プロフェッショナル、まさごコーチの流儀!?

ソフオン編集部、ふくじーにょです。

Youtubeでいろんな動画を見ていたら、、
とある動画を発見しました。

テニススクールの
「ソフトテニス ゼネラルヘッドコーチ という肩書の方。

???

どんな人なんだろう・・・

↓こんな感じで動画が始まります。
「真砂(まさご)の部屋」?

無題2


どんな(あやしい)人なんだろう・・・

どうやら、「ITCテニススクール」という硬式テニススクールで、ソフトテニス指導を仕切っている「真砂(まさご)さん」ということがわかりました。

NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」の”あの音楽”で、インタビューを受けているところから始まります。

3分の動画を全部見るのが面倒なので(笑)、

この真砂さんという方のプロフィールを調べてみました。

ITCテニススクールにはこんな表現が。

「真砂マジックにかかってみない?」

なんか、ソフトテニス界ではあまりない感じの変な人かも・・・(^^;

無題3

ITCソフトテニススクール ホームページより

Webサイトには、「真砂マジック」の定義が書いてあって(笑)、

「真砂(まさご)マジック」とは、

「真砂コーチに教わるとみるみる上達すること」

だそうです。


Webサイトをよくよく読んでみると・・・

この方、実は

上宮高校卒業!

大学でも関東1部の体育会でガッツリ。

その後実業団でバリバリやっていた選手!?


その方がスクールのコーチ?

ちょっとお笑い系?(笑)

・・・・・

この人がここに至った背景を聞いてみたい・・・


ということで、、、

私、ソフオン編集長ふくじーにょが、真砂コーチに直接インタビューしてきました!

その衝撃の(?!)内容を、次回掲載予定!


あ、冒頭ご紹介した真砂コーチの動画はこちらです↓(笑)




関連サイト:

ITCソフトテニススクール

ITCコーチ採用情報ページ


【顧問インタビュー】林田リコ選手の映像は「見て上手くなれる」

(注)選手、指導者の所属・プロフィール等の情報は発売時点のものとなります。

From:部活運営のヒント

03221157_5ab31ba02e107


ソフン編集部です。

今回は、現在、東京女子体育大学1年生で、昨年の皇后杯の優勝者、林田リコ選手のDVDについてご紹介します。今回も、中学ソフトテニス部顧問である「イチタケ先生」に視聴してもらい、感想を伺いました。

●今回ご紹介する指導法コンテンツ:

文大杉並ソフトテニス部 林田リコ(2枚組DVD)

無題

・発売元:ティアンドエイチ
・解説:野口 英一
・実技:林田リコ
詳しくはこちら(ティアンドエイチのサイトに飛びます)

以下サイトより:

「全てが高いレベルにある、100年に1人の逸材」(野口英一先生)

発売:2018年


〜野口英一監督からのメッセージ〜
小・中学生の皆さんには特に参考になる映像です。
この映像を見て出来るだけ真似をして、これからのプレーに活かしてもらえればと思います。

文化学園大学杉並高等学校ソフトテニス部監督 野口 英一

実技:林田 リコ
1999年9月27日生まれ。
杉戸町立広島中学校、文化学園大学杉並高等学校卒。
2016年 全日本高校選抜 優勝
2016年・2017年 インターハイ個人・団体 優勝
2017年 皇后杯 優勝(高校生として67年ぶり)
2018年度より東京女子体育大学ソフトテニス部に所属。



●コンテンツ視聴者プロフィール(イチタケ先生)
 ・現役の中学ソフトテニス部顧問(指導10年以上)。
 ・中学〜大学・社会人とソフトテニスプレイヤー(前衛)として活躍。
  選手としてインターハイ出場経験あり。
 ・現在はソフトテニス部顧問をしつつ、都道府県レベルチーム(中学生)の強化にあたる。


●聞き手:ソフオン編集部

―――(編集部)林田選手のDVD内容はどうでしたか?

