【NTT堀より】 ”勝つ力を持ったチーム”と”勝つにふさわしいチーム”


みなさん、おはようございます。
NTT西日本の堀です。

---------------------------------------------------------------------------------------------
NTT西日本ソフトテニス部監修のJASP!是非ご覧ください!!
JASP(ジュニアアスリートサポートプログラム)登録しよう!!
---------------------------------------------------------------------------------------------

えひめ国体と天皇杯(全日本総合)が終わりました。

えひめ国体では成年男子が6年ぶりの優勝、成年女子も7位入賞となりました。
なぜか国体だけはなかなか優勝が出来ず、苦しい思いをしていましたが、久々の優勝で感極まってしまいました。
また、成年女子は鈴ケ峯や翔洋出身の学生中心の混成チームを、メンバーも毎年少しずつ入れ替わり、強化合宿もなかなか組めない中、数年かけて地道にまとめあげ久々の入賞を果たした中堀監督・森本コーチの手腕には頭が下がります。

中堀監督と森本コーチといえば、NTT最強時代と言われた一昔前、個人戦では組むことはありませんでしたが団体戦では中堀・森本でチームの絶対的守護神。
2人に回せば何とかしてくれると当時の監督が全幅の信頼をおいていたと言います。

その2人の「決して諦めない精神」「食らいつく精神」が女子チームの戦いぶりを見ていて浸透しつつあると感じました。私の中では男子の優勝と同じくらいの価値があると思っています。

そして先日、群馬県前橋市で全日本総合選手権(天皇杯)が開催されました。
結果はご存じのとおり水澤・村上組と丸中・長江組の全日本社会人決勝の再戦となり、今回は水澤・村上組に軍配が上がりました。
そしてベスト8に原・岩崎組が入賞、船水・林組は惜しくもベスト16でしたが、第一人者の篠原・小林組に今持てる全ての力を発揮してくれました。

水澤はインタビューで「丸中・長江には部内で勝っていないから・・・」と謙遜していましたが、部内戦でのこの4組の対戦成績は五分五分と言っていいほど実力拮抗しています。練習と本番の差が少ないというのが我がチームの特徴かもしれません。
部内戦でも本番さながらに戦術気迫を駆使して闘います。見学に来た方が、「練習からこんなに気合い入れて試合するの?」と驚かれるくらいです。

その話はまたにするとして、群馬でもたくさんの方々の協力・支援がありました。
我々NTT西日本チームは早めに前橋入りをしたのですが、練習コートの確保を、アンダースタッフとして一緒にやらせてもらっている前橋商業の篠原先生にお願いしました。

そうです!何を隠そうレジェンド篠原・小林組の篠原選手のお兄さんです。

篠原・小林組は今大会も優勝候補。いわば我々NTTはライバルチームのはずです!
であるにも関わらず、快くお願いを受けてくださり練習コートの全てを手配してくれました。私が逆の立場であれば、弟の優勝のためにライバルに手を貸すことなどしなかったかもしれません。
篠原先生の心の深さ、懐の大きさにスポーツマンシップの最たるものを学ばせていただきました。

また、早めに現地入りしたものですから選手の用具、雨が続いたこともあり特にガットの状態には非常に敏感になりました。
そこでお願いしたのが地元群馬のタジマヤスポーツ川端さんです。
川端さんもアンダー合宿や、メーカーブースで何度かご挨拶した程度だったのですが、お店に直接電話をして事情を説明したところ、快諾してくださり、中日の練習後に十数本バッチリに張り上げて深夜12時にホテルフロントまで届けてくださりました。
"ご縁がすべて"と言いますが、本当に御二方のお力なくして今回の成績はありませんでした。

