#本当のメンタルトレーニングとは?

1be083a3-s


みなさんこんにちは。
スポーツインテリジェンス代表の川上晃司です。

 
 
学生を対象に指導する機会が多い私が、常々感じる事があります。

それは、テニス以外の座学や実技の授業態度、学生としての日常生活や発言、取り組み姿勢などです。
 
 

選手たちの試合後の反省の多くは、勝った時も負けた時もどちらも過去の自分を振り返ったものです。
 
例えば、勝った時には、「今までの練習の成果が出た」や「しっかりやっていたので勝てた」などではないでしょうか?

また負けた時でも、「練習の成果が出せなかった」や「もうちょっと頑張っておけば良かった」などです。
 

 
試合が近づくと目標としていたものが明確になるため、俄然やる気が出てくるようです。

試合直前にいつも以上に一生懸命練習して、どこまでスキルアップできるのでしょうか?

さらに選手たちは、技術力(スキル・ボールを打つ技術)にこだわっていますから、試合時になぜ自分の技術が発揮できないのかわかっていない場合もあります。

 
 
私は、指導する選手たちには普段の練習、およびその取り組み姿勢が一番大切だと力説していますが、なかなか選手たちには伝わりません。
もしくは、伝わっても3日坊主なのかもしれません。


 
皆さんもご理解いただけることだと思いますが、達成感や喜び、成果は苦労したからこそ得られるものであり、さらに苦労しないで勝てるレベルの大会では勝っても喜びが少ないはずです。

したがって、大きな目標にチャレンジする時には、大きな困難に立ち向かうからこそ大きな成果が得られ、達成感も半端なく、満足感が満ち溢れてきます

 

<試合で実力を発揮できるためのメンタル>
 
いつも成功に近づける選手は、日々の生活や自分の行いや行動に責任を持ち、中途半端にしていないはずです。

ただ、この日々の生活を大切にすることが、とてもつらく、長続きしないことだと思います。
これが『日々のメンタルトレーニング』です。



日々の生活行動や自分の姿勢、生活リズム、食事への配慮など強くなるために練習以外の時間を大切にし、決めたことはやり通す姿勢こそが、試合で実力の発揮できるメンタルトレーニングを行っていることだと感じています。
 
 授業中は眠くなりすぐに寝てしまう。

 トレーニングはできるだけしんどくないように動作を緩慢にする。

 決まった時間しか練習しない。

など、自分本位の選手が試合で最高の結果が出せるわけがありません
いえ、出せたとしてもたまたま、そう何度と続かないでしょう。

 
 
試合で実力を発揮できる選手は、日々の生活が違う

こういったことを、多くの中学生、高校生に伝え、レベルの高い次元での戦いにしたいものです。




※ウォーミングアップ、トレーニング方法についての質問、疑問などがございましたら、

までお寄せください!質問および回答を当メルマガにてご紹介させいただきます。
(全てのご質問にはご回答できない場合もございますので、ご了承ください)