イチタケ先生:まず、このDVDは指導者が指導方法を学ぶ、というよりは、完全に「選手向け」のDVDですね。中学生、高校生がプレーに対していいイメージを持つためのDVDという位置づけです。

―――(編集部)対象は中高生に限られるような内容ですか?

イチタケ先生:いえ、そんなことはないです。例えば、社会人の選手でも、前衛・後衛に限らず、見てチカラになる内容です。求めやすい価格(税込 3,480円)ですし、例えば、クラブチームの夏合宿に持っていってみんなで見る、ということでもいいかもしれません。もちろん男性プレイヤー、女性プレイヤーに限らず参考になるはずです。

―――(編集部)内容はどのような内容でしたか?

イチタケ先生:詳しくはこちらのサイトを見ていただければわかりますが、ストロークからボレー、スマッシュ、それぞれの応用まで、一通り全部見れるな、というぐらい盛りだくさん練習がたくさんでてきます。
 
―――(編集部)野口先生の解説はどの程度入いりますか?

イチタケ先生:「見てイメージを持つ」ということに主眼が置かれています。イメージトレーニングですね。解説は最初にポイントだけコメントがあって、あとは林田さんのプレーの様子を前から・横から・後ろから、じっくりと見ることができます。また、映像を見ながら下にテロップでポイントが表示されます。

―――(編集部)林田さんってネットプレーも得意なんですか?

イチタケ先生:めちゃめちゃうまいですよ。前衛としてインターハイに出ている私が断言しますが、うまいです。以前、文大杉並に訪問させていただき、林田さん、あえてリコちゃんと呼ばせていただきますが、リコちゃんとボレーボレーさせてもらったのですが、半端ないですよ。。もう、めちゃめちゃうまいです。

―――(編集部)DVDの中で林田さんへのインタビューがあるようですが

イチタケ先生:とても謙虚でまじめな林田さんの人柄がでている、すばらしい内容でした。指導者としては、普段の生活や、委員会活動もがんばっているような生徒さんがプレーでも活躍されている。もうこれは本当に指導者冥利につきる選手ですよね。指導者の方々から生徒さんにぜひこのDVDの存在をご紹介いただきたいですね。

ありがとうございました。

(ティアンドエイチのサイトに飛びます)


〜野口英一監督からのメッセージ〜
小・中学生の皆さんには特に参考になる映像です。
この映像を見て出来るだけ真似をして、これからのプレーに活かしてもらえればと思います。

文化学園大学杉並高等学校ソフトテニス部監督 野口 英一

実技:林田 リコ
1999年9月27日生まれ。
杉戸町立広島中学校、文化学園大学杉並高等学校卒。
2016年 全日本高校選抜 優勝
2016年・2017年 インターハイ個人・団体 優勝
2017年 皇后杯 優勝(高校生として67年ぶり)
2018年度より東京女子体育大学ソフトテニス部に所属。



無題

(ティアンドエイチのサイトに飛びます)

【週刊NEWS】兵庫勢初の快挙/2018年7月8日(日)号

20180708_001
<Photo: 「神戸新聞NEXT」より>

ソフオン読者のみなさん、おはようございます!
ソフオン編集部 Hoshoです。

最近、だいぶ暑くなってきましたね。。
熱中症などに気をつけて、テニスを楽しみましょう!