また、初日に前橋商業で2面使わせて頂いたのですが、元々練習試合を組まれていて、私たちがお邪魔するカタチになってしまいました。
前橋商業にも相手校にも申し訳ないなと思って、篠原先生に「お詫びをしたいので相手校も教えていただけますか?」と聞きました。
すると岩瀬日大高校とおっしゃったので、「顧問の櫻井さんは大学の先輩です!」と、ここでも不思議な縁がありました。

すぐに岩瀬日大の櫻井先生に連絡をし、お邪魔をして申し訳ないとお伝えしました。「久々に会えることと、トップ選手のプレーを勉強させてもらえて嬉しい」というお言葉を頂き、何だか初日から我々にとって「良い流れだな〜」と感じていました。

もうひとつ忘れてはならないのは、裏方である群馬県連盟と補助員の高校生のみなさんです。

天皇杯は順延含めて4日間、秋雨前線と台風が重なり、雨風が吹き荒れる中での大会となりました。特に初日・2日目はナイターも使用し、水たまりのコートを地元高校生が必死で整備しながら消化していきました。

私は選手の大怪我が一番怖かったので、水を取ってくれた高校生に「整備してくれてありがとう。本当に申し訳ないんだけど、サイドラインのところをもうちょっと水とってくれる?」とお願いして回っていました。
その高校生たちは嫌な顔ひとつせず、「分かりました!おい。あそことあそこ、もっと取るよ!」と言って懸命に整備してくれました。
「申し訳ないな。出来ることなら変わってあげたい」と思いつつ、勝負に徹していました。

選手もHPコメントの中で補助員の方々への感謝を述べていますが、裏方のみなさんなしでは特に今大会は消化できなかっただろうと思います。
---------------------------------------------------------------------------------------------
NTT西日本ソフトテニス部 シンボルチームホームページ
選手のコメントも載っています。
---------------------------------------------------------------------------------------------

さまざまなご縁、ご協力があり群馬では大変良い時間を過ごすことが出来ました。
前述したとおり、水澤・村上が優勝、丸中・長江が準優勝、記録が定かではありませんが、
昭和24年以来、大会史上2回目の同士討ち決勝を実現してくれて、記録にも記憶にも残る天皇杯となりました。

どんな記録を残しても、賛辞だけではありません。
中には、物事のうわべだけしか見ず、「NTTは強すぎて面白くない」
「あんなエリートを集めたら強いに決まっているはず」という意見もあります。

当然、色々な意見があって当たり前なのですが、監督として選手を見てきて言えることは、
「彼らは初めから強かったわけではない」
「彼らは決してエリートで、常に1番だったわけではない」ということです。

優勝した水澤選手は、中・高とトップで活躍していましたが、大学時代には個人タイトルはありません。
NTTに入社してからもなかなか結果が出ず、私が1つ上なのですが、私の方が早く結果が出ていて、かなり悔しい思いをしてきたはずです。
天皇杯は2回目の優勝となりましたが、初優勝時は30歳、そして今回33歳。選手としてピークと言われる20代後半を過ぎてからの2回の優勝は、彼がどれだけ苦労し努力してきたか分かると思います。

村上選手も同じく、学生時代もコンスタントだったものの、同級生や同年代には村上選手以上に期待され、早くに結果を出した選手、村上選手以上の素質を持った選手が沢山いました。今回も3回目の決勝で悲願達成。村上選手は2位や3位が多く、私の現役時代と似たような境遇でしたので、よく2人で飲みながら、
「僕は2位にしかなれないんですよ」
「馬鹿野郎!諦めるな!」
「そういう星の下なんです」
「頑張れば、絶対に報われる!」と
2人で泣きながら飲んだことも思い出します。(私はウーロン茶)

彼らの努力や苦しみを知っているのは、本人とチームメイト、家族だけかもしれません。
他の選手にも同じようなことが言えます。

「エリートだから勝てる」「素質が違う」
その一言で片付けるのは簡単です。ですがあまりにも空虚です。

特に今年はたくさん優勝できていますので、周囲から見れば「超エリート集団」に見られがちですが、彼らの努力とソフトテニスに対する真摯な取り組みは監督の私でさえも敬服します。苦しい時期を知っているからこそ、そして自分が1番だと驕りがないからこそ、自分があるのは周囲のお陰であるというのを知っているからこそ、歩みを止めることなく努力し続けることが出来るのだろうと思います。