スポーツインテリジェンスHP

http://www.sports-intelligence.jp/


からだサポート【S.I メルマガ】登録フォーム

https://plus.combz.jp/connectFromMail/regist/cpfw9543

4660323a

スポーツインテリジェンスのトレーナー記事が誰よりも早く読める! 
メールマガジン「部活運営のヒント」(無料)の購読登録はこちら
    

目指せ、川崎市チャンプ! 川崎市民ソフトテニス大会

2018kawasaki-haru00og


こんにちは。
ソフオンブロガーの荒川です。

朝から気持ちが良いくらい晴れたスポーツ日和の日曜。


この日は自分が住む川崎市の春季市民大会でした。

2018kawasaki-haru01



会場は普段練習している等々力テニスコート。

自宅から自転車で10分。

いわばホームでの試合ということで、おのずと力が入ります。

2018kawasaki-haru02



男女それぞれ、年齢制限なしの「一般の部」から、上は「シニア70の部」まで、総勢119ペアがエントリー。


こうみると、川崎市もなかなかソフトテニスがさかんな市といえます。

さすが、『スポーツのまち・かわさき』です。


2018kawasaki-haru03





川崎市民大会は1人2種目までのダブルエントリーが認められているため、今回は「一般の部」と35歳以上の「成年の部」両方にエントリー。

2018kawasaki-haru05


しかもオールラウンダーを目指す身として、一般では前衛、成年では後衛としての出場です。


・・・と言うのもあながち嘘ではありませんが、実際にはチーム事情で今回参加者が少なかったことによるものです(汗)。

秋季はオープンエントリーとして、市外の人にも広く門戸を開いているのに対して、この春季は基本的には川崎市在住、在勤、在学、あるいは在クラブが参加条件となります。

今回は2ペアのみに留まりましたが、ゆくゆく武蔵小杉ソフトテニス練習会からも参加者を増やしていきたいと思います。


2018kawasaki-haru04


開会式では各年齢カテゴリーごとのランキング表彰がありました。

ソフトテニスをこよなく愛する川崎市民としては、いつかは「川崎市チャンプ」の称号を手にしたいところですが、今はチャレンジャーとして胸を借りて思い切りぶつかっていくのみです。




この日は隣の等々力競技場で川崎フロンターレの試合があったため、公園内はお祭りのように賑わっていました。

2018kawasaki-haru06



2018kawasaki-haru07


観るにせよ、やるにせよ、青空のもとスポーツを楽しむ。

なんとも清々しい休日です。


あまりに気持ちが良すぎて、芝生に寝そべってお昼寝したくなる気持ちを抑えて試合に臨みます。



2018kawasaki-haru08



各コートでさまざまな世代の選手たちが熱戦を繰り広げます。

ダブルエントリーということもあり、試合数は多かったのですが戦績は以下のとおり。


一般男子の部
予選リーグ1勝2敗

成年男子の部
予選リーグ0勝2敗


残念ながら、いずれも予選リーグ敗退でした。


ところどころで手応えのあるプレーはあったものの、自分よりも格上のペアを相手に勝ち切るまでには至りません。

まだまだ精進が必要です。


川崎市チャンプへの道はまだまだ遠いですが、この先何年でもチャンスはあるので地道にコツコツ上を目指します。



予選リーグ終了後のコンソレーションで1勝を挙げて、最後は勝って気持ち良く終わらせていただきました。

計6試合やって2勝4敗の負け越し。


体力的にはまだ動けたので不完全燃焼ではあるものの、たくさん試合ができて良い経験になりました。

次こそは上位入賞を目指して、練習、練習!

2018kawasaki-haru09



softtennis_blog

強くなりたいなら目的と目標を立てろ!

1be083a3-s


みなさん こんにちは。スポーツインテリジェンス代表の川上晃司です。

4月から、毎月1回レポートさせていただくことになりました。
宜しくお願い致します。
 


新学期になりました。新たな1年のスタートですね。
 
この時期、決意を新たに今年は頑張ろう!と誰もが思うものです。
皆さんはいかがですか? 
 
新たな決意を持って頑張ろうとしたときには、目標を立てないといけません
もう目標をもって前進していますか? 



さて、「目標」と同じような言葉に「目的」という言葉があるのはご存知ですね。
 
字の違いを考えてください

目的は、的(まと)を目指す、目標は、標(しるし)を目指すというような感じになります。
 
的(まと)は、円の中心といった感じで、一点を目指すようなイメージです。
 
ところが、もう一方の標(しるし)は矢印といったような意味で、進むべき方向が定まらないイメージです。
 
自動車のナビゲーションをご存知ですね。行き先を入力するときに、目標地とは言わず、目的地といいますね。行きたい場所が明確だからです。
しっかりした目的地が分からない時は、このあたりを目標にしていってみようということになります。
 
