベスト16、男子団体戦優勝 
 第2回国際ジュニア大会 男子シングルス優勝 
 過去5年間では全国出場3回、都道府県対抗10年連続出場、東京都大会・個人の優勝は10回以上 
 
 
高橋先生の指導に対する考え方がいち早く読める! 
メールマガジン「部活運営のヒント」(無料)の購読登録はこちら
 

 
 
 


 

大事な大会の前日に話すこと

 58a6aa64-s


こんにちは、清明学園中学の高橋です。

今回は、全国大会団体戦前夜のミーティングについて、ご紹介したいと思います。

皆さん指導者は、チーム最後の大会前日・あるいは当日どのようなミーティングを行いますか?? 私は、コートでも他の先生方が、どのようなことを話されているのか、いつも気になります。


続きを読む

パフォーマンスアップはシューズ選びから!

1be083a3-s



皆さん、こんにちは。トレーナーの中野です。
 
今年の夏は、全日本小学生選手権大会やジュニアテニスキャンプなど、これからのテニス界を担うであろうジュニア選手と接する機会が多く、選手の皆さんのエネルギーに大変刺激を受けました。

ジュニア期において大切なことがいくつかありますが、今回は私が注目している「シューズ」についてお話しします。

 
 
最近ではテニスシューズとトレーニングシューズを履き分けているチームも見られ、シューズに対する意識が高まっていることを感じます。
しかし、私自身振り返ってみれば、自分に合った靴の選び方や履き方を教わった記憶がないのです。私同様、ほとんどの選手がそうではないでしょうか。

今回の現場では、意識してジュニア選手の靴を見て、足のサイズ測定も行ってみました。

全体的に、皆さんしっかりとした良い靴を履いています。しかし、その靴が自分の足に適しているかどうかは別問題です。
親御さんともお話させていただきましたが、選手自身が「ジャストサイズの靴だと足が当たっている部分が痛いと言うので、大きいサイズのものや幅広のものを選んでいる」ということでした。
また、デザインなどで選ぶことも多いのではないでしょうか。


いくら選手のフィジカルが良くても、靴の中で足が遊んで、自分の足の形状に合っていない靴をチョイスしていたら、パフォーマンスを十分に発揮することはできません。

最終的にコートに接する部分は「足」なのです。


<シューズ選びのポイント>
 
1. 足長(踵から一番長い指までの長さ)
2. 足幅(母指球と小指球までの長さ)
3. 足囲(母指球と小指球を結ぶ周径囲)
この3つからサイズとワイズ(○Eなど)を知り、それに合った靴を選ぶことが大切です。
 
そして、必ず試履きをしましょう。同じサイズでも余裕の持たせ方が違います。
また、左右の足のサイズも違うことが多く、両方履いて軽く歩くことをお勧めします。


<試履きのポイント>
 
1. 足の指の曲がる部分と靴が曲がる部分が一致しているか
2. 土踏まずの部分が一致しているか
3. 足のつま先が前部に当たっていないか(1cm程度の余裕があるか)
4. 幅が合っているか

次に、履き方です。ポイントは2つです。
1つ目は、靴には必ずヒールカップと呼ばれる踵を安定させる部分があります。
靴に足を通したあと、踵を地面に数回打ち付けて、踵をヒールカップに収めましょう。

踵を打ち付ける

2つ目は、靴紐です。
解かずに履く選手もいるようですが、それではサンダルと変わりません。
必ず、つま先から順に紐を締め付け、靴と足を一体化させて、しっかりと結びましょう。
締め付けの強さは選手の好みによって変わります。しっかりと締めた状態から、自分に合った締め加減をみつけましょう。

【◎ 正しい】

足先から締め上げる

【× 誤り】

これは×



靴は意識されにくい部分かもしれませんが、適切なサイズと履き方でコート上での動きが劇的に変わる可能性もあります。
是非、今履いている靴、普段の靴の選び方、履き方がどうかを意識してみてください!


<最新シューズのご紹介>

ヨネックスシューズ2足



シューズの形状が変わり、紐の部分がカーブしているため、足の入れやすさ、アーチ(土踏まず)を引き上げるフィット感、安定感が格段に良くなっております。
また、靴自体も軽量化されておりますが、足の形にフィットすることによってより足と一体化されているような軽さを感じます。
こちらも、テニスシューズとトレーニングシューズがございます。




※ウォーミングアップ、トレーニング方法についての質問、疑問などがございましたら、

までお寄せください!質問および回答を当メルマガにてご紹介させいただきます。
(全てのご質問にはご回答できない場合もございますので、ご了承ください)


スポーツインテリジェンスHP

http://www.sports-intelligence.jp/


からだサポート【S.I メルマガ】登録フォーム

https://plus.combz.jp/connectFromMail/regist/cpfw9543

4660323a

スポーツインテリジェンスのトレーナー記事が誰よりも早く読める! 
メールマガジン「部活運営のヒント」(無料)の購読登録はこちら


#身体のバランスと足底の関わり

4660323a



皆さん、こんにちは。トレーナーの宮崎です。

前回は、シューズ選びの大切さについてお話しました。
最近のシューズは大変性能が良くなっており、足への負担が減っています。
それと同時に、足の機能も低下していることに、皆さん、お気づきですか?

