#【NTT堀より】「感謝する心」

  58a6aa64-s


全国のソフトテニス指導者のみなさま。おはようございます。NTT西日本の堀です。

早いもので、1年の半分が過ぎてしまいました。ちょうど、以前のブログを読み返していると(投稿がなるべく同じ内容にならないように)、今年の初めのブログに“お陰様で”という内容の文がありました。今回、似た内容になってしまうのかもしれませんが、改めて、「感謝の心」「感謝する心」をテーマに話を進めてみたいと思います。


◎「感謝の心」「感謝する心」

なぜ、改めてこのテーマで話をしようかなと思ったかと言うと、6月の中旬〜下旬にかけて中国に遠征をしました。中国の台州で毎年行われるチャイニーズカップという大会にNTT西日本は出場しました。期待の新人・広岡と私は(コーチとして)、アンダー20日本代表として出場しました。

大会の結果はというと、NTT西日本チームは団体・シングルス・ダブルス金メダル(長江選手が3冠)。台湾代表・韓国実業団チームを押さえての実りある大会となりました。
アンダー20日本代表はというと、NTT勢や海外勢に押され善戦するも惜敗。最高成績はミックスダブルスの瀬口・黒田(トヨタ自動車・YONEX)の銀メダルでした。

大会を迎えるにあたりミーティングでアンダーの選手全体に伝えたことは何点かありました。その一つが、「感謝の心」「感謝する心」を持ってプレーしよう!ということでした。

まず、「日本代表として戦う」ということに感謝です。
今回国内の大学の大会と重なったとはいえ、日本代表に選出されたということは、選出された選手の巡り合せ、運命です。これを活かさないでどうするの?ただ単に海外遠征にみんなで来ました!じゃダメだよ。ということ。

それから、今回は上海空港から現地地下鉄・新幹線・バスの乗り継ぎで大変な移動となりました。
「海外に来ると、言葉も日本人の常識も通じない。一人は無力だよな。絶対に一人じゃここまで来れなかったと思う。色んな人の支え・サポートで中国でテニスが出来る。それに感謝しよう。だから、通訳さんが話していたり、団体行動するときにスマホをいじっていたり、その行動はどうかな?空気読めてるかな?自分に問いかけてみよう」というニュアンスの話をしました。

うまく伝えきれていなかったのかもしれませんが、次の日からのアンダーの選手の行動は・・・ご想像にお任せします(笑)


◎「気づく力」の重要性

私は以前から書いていますが、指導に関しては「ガミガミ言わない」ようにしています。怒られてやるということは一過性でしかなく、指導者の“ジコマン”でしかないからです。
今回のアンダー20の選手にも然りで、自主的に聞きに来た選手には色々と伝えましたが、こちらから細かく細かく指導するというスタンスはとりませんでした。選手によってはそれが物足りなかったり、「コーチは教えてくれない」と思った選手もいるかもしれません。

ですが、上記の話も含め、何事も自分自身で気づくというのはとても強い。ということです。自ら気づかなければ成長はありません。

どうすれば「気づく」ことが出来るか。それはいたってシンプルです。
身の回りの事象に、「もし自分が逆(相手)の立場なら?」と思うことです。それによって、感謝する心も磨かれていきます。感謝する心は勉強や練習と一緒で、日々磨いていけば、どんどん成長していきます。

感謝できる」=「気づくことができるともいえます。「気づくことができる」力を持っている選手は、勝つためのチャンスや成長するためのチャンスを逃しません。というよりも、「機会」に「気づける」量が圧倒的に多くなるのです。
「私は運がない」とか、「●●は私に何もしてくれない」という人に限って、「感謝する心」を磨く努力を怠っているように思えてなりません。そうやって消えていった選手、仲間が離れていく選手を今までたくさん見てきました。

目配り・気配り・心配りが大事!と先生や上司が教えてくれるのはそういうことなのです。いかに気づけるか。
「もし自分が逆(相手)の立場なら?」・・・

スマホは情報を得るには便利ですが、全てを教えてくれる訳ではありません。自ら見たり、話したり、体験し感じなければいけないのです。

みなさん、アンテナを高く、「感謝する心」を日々磨いていきましょう。私も未熟。まだまだ頑張ります。


----------------------------------------------------------------------
JASPはたくさんの練習メニュー・試合動画が登録無料で見られる!
みんなJASPに登録し、練習・戦術・戦略の幅を広げよう!!

