【NTT堀より】「新たな」心と「お陰様で」の心


全国の指導者の皆様、あけましておめでとうございます。NTT西日本ソフトテニス部の堀です。
最近、「メルマガ見てるよ〜」とお声をかけて頂くことが多くなりました。ありがたいことです。「ホントに自分で書いてるの〜?」とも言われ、「いや、ゴーストライターが…いえいえっ!自分で書いてますよ!!」とお答えしています。沢山の方に見て頂いて光栄です。
2018年も色々なことを学び、皆さんに負けないくらい成長したい、指導に活かしていきたいと思っております。本年もよろしくお願いいたします。

日に日に新たに
私の母校、日本大学の校歌です。
言うは易し、行うは難しで、私自身もサボったり、気持ちが乗らなかったり、弱い自分と格闘する日もあります。そんなときは1日1日少しずつで良いから成長しよう。昨日の自分を越えよう。ちょっとでもいいから成長する部分を見出そう。と心奮い立たせます。

「一年の計は元旦にあり」という言葉もあるように、同じ1日、365分の1ですが、やはり年の始めというのは気持ちが高ぶります。同じ朝日であるのに、なぜか初日の出は特別なものに見えます。初詣に行くと、今年1年より良い年にしよう、こんな年にしたい!と思い巡らせるはずです。

出来れば、毎日をそんな新鮮な気持ちで過ごしたいものです。
「今日という1日は、残りの人生の初日である」これも私の好きな言葉です。
1日1日を新たな心で過ごせれば、1年後・10年後にはとんでもなく成長していると思います。私自身も肝に銘じて2018年も良い年にしたいと思います。

江戸時代の儒学者、安井息軒は「一年の計は元旦にあり」に加えて「一生の計は少壮の時にあり」とも言っています。何事も始めるに年齢は関係ありませんが、一生を左右するのは若い時の過ごし方、心の持ちようが大切なのだ!というふうに説いています。
テニスがうまくなることだけ、勝つことだけに執着してしまうといけないと思います。
特に小・中・高生の指導者の皆様、人生の大切なことは若い時に数多く育まれると思います。是非、テニスのことだけでなく、色々な学びや気付きを与えてあげてください。
「それは親の責任」「学校の先生が教えるべき」「私は外部コーチだからテニスのことだけ」・・・誰かが教えるのではなく、すべての大人たちが子どもに教え諭す責任があると思います。特にクラブや部活動というのは親子と先生と外部の方が三位一体となって、心を育むことが出来る手段だと思います。

お陰様で
2017年、NTT西日本の選手から一番感じたのは「周囲への感謝」の言葉が数多く聞かれるようになったということです。つまり“お陰様で”の心です。
今までももちろん、周囲への感謝の気持ちは見られましたが、昨年は特に強くそれを全選手から感じました。
それはNTT西日本全体のソフトテニス部(スポーツ部)への支援・応援が温かいこと、地域の皆様のサポートが多いこと、などたくさんの要素があります。また、NTT西日本チームの土台を作ってくださった歴代の先輩方、関係者の方々のこれまでの努力、人間関係の構築を選手ひとりひとりが強く感じてくれたと思います。
そういった目に見えない支え(力)への感謝を選手が練習の中から体現してくれました。

“お陰様で“のは、「目に見えないもの」。それに“お(御)”と“様”という敬意が2つもくっついてます。目に見えない支えへの感謝がとても大事であるということを意味しています。

よく「自分のことで精いっぱいです」と弁明する人がいます。私はそういう人に限って、自分のこともしっかり出来ていない人が多いと思います。周りに気配り、目配り出来ている人、人のために尽くしている人の方が、自分自身のことをしっかり出来ている人が多いと思います。

また「誰にも迷惑をかけていない」と言う人、自分本位で物事を進めてしまう人の言い訳です。
仏教のなかで、『諸法無我(しょほうむが)』という言葉が出てきます。これは世の中のいっさいのものは全て単独で存在しているのではなく、関わりの中で生きている。という意味です。人間というのはじんかんとも読みます。人は人との関わりの間で生きているということです。人は毎日、誰かしら何かしら迷惑をかけながら生きている。それをカバーしあいながら生きている。そのことを忘れてはいけません。
ですから、「ありがとう」「お陰様で」「いただきます」「ごちそうさま」など、そういった言葉が素直に出てこなければいけないのです。