したがって、どこに行きつきたいのか?が「目的」となり、その目的に行きつくまでの様々な方向変換などが、「目標」となります。



スポーツにおいても、自分自身がテニスを通じてどうなっていきたいのかを考え、行き先を明確にすることが「目的」であり、毎年、毎月、毎週、次は何をしていこうかと考え、前進したり、変化したり、後戻りしたりすることが「目標」に向かって進む、ということになります。
 
目的は大きなものというイメージがありなかなか決めることが難しいかもしれません。
まずは、小さな目的でもいいから学生に考えさせてみてください。
 
例えば、県大会優勝が今の目的、そのために今週はこういった練習をする、といったように行き先ややることを決めてしまいます。行き先ややることが明確になっていると、より早く進みたいところに進んでいけるようになります。
 
学校では、担当の先生やクラブ顧問の先生方が決められた目標に向かって努力するといったことは多いと思います。その場合は、学生がその目標についていかに真剣に考えられるか、皆で共有できるかがたいへん重要です。



過去から現在まで多くのチーム、学生と関わらせていただきました。
目的や目標設定の場面では、夢のような理想の目標を掲げている学生がほとんどです。
 
強豪校での過去の例をあげますと、自分の目標は全国大会個人戦ベスト4以上ですと、簡単に決めて発言する学生が同じクラブ内に複数人いました。
同じチームにベスト4以上が何人も存在するとすれば、全国の学校でこのような質問を投げかけたときに、ベスト4以上が数百人に膨れ上がる可能性があります(笑)。ベスト4は全国で4人(4ペア)しかなれないわけです。

その当時の学生に、そのために何をどうするかと質問した時には、明確なプランは出てきませんでした。ただ一生懸命に練習します、という回答が返ってきました。
 
どこの学校でも一生懸命に練習はしているわけですから、普通の2倍3倍の努力や普通とは違ったことにもチャレンジしないと変化はありません。また、そのベスト4という力レベルはどのようなものなのか、何が必要なのかをしっかり分析してみないといけません。誰もがあこがれ行きたい世界ですが、簡単に行けるのなら苦労しませんね。

苦しい状況を乗り越えるからこそ達成感が得られることを知ってもらいたいと思います。


 
ぜひ今年の春のシーズンからしっかり目的、目標を立てて、みんなで共有し強いチーム作りを行ってください。




※ウォーミングアップ、トレーニング方法についての質問、疑問などがございましたら、

までお寄せください!質問および回答を当メルマガにてご紹介させいただきます。
(全てのご質問にはご回答できない場合もございますので、ご了承ください)


スポーツインテリジェンスHP

http://www.sports-intelligence.jp/


からだサポート【S.I メルマガ】登録フォーム

https://plus.combz.jp/connectFromMail/regist/cpfw9543

4660323a

スポーツインテリジェンスのトレーナー記事が誰よりも早く読める! 
メールマガジン「部活運営のヒント」(無料)の購読登録はこちら
    

#ベストコンディションのためには○○が大切!

1be083a3-s


皆さん、こんにちは。トレーナーの宮崎です。



5月も中旬を過ぎ、全国各地で地区大会や県大会に向けた練習に励まれていると思います。
3年生にとっては3年間の集大成となる試合を迎えることになるでしょう。

暑さも増しますが、ベストコンディションで試合に挑めるよう日々の生活から心がけていきましょう!



さて、コンディションについてですが、日常生活ではどのようなことが意識できるでしょうか。
 
様々なことが挙げられますが、まずは健康でなければ始まりません。
 
今回は「生活リズム」についてお話しします。



私達の身体には、「自律神経」と呼ばれるものがあります。
 
 
◆自律神経とは?

