〜試合に集中するために〜 個人で事前に準備するもの

4660323a


皆さん、こんにちは。トレーナーの中野です。
 
前回は、夏季の大会時の持ち物として、チームで用意しておくと良いものをご紹介しました。
今回は「選手個人での持ち物」をご紹介します。
 

どのスポーツも団体競技、個人競技はありますが、個人選手の集まりです。個人のパフォーマンスが集まってチーム力となります。各選手が自分自身のために何を準備するか、どのようなことを想定して準備をしているかは非常に大切です。
例えば、ガットが切れかけていたり、靴紐が切れかけている状態では、安心して試合に臨むことはできませんね。何に関しても準備をしっかりとしておくことが重要です。
 
以下に、どの選手にも共通した準備物を挙げます。大会期間中、試合に集中するためにも事前にリストアップしておくと良いですね。


【選手個人で準備しておきたい物】

1. 季節に関係なく用意するもの
季節を問わず大会時に用意するものを決めておけば、直前に焦らずに余裕が持てます。
・氷嚢(アイスバック)
  疲労や痛みがあるときのアイシング用として、各自で持っておきましょう。
・バンテージ
  氷嚢を固定するため。
・着替え(靴下、下着を含む)
  汗で濡れたシャツや靴下、下着では疲労が回復しません。
  特に夏場は試合毎に着替えることをお勧めします。
・ハンガー
  シャツやタオルを干すため。
・タオル
・スクイズボトル(水筒)
・靴紐
  切れないとは限りません。持っておいて損はないと思います。
・テーピング
  いざという時の固定や圧迫に使います。
 
2. 夏季に用意したいもの
特に、上記にも挙げましたが、体温のコントロールが重要になるので、冷却するための工夫が必要になります。
・ミニクーラーボックス
  個人戦の際、試合コートに氷嚢や冷たいドリンクを入れるのに必要になります。
・日焼け止め
  紫外線は、皮膚に与える影響も大きく、疲労の原因になります。

以上が個人で最低限用意しておきたい準備物の内容です。


2回にわたり、大会当日の準備物についてお伝えをさせていただきました。
試合中の様々な状況を想定した上でしっかりと準備をし、万全の状態で大会に臨めるようにしましょう!






※ウォーミングアップ、トレーニング方法についての質問、疑問などがございましたら、

までお寄せください!質問および回答を当メルマガにてご紹介させいただきます。
(全てのご質問にはご回答できない場合もございますので、ご了承ください)


スポーツインテリジェンスHP

http://www.sports-intelligence.jp/


からだサポート【S.I メルマガ】登録フォーム

https://plus.combz.jp/connectFromMail/regist/cpfw9543

4660323a

スポーツインテリジェンスのトレーナー記事が誰よりも早く読める! 
メールマガジン「部活運営のヒント」(無料)の購読登録はこちら
   

【週刊NEWS】ソフトテニスの発展に必要なこと/2017年7月18日(火)号

20170718
<Photo: まさとぶろぐ@カンボジアより>

ソフオン読者のみなさん、こんにちは。
ソフオン編集部 Hoshoです。

猛暑が続いていますね・・
先日、「アイスタオル」という、湿らせてからパッと払って風に当てると
ひんやりするというタオルを雑貨屋さんで見つけました。
定価も500円程度と安価でした。
暑さ対策に良いかもしれません(^^

 ソフトテニスの発展に必要なこと
- まさとぶろぐ@カンボジア(2017/7/9更新)
https://ogiwaramasato.net/
ソフトテニスのこれからについて書かれています。
【編集部 Hosho】

 去年のリベンジを果たす〜東日本選手権
- 早稲田大学軟式庭球部 HP(2017/7/16更新)
http://www.waseda-nantei.com/news/detail/id/6867
決勝戦の様子について書かれています。
【編集部 Hosho】

 ローボレーの打ち分け方について
- ソフトテニス上達まとめ(2017/7/17更新)
http://masa-ao.com/wsoft/low-volley-course
ローボレーの打ち方について書かれています。
【編集部 Hosho】

 効果的な素振りのやり方
- ソフトテニス練習方法紹介サイト「てにろぐ」(2017/7/16更新)
http://blog.livedoor.jp/softtennisfestival/archives/22575605.html
素振りについて書かれています。
【編集部 Hosho】