「誰にも迷惑かけてないからいいじゃないか」そういった言葉が、子どもだけじゃなく最近は大人からもよく聞かれるようになってきました。それは人として大変な驕りです。
そういった人はもしかすると素直に「ありがとう」や「お陰様で」と言えない人かも知れません。

話が少しズレてしまいましたが、自分のためだけにプレーする選手は強くありません。
自分のためプラス、家族のため、チームメイトのため、ファンのため・・・人のために戦える・プレーする・努力する人間が、強く、美しく、たくましくなります。

「人のために何かを出来る人間が、一番幸せだ」という言葉を以前、ある方から頂いたことがあります。私は当時若かったですので、いまいちピンときていませんでしたが、チームを率いて月日が経つにつれ、その言葉が身に染みて分かるようになってきました。

実際にNTT西日本の選手たちは「会社に感謝し、地域に感謝し、ファンに感謝し、家族に感謝し、恩返しをしたい」という気持ちが、心技体を向上させ、人間性を高めました。
そして、優勝というご褒美がたくさんついて、自分たち自身も幸せな時間が多かったと思います。

ですが、選手はもっともっと向上したい!という思いに溢れています。私も選手に負けじと向上していかなくてはいけません。
2017年に満足することなく新たなで、新たな夢・目標にむかって、お陰様で”の心をいつまでも忘れずに2018年も精進していきたいと思います。

全国の指導者の皆様、是非、目のキラキラした強く・美しく・たくましい選手が育つようにサポートしてあげましょう。私自身もまだまだですので頑張ります!

次号に続きます!


私たちのNTT西日本チームの練習動画・試合動画はここでチェックしてくださいね^^
↓↓↓
JASP(ジュニアアスリートサポートプログラム)
<a href=”http://jasp.jp/?from=sofon”>JASPに登録しよう</a>!!登録は無料!!








【指導者の皆様に知ってほしい】 ハイパフォーマー・スーパー教師との出会い

58a6aa64-s

部活運営のヒント 読者のみなさま
 

こんにちは、清明学園中学の高橋です。


以前、関東大会で対戦して敗戦しうな垂れていた時に、その勝者チームである神奈川県領家中学校の中村先生に素敵な言葉をかけて頂きました。
「 今年は高橋先生に出会えたことが一番の幸せ 」
とても嬉しかったと同時に素敵な言葉だなと自分の中で残っています。

7156550670570


そして今年度、私が「 ある先生に出会えたことが今年の一番の幸せ 」となった先生を紹介します。それは、埼玉県奈良中学校の長谷川博之先生です。長谷川先生のことをソフトテニスの指導者の方に知ってもらうことが今回の記事の目的です。全国各地で年間何十回と講演会や授業をされているハイパフォーマー、スーパー教師です。

先生との出会いは、長谷川先生主催の勉強会に本校の同僚が参加していました。そこで部活運営に対して受講者から質問だが出たそうです。長谷川先生は、「 清明学園のソフトテニス部は生徒指導としてもとても参考になります 」と紹介してくれました。それを聞いた同僚から驚いて連絡をもらいました。私も長谷川先生とは面識はなく、私の本を読んでくれて興味をもってくれていたことがわかりました。

嬉しくてすぐに、長谷川先生の本を購入して読むと生徒指導学校経営クラス経営教科道徳、多岐にわたりたくさんの本を出版されていて、その一冊一冊に先生の生徒への愛情、教育への情熱が伝わってきました。

私も、いろいろとノートに書き留めましてが、そのなかでずっと胸に響いて離れない言葉が

『 子どもたちは教師を選べない 』
『 自分が最も尊敬する人物に接するよう子どもたちに関わる 』

7156551506898

↑特にこの本はお薦めです。あらゆる教育現場における場面別で、生徒たちの心に響く事例集がまとめてあります。ぜひとも!!