指導者の皆様、是非子どもたち、選手に努力し続ける素晴らしさを教えてあげてください。
日本のトップ選手もスタートはみんなと一緒だったということを・・・

長くなってしまったので、今回はこの辺にして、
表題の勝つ力を持ったチームと勝つにふさわしいチーム』とは少しずれてしまいましたが、また次回に裏話も含めて、優勝へのプロセスの一端をご紹介できればと思います。

また次回もご一読ください。

JASP(ジュニアアスリートサポートプログラム)に登録しよう!!











#【NTT堀より】 ”勝つ力を持ったチーム”と”勝つにふさわしいチーム”その


みなさん、おはようございます。
NTT西日本の堀です。


こんにちは。NTT西日本ソフトテニス部の堀です。

今回はまたまた天皇杯の話になりますが、ご存知のように、今年の前橋の全日本選手権は3日間とも大雨、順延した4日目は台風の影響で朝まで暴風警報が出ているなかでの開催となりました。運営も大変な御苦労だったと思います。大会のあり方についてはまたいつか述べるとして、選手・チーム側も近年稀にみる過酷な戦い、ストレスの溜まる戦いだったと思います。

天皇杯ベスト8の顔ぶれを見てみますと、「天候を言い訳にしなかったペア」が勝ち残ったように思います。

見ている側は、「雨だったからあのペアが勝ち上がった」「雨じゃなければあのペアが勝ってた」というのがあると思います。出場選手側も「雨か・・・」「雨じゃなければ勝てたのに」という思いがあるのは間違いありません。

ですが、私はそのような意見には少し否定的で、ハッキリ言って、大雨だろうと強風だろうと晴れだろうと、ベスト8の面々はほぼ変わらなかっただろうとみています。

上宮高校の小牧監督は「ウチは雨は慣れっこ、あまり関係ない」と仰っていましたし、昨年優勝の船水颯人選手(早稲田大)ペアの試合運びを見ていると雨中の戦略をしっかり持って戦っていました。
我々NTT西日本も雨を想定してしっかりと練習・準備が出来ていました。

ですが前橋は1週間雨でしたので、選手の気持ちも萎えた所がなかった、と言えば嘘になります。やはり、ここまで雨が続くと気持ちも晴れない所が必ず出てくるものです。

そんな最中のミーティングで、こんな話をしました。
過程・プロセスを1番大切にやってきた。春からの皆の取り組みは本当に胸を張って良いと思う。誇りを持って良い。だけど勝負は一瞬。負けたらこれまでの一切のものが虚しくなってしまう。特に今回は雨だから、“天候が・・・”と思ってしまうと、他のチームと気持ちの面でタイ、もしくはマイナスになってしまうぞ!せっかく良いプロセスで前橋に入ったのだから、精神的にも優位に立とう!雨の中でもしっかり練習出来た。何が起こっても自分たちのテニスが出来る!

またソフトテニスはジャイアントキリング(番狂わせ)”が多いスポーツですので、昨年から、
「日々の練習の中から初球(乱打の1本目、ボレーボレーの1本目、ショート乱打の1本目)からMAXで打てるように心掛けよう。“徐々に上げていく”というのはソフトテニスの競技特性上危ないから、その意識は捨て、日々の練習から癖をつけるようにしよう!」というのをテーマのひとつで取り組んできましたので、それも相まって各大会(特に天皇杯)でいかなるコンディションの中でも良い戦いが出来たんだろうと思います。

