#暑い夏こそ「食事」が大切!

4660323a


皆さん こんにちは。トレーナーの橋本です。

夏の大会シーズンもいよいよ終盤になってきましたね。
今年も各地方で気温は高く、暑い夏になっています。

コート風景
 
暑い環境でベストパフォーマンスを維持するために重要なのは「食事」です。
今回は「夏場の食事のポイント」についてご紹介します。

 
夏場において、大会期間中複数試合行うと、普段よりも体力の消耗が大きくみられます。
暑くてなかなか食事を摂る気になれない…という選手もいるかもしれませんが、試合で消費した分のエネルギーをしっかり摂取していないと試合中スタミナ切れを起こし、本来の力で戦うことはできません

<ポイント 1.>
エネルギー源である「糖質」をしっかり摂取する(夏バテ防止)
◎おにぎり → 一口サイズで複数個用意する
◎冷たい麺類 → 冷やしうどんや冷やし中華など

身体のエネルギー源とは「糖質」のことです。
試合会場でお弁当を注文されている学校もありますが、夏場は一回で全部食べられず残してしまい、暑い場所においていて早く傷んでしまう…といったことも考えられます。
試合期間中はおにぎりを一口サイズで複数個用意しましょう。一口サイズは食べやすく、少しの量なので、思いのほかたくさん摂取することができます。ただし、それだけではエネルギー摂取量が少ないので、冷やしうどんや冷やし中華などの麺類を同時に摂ることをおすすめします。冷たい麺類は暑い環境でも食べやすく、冷やし中華などは卵や野菜なども同時に摂取できるので特にいいですね。

<ポイント 2.>
疲労回復効果のある食事
◎野菜や果物 → 食べやすい大きさに切り、漬物や塩漬けなどで食べやすくする

疲労回復に良い食べ物の代表は、ビタミンCが多く含まれる野菜や果物です。
なすやきゅうりの漬物や、トマトに塩をまぶしたものなどは、量もしっかり食べられて、なおかつ食べやすいです。(塩分は熱中症や痙攣予防にも効果的です)
また、レモンのはちみつ漬けなどの柑橘類にも多くのビタミンCが含まれており、バナナにはカリウムが含まれており、痙攣予防に効果的であり、食べやすく腹持ちも良いです。


今回ご紹介をした食事内容は、主に試合中の昼食や捕食に摂っていただきたい食事内容です。
 
夏場で特に怖いのは熱中症。
熱中症の原因は暑さだけでなく、疲労や食欲不振からも発症します。
 
試合期間中に、「暑くてご飯が食べられない…」といった状態にならないよう、普段からしっかりご飯を食べる習慣をつけて、身体の中から強い選手を目指しましょう!




※ウォーミングアップ、トレーニング方法についての質問、疑問などがございましたら、

までお寄せください!質問および回答を当メルマガにてご紹介させいただきます。
(全てのご質問にはご回答できない場合もございますので、ご了承ください)


スポーツインテリジェンスHP

http://www.sports-intelligence.jp/


からだサポート【S.I メルマガ】登録フォーム

https://plus.combz.jp/connectFromMail/regist/cpfw9543

4660323a

スポーツインテリジェンスのトレーナー記事が誰よりも早く読める! 
メールマガジン「部活運営のヒント」(無料)の購読登録はこちら
   

#【NTT堀より】上達する練習とは 〜最終章〜

みなさんこんにちは。NTT西日本の堀です。

これまで上達するために必要だと思っていることを熟々と書きましたが、上達する練習の最終章は「根性について」触れておきたいと思います。
おいおい、今どき根性かよ・・・という言葉が聞こえてきそうですが(汗)

私は当然、『根性論』はいけないと思いますが、上達するためには『根性』は必要不可欠だと思います。
ナショナルチームの中でも息が長く活躍する選手というのは「根性」があります。
しかしながら、今頃の生徒さんや選手に「根性だ」というと死語、笑われてしまうかも知れませんね。

まず皆さんは根性というと何を想像されるでしょうか?
「気持ち」「気合い」「情熱」「血のにじむ努力」・・・
どちらかというと、心が熱く燃えたぎる!ようなイメージだと思います。

