転機のおとずれ.../YouTube動画紹介マガジン【おが。まとめ】(6/8週)

こんにちは!ソフトテニス・オンラインのおが。です!
早いもので6月も半ば。分散登校を続けていた学校も通常登校に戻り、部活動の再開を喜ぶ声が多く聞かれていますね。

総体の代替大会や学校単位での引退試合が開催されるなど、中3生・高3生の最後の舞台がもうけられている地域も多いようで、喜ばしい限りです!

20200517_131948


さて、今週の記事はとても違和感を覚えると思います、、

格闘しています、、、

このおんぼろPCと、、、、


では、6/8~6/14の一週間分、参りましょう!













<技術指導系>
▷船水雄太プロに乱打対決を挑んでみた【ソフトテニス】

今回の乱打対決のお相手は...AAS Management inc. の船水 雄太 プロ!昨年は多く動画にも出演していた「ふねみー」と久しぶりの動画撮影!プロ宣言後は初となるお二人での動画。大変な状況下でも確かな仕上がりを見せる船水雄太プロに挑むまさとさん。果たして今回はどこまで食い下がれるのか!?





などなど、今週も豪華メンバーによる動画が!ぜひぜひ_(._.)_






















<バラエティ系>
▷【インドア】梅雨の時期にはインドアを攻略せねば!!!【ソフトテニス】

秋山ペイソンチャンネル×ソフトテニスポケット×あゆタロウチャンネル!せっかくコートが開放されて存分にソフトテニスができるようになったのに雨模様が続くこの梅雨の時期......。天候に左右されないインドアは重宝すべし!換気&感染予防対策を万全にして、テニスができる機会を存分に楽しみたいですね(*'▽')












▷2ヶ月半ぶりにれんにゃんとテニスしたら全てを忘れていた件【ソフトテニス】

れんにゃん選手なんと数えること2か月半ぶり!学校の部活どうやクラブチームでの練習、プライベートのテニスなどなど、久しぶりのテニスをするという方も多いことと思います。久しぶりのテニスで大事なことをコンプリート!特に部活動の再開を控える中高生は必見です!














▷【ダークホース羽黒の裏話を小栗旬の声で教えてもらった】荒木駿選手 (羽黒高校出身 ) 前編 「ソフトテニス 」日本のトップに質問してみた

しったかチャンネルのインタビュー企画、今週は荒木 駿 選手(早稲田大学)・大友 駿 選手(東邦ガス)のお二人にインタビュー!ともに令和2年のU-20男子代表チームメンバーに選出されているお二人の、あらゆるお話を聞いちゃいましょう!




【大友選手を作り上げたのはみんなが真剣やらないあの練習だった】大友駿選手 (中京高校出身 ) 後編 「ソフトテニス 」日本のトップに質問してみた





















<今週のPick Up!>
▷上岡福田vs北本齋藤を本人が解説!【ソフトテニス】

今週のピックアップはこちら!

昨年のジュニアジャパンカップダブルスの一戦を本人たちが解説!

敵同士・後衛同士のお二人が当時の心境や戦略、駆け引きの面などを振り返ります!

天候が良くない中でどう戦ったのか、試合動画を見るだけではわかり得ない深い部分まで解説してくださいます!






さて、いかがだったでしょうか!




...お詫びを申し上げます、、

本日、PCの絶不調により紹介数が激減しております...

重すぎて重すぎて、、さすがに新しいのを買わないとなぁと思っているのですが、今後もこう言った事態が起こりうることを承知くださいませ...

以前に一度だけ、パソコンがフリーズして更新できない!ということがありましたが、、変わらずおもいパソコンで奮闘しています、。




今週はもちろんこの他にも、様々な動画がアップされています!

KEIスポーツのかなぷーさんによるチャンネル開設、新生チャンネルの台頭などなど、新たな風が吹き始めています!

また、テニスコートでの撮影ができるようになり、多くのソフトテニスYouTuberがコートでの撮影を再開するなど、一つの転機を迎えているように思えます。


そしてそして、減少傾向にあることがささやかれていたあゆタロウチャンネルのチャンネル登録者数も増加に転じ、今年のソフトテニス界に遅めの春がやってきた様な気がします。新たにソフトテニスという競技に出会った多くの子供たちに届けるためにも、ますますレベルアップしていかなければならないジャンルですね!



