初心者を全国大会へ導く〜清明学園中のすぐにでも使える実践指導法DVD

58a6aa64-s

【初心者を全国大会へ導く指導方法とは?】


From:部活運営のヒント

指導者の皆さん、こんにちは。
ソフトテニス・オンライン編集部です。


今回ご紹介する新発売DVDは「上達スピードを上げる 〜清明学園中学校ソフトテニス部の120分レッスン〜」

seimei_a01


清明学園中学を全国大会常連校に押し上げ、現在全日本U-17コーチも務める高橋茂監督の指導法を凝縮した内容です。

2枚組DVDには、初心者、経験者を問わずに実践できる具体的な練習メニューや指導のポイントなどが盛りだくさんで目からウロコの連続です。

日々の部活動で生徒への教え方に悩んでいる顧問の先生方には、ぜひ参考にしていただきたいものばかりです。

seimei_a02


高橋監督の指導のうち、いくつかポイントとなる点をご紹介します。


―蘓桓圓ら楽しく飽きさせない

新入生は、まず素振りと球拾いから。

そう考える指導者も多いかと思いますが、上達のためにはラケットとボールにいち早く慣れさせる。

そのためにホームラン競争や、ボールつきなどさまざまなメニューを用意しています。

seimei_a03


ボールつきひとつとっても表面、裏面と交互に使う面を変えたり、右手と左手を持ち替えたり両手にしたり、ときには硬式テニスのボールや風船を使ってみるなど、さまざまな工夫を通じて初心者が楽しみながらラケットを使ってボールを操る感覚を養います。

seimei_a04


初心者向けの練習は、ひたすらトス打ちなどつい単調になりがちです。

こうした練習メニューを真似して取り入れるだけでも、レパートリーが広がって生徒の上達も早まること間違いなしです。


効率的な体の使い方

さて、続いては実際にコート内でラケットとボールを使った練習です。

まずは基本的な打ち方からかと思えば、いきなりジャンピングスマッシュの練習です。

seimei_a05


初心者だからできない、やらせないではなく、初心者のうちからこうした練習を取りれることでプレーごとの体の使い方を覚えさせます。

高橋監督の真骨頂ともいえるのが、野球やバレーボールなどソフトテニス以外の競技からもさまざまな動きを取り入れた練習です。

体をどう動かせば、ボールにどう力が伝わるのかなど、論理的に説明してくれます。

seimei_a06


良いボールを打ったかどうかの前に、実際どのように体を動かせば良いボールが打てるのか。

感覚的な部分をしっかりと言語化し、実演してみせることで、生徒にも伝わりやすくなります。

「振り切れ」「腰を落とせ」などと抽象的になりがちなアドバイスも、このDVDを見たあとであればそれぞれのプレーに対して具体的で的確なアドバイスができそうです。


トレーニング要素を取り入れる

基本的な反復メニューのなかでもただボールの打ち方を習得するだけでなく、それと同時に効果的に筋力アップや身体機能を高めるための工夫が随所になされています。

seimei_a07


ボールを打ちやすい状況をつくって気持ちよく打たせてあげるよりも、敢えて厳しい状態をつくって体に負荷をかけてあげることで、体力づくりのトレーニングにもなって一石二鳥です。

根性論ではなく、生徒をいかに効率よくレベルアップさせていくかというのは、指導者共通の悩みです。

高橋監督ならではの考え抜かれた練習メニューの数々は一見の価値ありです。


明日の部活の練習からすぐにでも取り入れることのできるヒントが満載です。

ぜひチェックしてみてください。



「上達スピードを上げる 〜清明学園中学校ソフトテニス部の120分レッスン〜」
指導・解説: 高橋 茂
実技:清明学園中学校ソフトテニス部
【主な成績】
平成28年度 全日本都道府県大会 個人戦 3位
団体戦 3位
平成28年度 東京都新人戦 団体戦 優勝
平成28年度 全国大会 団体戦 ベスト8
平成26年度 全国大会 個人戦 優勝(高倉和毅、山根稔平)