#大会まえにすること

58a6aa64-s


部活運営のヒント 読者のみなさま


こんにちは、清明学園中学の高橋です。

 質問を頂きました。ありがとうございます。

こんにちは。毎会、楽しく拝読しております。さて、予選(4位)も終わり県体が後、1週間前に迫って来ました。3年生にとっては最後の大会になるかも分かりません。そこで、大会1週間前から、前日までの具体的な練習メニューを教えて頂きませんか。よろしくお願いします。当方、20年近く女子ソフトテニス部を見ている外部指導者ですが、毎年、試行錯誤して、これだあ!という方法にまだ確信を持てません。毎年、レベルも違うので。今回のチームは、2年生中心のチームで3年生は二人のみの若いチームです。県体育大会もうまくいけば上位を狙う事も出来ます。よろしくお願いします。

        女子ソフトテニス部外部コーチ(68)


 ご質問ありがとうございます。

 まず驚いたのが68歳のコーチの方ということで頭が下がります。

 経験豊富な指導者の方に私がご意見をお伝えするのはおこがましいですが、

 参考になればと思い、本校の取り組みを紹介させて頂きます。


 大会1週間まえ

   .繊璽爐龍δ婿項の確認 ( ゲーム形式 )

  ◆.機璽咼好譽掘璽

   各個人のストロングポイント、ウィークポイントの確認

  ぁ.侫ジカルコンディション・メンタルコンディション


   .繊璽爐龍δ婿項の確認
 1年間通して取り組んできたテーマがあります。

たとえば、このカウントはこのように仕掛けるとか、このミスが生じないように、このように対応するとか、これはその世代のチームそれぞれによって異なります。チーム力がなかったときは、ひたすらアタックを練習していました。

 テーマはずばり、【 ラリーをしない 】です。

今年のテーマはこれから勝負が始まるので明かすことはできませんが、、、、、その確認を何度も何度もゲーム形式によって行います。

 ただし、自分の判断で【 逆をやってもいいよ 】と伝えます。

そこを理解してやりきれるように、何度も確認を行ないます。

  ◆.機璽咼好譽掘璽

 大変重要な技術になってくると思います。大きな試合になればなるほど、このスキルの差で勝負が決まってくるように感じています。ただこちらの思いとは逆に選手はあまり重要視していないことが多いため、私から声をかけて今朝も自分が簡単なサービスを打ち、彼らがレシーブを打ち込むことをさせていました。

   各個人のストロングポイント、ウィークポイントの確認

 各個人の長所短所を確認する意味でも、大会前の1週間は、この練習に時間を半分くらいは割いています。これを行うと本人がどのように自分のことを理解しているかがわかります。そして指導者も感じることができます。

 指導者が考えるものと選手が考えるもののすりあわせと言えばわかりやすいでしょうか。最終的には選手とこのウィークポイントに関しては、どのように対処するかを考えます。例えば勝負所でダブルフォルトをしてしまう選手がいたとします。その選手にはどれだけ練習してもミスが出てしまうことを理解させて何本以内におさえようと決めます。

【 これだけ練習してもミスは出てしまう。それも想定内と考える。そして次のプレーでそのミスの後悔が生じて委縮してしまうのがNGと考えて対応する 】一緒に次のプレーへの影響を考えます。具体的にこのようにしようと決めておくこともあります。

 昨年、都大会団体準決勝から関東大会団体決勝までほぼ負けた選手がいました。その選手とは、これでもダメだからこうしよう。これもダメだったから次はこうしようと何度も何度も会話をしながら全国まで準備しました。

 その結果、全国では3連勝の活躍をしてくれました。


   ぁ.侫ジカルコンディション・メンタルコンディション

 フィジカルコンディションを整えるためにも、練習量を落とすこともあります。こちらも正解はなく選手の疲労度を見ながら選手はもちろん家族に「 疲れはどうでしょうか 」と確認をすることもあります。炎天下のなかの大会になりますが、それまでに消耗しきってしまえば、踏ん張れないと考えています。

 続いてメンタルコンディション。これは毎回「 大会で勝ちたいのはだれなのか 」という問いかけは選手に行います。選手自身で戦いきるためには、必要な質問だと思っています。