実際に他チームで上位で当たるだろうとマークしていた、注意していたペアが何ペアもいました。しかしながら予想に反して早期敗退してしまったペアのプレーを見ていたら、時に苦笑いを浮かべながらプレーしていました。それを見たときに「あ〜、良い準備が出来ていないんだろうな。力があるのにもったいないな」と思わざるを得ませんでした。

表題である、“勝つ力を持ったチーム(ペア)”は何ペアもいます。しかしながら“勝つにふさわしいチーム(ペア)”は天皇杯でいえばベスト8の面々でしょうか。
その差は何なのでしょうか。

練習ではごまかしがききますが、本番はごまかしがききません。いかに練習を本番に近づけ、ごまかさずに、自分に嘘をつかずに取り組めるか。

これが勝つにふさわしいチームになるための理由の一端であると思います。

それではまた次回にお会いしましょう!


JASPは登録無料です! 
是非登録してレベルアップを図りましょう❗

JASP(ジュニアアスリートサポートプログラム)

川崎市秋季市民ソフトテニス大会に参加しました!

2017kawasaki_01_og

こんにちは。
ソフオンブロガーの荒川です。


日に日に寒さが増してくるなか、おそらく今年最後となる試合がありました。

今年は一年を通じて、オープン参加の大会なども含めて、いくつかの市民大会に参加させていただきました。

そのなかでも川崎市の住人としては、やはりこの川崎市民大会こそ一番勝ちたい大会です。


2017kawasaki_06


この川崎市民大会がユニークなのは、ダブルエントリーを認めている点です。

年齢種別のなかで、自分が該当する種別には1人2種目までエントリーすることができます。

つまり、成年(35歳以上)の部の選手が、成年の部と一般の部(年齢制限なし)の両方にエントリーしたり、シニアの選手が自分の年齢と、さらにその下のカテゴリーにも出場したりすることができます。


ダブルエントリーのことは以前から聞いてはいたのですが、初参加となる今回は欲張らずに成年のみに的を絞りました。

体力に自信のない私がフルに動けるのはせいぜい4試合。

おそらくエントリー数が少ない成年の部はリーグ戦だろうから、少なくとも3試合くらいはやるはずだし、もし運良く勝ち残った場合に大事な試合で体力切れという悲しい事態にならないようにとの思惑です。


2017kawasaki_09


今大会は、私が主催する武蔵小杉ソフトテニス練習会としても初めて参加する個人戦です。

9月の団体戦では4部で全敗という厳しい結果でしたが、なんとかこの個人戦で雪辱を果たしたいところです。


過去記事:初陣!!川崎市チーム対抗ソフトテニス大会


今回、当練習会からは一般男子4ペア、成年男子3ペア(*)がエントリーしました。
(*うち1ペアはダブルエントリー)



2017kawasaki_11


一般男子は3ペアによる予選リーグのあと、1位通過による決勝トーナメントです。

市民大会ですがオープンエントリーとして市外からの参加も認めているため、エントリー数は一般男子だけでも50ペア以上となかなかの規模です。


2017kawasaki_01


2017kawasaki_03


2017kawasaki_05


なんとか1ペアでも上位進出をと意気込んだものの、我が武蔵小杉ソフトテニス練習会のペアは次々と予選リーグ敗退。

やはり市民大会とはいえ、簡単には勝たせてもらえません。



一方、私がエントリーした成年男子の部は、一般のエントリー増加のあおりを受けて、進行の都合上予選リーグなしのトーナメントのみとのことでした。

負けたら1試合で即終わり。。。

せっかく成年1種目に絞った以上、初戦で散るわけにはいかない!

2017kawasaki_02


2017kawasaki_04



団体戦のときにある程度レベル感は掴んでいましたが、案の定成年の部も上手い選手が多く、我ら成年勢も惨敗が続きます。


午前中でチームメイトのほとんどが敗退。

私の初戦は、試合順の関係でお昼頃に回ってきました。

残された希望である私たちのペアに、チームの期待が重くのしかかります。


よし、こうなったらいよいよ負けられない。



気合いを入れて臨んだものの、力及ばず無念のストレート負け(泣)。

せっかくの声援に応えられず、見せ場も作れなくてスミマセンでした!