頑張れ、ちびっこ選手たち!川崎ジュニアオープン

0912kawasaki_jr-op_01og

こんにちは。
ソフオンブロガーの荒川です。

土曜日の朝、近所のテニスコートでジュニアの大会があるというので、覗きにいってきました。


ここ等々力テニスコートは、私も自身が主催する練習会でよく使用するコートです。


武蔵小杉ソフトテニス練習会
https://www.facebook.com/MUSAKOsofttennis/


私の住んでいる神奈川県川崎市には、よく大会に使われている立派なテニスコートが2つあります。


この等々力テニスコートと、もう一つは富士見公園テニスコートです。

中高生から社会人一般まで、市大会のほとんどがそのいずれかで行われます。

神奈川県の大会などで使用されることもありますので、神奈川県近隣でソフトテニスをされている方であれば、一度くらい来たことがあるという人も少なくないかもしれません。


0912kawasaki_jr-op_02


会場に着くと、カラフルなウェアを身にまとった子供たちと、同じくお揃いのウェアを来た保護者たちがいっぱいです。


ジュニアの試合は選手のみにとどまらず、保護者の熱の入れようも伝わってきます。

私も子を持つ親としてその気持ちはよーくわかります。

もしも自分の子供が試合に出ようものなら、きっと運動会で我が子の応援に熱を入れる父親のようにハッスルしてしまうことでしょう。


0912kawasaki_jr-op_03


コートではチームごとにおのおの個性のあるウォームアップをしています。



この川崎ジュニアオープンは、神奈川だけにとどまらず、東京、埼玉、千葉、遠くは茨城などからもジュニアの選手たちが参加しています。

今回の総エントリー数は200ペア近くにのぼり、相当大きな規模の大会といえます。


0912kawasaki_jr-op_04


知り合いに声をかけながら会場をウロウロ。

最近練習でご一緒している人たちのなかにもジュニアの親御さんも多く、指導やら引率やらで大変そうですがとっても楽しそうです。

うらやましい限りです。

私もはやくジュニアのパパさんママさんに仲間入りしたいものです。



私はこの日予定があるため朝一の試合しか見られなかったのですが、高学年(5・6年生)の部、低学年(4年生以下)の部、さらには初心者の部も開催され、ちびっこたちが元気よくコートを駆け回っていました。

0912kawasaki_jr-op_05


0912kawasaki_jr-op_06


0912kawasaki_jr-op_07



進行の都合上、高学年女子の部は試合が終わりきらなかったようで、そちらは勝ち残ったペアだけで後日開催されるそうです。


第8回 川崎ジュニアオープン 試合結果



私がソフトテニスを始めたのは中学からですが、ソフトテニス競技の裾野を一層広げていくことを考えると、最初の入口となるジュニアのカテゴリーも非常に重要だといえます。


ソフトテニス大好きな子供たちが、スポーツを通じてすくすく健康に育ち、仲間をつくって人間的に成長していく。

そんな姿を親や地域の大人たちが見守りながら、また世代を超えたつながりが生まれていく。

そういうことに自分も携わっていけたらと思います。


頑張れ、小さな選手たち。

おじさんも負けずに頑張ります。


運営、応援のみなさんもお疲れ様でした!




sofmeshi_eyecatch_st-on

#【NTT堀より】『無念無想』のこころがまえ


みなさん、こんにちは。
NTT西日本の堀です。

NTT西日本ソフトテニス部監修のJASP!是非ご覧ください!!
JASP(ジュニアアスリートサポートプログラム)に登録しよう!!