新製品情報や大会情報に湧く「当たり前な日々」が、よりいっそう当たり前な日常として再び浸透していく今日の動きを、できることを見極めながら過ごしていきたいものです(*´▽`*)





それでは、また来週(*- -)(*_ _)



























機関誌『ソフトテニス』6月号を紹介します!

ソフトテニスオンラインをご覧の皆様

 

こんにちは!

編集部のふくじーにょです!

 

(公財)日本ソフトテニス連盟の機関誌「ソフトテニス」の20年6月号を紹介します。

スクリーンショット (94)


【表紙写真】インターハイの団体と個人を2年続けて制覇し(2016年と2017年)、その後も皇后杯で3連覇を達成(2017年〜2019年)、アジア競技大会の日本代表(2018年)と世界選手権の日本代表(2019年)にも選ばれている林田リコ選手(東京女子体育大学)。写真の場所は昨年10月に中国で開催された「第16回世界ソフトテニス選手権大会」

(写真提供:ベースボール・マガジン社)


 

今月号の特別企画は「ソフトテニス入門」の続きです。ソフトテニス部に入部された新入部員はもちろん、コートでプレーできない一般の方も対象にしています。パートは5つに分かれており、その中には安藤競技委員長と強化委員会の川上委員の寄稿も含まれています。ぜひご活用ください。

 

PART1 基本の技術

PART2 試合に初めて出場するあなたへ

PART3 ステイホーム エクササイズ

PART4 現代ソフトテニス用語の基礎知識

PART5 規則とルールQ&A

 

他にも、好評連載中の「令和元年度 支部功労者・優良団体 紹介」を載せています。

 

 

機関誌の購読については以下のサイトより

お申込みください。

http://www.jsta.or.jp

 

 

テレワークが続いている中

健康を維持するには

体を動かすことが大切だと言われています。

今月号には

川上トレーナーによる

自宅でできるエクササイズが掲載されています。

ぜひご活用ください!


〈目次〉

・ソフトテニス入門

PART1・・・基本の技術

PART2・・・試合に初めて出場するあなたへ

PART3・・・ステイホーム エクササイズ

PART4・・・現代ソフトテニス用語の基礎知識

PART5・・・規則とルールQ&A

・令和元年度 支部功労者・優良団体 紹介

Soft Tennis Information 情報コーナー

・次号予告

・令和2年度 大会日程並びに開催地一覧




ではでは!

http://www.jsta.or.jp




ニューカマー参戦!/YouTube動画紹介マガジン【おが。まとめ】(6/1週)

こんにちは!ソフトテニス・オンラインのおが。です!
6月に入り、全国各地の小中高校などでは学校が再開しつつある昨今。
未だに部活動の再開とまでは至っていないという地域も多くありますが、多くの子供たちのソフトテニスを楽しむ声が再びソフトテニスコートにあふれる日が着々と近づいているのだと思うと、喜ばしい限りですね(*´▽`*)

20200517_131948


とある地区では、参加人数を減らすなど厳戒態勢をしいて大会を開催した例も出てきており、少しずつですが前に向かっているような気がします!

全シャカなどについても、開催に向けての準備が各方面で行われており、無事開催されることを願うばかりです!


では、6/1~6/7の一週間分、参りましょう!













<技術指導系>
▷【お手本】自分のなりたい理想のバックハンドのフォームを探してみよう!【ソフトテニス】

過去にまさとMASATOチャンネルに出演した選手たちによるバックハンドストローク特集!高大社・男女を問わず数多くのトップ選手たちの動画が詰まっております。学年や体格が近い選手、そして憧れのあの選手...と、ぜひ自分のフォームの参考にしてみましょう!





まさとMASATOチャンネルより...


などなど、今週も豪華メンバーによる動画が!ぜひぜひ_(._.)_










▷高商出身のすばるサーブを伝授します【ソフトテニス】
▷すばる君の落ちるドライブボールの打ち方!【ソフトテニス】

最近、あゆタロウチャンネルの動画に頻繁に出演なさっている「すばるくん」こと近藤 昴 選手。高田商業高校から法政大へと進んだ、言わずと知れた確かな実力の持ち主ですね(^^♪ そんな彼によるサーブとフォアハンドストロークの動画。ぜひ参考になさってみてください!