平成29年度 川崎市民秋季ソフトテニス大会 試合結果
川崎市ソフトテニス協会 > 大会結果 > 2017年度

http://www.geocities.jp/kawa_shi_sta/Result_2017.html


結果、今回武蔵小杉ソフトテニス練習会からエントリーしたすべてのペアが一般は予選リーグ、成年はトーナメント初戦で敗退。

またしても厳しい現実を突き付けられました。


残念でしたが、これが今の実力です。

練習会としては、コツコツ練習をして腕を上げるしかありません。

これよりも下に落ちることはないので、あとは上へ這い上がるしかありません。



夕方から予定していた打ち上げも、13:00時点で早くもチームが全滅し、まさかのランチ会になってしまいました(驚)!

やっててよかった磯丸水産(24時間営業!)。

2017kawasaki_12



それぞれに来年のリベンジを胸に誓い、日もまだ明るいうちに反省会まで終えて解散。


今年の最終戦を勝利で締めくくることは叶いませんでした。

それでも冬の寒い時期に頑張って練習してこそ、来年には勝利の女神も微笑むはずです。


当練習会は、オフシーズンなしで冬場も練習開催します!

すでにクラブに所属している人でも、何年振りかにラケットを握るという方でも、ソフトテニスが好きな方なら、どなたでも歓迎ですので一緒に練習しましよう!


武蔵小杉ソフトテニス練習会
https://www.facebook.com/MUSAKOsofttennis/



sofmeshi_eyecatch_st-on

ソフトテニスに必要な持久力とは?

4660323a


こんにちは。トレーナーの中野です。

以前、『テニスに必要な基礎体力』というテーマで、それぞれの体力要素がソフトテニス競技にどのように関係するか、また、その必要性について説明しました。
今回は、その様々な体力要素の中の『持久力』を向上させるためのトレーニングを紹介します。

<参考>
2017年10月2日ブログ「基礎体力7要素を身につけ他チームに差をつけろ!」


『持久力』というと一般的には、マラソンのように長時間動き続けられる、いわゆるスタミナを指すと思います。この場合、『ローパワーの持久力』と言って「比較的小さな力を長く続けられる能力」を指します。

しかし、ソフトテニス競技に直結して必要なのは「高いスピードで大きな力を繰り返し発揮できる能力」である『ハイパワーの持久力』です。

持久力は、スピードや力発揮の大きさにより下記の3つのパワーに分けられます。

◆ローパワー:3分間以上の持久力を指し、テニスでは試合間の回復や長時間の試合での持続力に関係する。
 
◆ミドルパワー:1〜3分程度の持久力を指し、各ゲームや長いラリーなどでの持続力に関係する。
 
◆ハイパワー:各ポイントやワンプレー毎で重要になる持続力。

ソフトテニスでは、7秒以内に終わるポイントが全ポイントの60%、15秒以内に終わるポイントを合わせると80%とほとんどが『ハイパワー』によって賄われます。従って、最終的には『ハイパワーの持久力』をどれだけ高められるかがポイントになるでしょう。