11月都大会前日にパワーをもらうと食事をご一緒させていただきました。
いろいろな話が盛り上がるなか、長谷川先生が新任1校目でソフトテニス部を担当された生徒が大人になり、今、指導者となっているようです。それだけでも素敵な話なのに、、、まだ続きます。その教え子さんが指導した生徒が、今年の全国小学生大会個人戦で日本一になったそうです。とても感動しました。
 長谷川先生、ありがとうございました。


◆質問

 長谷川先生に質問をさせてもらいました。
「 長谷川先生ほどではありませんが、私も学校の仕事、そして東京都強化、全日本、講習会と忙しい日々を過ごしています。そして自宅に戻れば子育てと。正直、子育てが楽しくて楽しくて仕方がありません。自宅では子どもとずっと遊んでいます。そうなると、圧倒的に勉強をする時間がありません。教師として指導者としてもっともっと勉強したいことがあります。長谷川先生は、どのように勉強する時間をつくられていますか? 」

すると
「 私も自宅では子どもと過ごして夜はすぐに寝ます。そして朝3時に起きて勉強しています。 」
驚きました!!

長谷川先生の教えを試みています。私も3時は起きれませんが4時に起きて、自分の勉強する時間に充てるようにしました。ありがとうございます。自分のためにも生徒のためにも保護者のためにも、そして自分の家族のためにも一日一日を頑張って過ごしていきたいと思います。

*********** 


◆次回予告

サービスについての動画は来週

生徒たちは夏に向けてハードワークな練習をがんばっています。
また次回、紹介させてもらいます。


【編集部より】  
高橋先生へのお手紙、ご質問、レター等をお待ちしております! 
ニックネーム・所属(学校名)・質問・レター内容を添えて、 
sofuonhenshubu@gmail.com  
までお寄せください! 
(「ご質問」の場合、・ニックネームおよび先生からの回答はメルマガ上で紹介させていただく場合もございます。学校名など、個人が特定される情報は掲載いたしませんのでご安心ください。) 
 
●参考情報: 

清明学園・高橋先生に関する記事:

 ●ソフオン編集長が高橋茂先生の指導方法の根幹に迫るインタビュー

[ 高橋 茂 監督 プロフィール ] 
 清明学園中学校 ソフトテニス部顧問 
 全日本アンダー17男子コーチ 

[ 清明学園中学 近年の戦績 ]
 (平成26年度) 全国中学校大会 男子個人戦優勝、男子団体戦出場 
 関東中学校大会 男子個人戦優勝・ベスト16、男子団体戦優勝 
 第2回国際ジュニア大会 男子シングルス優勝 
 過去5年間では全国出場3回、都道府県対抗10年連続出場、東京都大会・個人の優勝は10回以上 
 
  
高橋先生の指導に対する考え方がいち早く読める! 
メールマガジン「部活運営のヒント」(無料)の購読登録はこちら










トップ選手たちの熱戦!ルーセントカップ東京インドア

2018lucent-cup_01_og

こんにちは。
ソフオンブロガーの荒川です。


今年もやってきました!

ルーセントカップ東京インドア。

千駄ヶ谷にある東京体育館には、朝から開場を待ちきれない人、人、人。

2018lucent-cup_02


ここに集まった誰もがソフトテニス大好きな人たちと考えると、思わず嬉しくなってしまいます。

あたかも近所の気さくなおっちゃんかのごとく、通りすがりの見知らぬ人にまで挨拶を交わしたくなりますが、小心者なのでやめておきました(笑)。


2018lucent-cup_03


初めて会場で観戦した昨年と違い、今年は多少勝手がわかってきたこともあり、気持ちにも余裕をもって試合を楽しめました。


2018lucent-cup_05

ルーセントのカタログモデルとしてもお馴染みのアイドルグループ、「さくらシンデレラ」によるミニライブも。

アイドルには疎い私でも、ソフトテニスに所縁のあるアイドルとなれば自然と応援したくなります。


2018lucent-cup_04

物販ブースは今年も大盛況。

ニューウェアや大会記念グッズなど、気になるアイテムが目白押し。

みなさん開場後、試合が始まる前に買い物を済まそうとの思惑か、朝の時間が一番のラッシュアワーのようです。


今後のために付け加えると、目当ての商品が品切れにならないように、事前にネットで情報を入手しておき入場したら朝一で物販ブースに向うべし!