JASPは登録無料です! 
是非登録してレベルアップを図りましょう
-----------------------------------------------------------------------









【NTT堀より】人は常に変化しなければならない

  58a6aa64-s

全国のソフトテニス指導者のみなさま。

こんにちは。NTT西日本の堀です。
今回の投稿は前回からの話から脱線しますが、最後まで読んでいただければ幸いです。


◎歴史や伝統を守り、それを塗り替える使命

我々スポーツ界に身を置く者にとって、嬉しいニュースもあれば、悲しいニュースもあります。最近では日本大学アメリカンフットボールの悪質タックル問題が世間の大きな注目を浴びています。日本大学は私の母校でもあり、日本大学ソフトテニス部で学んだ4年間は私の人生を大きく変えました。そんな母校の不祥事に他競技とはいえ、非常に心が痛みます。

アメリカンフットボール部専用グラウンドとソフトテニス部のコートは隣同士で、学生時代アメフト部の練習場に自販機があったのですが、休憩中にジュースを買いに行ってはアメフト部の激しい練習に感心していたものです。アメフト部に友人はいませんでしたが、部外者をはじめ、我々学生が近づいても「こんにちは!」と大きな声であいさつをしてくれ、「アメフト部は規律がすごいな〜」と思っていました。

学生アメフト界の雄として、歴史や伝統があり、それを守っていくこと、歴史を塗り替えていく使命が全体のモチベーションになれば良いのですが、どこかを境にモチベーションよりもプレッシャーが大きくなり、勝利至上主義の体質に変化していったのかもしれません。早急に意識・体質が改善し、学生たちが夢に向かって突き進めるようになってほしいと一大学OBとして願っています。

こういった事が起こるたびに、同じスポーツ集団として考えさせられます。私は選手にチームの"部則"のひとつとして、「チームメイトや相手をリスペクトすること」を挙げています。


**********


◎コミュニケーションの重要性


例えば、ソフトテニスは団体戦であっても、個人対個人の戦い。ベンチや応援団が"声援"ならば良いが、相手を心理的に追い詰めるような"ヤジ"を飛ばさないこと。それから、相手は「打倒NTTで向かってくるチームもある。だけど、週末しか練習していなくてNTTと対戦できるのが楽しみ、嬉しいというチームもある。もしかしたら、NTTの選手より技術的には劣るかもしれない。だからといって、手を抜いたり、ましてやヘラヘラしてなめた態度で試合をするというのは同じ競技を愛する者をリスペクトしていない。そんな選手はたとえ優勝するような選手だとしても、応援される選手にはなれない。
周りから応援されないのであれば、実業団選手として活動する意味をなさない。というようなことを伝えたりします。幸いなことに、それをすんなり理解してくれる選手ばかりなので助かっていますが、日大アメフト部の問題などをみると、選手と監督・コーチのコミュニケーションの重要性をつくづく感じます。

私は恐怖による指導は一過性でしかないと思っています。時代も変化しています。人(指導者)も変化しなくてはいけません。厳しく接する場面も時にはあるかもしれませんが、選手が監督にものも言えないようなチームというのは時代錯誤のような気がしてなりません。

先日、とある試合会場で心苦しい場面に出会いました。監督さんはドカッと自分専用の椅子に座り睨みをきかせています。生徒たちはベンチをチラチラ気にしながら試合をしています。私が見る限り、生徒は相手と戦っていません。怒られないか?という表情でテニスをしていました。プレー自体も全く溌剌としていません。当然ですよね、心底相手をリスペクトし、立ち向かっていってないのですから。ベンチと戦っているのですから。
私はそれを目の当たりにしたときに、まだまだソフトテニス界もこういった指導が主流なのかな。監督が絶対で、監督の意図するプレーだけを忠実に行おうとする・・・本当に大好きなソフトテニスが心底楽しいのだろうか?と悲しい気持ちになりました。

学校で先生というのは親代わりです。私もチームのみんなとは家族以上の時間を共に過ごしていますから、家族のような気持ちです。監督が親代わりというくらいの気持ちであるならば、選手の真後ろで自分専用の椅子にドカッと座るのではなく、陰ながら見守ってあげるというのが本来の姿ではないでしょうか。だって、"親"という字は「木の陰に立ち見守る」と書くのですから。
自分は大人(監督)で生徒(選手)よりも偉いという感覚は無くしたほうが良いと思います。