一昔前、スポ根マンガ・スポ根ドラマの隆盛で、根性というのが血と汗と涙がセットとなり、弱い者がとてつもない猛練習・特訓で体をいじめ抜き、鍛えあげ、強い者をやっとの思いで倒す!というのが『根性』という言葉のイメージになったと推測します。
ドラマやマンガが日本中で流行し浸透していったのでしょう。
(※あくまでも私見です。)

ですが根性というのは本来、根気よく続ける力。もっと言えば“自分自身を見つめ、分析し、根気よく続ける力”
どちらかと言えばクールな心であろうと思います。
淡々と、黙々とクールに・・・これが根性の本質なのでしょうが、そんな主人公ではドラマもマンガもつまらないですもんね・・・

『根性』
一見古くさい言葉ですが、根性論とともに根性まで無くしてしまってはいけないと思うのは私だけでしょうか?

自分自身を見つめ、分析し、根気よく続ける力“根性”というのは、自発的・自主性の中から生まれてくるものと思っています。
厳しい指導者、厳しい練習で根性は培われるのではなく、人が見ていないとき、気付かぬ所でいかに根気よく続けるか、影の努力を出来るか否かが根性に繋がり、一流と二流の境目であるように思います。

ナショナルチーム男子の現監督で全日本選手権9回制覇の大偉業を持つ中堀成生監督とは現役時代も何年かご一緒しましたが、影の努力を人に見せない人でした。
雨で全体練習が無くなったとき、忘れ物をしてコートに寄った際、管理人さんに「お疲れ様でした。お先で〜す」と上がろうとすると、管理人さんに呼び止められ、「堀くん、中堀さんはこんな時でも走ってるよ。若い選手も見習いなさい」とズバっと指摘されたことがあります。雨で練習がない日もコートのそばに広島城があるのですが、そのお堀周りをずっと走っていたそうです。
管理人さんに「いつもですか?」と聞くと「しょっちゅうよ。そんなんじゃ若い選手はいつまでも越えられないよ」と言われ、中堀さんの根性の源を感じました。
そんな中堀さんの選手時代の最大の強みは競ったゲームでのしぶとさ
どんな劣勢でも逃げないプレー、ファイナルの苦しい場面で打ち切る姿は多くのファンを魅了しました。

そんな、影の努力・根気よく続ける力を、中堀さん引退後も今のNTTでは何人か持ち合わせているようです。○○選手は残って練習してたよとか、トレーニングしてたよというのを人伝に聞くと感心しますし、根性が育まれているなと大変嬉しい気持ちになります。
そんな選手は大事な場面で逃げないですし、言い訳もしません。

かく言う私自身は二流であったわけですが、選手時代の後悔を今の選手にはしてほしくない、根性”を育てる、気付かせる指導者でありたいと思っています。

今一度、忘れ去られそうな『根性』について考えてみるのも大切です。

基礎的な練習や、実戦的な練習も「JASP(ジャスプ:ジュニアアスリートサポートプログラム)」で数多くご紹介しています。登録は無料!ぜひご覧下さい!!

JASPに登録しよう!

58a6aa64-s








機関誌 「ソフトテニス」 7月号を紹介します!

ソフトテニスオンラインをご覧の皆様
こんにちは!
編集部のふくじーにょです!

(公財)日本ソフトテニス連盟の機関誌「ソフトテニス」の
17年7月号を紹介します。

スクリーンショット (48)

【表紙写真】

全日本アンダー17男子チームのメンバーである広岡宙選手(大阪府.上宮高校)。6月下旬に北海道・札幌市で開催された「46回 ゴーセン杯争奪ハイスクールジャパンカップソフトテニス2017」の男子単複で優勝を飾り、2冠を達成した。

(写真提供:ベースボールマガジン社)



7月号の最初を飾るのは、「平成29年度 定時評議員会報告」です。ここで報告されている議案と資料は、ソフトテニスファンにもぜひ知ってほしいと思います。(公財)日本ソフトテニス連盟の考えと方向性を理解されるでしょう。