 兵庫勢初の快挙〜ハイジャパ
- 神戸新聞NEXT(ニュース)(2018/6/30更新)

https://www.kobe-np.co.jp/news/sports/201806/0011403179.shtml
ソフトテニスの高校日本一を決める第47回ハイスクールジャパンカップ(6月20〜24日・札幌市円山庭球場)の女子ダブルスで、須磨学園の木瀬晶絵、平岡琴恵組が優勝を果たした。兵庫勢が頂点に立つのは初の快挙。(本文より)
【編集部 Hosho】

 初のインターハイへ〜部員、OBが一丸に
- タウンニュース(2018/7/6更新)
https://www.townnews.co.jp/0204/2018/07/06/439001.html
佐俣主将は「橘に入学した時から、団体でインターハイに出場したいという気持ちがあったので、最後の年に目標が果たせて良かった」と喜びを表す。強豪の相洋戦では接戦に追い込まれたが、「決勝リーグに出場が決まってからはOBの方も早朝練習に来て頂き力になった」と全員でつかんだ優勝ということを強調する。(本文より)
【編集部 Hosho】

 日本代表応援キャンペーン〜ミズノ
- MIZUNO HP(2018/7/1更新)
https://www.mizuno.jp/softtennis/2018AWcp/?pid=cstop_st
9月9日までの期間で対象商品を一定額以上購入した方を対象としたキャンペーンを行っています。
【編集部 Hosho】

 【動画】煌めく一閃、最速エフレーザー
- Youtube(動画)(2018/3更新)
https://www.youtube.com/watch?v=_GFAD46tmlM&list=PL5fcRTc8-6eqnHX-y1LrNOncNmIDtmj4I
F-LASER 9S、9Vのプロモーションムービーが公開されています。
【編集部 Hosho】

【東日本インカレ】 大学対抗2日目 *早稲田大学/日本体育大学がV*

こんにちは!ソフトテニス・オンラインのHanaです!

今日は…
東日本インカレ
IN 千葉県白子町
来ています!

本日は大学対抗2日目!準決勝から試合が行われます!


【男子大学対抗戦】

優勝は…
早稲田大学!!!
IMG_2018_07_01_9999_369
IMG_2018_07_01_9999_376
IMG_2018_07_01_9999_396

*決勝

早稲田大学 3-0 明治大学
〈一次戦〉
長尾・松本 5-0 中平・根本
船水・上松 5-4 丸岡・金子
安藤・内田 5-4 本倉・丸山


*準決勝

早稲田大学 3-1 日本体育大学
〈一次戦〉
長尾・松本 4-5 橋本・星野
船水・上松 5-2 川・山本
安藤・内田 5-3 原口・川上

〈二次戦〉
船水・上松 5-1 橋本・星野


中央大学 1-3 明治大学
〈一次戦〉
河相・藤井 2-5 本倉・丸山
丸山・中島 2-5 中平・根本
掛川・阿部 5-3 北本・金子

〈二次戦〉
掛川・阿部 4-5 本倉・丸山


【女子大学対抗戦】

優勝は...日本体育大学!!!
IMG_2018_07_01_9999_346
IMG_2018_07_01_9999_403

*決勝

東京女子体育大学 vs 日本体育大学
〈一次戦〉
林田・小松 2-5 坂井・久保
片野・島津 4-5 黒田・戸根
原田・古屋 0-5 笠井・尾上
 

*準決勝

早稲田大学 1-3 東京女子体育大学
〈一次戦〉
山本・花園 1-5 林田・小松
小山・上原 2-5 片野・島津
村上・長内 5- 高崎・菊地

〈二次戦〉
村上・長内 2-5 林田小松


明治大学 0-3 日本体育大学
〈一次戦〉
安西・宮下 -5 坂井・久保
宮下・上田 -5 黒田・戸根
高橋・西永 -5 笠井・尾上





連覇なるか? 春日部オープン

2018kasukabe-op_01og


こんにちは。
ソフオンブロガーの荒川です。


関東甲信地方の梅雨明けが発表されました。

平年より22日早く、6月中に梅雨明けするのは観測史上初めてだそうです。


試合の中止や延期にやきもきする梅雨時も憂鬱なものですが、いよいよ本格的な夏の厳しい暑さの到来に、嬉しいような気が滅入るような複雑な気持ちです。



7月初日の日曜日。

春日部オープンというローカル大会に参加しました。

この大会は春日部市および近隣のクラブがエントリーしているオープン大会です。

昨年もエントリーさせていただき、「成年の部(35歳以上)」で優勝しています。


過去記事:春日部オープンに参加しました!