そういった指導者は自分の考えを押し付け、自分以外の考えや指導法に否定的になります。
当然、他を認めませんから、文句や愚痴が出ます。そういった監督には「自分たちのテニスが絶対的に正しい、他は間違っている」という、自分たちの世界に閉じこもった選手しか育ちません。何かあれば文句や愚痴が先に出る選手しか育ちません。自分を成長させてくれるチャンスが身近にたくさんあふれているのに!!
「生徒・選手は指導者の鏡」なのです。指導者が絶えず視野を広くし、常に自分を変えていく姿勢があれば、選手もそういった選手になっていきます。

先日、合宿をしていたら、とある選手が、「堀さん、この本知っていますか?」と言って本を持ってきました。松下幸之助の"道をひらく"だったのですが、私は、「知ってるも何も、俺を変えてくれた本だよ。必読書だよ。良い本読んでるな。俺の息子の名前もこの松下幸之助からとったんだ!」という話で盛り上がりました。
私はその選手が本なんて読まないような選手だったので、色々な事に触れて自分を変えていこう、自分のプラスにしようという姿を見て嬉しくなりました。


**********


◎周囲をリスペクトする

自分の考えをブラさないということは非常に重要ですが、自分の考えに"厚み"を持たせなければ意味はありません。僕は中学・高校でこれをやって成績が出た、だからこの方法以外は信じない!というのは世界が狭すぎます。指導者も同じく、この指導で実績が出たから、自分の指導法以外は信じない!という考えは危険です。それは自信から自惚れに変わり、良い方向へは向かいません。

ブレない自分になるために、視野を広く、考えに厚みを持たせる努力、常に変化するという姿勢を持たなくてはいけません。指導者が率先して示さなければなりません。

日大アメフト部の問題は色々な事を気付かせてくれます。強烈なリーダーシップやカリスマ性・権力を振りかざすのではなく、リーダーシップフォロワーシップのバランス、監督は選手を、選手は周囲リスペクトすることが大切です。

私も指導者として人間として、まだまだ未熟者。全国の指導者の皆様、悩みながら、壁にぶち当たりながら、生徒・選手と付き合い、良いチーム・選手を共に育んでいきましょう!

----------------------------------------------------------------------
JASPはたくさんの練習メニュー・試合動画が登録無料で見られる!
みんなJASPに登録し、練習・戦術・戦略の幅を広げよう!!

JASPは登録無料です! 
是非登録してレベルアップを図りましょう
-----------------------------------------------------------------------









【動画】シャイボーイと全国大会への挑戦

 58a6aa64-s



こんにちは。清明学園中学の盒兇任后

3月全日本都道府県対抗戦のことです。東京選抜で日本一に向かって戦ったときのことを紹介させてもらいます。

8077288639170


◎指導しない勇気

3月あたまに、こちらがなんのアドバイスもしなくても試合で勝っていけるようになるくらい、どんどん力をつけてきました。実際、プレ大会と位置付けている試合では、2面展開であったこともあり、彼の試合は全く観ずに彼に任せました。それでも競り勝ってくるくらい調子がよくて、その生徒とは
「 都大会新人が終わってから地道にやってきたことが形になってきたね。」
「 全国大会、楽しみだね。 」と彼と確認をしていました。
 
 しかし・・・・簡単に単純に順調に思うようにいかないのが中学生だと再確認できました。

大会が近づくにつれてボールが入らなくなってきました。疲労感もあったかもしれません。プレッシャーもあったかもしれません。昨年は、先輩が団体・個人で勝ち上がっていくところを目の当たりにして、スタンドから目を輝かせていましたが、試合が近づくにつれて状態がよくない。

 そこで毎日のように本人とは確認をしました。
「 先生がつきっきりになって、へばりついて声をかけて球を出して指導をしたら、よくなるかもしれないけれど、自分で考えてメニューを組んで練習量も考えて上向きになっていくこと、自分でプロデュースすることが大切だから。それを自分で乗り越えられたら、さらに自信になるから、全部自分でやるんだよ 」と私の性格からするとあれもこれも手を出していきたいのですが、彼の成長の為に任せました。

一生懸命、黙々と打ち込んでいました。しかしよくならずに、ペアーの前衛の生徒には「 うーん!間に合わないかもしれないから。なんとかしてね。 」さらに準備を進めました。