ルーセント 公式サイト
http://lucent-sports.com/
ルーセント OFFICIAL BLOG
http://lucent.hatenablog.jp/

なんだかディズニーランド攻略法みたいな話になりそうなので、本題に進みます。



このルーセントカップは、本年度の主要大会で優秀な成績を収めた男女8ペアの招待選手により争われます。

実業団選手から学生まで、各カテゴリーにおける日本一や日本代表選手がしのぎを削る、国内最高峰のインドア大会の一つです。

2018lucent-cup_06


あまりにも見所が多すぎて、書きたいことを全部書くと最低でも長編3部作くらいになってしまうので自粛します。



まず注目すべきは、天皇杯3位の現役高校生、上岡・広岡ペア(上宮高校)です。

昨年のハイスクールジャパンカップでのダブルス優勝、同シングルス優勝(広岡宙選手)と準優勝(上岡俊介選手)。

インターハイ個人では2位でしたが、同世代では最有力ペアと目される2人です。


昨年の本倉・上松ペア(岡山理科大学附属高校/当時)に続いて、新たな現役高校生チャンプが誕生するかと期待がかかりましたが、なんと予選ブロックで対戦した3ペアの全員がナショナルチームメンバーという激戦でした(*)

(*)上岡・広岡ペアは全日本U-17チームメンバー


2018lucent-cup_17


現役日本代表がズラリと居並ぶ予選リーグでは残念ながら3戦全敗とリーグ抜けならず。

いくらスーパー高校生といえど、選りすぐりのトップ選手たちが集まるルーセントカップでは優勝の壁は厚いです。



そして、今大会もう一つの注目。

2008〜2015年までこの東京インドアで前人未到の8連覇の偉業を成し遂げたスターペア、シノコバこと篠原・小林ペアも、今回が最後の東京インドアとのこと。

3年ぶりの頂点に返り咲き、有終の美を飾れるか。


会場で販売されている大会プログラムにも引退を示唆する言葉が。

2018lucent-cup_08



いまだ衰えを知らないそのプレーは、この日も多くの観客を魅了しました。

2018lucent-cup_07

見事予選リーグを通過して準決勝までコマを進めるも、一歩及ばず第3位。



準決勝敗退が決まった瞬間。

観客席で試合を見守っていたご家族や関係者と思われる方々みなさんが

「感」「動」「を」「あ」「り」「が」「と」「う」

と文字の書かれたプラカードを掲げ、ただ見ていただけのはずの私も涙をこらえるのに必死でした。



長年、日本ソフトテニス界を先頭に立って引っ張ってきた両選手。

それをコートの外から見守り続け、ずっと支え続けてきた人たち。


夢を追いかけ続けたり、一つのことに没頭するのも、決して自分一人でできることではありません。

小林幸司選手のサインを何度か見たことがあるのですが、そこにはいつも「感謝」という言葉が書かれていることが印象的でした。


やはり一流の人は違います。

最後まで格好良すぎます。



私は最近まで10年以上もソフトテニスから離れていたため、篠原・小林ペアの活躍をそのほんの一部しかリアルタイムに見ることができませんでした。

長いブランクから復帰した頃にYouTubeで2人の試合をはじめて見て、自分のなかのソフトテニスの概念が覆されたような衝撃を覚えました。


私の知っている世代でいえば、北本・斎藤や中堀・高川などと並び、間違いなくソフトテニス界でこの先も長く語り継がれるレジェンドです。

2018lucent-cup_09


その感動は、シノコバに憧れて日本代表を目指す多くの子供たちにも、きっと受け継がれていくはずです。



ダブルフォワードの先駆者であるシノコバの試合は見ていて勉強になることばかりですが、他のペアにも普段と違う戦い方が見られるのもインドアならでは。

上松俊貴選手のアンダーカットサーブや、船水颯人選手の平行陣によるネットプレーなど、見ていて新鮮でした。

2018lucent-cup_11




もちろん男子ばかりでなく、女子も見逃せない熱い試合が満載です。

なかでも多くのファンの注目の的は、昨年67年ぶりの現役高校生皇后杯チャンプとなった林田・宮下ペア(文大杉並高校)。

2018lucent-cup_10


昨年のルーセントカップ東京インドアでも、高校2年生ながら準決勝まで勝ち上がりました。

インターハイ個人・団体優勝、国体優勝に加え、ついには皇后杯まで獲って負け知らずの今年は優勝候補の最右翼といえます。