今回は前回までのお話から少し脱線してしまいますが、直近の試合で感じたこと・得たことについてご紹介したいと思います。

9月上旬、全日本社会人選手権(熊本市)に出場してきました。NTT西日本からは4ペア出場、一般男子だけで総勢278ペアで争うビッグトーナメントです。

熊本へは8月に合宿も行っていましたが、あらためてみると至る所に震災のつめ跡が残っていました。会場の熊本県民総合公園は被害の大きかった益城町のすぐそば。朝イチから練習させてもらいましたが、私たちよりも早く来て会場準備をしている連盟の方から色々なお話を聞きました。女子会場のパークドームは最近やっと修復が完了したことをはじめ、「やっと全国から皆様を受け入れる体制に戻りました」と額の汗を拭いながら嬉しそうに話してくださいました。
連盟の皆様、大会関係者の皆様のおかげで、素晴らしい運営、そして天気にも恵まれ気持ちの良い大会となりました。得点板の掲示や、試合間のブラシかけ、地元高校生のお手伝いも観客・選手にとってはありがたいものでした。
聞くところによると、来年の全日本選手権(天皇杯・皇后杯)の開催が決まっているとのことで、大成功になることを心よりお祈りするとともに、是非皆さん、選手のアツい戦いを観に、また熊本の復興に向けて、皆さんで熊本に行きましょう!!


大会の結果はというと、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、NTT西日本勢が1〜3位、そして国体強化メンバーとして共に切磋琢磨している岡本・加藤組(広島翔洋クラブ)も3位入賞と広島県勢が上位を占める結果となりました。

もうひとつ嬉しかったのが、ベスト8に入った原・岩崎組の入賞でした。最後は岡本・加藤組に負けてしまいましたが、30代半ばに差し掛かった二人が新たなペアリングで新たなテニスにチャレンジしていく姿に、何人もの方々から「ベテラン勢も伸びてるね〜」とお褒めの言葉を頂きました。
年齢に関係なく成長できる変われる強くなれるということを天皇杯でも更に証明してほしいと期待をしてみています。
「青春とは心の若さである」アメリカの詩人、サミエル・ウルマンのあまりに有名な詩の一節ですが、年齢に関係なく希望に燃えて生きたいものです。

さらにもうひとつ嬉しかったのが、別のチームではありますが、同じ広島県のマツダ所属のペアです。彼らも上位に食い込める実力を持っていますが、今回は天皇杯の出場権利がないまま熊本に乗り込んできました。彼らは県の予選が3位だったので(広島県は2位までが天皇杯出場権獲得)、「岡本・加藤か原・岩崎がベスト16入ったら繰り上がりで天皇杯出れるな!」と言ったら、「僕らも今回自力で取って、4位のペアを繰り上げさせますよ!」とキッパリと答えました。
これまであれば「そうですね〜」とか言ってはぐらかしていたであろうこのペアの今までと違う強い意気込みに、「信念」を感じました。結果は負けてしまい、自力での天皇杯出場権利は得られませんでしたが、あの強い信念を持ち続けていれば天皇杯でも勝ち上がってくれるだろうと(密かに)期待を寄せています。
勝つ選手、強い選手、強くなる選手というのは「信念」、すなわち誰にも流されない強い“芯”を持っています。強くなる選手、伸びていく選手は目が輝いています。表情がパッと明るいものです。姿勢の悪い一流選手はいません。表情の暗い一流選手はいません。
強い選手だから姿勢よく表情も明るいのではなく、姿勢よく明るく努めれば一流に近づいていくのです。技術はすぐに変わらなくても、姿勢や表情は今この瞬間から変えることが出来ます。


実は今回の全日本社会人選手権、監督として私自身は不安を感じて大会を迎えていました。
日本代表組がコリアカップで帰国して間もない状況、ペア練習が不十分なまま熊本に乗り込んだのです。私の失態でもあるのですが、私自身も体調を崩し数日練習に行けず、移動の新幹線で丸中選手に「おい、しっかり練習してたか?!」と聞くと、「バッチリです!任せてください!」と自信満々に言うので、期待して熊本に着き会場練習を始めました。
しかしアップが終わり打ち始めると、何だかみんな元気がない、重心も高い・・・
「おい丸中!話ちゃうやんけ!!」と内心は叫びつつも、怒ってもしょうがないので、良くなることを信じて静観していました。コーチに不安を打ち明けるとコーチも同じことを思っていたらしく、二人して「不安や、不安や〜」と嘆いていました。
トレーナーさんも帯同してくれていたのですが、「実は今回はとても不安なんです」とトレーナーさんに打ち明けると、「堀さん、大丈夫です。監督が不安がってたら選手に伝染しますよ。選手は大丈夫です」と一言だけアドバイスしてくれました。
その一言に大きく救われ、乱れた心が落ち着いたのです。