それでは、それぞれの持久力を向上させるトレーニングを紹介します。
測定として使うことも可能ですので、持久力の把握にご活用ください。
 

1. ローパワー

【1】20mシャトルラン
音源を使用して、20mの連続的往復走

【2】yo-yoテスト
音源を使用して、10秒間の休憩を挟みながらの20mの間欠的往復走


2. ミドルパワー

【1】コート5周走
・コート外周の5周走
・60秒〜120秒のインターバルを取り、3〜5セット

【2】シャトルスタミナ(3分間走)
・10mの往復走
・60秒〜180秒のインターバルを取り、3〜5セット
 

3. ハイパワー

【1】50m走(コート3面ダッシュ)
・20秒〜60秒のインターバルを取り、20〜50本

【2】5方向走
・図のようにマーカーコーンを置き、その上にボールを乗せます。
 
  図1

・センターマークからスタートし、時計回り、または、半時計周りに全てのボールをカゴに回収して終了。
・20秒〜30秒のインターバルを取り、5〜10セット 

【3】Tドリル
・センターマークからスタートし、サービスコートのセンターからシングルスのサイドラインを左右往復し、センターマークに戻ります。

  図2

・10〜20秒のインターバルを取り、10〜20セット

【4】プロアジリティ
・サービスコートのセンターからスタートし、ダブルスのサイドラインを往復し、センターに戻ります。

  図3 

・本来は5m間隔にコーンを並べて行いますが、より簡易に、競技特性に合わせてコートのラインを使用しています。
・10〜20秒のインターバルを取り、10〜20セット


持久力のトレーニングは距離、時間によって様々な組み合わせが可能です。
 
今回は、測定にも利用できる種目を紹介しました。インターバルやセット数は目安ですので、選手の体力レベルに応じて増減させてください。




※ウォーミングアップ、トレーニング方法についての質問、疑問などがございましたら、

までお寄せください!質問および回答を当メルマガにてご紹介させいただきます。
(全てのご質問にはご回答できない場合もございますので、ご了承ください)


スポーツインテリジェンスHP

http://www.sports-intelligence.jp/


からだサポート【S.I メルマガ】登録フォーム

https://plus.combz.jp/connectFromMail/regist/cpfw9543

4660323a

スポーツインテリジェンスのトレーナー記事が誰よりも早く読める! 
メールマガジン「部活運営のヒント」(無料)の購読登録はこちら
   

【週刊NEWS】ベテランコーチを部活動に/2017年11月12日(日)号

20171112_001
<Photo: 「MIZUNO HP」より>

ソフオン読者のみなさん、こんばんは。
ソフオン編集部 Hoshoです。

風邪が長引いていて辛いです。。
季節の変わり目で体調を崩しやすい時期かと思いますが、
皆さんもご自愛ください。

 ベテランコーチを部活動に
- 時事ドットコム(2017/11/8更新)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017110800940&g=spo
日本体育協会が指導者派遣の取り組みを開始しました。
【編集部 Hosho】

 NEXIGA70シリーズの新デザイン発売
- YONEX HP(2017/11/7更新)
http://www.yonex.co.jp/soft_tennis/news/2017/11/17110711.html
中上級者向けソフトテニスラケット「NEXIGA 70G、70S、70V」の新デザイン、セルリアンブルーを2017年12月中旬より発売します。(本文より)
【編集部 Hosho】

 【動画】東南アジア大会シングルス
- Youtube(2017/11/11更新)
https://www.youtube.com/watch?v=IeHILZCl_PE
試合の様子が動画で公開されています。
【編集部 Hosho】

 【写真】ナショナルチーム合宿in大阪
- MIZUNO HP(2017/11/10更新)
http://www.mizuno.jp/softtennis/news/japan/post-146.html
合宿の様子を写した写真が掲載されています。
【編集部 Hosho】

 【写真】西日本小学生ソフトテニス選手権大会
- KENKO HP(2017/11/7更新)
http://kenkonews.sblo.jp/article/181508983.html
大会の様子を写した写真が掲載されています。
【編集部 Hosho】

[ソフトテニス・オンライン]
ソフトテニス・オンライン

Twitterで更新情報を発信しています
ソフトテニス部でよくあることをつぶやきます。@いただいた投稿のうち優秀作品はbotに追加します。 By ソフトテニスのポータルサイト【ソフトテニス・オンライン】http://t.co/8y6bhL2EPB
ぉまみのブログ「ソフトテニス☆サプリメンツ」はこちら

最新記事
PageView

    記事検索
    月別アーカイブ