 そして大会現地会場での合宿が始まります。今日もボールは入りません。
 現地での練習試合でも参加させずに黙々と打たせました。

【 指導しないとだめかな 汗 少し焦りました。でもやはり我慢しないといけない。なぜなら、さらに全国夏の勝負、もっと先の高校テニス・次のステージと考えた時に、「 この経験は大きなものとして返ってくる 」と考えました。

明日が最後の一日練習となる夜です。部屋のノックがなり、彼が立っていました。提出を義務付けていないテニスノートを片手に 「 あす、細かくみてもらえますか? 」驚きました。
彼は半端ないシャイボーイです。そのようなシャイボーイが自分から訴えてくるのだと...もちろん即答しました。「 わかった!半日、マンツーマンでやろう 」「 今日はすぐ休め 」

半日間、私も声をかけながら基本練習の繰り返しです。練習メニューも彼と相談をしてつくりました。だんだんとボールが鋭く入るようになりました。気持ちからバランスを崩していたかもしれません。特別な練習をしたわけではありません。
 
なんとか大会では団体・個人ともにラケットを振りきることができました。入賞はできませんでしたが、本人もなんとか夏に繋がる全国大会でした。


**********


◎自分で道を切り拓く

PS ここ1・2年
強豪に進学をしなくても卒業生が、高校の大会で驚くほど活躍できるようになりました。
在学中に「 どこの高校に進学しても自分自身で道を切り拓けるようになろう。」という話をして、勝つこと以上に教え込まないことを意識しているからかもしれません。
 
ただ、自分の性格上、ついつい指導しすぎる・干渉しすぎることをいつも反省しています。そのようなこともあり、以前から決まっていた大切な遠征を保護者に任せてあるところに勉強に行ってきました。次回紹介します。
 
先日、ナイター練習のことです。中3が修学旅行期間中でしたので、近隣のジュニア選手も混ざっていました。基本練習が終わった後、ラリーをしたかったのですが、あまりにも人が多くて困りました。どうしようかと考えると、バドミントンラインが4面あったので、急遽ネットを外してバドミントンラインを使ったテニスを行いました。異様に盛り上がりました。



紹介でした。


【編集部より】※高橋先生へのお手紙、ご質問、レター等は、都道府県・ニックネームを添えて、
sofuonhenshubu@gmail.com までお寄せください!(ご質問・ニックネームおよび先生からの回答はメルマガ上で紹介させていただく場合もございます)
 
●参考情報:

清明学園・高橋先生に関する記事:

 ●ソフオン編集長が高橋茂先生の指導方法の根幹に迫るインタビュー

[ 高橋 茂 監督 プロフィール ] 
 清明学園中学校 ソフトテニス部顧問 
 全日本アンダー17男子コーチ 

[ 清明学園中学 近年の戦績 ]
 (平成26年度) 全国中学校大会 男子個人戦優勝、男子団体戦出場 
 関東中学校大会 男子個人戦優勝・ベスト16、男子団体戦優勝 
 第2回国際ジュニア大会 男子シングルス優勝 
 過去5年間では全国出場3回、都道府県対抗10年連続出場、東京都大会・個人の優勝は10回以上 
 
 
メールマガジン「部活運営のヒント」(無料)の購読登録はこちら

機関誌 「ソフトテニス」 6月号を紹介します!

ソフトテニスオンラインをご覧の皆様
こんにちは!
編集部のふくじーにょです!

(公財)日本ソフトテニス連盟の機関誌「ソフトテニス」の18年6月号を紹介します。

スクリーンショット (61)

【表紙写真】

8月下旬からインドネシアのパレンバンで開催される「第18回アジア競技大会」。写真は日本代表候補に選ばれた男女選手

(写真提供:ミズノ株式会社)


6月号のトップを飾るのは、「第18回アジア競技大会」日本代表候補選手の発表です。6月7日、味の素ナショナルトレーニングセンターにおいて日本ソフトテニス連盟は「第18回アジア競技大会」日本代表候補選手の発表会見を行いました。会見には野際専務理事をはじめ、中堀成生男子監督、斉藤広宣女子監督、選手9名が出席。アジア競技大会に向けて、それぞれ抱負を語りました。
大会まで3ヶ月弱。チームジャパンは合宿でさらに腕を磨き、万全の体勢で大会に臨みます。

IMG_7340

「第18回アジア競技大会」の日本代表候補に選ばれた男女選手

(写真提供:ミズノ株式会社)