そして、熊本のホテルで選手に配った1枚の紙を見返しました。
(私は大会前や遠征の時、取り組んできたことのおさらいや気持ちの整理をするために1枚の紙にまとめてミーティングで選手に配布しています。)

その中に、
ある本で読んだ『無念無想』という言葉を記していました。
求めず、捉われずの心境で勝負にのぞむべし。足元をしっかりとみつめ、雑念を払い、無念無想を心がければ勝機はめぐってくる。求めれば遠く離れ、求めず素直な気持ちで大道を歩めば、手元に溢れてくるものが現れる。

「自分で書いとるがな!!」と最後はノリツッコミをする余裕さえ出来て大会初日を迎えることになりました。私自身が雑念に捉われていたのです。

結果論にはなりますが、あそこで自身の焦りや怒りを選手に表現していたら、「もっとしっかりいけ!」「気合入れてやれ!」と過度に求めすぎていたら、勝利は遠く離れていたのかもしれません。

トレーナーさんからの選手を信じなさいという言葉と、ミーティング時の無念無想という言葉に救われた全日本社会人だったと思います。何より選手の頑張り、成長を1番感じた試合でもありました。

次には国体、そして天皇杯と続いていきます。
正しい努力、素直な気持ちで大道を歩み、最善の準備をして大会を迎えたいと思います。

今回は私の日記になってしまい、大変申し訳ありません。
これに懲りずに是非、次回もご覧になってください。


58a6aa64-s










【NTT堀より】 〜指導者として心がけていること


おはようございます。NTT西日本の堀です。

前回までのおさらいも含めて、私が監督をするにあたり、心がけていること注意していることをご紹介していきます。

上達するために、指導者と選手(生徒)の目標目的意識の共有・一致が第一歩であり、練習内容は実戦になるべく則したものが良いと思います。ただ、基礎を疎かにするのはいけませんので、地味な練習・地道な練習も時には必要です。だからといって反復練習オンリーだと、特にテニスを始めて間もない子どもたちはテニスを嫌いになってしまうと思います。練習もバランスを大事にしたいものです。

練習に答えはありません。指導者の創意・工夫が必要なのです。
1本打ちや素振り、長い時間をかけた反復練習は、悪い言い方をすれば指導者としては“楽”なのです。
「いつも通りこれをやれ!」「分かりました」で済むからです。
指導者も昔から行われてきた、もしくは自分自身がやらされてきた常識と思っている”練習なので、それが基本なのだと信じ込んでいます。

「先生、この練習は何の役に立つのですか?」と万が一聞かれたときにキチンと答えられるかが大切なんだろうと思います。ひと昔前なら「言われたことをキチッとやっておけ!」で済んだのですが、今はそうはいきません。
色んな情報がすぐに手に入る時代。情報が溢れています。色んな理論や理屈がスマホから検索できます。

「何のためにやっているのか?」と言われ答えられない練習は直ちにやめるべきです。

また、練習メニューを立てずにコートに立つ指導者もたまにいると思います。その場で「次はこれや、これや」で気分でメニューを決めていく・・・
これも「どうかな?」と私は思ってしまいます。
メニューを立てて、状況に合わせて柔軟に変更していくのは良いと思いますが、全く立てずにその日その日を消化していくやり方では伸びていかないと思います。
「しっかり準備せぇ!」と生徒には怒るのに、自分自身が準備出来ていないようでは生徒に笑われてしまいます。
選手は指導者に似ます。準備が出来ない指導者には準備が出来ない選手が育っていきます。