続いて掲載されているのは「第16回 チャイナカップ」。全日本アンダー20の男女から選出された男女12名が今大会に臨みました。慣れないハードコートや強豪国に阻まれ、残念ながら7種別で優勝に届いた種別はありませんでした。しかし、北本団長をはじめ、各選手の感想から日本選手団が貴重な経験を積んだことがわかります。
ph03
ph01-DSC_0372

他にも、5月下旬に三重県で行われた全日本アンダー14男女合同強化合宿報告の男子編や「ワタキューカップ国際ソフトテニス大会 ポーランド大会・ドイツ大会」、「第46回ゴーセン杯争奪 ハイスクールジャパンカップソフトテニス2017」「西日本シニアソフトテニス選手権大会」が掲載されています。

機関誌の購読については以下のサイトより
お申込みください。

皆さん、熱中症には十分に気をつけて
ソフトテニスを楽しんでください。

では、また来月にお会いしましょう!


〈目次〉
・平成29年度 定時評議員会報告
・海外レポート 第16回チャイナカップ 
 インターナショナルソフトテニスチャンピオンシップ
・全日本アンダー14男女チーム合同強化合宿報告
・海外レポート 2017ワタキューカップ
          ポーランド大会・ドイツ大会
・第46回 ゴーセン杯争奪
 ハイスクールジャパンカップソフトテニス2017
・西日本シニアソフトテニス選手権大会
・国際交流レポート
   日本壮年ソフトテニス中華台北親善訪問団報告
・ようこそ!「専門委員会」へ
    Vol.4 特別委員会 環境・教育プロジェクト
・地区大会・地方大会
・学連ニュース
・支部ニュース
・次号予告


http://www.jsta.or.jp 

ではでは!









効果的なウォーミングアップのポイント!

4660323a


《読者の方からいただいたご質問》
*読者の方=中学校でソフトテニス部講師をされているそうです。
 
Q. いつも部活始め、あまり体操なく乱打から始めていて、これまでの習性でアップに時間がとれていません。
でも、実際生徒の体力も体幹もあまりないので、しっかり実施させたいです。よい掛け声もないので、大人しい印象です。
効果的で、体幹も鍛えられ、声も出せるようなアップのメニューがあれば教えていただきたいです。
 
-----------------------------------------------------------------

ご質問いただき、ありがとうございます。
トレーナーの中野です。

ウォーミングアップの必要性を感じていただきありがとうございます。

ウォーミングアップの目的は「パフォーマンスの向上とケガの予防」で、効果としては、「筋温の上昇、筋粘性の低下、神経伝達速度の向上、関節可動域の拡大」などがあります。
ソフトテニスに必要な持久力や柔軟性、筋力、敏捷性、瞬発力、反応などの体力要素を十分に活用するためには、選手が持っている身体能力を十分に引き出した状態でボールを打ち始めることが重要です。
また、ウォーミングアップは自分自身の身体に意識を向ける時間になります。意識をもって、1つ1つの動きをしっかりと行うことでバランスや協調性、体幹筋力などのパフォーマンスを向上させることもできます。

<ウォーミングアップのポイント>
1. 必要な体力要素が含まれていること。
2. 何を目的とした種目なのかを確認すること。
3. 自分の身体に意識を向けること。

<一般的なウォーミングアップの具体例>
1. ウォーキング→これから始める準備
2. ジョギング→筋温を上げる
3. 静的ストレッチング→各部のコンディションの確認
4. 動的ストレッチング→ランジなど動きながらの各部可動域の拡大
5. ダッシュ→スピード能力の引き出し
6. アジリティ→ラダーなど切り返し能力の引き出し
7. 反応→ペッパーやリアクションドリルなど反応力の引き出し