今日は、みなさんの「足」についてお話したいと思います。



足は身体の中で唯一、地面と接している部分ですので、身体の土台となる役目をしています。

足が適切に地面に接していれば、身体は真っすぐな姿勢を保つことができます。

  <正しい接地>       <崩れた接地>

image2     image1       

しかし、足が適切に接していなければ、身体のバランスが崩れ、真っすぐな姿勢を保つことができません。写真(右)を見ていただいても分かるように、身体が歪んでしまいます。

このように土台の状態が崩れると、身体は膝や股関節などでそのバランスを調整しようとしてしまい、筋肉や関節に負担がかかります。
このような状態では、日常生活を送っているだけでも、膝や腰に痛みが発生してしまいます。
つまり、痛みの原因が足底のバランスの悪さからきている可能性があるということです。

足底には、身体のバランスを整えることに大きく関わる3つの「アーチ」があります。

image3
 
    内側縦アーチ:「土踏まず」と呼ばれる部分。地面に設置した際の衝撃を吸収する役割。
    横アーチ足裏の血行や神経などを圧迫から守る役割。
    外側縦アーチ歩行時の安定に関わる。

これらアーチの機能が適切に働くと、身体のバランスが良くなり、傷害の予防にもつながります。
アーチの機能を高めていくためには、足趾(足の指)を使うことが必要です。

次回は、アーチの機能を高める、足趾の運動をご紹介します。





※ウォーミングアップ、トレーニング方法についての質問、疑問などがございましたら、

までお寄せください!質問および回答を当メルマガにてご紹介させいただきます。
(全てのご質問にはご回答できない場合もございますので、ご了承ください)


スポーツインテリジェンスHP

http://www.sports-intelligence.jp/


からだサポート【S.I メルマガ】登録フォーム

https://plus.combz.jp/connectFromMail/regist/cpfw9543

4660323a

スポーツインテリジェンスのトレーナー記事が誰よりも早く読める! 
メールマガジン「部活運営のヒント」(無料)の購読登録はこちら

【週刊NEWS】カンボジアにソフトテニスを普及/2016年9月25日(日)号

20160925
<Photo:ハフィントンポストより>

ソフオン読者のみなさん、こんばんは。
ソフオン編集部 Hoshoです。

最近、天気があまり良くないですね。
今日はなんとかテニスできそうなので、楽しんできたいと思います(^^

 カンボジアにソフトテニスを普及
ハフィントンポスト(2016/9/20更新)
http://www.huffingtonpost.jp/abroaders/cambodia-tennis_b_11918676.html
カンボジアのソフトテニスのナショナルチームのヘッドコーチをしている日本人の方が、活動について書かれています。
【編集部 Hosho】

 ジャンプスマッシュの打ち方とコツ
- ソフトテニス上達まとめ(ブログ)(2016/9/20更新)
http://masa-ao.com/wsoft/jump-smash
ジャンプスマッシュについて書かれています。
【編集部 Hosho】

 韓国代表が日本合宿を敢行
- YONEX HP(2016/9/21更新)
http://www.yonex.co.jp/soft_tennis/news/2016/09/1609211400.html
9月11日(日)〜9月15日(金)の日程で韓国代表が試合会場となるフクダ電子ヒルズテニスコートで合宿を行いました。 (本文より)
【編集部 Hosho】

 【写真】どんぐり北広島講習会
- どんぐり北広島 HP(2016/9/22更新)
http://donguri-zaidan.sakura.ne.jp/wp
講習会の様子を写した写真がが掲載されています。
【編集部 Hosho】


ソフトテニスのポータルサイト
「ソフトテニス・オンライン」
[ソフトテニス・オンライン]
ソフトテニス・オンライン

Twitterで更新情報を発信しています
ソフトテニス部でよくあることをつぶやきます。@いただいた投稿のうち優秀作品はbotに追加します。 By ソフトテニスのポータルサイト【ソフトテニス・オンライン】http://t.co/8y6bhL2EPB
ぉまみのブログ「ソフトテニス☆サプリメンツ」はこちら

最新記事
PageView

    記事検索
    月別アーカイブ