心臓の拍動、呼吸、体温、消化、ホルモン分泌など、私たちの意思とは無関係にコントロールしている神経です。
自律神経の働きを整えていくためには、日頃からリズムを整え、身体に慣れさせることが非常に重要となります。

さらに、自律神経は2種類に分類することができ、それが「交感神経」「副交感神経」と呼ばれるものです。


◆交感神経

心身を興奮状態や活発に動かす神経

<交感神経が優位な状態の例>
緊張して心拍数が早くなる、呼吸が浅くなる、など。


◆副交感神経

心身をリラックスに導く神経

<副交感神経が優位な状態の例>
眠気、ゆっくりとした呼吸、など



一方の神経が優位になっているときは、もう一方の神経の働きは抑えられるというバランスで働いています。
 
しかし、夜更かしが続いたり極度の緊張状態やストレスがかかると交感神経が優位になり、「朝起きても身体が疲れている」「頭もぼーっとして身体が動きにくい」、といった自律神経の乱れに繋がります。
 
睡眠や休息、日常生活の中でリラックスできる環境をつくることが重要となります。



試合の日にすっきりと目覚め、適度な緊張状態で試合に挑むには、日頃から生活リズムを整えておくことが必要です。
 
基本的なことですが、まずは睡眠時間の確保について、見直してみましょう!




※ウォーミングアップ、トレーニング方法についての質問、疑問などがございましたら、

までお寄せください!質問および回答を当メルマガにてご紹介させいただきます。
(全てのご質問にはご回答できない場合もございますので、ご了承ください)


スポーツインテリジェンスHP

http://www.sports-intelligence.jp/


からだサポート【S.I メルマガ】登録フォーム

https://plus.combz.jp/connectFromMail/regist/cpfw9543

4660323a

スポーツインテリジェンスのトレーナー記事が誰よりも早く読める! 
メールマガジン「部活運営のヒント」(無料)の購読登録はこちら
    

中体連に硬式テニス部設置でソフトテニスは廃れるのか?

kishi_01og


こんにちは。
ソフオンブロガーの荒川です。


慌ただしい出勤前の朝。

身支度しながらテレビをつけていると、あるニュースが目にとまりました。


中体連に“硬式”テニス部設置へ


そのNHKの放送によれば、中体連(=日本中学校体育連盟)に「テニス部」が新たに設置され、中体連主催の「全国中学校体育大会」にも新たな競技として硬式テニスが早ければ3年後に加わる見込みだそうです。


日本テニス協会としては、およそ20年前から各都道府県の中体連に働きかけてきたそうで、今回の件は悲願ともいえます。

前々から、そうなるらしいという話は聞いていましたが、いざテレビで目にすると相当な現実感に見舞われます。



中体連には現在、ソフトテニスのほかサッカー、バスケットボール、陸上競技など19の競技部があります。


公益財団法人 日本中学校体育連盟
http://njpa.sakura.ne.jp/

中体連に正式な競技部として加わるためには、「関東、北信越、近畿など全国を9つに分けたブロックの中体連のうち、6つ以上がその競技部を設けていること」などといった規定を満たす必要があります。

その競技自体が広く普及しているのはもちろんのこと、全国規模での大会の準備や運営にも人員が必要なため、これまで30年以上に渡って競技部の新設はなかったそうです。



近年のテニス人気の高まりの背景には、錦織圭選手をはじめとした日本人選手の活躍があります。

笹川スポーツ財団の調査によれば、10代の若者の硬式テニス競技人口は増加傾向にあり、2012年の76万人から2016年には97万人まで急増しています。


現在、中学校の部活動におけるテニスといえばソフトテニスが主流ですが、中体連主催の全国大会が開催される見通しとなったことで、今後中学校にも硬式テニス部が増えていくことが予想されます。