今年も一般と成年の部の会場は、谷原中西側テニスコート。

2018kasukabe-op_02


社会人の試合では最近めずらしくなってきたクレーコートでの大会です。


今回は連覇がかかるだけに、自分のなかでは是が非でも勝ちたいところです。

テニスの四大大会で唯一クレーコートで争われる全仏オープンよろしく、今年も赤土の王者を目指します。

2018kasukabe-op_03



昨年も相当に暑かった覚えがありますが、炎天下での試合となれば技術はもちろん、気力体力の勝負にもなります。

2018kasukabe-op_04


会場に着くなり、木陰の特等席を確保!

2018kasukabe-op_05


これで試合の合間に休憩を取りつつ、対戦相手の試合もじっくり観戦できます。



今年は一般の部も含めて全体的にエントリー数が少なかったようで、昨年と比較するとややこじんまりした印象です。

2018kasukabe-op_06



私がエントリーした成年の部は昨年より1ペア減って、今回は4ペアによる総当たりリーグ戦です。


思い起こせば、これまでのソフトテニス人生において個人戦で第一シードとして出た大会というのも記憶にありません。

リーグ戦なのでトーナメント形式ではありませんが、慣れない「1番」に気恥ずかしさを感じつつも、内心は嬉しさ満点です。


2018kasukabe-op_07


追われる側のプレッシャー、照りつける強い日差し。

そして何より優勝商品に対する物欲(笑)。


たとえ小さなローカル大会であっても、優勝するのは簡単ではありません。

ましてや勝ち慣れていない私は、一瞬たりとも気が抜けません。


無心とは言えないまでも、なんとか3試合集中して臨むことができました。

結果、3試合で失ゲーム2と安定した試合運びで優勝を決めました!


平成30年度 第17回春日部市オープンソフトテニス大会 試合結果


やりました!

今年も嬉しいカタログギフト!!

2018kasukabe-op_08


実を言うと、もし優勝することができたら欲しいと狙っていたものがありました。

先般、日本ソフトテニス連盟のユニフォーム着用基準改定で、新たに男子でも公認大会での着用が認められることになった「襟なしゲームシャツ」です。

前から欲しかったルーセントの襟なしゲームシャツをお願いしました。


連覇もできて、お目当の賞品もゲットできて、もう『マンモスうれピーです(成年ギャグ)』!!



あまりの嬉しさに、我を失いました。。。

失礼しました(照)。




成年は試合数が少なく早めに終わったので、近くの別会場で行われているシニアの部を応援に行きました。

大沼運動公園テニスコートでは、シニア45、55、65の各カテゴリーが開催されました。


2018kasukabe-op_09


気がはやいようですが、自分も先を見据えてシニアの試合を研究しておかなければなりません。


年齢カテゴリーが上がれば上がるほどに、球威で差がつきにくいぶん、展開の作り方や配球、ポジションなど、勝つためには多くの要素が求められるように思います。

そして、何よりも健康で日々体を鍛えておかなければなりません。


2018kasukabe-op_10


長年元気に活躍されている大先輩方に比べれば、私などまだまだヒヨッコです。

下手の横好きでも長く続けてさえいればきっといいことがあるはずなので、大好きなソフトテニスをこの先もまだまだ楽しみたいと思います。





2018kasukabe-op_11


スポーツ日和の良い週末でした。

これからますます暑くなりますが、熱中症などにはくれぐれも気をつけて、練習に大会に頑張りましょう!




softtennis_blog

[ソフトテニス・オンライン]
ソフトテニス・オンライン

ぉまみのブログ「ソフトテニス☆サプリメンツ」はこちら

最新記事
PageView

    記事検索
    月別アーカイブ