▷【相手前衛をビビらせる】セカンドレシーブを打つ方法【ソフトテニス解説】

レフティ必見!左利きのセカンドレシーブ動画。セカンドレシーブで前衛にアタックする上でのポイントや、クロス側に向けて肩を入れて牽制しつつのストレート&センターの打ち分けまで教えていただきましょう!相手前衛視点からの動画も参考に、セカンドレシーブを我が物に(*'▽')











▷6分でマスター!ストレート展開を理解しよう!《ソフトテニス》

先日のクロス展開の動画に引き続き、今回はストレート展開の基本を伝授!前衛のポジション取りの基本中の基本、すべてのプレイの土台となるセオリーを学べる動画です。後衛の動きに合わせた動き方やポーチに出るタイミング、右ストレートと左ストレートに分けてしっかり確認できる、前衛必見の動画です!























<バラエティ系>
▷ヨネックスxソフオンコラボ!ソフテニLIVEトーク「雁行陣とダブルフォワード」

ヨネックス×ソフトテニス・オンラインのコラボ企画!ヨネックスの林田 和樹 選手、NTT西日本の丸中 大明 選手・内本 隆文 選手、日体大監督の篠原 秀典 氏をゲストに迎えての超豪華なトークLIVEとなりました!1時間の濃密なトーク、貴重なお話の数々をぜひお聞きください!










▷【謎に包まれる東北の女王に色々聞いてみた】田村紘選手 (東北高校出身 )  「ソフトテニス 」日本のトップに質問してみた

東北が誇る名ストローカー!この春から同志社大学に進学された田村 紘 選手にインタビュー。今週は白 ひかる 選手(文大杉並高→東女体大)、桑山 未来 選手(埼玉平成高→國學院大)と、新大学一年生の代の女子選手の素顔に迫ります!





















<ソフオンチャンネルぅ>
▷ルーセントのスポーツ用マスクを開封&着用してみた!

ソフトテニス界で話題となった「アカエムマスク」をソフオン編集長のふくじーにょがレビュー。ルーセントの皆さんの思いが詰まった、ソフトテニスファン向けのスポーツに適したマスクとなっております!大反響につき在庫が不足していることが考えられますので、詳しくはルーセントさんのウェブサイトよりご確認ください。



















<今週のPick Up!>
▷Kantaman、日本代表ペアに挑戦してみた。【ソフトテニス】

今週のピックアップはこちら!

期待の新星チャンネル、「Kantaman かんたまん」が始動!

ナショナルチームメンバーの内田 理久 選手、U-20代表の山根 稔平 選手を迎えての豪華な一戦!

ハイレベルな試合の行方にも注目です👍



さて、いかがだったでしょうか!

慶應の公式YouTubeチャンネルや、明治のソフムビに続き、早稲田系のYouTubeチャンネルが遂に開設されました。

「Kantaman」氏の正体なども言わずともご存知の方が多いと思いますが...

今回の動画のように豪華な出演メンバーもあり、今後も目が離せないチャンネルですね!








そして今回、記事内では取り上げなかったのですが、こちらの動画。

「PPA」の一角で、ソフトテニスの動画をあげるチャンネルとしては最大の規模をもつポケットウィズのおにさんとソフトテニスU-14男子代表トレーナーの東さんの本気対談。

特に後者の動画での「ソフトテニスの未来」についてのお話なんかは、興味深いものがあります。ソフトテニスを発信する側の立場にあるお二人による会話。
ぜひご覧になってみてくださいm(__)m





新しい風を、吹かせる存在。






それでは、また来週(*- -)(*_ _)




























オンラインでもつながろう!