効果的で、体幹も鍛えられ、声も出せるようなアップのメニューということでしたので、いくつかご提案いたします。

 ジョギング時にかけ声をかけたり、静的ストレッチングで数を数えるようにする。
 動的ストレッチングでは、サッカーのブラジル体操のようにリズムと動きを合わせる。
 アジリティや反応では、ゲーム性のあるものを取り入れる。(鬼ごっこや手テニス)
 ダッシュの前にスタビライゼーション(体幹)トレーニングを入れて、体幹に刺激を入れる。
 リアクションダッシュのようにいろいろな姿勢から音の合図でダッシュすることで、体幹に刺激を入れられる。


ウォーミングアップを始めてみるヒントになりましたでしょうか。
 
限られた時間の中でウォーミングアップを取り入れることは難しいと思いますが、必ず効果がありますので練習の一環として取り入れてみてはいかがでしょうか。
また、ご不明な点がございましたら、お気軽にご質問くださいね!




※ウォーミングアップ、トレーニング方法についての質問、疑問などがございましたら、

までお寄せください!質問および回答を当メルマガにてご紹介させいただきます。
(全てのご質問にはご回答できない場合もございますので、ご了承ください)


スポーツインテリジェンスHP

http://www.sports-intelligence.jp/


からだサポート【S.I メルマガ】登録フォーム

https://plus.combz.jp/connectFromMail/regist/cpfw9543

4660323a

スポーツインテリジェンスのトレーナー記事が誰よりも早く読める! 
メールマガジン「部活運営のヒント」(無料)の購読登録はこちら
   

#【スポーツインテリジェンスサポート ヨネックストレーナーブース】のご紹介!

4660323a


皆さん、こんにちは。トレーナーの市山です。
 
毎年恒例の【スポーツインテリジェンスサポート ヨネックストレーナーブース】のご紹介をさせていただきます!

毎年、夏季大会のヨネックスブース内(ソフトテニス競技)におきまして、スポーツインテリジェンスのスタッフがヨネックス商品(STBやトレーニングシューズ)や、器具を使用したトレーニング等のご紹介をさせていただいております。

また、試合会場にて急な怪我や違和感等、不調を感じられたときにも一度トレーナーブースを覗いてください。
テーピングの方法や、宿舎へ戻ってからのケア・コンディショニング方法などお伝えさせていただきます

さ・ら・に。
各大会にてイベントも行っております!
 
★全国中学校大会・・・様々な体幹トレーニングに挑戦!!
★全日本レディース決勝大会(団体戦)・・・一人でできるストレッチ、けが予防のご紹介!

選手の方に限らず、指導される先生方、保護者の皆さま、
どなたでもお気軽にお立ち寄りください。
お待ちしております!!

<昨年のインターハイブースの様子>
岡山インターハイ - コピー

<ヨネックスブース限定!割引販売>
オリジナル残像メンタルカード
通常価格2,160円 → 特別価格1,620円
OZMC
【該当大会 ブース開設日】
◎全国中学校大会(ソフトテニス男女)
 日程:8月18〜20日
 会場:長崎県長崎市
 担当トレーナー:宮崎拓哉

◎全日本レディース決勝大会(ソフトテニス団体戦)
 日程:8月25日〜27日
 会場:宮城県仙台市
 担当トレーナー:印東まどか




※ウォーミングアップ、トレーニング方法についての質問、疑問などがございましたら、

までお寄せください!質問および回答を当メルマガにてご紹介させいただきます。
(全てのご質問にはご回答できない場合もございますので、ご了承ください)


スポーツインテリジェンスHP

http://www.sports-intelligence.jp/


からだサポート【S.I メルマガ】登録フォーム

https://plus.combz.jp/connectFromMail/regist/cpfw9543

4660323a

スポーツインテリジェンスのトレーナー記事が誰よりも早く読める! 
メールマガジン「部活運営のヒント」(無料)の購読登録はこちら
   
[ソフトテニス・オンライン]
ソフトテニス・オンライン

Twitterで更新情報を発信しています
ソフトテニス部でよくあることをつぶやきます。@いただいた投稿のうち優秀作品はbotに追加します。 By ソフトテニスのポータルサイト【ソフトテニス・オンライン】http://t.co/8y6bhL2EPB
ぉまみのブログ「ソフトテニス☆サプリメンツ」はこちら

最新記事
PageView

    記事検索
    月別アーカイブ