準決勝では、名門実業団ワタキューセイモアの植田・石井ペアに4ゲーム先取されるも、そこから挽回して-4で勝利。

2018lucent-cup_12

苦しい状況でも崩れない落ち着いたプレーも圧巻でしたが、ポイントを取るごとにスタンドで声援を送る文大杉並のチームメイトたちへ向けた笑顔のガッツポーズ。

団体戦でもなく、ましてや高校生の大会でもないのに、チームと一緒に戦っているという気持ちが伝わってきました。

林田・宮下ペア本人たちは言わずもがな、文大杉並チームが素敵すぎます。



優勝に向けて死角なしかと思われましたが、そこに立ちはだかったのが高橋・半谷ペア(どんぐり北広島)。

2018lucent-cup_13

昨年もこの東京インドアを含む主要インドア3冠を達成し、強さが際立っています。


昨年の皇后杯決勝の再現となった対戦は、高橋・半谷ペアに軍配が上がり、見事2連覇を達成。



一方の男子決勝では、天皇杯王者の水澤・村上ペア(NTT西日本)に対して、インドアならではの戦いを見せた船水・上松ペアが勝利。

2018lucent-cup_15



2018lucent-cup_14



上松俊貴選手は、大会史上初の高校生チャンプとなった昨年に続く2連覇。

一昨年にはアジア選手権のダブルスでも優勝しているこの若い2人の勢いはとどまることを知りません。

2018lucent-cup_16



ルーセントカップ 東京インドア全日本ソフトテニス大会 試合結果



ルーセントカップ 東京インドア全日本ソフトテニス大会 注目動画
男子/決勝
船水・上松ペア(早稲田大学) 対 水澤・村上ペア(NTT西日本)




SOFT TENNIS Navi
https://www.youtube.com/c/SOFTTENNISNavi


見応え十分すぎて、お腹いっぱいのルーセントカップでした。

今年見られなかった方は、来年はぜひ会場で生の感動を。




softtennis_blog

新年のご挨拶|スポーツインテリジェンス

1be083a3-s


みなさんこんにちは。トレーナーの市山です。

明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

今回は、スポーツインテリジェンス株式会社 代表の川上より、新年のご挨拶をさせていただきます。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇



明けましておめでとうございます。
 
平素はソフトテニスオンラインを通してスポーツインテリジェンスの記事をご愛読いただき誠にありがとうございます。
平成30年もどうぞよろしくお願いいたします。
 
現在、ソフトテニスを中心にたくさんのチームと契約させていただいております。
また単発指導や毎年にわたり講習会にお招きいただく都道府県の皆さまにも大変感謝申し上げます。
 
スポーツインテリジェンスは、今後ともソフトテニス界のトレーナー部門における老舗として皆様に新たな知識や技術をご提供できるように頑張ってまいります。
今後ともよろしくお願いいたします。
 
今年1年の皆様のご多幸、ご健勝をお祈りしております。

スポーツインテリジェンス株式会社
代表取締役
川上晃司

集合写真




※ウォーミングアップ、トレーニング方法についての質問、疑問などがございましたら、

までお寄せください!質問および回答を当メルマガにてご紹介させいただきます。
(全てのご質問にはご回答できない場合もございますので、ご了承ください)


スポーツインテリジェンスHP

http://www.sports-intelligence.jp/


からだサポート【S.I メルマガ】登録フォーム

https://plus.combz.jp/connectFromMail/regist/cpfw9543

4660323a

スポーツインテリジェンスのトレーナー記事が誰よりも早く読める! 
メールマガジン「部活運営のヒント」(無料)の購読登録はこちら
   

目指せ、センバツ!!関東高校選抜インドア

2018kanto-indoor_01_og

こんにちは。
ソフオンブロガーの荒川です。


高校生たちによる春の全国大会、センバツの予選が各地区で行われています。

各都道府県ごとに1校の代表枠がある夏のインターハイと違い、春のセンバツに出場するためには各県予選を勝ち抜いたうえで、さらに関東、近畿などの広域ブロック予選を通過しなければなりません。