softtennis-online-live_01og


こんにちは。
ソフメシの荒川です。


コロナによる長いお休みを経て、全国のクラブや部活動でも再開の動きが出始めています。

練習環境が整って、大きな大会が開催されるまでにはまだ少し時間が必要かも知れませんが、改めてコートに立てる喜びを噛みしめている人も多いはず。

アフターコロナといわれる「新たな日常」をみんなで手探りしつつ、また再びコートでお会いできることを楽しみにしています。



新型コロナウイルス感染拡大の影響により、生活や仕事が一変した方も多いと思います。

生活様式だけでなく、価値観や心情的な変化も含めれば、この先も「完全に元通り」ということはないのかもしれません。

でも、変わっていくこと自体は悪いことではありません。

時代や世の中の変化を受け容れ、新しい世界が以前よりもさらに良いものになるように、そのための創意工夫や努力は大切なこと。

変化を「危機」ではなく「機会」と捉える柔軟さが必要です。




今回の自粛期間において、ソフトテニスの世界でも大きく変わったと感じるのが、SNSによる情報発信、とくにオンラインによるインターネットライブ配信の活用です。

こうしたものはもちろん前からありましたが、その使われ方、発信者・ユーザーともに「ネットとの距離感」がここへきて変化したように思います。



softtennis-online-live_03


実業団など有名選手がトレーニング方法や自身の考え、経験談などを発信してくれる動きも活発になりました。



Zoomで参加できるもの、YouTubeやインスタなどで視聴できるもの。

有料から無料までいろいろありますが、ユーザーのアクセスも容易になりました。

ひと昔前では考えられないくらいライブ配信が低コストで実現可能になったことで、発信する側の物理的、心理的なハードルも下がりました。



またライブ配信やオンラインミーティングの普及に伴って、視聴する側のリテラシーや許容度も上がります。

テレビに遠隔で出演するゲストでさえそうですが、若干映像が乱れたり音声が途切れるくらい、見ている側もさして気にもとめません。

Zoom会議や、Zoom飲みなど、実際にネットを活用するシーンが増えた人も多いのではないでしょうか。



これまでは講演会やトークイベントなどというと、交通費や時間をかけて参加したり、私のような人見知りな人間は少し緊張しながら意を決して参加したりしていたものです。



それが、仕事しながらとか、家でくつろいだり家事をしながら、あるいは電車で移動しながら、いつでもどこでも気軽に視聴できるようになったのは大きいです。



softtennis-online-live_04



選手との距離感が近くなったのもありますが、仮に話している内容が他愛もないものであったとしても、選手の日常や人柄を垣間見れてファンはそれが嬉しかったりします。



YouTuberやライバーと呼ばれる人たちを見て、「こんなの何が面白いんだ?」という常識人の大人は要注意!

会ったこともないような遠い存在の芸能人の飾られた話よりも、身近にいそうな面白いお兄さん、お姉さんの生の話を聞きたいのです。

そこにあるのは、友達との雑談のような距離感。

昔、携帯電話もなかった時代に、親に怒られながらも家の固定電話で他愛もない長電話を延々と続けていたことを思い出してください。



softtennis-online-live_05




いずれにせよ、選択肢が増えるのは歓迎すべきこと。

こうした流れは、新型コロナ終息後にも続いていくでしょう。

ネットで手軽に繋がれるのは便利だし嬉しいこと。

一方、それによってさらにリアルの価値が高まる側面もあるはずです。





インターネット業界に長く身を置いてきた人間として、こうした変化はすごく大きなものだと感じています。

ネットの世界では、これまでにもブロードバンドの普及、SNSの登場、スマホの普及など、数年おきに大きな潮流が生まれ、『人々とインターネットの関わり方』は常に変化してきました。



「ネットを活用して情報発信をしよう」

「ネットを使って離れた人ともつながろう」

「ネットでできることはネットでやろう」



もともとインターネットを使いこなしていた人たちだけでなく、それらが世間一般に広く浸透することのほうが、『社会が変わる』という意味においては重要です。

私の周りにも、「とはいえインターネット使わない」という人はまだ一定数いますが、すでにインターネットは「あると便利なもの」から「無いと困るもの」になっています。




最近では「デジタルトランスフォーメーション(DX)」という概念がよく聞かれます。

「ユビキタス社会」や「Web2.0」、「IoT」など、これまでもトレンドワードは都度現れては消えていくものの、その大きな潮流は昔から確かに存在し、それが少しずつ時代とともに進化しながら、知らず知らずのうちに自然と人々の生活に溶け込んでいきます。



