【週刊NEWS】コリアカップ団体優勝!/2016年8月28日(日)号

o0480036013734454409
<Photo:Watakyu Seimoa Soft Tennis Team(ブログ)より>

ソフオン読者のみなさん、こんばんは。
ソフオン編集部 Hoshoです。

大変お世話になったストレッチのトレーナーさんが
今月いっぱいで退職されるということで、今日お別れの挨拶をしました。
おかげさまで、今元気にテニスができています。
誰にでもいつか必ず別れの時は訪れるわけで、
その時に後悔のないよう、家族や周りの人と接していきたいなと思います。


 コリアカップ団体優勝!〜ワタキューセイモア
- Watakyu Seimoa Soft Tennis Team(ブログ)(2016/8/28更新)
http://ameblo.jp/kiyouken/entry-12194544686.html
表彰式の写真が掲載されています。
【編集部 Hosho】

 威力のあるボレーを打つための4つのポイント
- 前衛ドットコム(ブログ)(2016/8/26更新)
http://softtennis-zenei.com/technique/volley-13/
ボレーのコツについて書かれています。
【編集部 Hosho】

 【観戦記】全中団体戦
- 中学ソフトテニス関連WEBログ(2016/8/28更新)
http://komon.sblo.jp/article/176648721.html
全中を観戦した方のブログです。
【編集部 Hosho】

 チームウェアフェア開催〜ヨネックス
- YONEX HP(2016/8/24更新)
http://www.yonex.co.jp/soft_tennis/news/2016/08/1608221700.html
ヨネックスでは新たなスポーツウェアのアイテムのご提案として、軽量で動きやすく吸汗速乾性に優れたミドラートップのチームウェアフェアを開催いたします。(本文より)
【編集部 Hosho】

 【写真】全中入賞校
- MIZUNO HP(2016/8/27更新)
http://www.mizuno.jp/softtennis/news/taikai/2016-32.html
全中の写真が掲載されています。
【編集部 Hosho】


ソフトテニスのポータルサイト
「ソフトテニス・オンライン」

目的意識の再確認

4660323a



みなさんこんにちは。トレーナーの市山です。

 image1 

今年の夏は、オリンピックで大変盛り上がっていましたね。
 
日本人の活躍に惹きつけられ、ついつい夜中まで観てしまいました。

先日、岐阜県の高校へ、ウォーミングアップの指導へ行かせていただきました。
 
毎年1月に開催させていただく「スポーツインテリジェンス講習会」に先生、選手ともにご参加頂いており、ウォーミングアップも普段から時間をかけて継続していただいているチームでした。
 
続きを読む

#勝つ為のトレーニング作成ポイント

                           4660323a



こんにちは。外部スタッフの藤田です。


夏休みも残りわずか、夏バテなどしていないでしょうか。
そろそろ新学期に向けて通常の生活リズムに戻していきたいですね。
 

ところで皆さんは、トレーニングメニューはどのようなことを意識して、もしくは注意して作成されていると思いますか?

今回は私がメニュー作成する際に意識しているポイントについて書かせていただきます。


image1
 

私の場合、メニュー作成では「トレーニング種目の順序」、「種目のバリエーション」、「テニスに繋げる動き」の3点を意識しています。
 
 

1. 「トレーニング種目の順序」

種目の順序はメイントレーニングを何で行いたいかによって決まります。しかし、アジリティ系やパワー系、瞬発力を必要とする種目に関しては、比較的序盤の方に行うことが多くあります。なぜかというと、これらの種目は神経系を多く使うため、疲労した状態で行うと、一瞬の力が出せず、ただ「その動作をしている」だけの状態になり効果が薄れてしまうからです。

逆に筋力アップや体力向上の種目に関しては中盤から後半に持ってきています。

これは、ある程度、身体に疲労が溜まっている状態でもしっかりと筋力を発揮できるようにすることと、さらには、疲れている時にはどういう動きをしやすくなるのかを確認する意味合いもあります。辛い時こそ、自分のクセや悪いところが出てきやすいものです。その動きを見抜き、その後のトレーニング種目の選択に活かしています。

 

2. 「種目のバリエーション」

これは毎回毎回メニューを変えると言う訳ではありません。
一定期間、それぞれの種目を行った上で、必要に応じて徐々にレベルアップさせていくという考え方です。
最終的には、人間の動きは3Dであることから、前後・左右・水平面で同時に身体を動かせる(扱える)ようにできるメニューを考えていく必要があると考えています。


3. 「テニスに繋げる動き」

トレーニングといっても、ただ単純にスクワットをして、腕立てをして、ダッシュをして・・・例えば学校で行う体力測定の数値は上がっても、実際のテニスの技術・動きに反映できていなければ、練習の時間を割いてトレーニングを行っても意味がありません。
ですので、テニスの際に走る・打つ・構える等の動作を機能解剖学的に分析する必要があります。
コートの中でいかに俊敏に動くことができ、かつ力強いスイングが出来るか、ということなどを頭に置き、種目の選択や身体の使い方等を指導するように心がけています。



上肢のトレーニングメニューが載っているので、参考にしてください。
 

<ストロークの動きが良くなるトレーニング>

http://mshn.jp/r/?id=0oibb833&sid=4257

<威力あるボールを打つ為のトレーニング>

http://mshn.jp/r/?id=0oub6833&sid=4257


来月は下半身のトレーニングをご紹介します!



※ウォーミングアップ、トレーニング方法についての質問、疑問などがございましたら、

までお寄せください!質問および回答を当メルマガにてご紹介させいただきます。
(全てのご質問にはご回答できない場合もございますので、ご了承ください)


スポーツインテリジェンスHP

http://www.sports-intelligence.jp/


からだサポート【S.I メルマガ】登録フォーム

https://plus.combz.jp/connectFromMail/regist/cpfw9543

4660323a

スポーツインテリジェンスのトレーナー記事が誰よりも早く読める! 
メールマガジン「部活運営のヒント」(無料)の購読登録はこちら


ビッグサーバーを目指すために

皆様はじめましてこんにちは。

十数年ぶりにソフトテニスへリターンしてまいりました。


ソフトテニス・オンラインにライターとして参加します!
 

大隅在住の心はヨカニセなラジオパーソナリティ、みっきー善之丞と申します。

 

私の記事では、私が硬式軟式硬式軟式(現在)と行ったり来たりを繰り返して身に着けた美味しいとこ取りなソフトテニスに役立つ情報をお送りしたいと考えております。

 

 

●本日のテーマはサーブ。

 


続きを読む

ヨネックストレーナーブースからのお知らせ

4660323a




皆さん、こんにちは。ヘッドトレーナーの川上晃司です。 

8月に入りますます暑さも厳しくなってきました。皆さんのお体は大丈夫でしょうか?
 
7月28日から8月4日まで岡山県備前市で全国高校総体ソフトテニス・インターハイが開催されました。
 
今日は、期間中開設しましたトレーナーブースについてお話しさせていただきます。

写真1



続きを読む
[ソフトテニス・オンライン]
ソフトテニス・オンライン

Twitterで更新情報を発信しています
ソフトテニス部でよくあることをつぶやきます。@いただいた投稿のうち優秀作品はbotに追加します。 By ソフトテニスのポータルサイト【ソフトテニス・オンライン】http://t.co/8y6bhL2EPB
ぉまみのブログ「ソフトテニス☆サプリメンツ」はこちら

最新記事
PageView

    記事検索
    月別アーカイブ