中学校・高校におけるソフトテニス部、硬式テニス部の数

bukatsu
出典「NHK NEWS WEB(中体連に“硬式”テニス部設置へ)」




これまでも中学校でソフトテニス部、高校では硬式テニスという流れはありました。

ジュニアで硬式テニスを始めた子供も、中学校に部活がないが故にソフトテニス部に入ったり、テニスを続けなかったりというケースも少なくなかったはずです。

今回の動きを受けて、そうした状況が改善されて硬式テニスの裾野は一層広がっていく可能性があります。



もちろん、それは裏を返せばソフトテニスにとっては脅威ともいえます。


教える指導者や、学校のコート確保などを考えても、一気にソフトテニス部に取って変わって硬式テニス部だらけになることはないかもしれません。

とはいえ、この先数年をかけてある程度は軟式から硬式へのシフトが進むはずです。


「硬式テニス部がないから」という理由で多くの入部数を保っていたソフトテニス部も、もはやその状況にあぐらをかいているわけにはいきません。


今こそ、ソフトテニス独自の魅力を伝えていくことが大切だと思います。

硬式テニスと軟式テニスで、限られたパイを食い合うのではなく、お互い協力できる部分は協力してテニス全体の競技者の裾野を広げながら、それぞれが独立したスポーツ競技として発展していければ理想的です。


ネット上では、軟式テニスは硬式テニスの劣化版のような言われ方をしているのも目にしますが、硬式テニスも多少かじった私からするとそもそも明らかに別の競技です。

例えるなら、野球とソフトボール、サッカーとフットサル、スキーとスノーボードなど。

どれも似ているようでそれぞれが独自の魅力を持った違うスポーツです。


ソフトテニスを長く続けている人は、始めたきっかけはさておきその魅力を存分に感じているからこそ、あえて硬式テニスではなく軟式を続けているはずです。

それでも、人から「なんで軟式なの?」と聞かれると、いまいちうまく言葉にできないこともあるでしょう。


自己紹介などの際に

「テニス部です」

「でも軟式の方ですけど・・・」

と、なぜか引け目を感じた経験も、一度や二度ではないはずです(ソフトテニスあるある)。


そこは是非、「ソフトテニスです!」と胸を張っていきましょう!


私は、これからもソフトテニスが競技として広く普及し発展を続けていくために、まず何よりソフトテニスに携わる一人一人が、もっとその魅力を外に向けて発信していく努力が求められると考えます。



先に挙げたような「似ているけど違うスポーツ」のなかにも、好例がたくさんあります。


バスケよりも3x3のほうがオシャレ。

バレーボールよりもビーチバレーのほうがカッコイイ。

サッカーよりもフットサルのほうが敷居が低くて気軽にプレーしやすい。


“青は藍より出でて藍より青し”


言うなれば本家から派生したようなスポーツが、本家よりもプラス印象を持たれるケースだってあるはずです。


日本フットサル連盟オフィシャルホームページ

3x3.EXE | 3人制バスケットボールリーグ

日本ビーチバレーボール連盟
http://www.jbv.jp/




硬式テニスから派生した、日本発祥の伝統ある競技ソフトテニスをどう位置づけていくのか。

これは日本ソフトテニス連盟だけが考えることではなく、競技に携わる選手や指導者、関係者全体で意識を変えていく必要があると思います。


硬式テニスよりもソフトテニスのほうがアツい。

硬式テニスよりもソフトテニスのほうが気持ちいい。


魅力に感じることは人それぞれ。

なんだっていいんです。


国内愛好者700万人とも言われるソフトテニスをさらに盛り上げるべく、これまでも現在もさまざまな方が各方面で奮闘されていることと思います。

たとえ個人でできることはちっぽけでも、一人ひとりが行動することでやがてそれが大きなうねりとなっていきます。


大好きなソフトテニス競技が、さらに盛り上がっていくことを願ってやみません。

私も微力ながら、その一助となれれば幸いです。



softtennis_blog

[ソフトテニス・オンライン]
ソフトテニス・オンライン

ぉまみのブログ「ソフトテニス☆サプリメンツ」はこちら

最新記事
PageView

    記事検索
    月別アーカイブ