練習メニューさえも立てない指導者は、たぶん試合でも作戦を立てずに選手を送り出すでしょう。そういった指導者に限って、負けると「何やってるんだ!」「何で出来ないんだ!」と怒りを選手にぶつけます。
原因は全て我に有り。なのです。
その場しのぎの練習をしていると、指導者も選手もプレーや態度がその場しのぎになってしまうと思います。

たまのラッキーパンチで勝つことはあっても、勝ち続けることは困難でしょう。


授業をするのに必ずレジュメを作ってそれを基に授業を進めるはずです。
大事な会議やプレゼンをぶっつけ本番やその場しのぎでやる社員などいないはずです。

普段の練習から、出来れば前日、最低でもコートに立つ前までにはメニューを組み立てておきましょう。
その場しのぎの練習は生徒は気付くものです。

さて、また次回に続きます!

基礎的な練習や、実戦的な練習も「JASP(ジャスプ:ジュニアアスリートサポートプログラム)」で数多くご紹介しています。
登録は無料‼ぜひご覧下さい‼


JASPに登録しよう!

58a6aa64-s











機関誌 「ソフトテニス」 8月号を紹介します!

ソフトテニスオンラインをご覧の皆様
こんにちは!
編集部のふくじーにょです!

(公財)日本ソフトテニス連盟の機関誌「ソフトテニス」の
17年8月号を紹介します。

スクリーンショット (49)

【表紙写真】

7月下旬に滋賀県で開催された「第34回 全日本小学生ソフトテニス選手権大会」。写真は女子個人戦で優勝を飾った前川・中谷ペア(兵庫.明石ジュニアクラブ)

 

(写真提供:ベースボールマガジン社)



8月号のトップバッターは、「第62回全日本実業団ソフトテニス選手権大会」。男子はNTT西日本が底力を見せて3連覇を達成しました。一方、女子はヨネックスが26年ぶり2度目の優勝を果たしました。本誌では、福井県ソフトテニス連盟による男女準決勝と決勝のレポートが掲載されています。

ph01-IMG_6504
ph06-IMG_6135

続いて掲載されているのは「第34回全日本小学生ソフトテニス選手権大会と「第48回全国中学校ソフトテニス大会」。どちらも男女個人戦と男女団体戦の4種別が行われました。各種別の優勝〜第3位は写真が掲載されています。

他にも、「第72回東日本ソフトテニス選手権大会」や「第71回西日本ソフトテニス選手権大会」、「第44回全日本レディースソフトテニス大会(個人戦)」が載っています。優勝ペアは写真が掲載されていますのでチェックしてみてください!

機関誌の購読については以下のサイトより
お申込みください。
http://www.jsta.or.jp

秋の気配を感じる今日この頃、
ソフトテニス日和が続きそうですね。

では、また来月にお会いしましょう!


〈目次〉
・第62回 全日本実業団ソフトテニス選手権大会
・第34回 全日本小学生ソフトテニス選手権大会
・第48回 全国中学校ソフトテニス大会
・全日本アンダー20女子チーム合宿報告
・第72回 東日本ソフトテニス選手権大会
・第71回 西日本ソフトテニス選手権大会
・第44回 全日本レディースソフトテニス大会(個人戦)
・ようこそ!「専門委員会」へ
    Vol.5 審判委員会
・地区大会・地方大会
・学連ニュース
・支部ニュース
・大会運営システム等を開発 増山良夫先生を偲んで
・次号予告
[ソフトテニス・オンライン]
ソフトテニス・オンライン

Twitterで更新情報を発信しています
ソフトテニス部でよくあることをつぶやきます。@いただいた投稿のうち優秀作品はbotに追加します。 By ソフトテニスのポータルサイト【ソフトテニス・オンライン】http://t.co/8y6bhL2EPB
ぉまみのブログ「ソフトテニス☆サプリメンツ」はこちら

最新記事
PageView

    記事検索
    月別アーカイブ