偶然か必然か、たまたまコロナによる外出自粛の結果こうした流れが顕著になりましたが、もともと潜在的にあったニーズが表面化し、さらにそれを受容する世間の空気が醸成されてきたのだと思います。






お陰さまで最近ではスポーツ業界だけでなく、エンターテインメント業界やメディア関係、さらには政界まで(!)、さまざまな分野からご相談をいただく機会が増えました。

SNSを活用して自社の商品・サービスをプロモーションしたいという企業ニーズはもともとありましたが、それがビジネスや企業という枠組みにとどまらずあらゆる分野に広がっています。

なかでも動画コンテンツやネットライブ配信の活用というのが一つのテーマになっています。

たとえばご相談のなかには、劇場やライブハウスなどリアルでの活動ができない芸人さん、アーティストがライブ配信でなんとか収益化できないかなど、切実なものもあります。



あらゆる業界において、これまでとはまた違った形でのネット活用が進んでいくことになるので、私自身もクライアントさんと一緒にさまざまなアイデアを実践しながら今も最適解を模索し続けています。



自分の専門分野の話になるとつい余計なことまでベラベラと話が長くなるので、このへんにしておきします。



こういう時代は、アイデアを囲い込むとか、とっておきのアイデアを温めておくことに意味はありません。

アイデアをぶつけ合い、すり合わせ、さまざまコラボをしながら具体的なアクションをとっていくことのほうがよっぽど大事です。

興味のある方がいらっしゃれば、一緒に意見交換や議論しましょう。

もちろんご相談は無料です(笑)



株式会社プレイヤーズ
https://players-inc.jp/



softtennis_blog


softtennis-navi-eyecatch_og2


新しいソフテニスタイルへ.../YouTube動画紹介マガジン【おが。まとめ】(5/25週)

こんにちは!ソフトテニス・オンラインのおが。です!

6月に入り、全国各地で学校が再開となるなど生活が新たなステージに入っていってますね。今日から開放が再開となったテニスコートも全国的に多くあったようで、また一段と元の日常に近づいてきているようにも感じます。

久しぶりにテニスコートでボールを打っている動画を見ると、やはりどこか嬉しさがこみ上げてきますね。

20200517_131948


気温も上がってきて、、最近は本当に厚い...!

新型コロナ対策で万全の態勢を整えることはもちろんですが、暑さ対策もしっかりして、例年以上に自分の体をいたわりながらテニスを楽しみたいですね(*'▽')

では、5/25~5/31の一週間分、参りましょう!











<技術指導系>
▷たったの8分でわかる!クロス&逆クロス展開のポジション取り《ソフトテニス》

前衛必見!クロス展開と逆クロス展開でのポジション取りを徹底解説。通常のポジションと、後衛の動きに合わせたパターンに分けてわかりやすく説明してくださいます!カトゥーンTVでこれまでにアップされている技術指導動画も参考にしながら、様々な状況での前衛の動きを学んでいきましょう!













▷【練習前に見よう!】トップ選手のフォアハンドをまとめました!【ソフトテニス】

過去にまさとMASATOチャンネルに出演した豪華な面々のフォアハンドストロークを一挙大公開!性別にカテゴリー、所属やポジションを問わず幅広い選手が集結。自分と近い体格や年齢の選手や、あこがれの選手のフォームを参考にするのはもちろんのこと、この動画の沢山の選手を見て新たな発見にもつなげたいですね👍






















<試合動画・プレー系>
▷【ソフトテニス】深くて速いボールを打つ方法・体の使い方・トレーニング方法 part2

前回大好評だった「深くて速いボールを打つ方法」の動画の第2弾!今回のポイントは「ヘッドスピード」。実際の打球動作を見比べてみるとその差は一目瞭然!変化を実感できる、フォアハンドを打つうえで意識すべき3つの点をご紹介。根本的な改善への第一歩として、そしていざという時にパニックにならないための知識としても必見です!











▷【継続は力なり!1日100回!!】 バキバキの腹筋を手に入れるトレーニング〜4選〜【黒羽がお伝えします!】

継続は力なり!黒羽 祥平 選手が実践する腹筋トレーニングのメニューを直伝してくださいます。テニスプレイヤーとしてだけでなく、人間の大事な要素である体幹。「1日100回」というと多いようにも感じますが...やり始めると短時間でできちゃうので、「続けること」を大事に自分に合ったペースでぜひ取り組んでみましょう!