まさに狭き門。



今年の関東選抜男子の開催地は東京です。

2018kanto-indoor_02


この関東選抜インドアは各県の上位2校が集まり、全国への切符6枠をかけて争われます。



2018kanto-indoor_03


3年生が引退したあとの新チームで臨む秋の新人戦では、大きく勢力図が変わることもあるはずです。

それでも今回出場した16校のうち、昨年から連続出場を果たしている学校が12校。


関東選抜常連校・・・。

良い響きです。


たとえどんなに名門校であっても、伝統を受け継いで毎年勝ち続けるというのは容易ではありません。

選手たち、監督の努力は言うまでもありませんが、OBや父兄の方々など多くの支えがあって成り立っているものと思います。


自分が東京都出身なのでつい東京の高校に注目してしまいますが、今年の東京都予選では佼成学園が優勝しています。

聞けば実に44年振りの関東選抜出場だそうです。


もう20年以上も昔になりますが、私の頃の東京といえば巣鴨商業、駒大高校の圧倒的2強の牙城はゆるぎませんでした。

私と同世代かそれ以上の方であれば、同じ印象を持っている人も多いかもしれません。

その後、巣鴨高校の商業科がなくなったことを機に他の学校が入れ替わりで上位に食い込む構図となり、ここ数年はまさに群雄割拠の様相です。



そんな各県の激戦を通過してきた強豪同士が全国を目指してぶつかり合う関東選抜。

無論、どの試合も見応えがあります。


2018kanto-indoor_07



高校生の試合を見るといつも思いますが、強い学校は応援にもまとまりがあり、文字どおり「チーム一丸」で戦う姿に圧倒されます。

そうかと思えば、部員の少ない学校が相手の大声援を跳ね返して健闘していたり。


2018kanto-indoor_06


2018kanto-indoor_04


2018kanto-indoor_05



いろんなドラマを勝手に想像しては、試合の一本一本に胸が熱くなります。


2018kanto-indoor_08


2018kanto-indoor_09



紙一重の好勝負が続くなか、昨年のインターハイ団体でもベスト4に入った木更津総合高校が連覇を達成しました。


2018kanto-indoor_11



昨夏の主力だった3年生たちが抜けてもなお勝ち続ける強さはさすがです。


2018kanto-indoor_10


2018kanto-indoor_12



この先全国での戦いを経てまだまだ進化しそうで楽しみなチームです。

関東勢として遠のいて久しい全国制覇へ、期待せずにはいられません。


関東高等学校選抜ソフトテニス大会 試合結果


平成29年度 全日本高校選抜ソフトテニス大会出場校(関東地区代表)
・木更津総合(千葉)
・前橋商業(群馬)
・駒大(東京)
・横浜創英(神奈川)
・高崎商業(群馬)
・昭和学院(千葉)


第43回全日本高校選抜ソフトテニス大会
2018年3月28日(水)〜30日(金)
愛知県名古屋市 日本ガイシスポーツプラザ



女子の関東選抜は、来週1月20日(土)〜21日(日)に栃木県宇都宮市の清原体育館にて開催されます。

栃木県高体連ソフトテニス専門部 > 平成29年度年間予定



過去記事:平成28年度 関東高等学校選抜ソフトテニス大会(男子)



softtennis_blog

[ソフトテニス・オンライン]
ソフトテニス・オンライン

Twitterで更新情報を発信しています
ソフトテニス部でよくあることをつぶやきます。@いただいた投稿のうち優秀作品はbotに追加します。 By ソフトテニスのポータルサイト【ソフトテニス・オンライン】http://t.co/8y6bhL2EPB
ぉまみのブログ「ソフトテニス☆サプリメンツ」はこちら

最新記事
PageView

    記事検索
    月別アーカイブ