センターコート1

アジア競技大会の会場となるインドネシア・パレンバンにあるメーン競技施設ジャカバリン・スポーツ・シティ(JSC)のテニスコート。センターコートとNo1コートの他にアウトドアコート14 面を擁する


続いて掲載されているのは、5月下旬に三重県鈴鹿市で全日本アンダー14男女チームの合同強化合宿。この合宿では、5月26日(土)に株式会社フィリップス・ジャパン協力のもと、全日本アンダー14チーム(男女29名)を対象にAED講習を実施しました。
さらに、5月19日と20日に青森県青森市で開催された「全日本シングルスソフトテニス選手権大会」の男女準決勝からの詳しいレポートも紹介しています。

他にも、「ソフトテニス日本リーグ チームガイド」では男子の東邦ガスと宇部興産、女子のアドマテックスと太平洋工業の合計4チームを紹介しています。

機関誌の購読については以下のサイトより
お申込みください。
http://www.jsta.or.jp

早くも梅雨明け!

これから猛暑が続くようですが、

皆さん、熱中症に気を付けてソフトテニスを楽しんでください。


〈目次〉
・速報! 第18回アジア競技大会日本代表候補選手発表!
・全日本アンダー14男女チーム合同強化合宿 報告
・全日本アンダー14男女チームがAED講習を受講
・大会レポート 全日本シングルスソフトテニス選手権大会
・ソフトテニス日本リーグ チームガイド
   File No.6 東邦ガス 男子
   File No.7 宇部興産 男子
   File No.8 アドマテックス 女子
   File No.9 太平洋工業 女子
・現代ソフトテニス用語の基礎知識 
・地区大会・地方大会
・学連ニュース
・支部ニュース
・Soft Tennis Information 情報コーナー
・次号予告

http://www.jsta.or.jp 

ではでは!









【週刊NEWS】「いつか日の丸を背負う選手に」/2018年7月1日(日)号

20180701_001
<Photo: 「YONEX HP」より>

ソフオン読者のみなさん、こんばんは!
ソフオン編集部 Hoshoです。

先月は更新が滞ってしまい、大変申し訳ありません。
先月、結婚式と新婚旅行に行ってきまして、
ようやく通常運転に戻ったかもしれないというところです…
また更新を頑張っていきますので、
引き続きよろしくお願いいたします。

 いつか日の丸を背負う選手に」
- メディア猫の目(ニュース)(2018/6/21更新)

http://ishinomaki.kahoku.co.jp/news/2018/06/20180621t13009.htm
東日本大震災で被災した石巻市門脇町5丁目に昨年9月オープンした「KEI SPORTS」が、石巻地方のソフトテニスの普及と強化に一役買っている。ナイター設備のあるコートを備え、石巻地方唯一の本格スクールを運営している。東北福祉大で監督を務めるなど長年競技に携わる同市出身の石森慶哉代表(42)は「テニスで地元を盛り上げ、恩返ししたい」と意欲を燃やしている。(本文より)
【編集部 Hosho】

 「勝った時の喜びが大きいから頑張れる」〜増田選手
- 毎日新聞(ニュース)(2018/6/26更新)
https://mainichi.jp/articles/20180626/ddl/k30/070/373000c
増田健人選手についての記事が掲載されています。
【編集部 Hosho】

 YONEXワールドチャレンジin熊本に参加しました
- けんぐん元気のソフトテニス三昧(ブログ)(2018/6/21更新)
https://blogs.yahoo.co.jp/stozwhrs/21130296.html
YONEXワールドチャレンジin熊本に参加した方のブログです。
【編集部 Hosho】

 世界トップのプレーを間近で体験
- YONEX HP(2018/6/18更新)
http://www.yonex.co.jp/soft_tennis/news/2018/06/1806181400.html
世界で活躍するトップ選手が参加し、ソフトテニスを通じてファンと交流する『ヨネックスソフトテニスワールドチャレンジ』を、熊本復興支援の一環として熊本・上天草、鹿児島・南さつまで開催しました。約750名の子どもたちが世界トップのプレーを間近に体感し、大盛り上がりとなりました。
【編集部 Hosho】

[ソフトテニス・オンライン]
ソフトテニス・オンライン

ぉまみのブログ「ソフトテニス☆サプリメンツ」はこちら

最新記事
PageView

    記事検索
    月別アーカイブ