▷船水雄太が家の中で実践するインターバルトレーニングを紹介します!【ソフトテニス】

短時間で効率的なトレーニングを!5つの動作を盛り込んだインターバルトレーニングをご紹介。家の中でもスペースを確保して取り組むことができ、短い時間で効果が見込めるトレーニングなので、諸々の制限が解除されてきた中でも継続して取り組んでみましょう!
「#船トレ」























<バラエティ系>
▷【ポリアクションPRO】ポリプロを試打してみたら、困惑しました。

話題の新作ガット、ヨネックスのPOLYACTION PRO(ポリアクションプロ)を試打!良し悪しをズバッと言う予定の動画が...赤魔王さんを困惑させた使い心地とは?!ストロークからボレー・スマッシュやサーブを打ってのレビュー、ポリアクション125との比較まで!購入を検討しているという方はぜひ参考にしてみてください!













▷日本代表 上岡選手モーニングルーティン【ソフトテニス】【最高傑作】

最高傑作と銘打つ今回の動画・・・。ボケ要素たっぷり、上岡選手のモーニングに密着する動画となっております。そして今回も注目すべきは北本選手のテロップによる痛快なツッコミ...!テニスができない状況の中でも楽しませにかかるトップ選手たちによる全力の一本、ぜひご覧あれ_( _´ω`)_














▷新しく発売予定のストリングをFレーザー9S新色に張って試打してみました!【ソフトテニス】

新デザインのF-LAZER9S/9Vに、新ガット「POLYACTION PRO」を張って試打!普段はNEXIGA-GEOBREAK系統のラケットを愛用するお二人が本気のレビュー。その特性を暴きます!デザイン性の高さから人気の高まりが予想される組み合わせですが、自分の適性を知ったうえで選んで購入するためにも、ぜひ参考になさってください!














▷【インハイNo.1のプライベート】鈴木理奈選手 (文大杉並出身 )  「ソフトテニス 」日本のトップに質問してみた

チャンネル登録者が1000人に迫るしったかチャンネル。今週も豪華な選手インタビュー動画がアップされています!
昨年のインハイ王者で、世代トップの実力をもってこの春より東京女子体育大学に進学された鈴木選手。今後もますます活躍が期待される鈴木選手のプライベートな一面にも迫っていきます!





























<今週のPick Up!>
▷全てのソフトテニスを愛するひとへ届けたい...

今週のピックアップはこちら!

今後、新たなスタイルでの生活が求められる中で、より安全安心にソフトテニスを楽しむために。

感染リスクが決して高くないといわれるテニスにおいても、万全の準備をもって努めたいところ。

「新しいソフトテニススタイル」を、プレイヤー1人1人の意識から作っていきましょう(^^♪

敏感になり過ぎる必要こそありませんが、些細な事にも気を配りながら皆が気持ちよくテニスを楽しめる環境を大事にしていきたいですね!






さて、いかがだったでしょうか!


徐々にではあるものの、確実に前に進んでいる昨今。

話題の薄れていたソフトテニス界にも明るいニュースが連日流れるようになってきました。



タイムリーなところで言うと、、船水颯人プロが口を開きましたね。

他の競技でも、第一線の選手が声を上げるということはよくある耳にしますね。

この内容について深く触れはしないですが...

紆余曲折を経てでも、ソフトテニス界が変わっていく必要は誰もが大いに感じていることであり、プロと言う存在も確立されてきている中、競技としてのさらなる発展のためにも今は岐路に立っていると言えるのではないでしょうか。

外部への発信・さらなる発展のために、内部の透明化や組織・システムの在り方についてが問われています。いつものようにボヤ騒ぎ程度で終わってしまうのか、そこに待ったをかける「プロ」に、そして我々全員で作り上げるソフトテニス界というものに今一度目を向ける必要がありそうです。




それでは、また来週(*- -)(*_ _)
























[ソフトテニス・オンライン]
ソフトテニス・オンライン

ぉまみのブログ「ソフトテニス☆サプリメンツ」はこちら

最新記事
PageView

    記事検索
    月別アーカイブ