 あとは、以前も紹介したように映画鑑賞をさせてモチベーションをあげるとか

 お世話になっている人へ手紙を書いてパワーもらうとか

今年は大会直前に元柔道メダリストの講演会に全員で参加させる予定です。

     

   

 以上、本校の大会前の取り組みをご紹介させていただきました。

 指導者の焦る気持ちを選手は機微に感じます。どっしりと構えたいものですね。

  ( 私自身が一番できていませんが笑 )


 最後に

 「 最悪を想定して最高の準備をする 」

  よく生徒に話をしています。



【編集部より】 
※このたびは編集部の都合により配信が遅れたことをお詫び申し上げます※
高橋先生へのお手紙、ご質問、レター等をお待ちしております!
ニックネーム・所属(学校名)・質問・レター内容を添えて、
sofuonhenshubu@gmail.com 
までお寄せください!
(「ご質問」の場合、・ニックネームおよび先生からの回答はメルマガ上で紹介させていただく場合もございます。学校名など、個人が特定される情報は掲載いたしませんのでご安心ください。)
 

●参考情報:

清明学園・高橋先生に関する記事:

 ●ソフオン編集長が高橋茂先生の指導方法の根幹に迫るインタビュー

[ 高橋 茂 監督 プロフィール ] 
 清明学園中学校 ソフトテニス部顧問 
 全日本アンダー17男子コーチ 

[ 清明学園中学 近年の戦績 ]
 (平成26年度) 全国中学校大会 男子個人戦優勝、男子団体戦出場 
 関東中学校大会 男子個人戦優勝・ベスト16、男子団体戦優勝 
 第2回国際ジュニア大会 男子シングルス優勝 
 過去5年間では全国出場3回、都道府県対抗10年連続出場、東京都大会・個人の優勝は10回以上 
 
 
高橋先生の指導に対する考え方がいち早く読める! 
メールマガジン「部活運営のヒント」(無料)の購読登録はこちら




【週刊NEWS】【観戦記】東日本インカレ/2017年7月10日(月)号

20170710
<Photo: どんぐり北広島 HPより>

ソフオン読者のみなさん、こんばんは。
ソフオン編集部 Hoshoです。

昨日、チームの大事な試合がありましたが勝つことができました!
次に向けて、また頑張ります(^^

 【観戦記】東日本インカレ
- 早稲田大学軟式庭球部 HP(2017/7/9更新)
http://www.waseda-nantei.com/news/detail/id/6829
決勝戦の試合の内容について書かれています。
【編集部 Hosho】

 あと一歩及ばず〜明大
- 明大スポーツWEB(2017/7/9更新)
http://www.meispo.net/news.php?news_id=10828
東日本インカレの決勝戦について、選手のコメントが掲載されています。
【編集部 Hosho】

 柔らかい打球感とスピードアップ!〜F-LASER
- YONEX HP(2017/7/10更新)
http://www.yonex.co.jp/soft_tennis/news/2017/07/17071015.html
ヨネックスは、バイブスレイヤーカーボンを搭載し、柔らかい打球感と強烈な弾きを実現する中級者向けソフトテニスラケット『F-LASER 5S、5V(エフレーザー)』を2017年8月中旬より発売いたします。(本文より)
【編集部 Hosho】

 ゲーム間の声掛けについて
- ソフトテニス練習方法紹介サイト「てにろぐ」(2017/7/4更新)
http://blog.livedoor.jp/softtennisfestival/archives/14559728.html
コーチング論について書かれています。
【編集部 Hosho】

 トップ選手を集めて練習会〜どん北
- どんぐり北広島 HP(2017/7/9更新)
http://donguri-zaidan.sakura.ne.jp/
練習会とBBQの様子を写した写真が掲載されています。
【編集部 Hosho】

真夏のパフォーマンスを左右するキーアイテムとは?

1be083a3-s


皆さん、こんにちは。トレーナーの中野です。
 
7月に入り、各カテゴリーの全国大会(インカレ、インターハイ、全中、全小)出場校、出場選手が決定してきていますね。
また、各ブロックや地区の大会も盛んに行われる時期です。
 
そこで今回は、大会に向けて、心技体の準備はもちろんですが、当日のパフォーマンスに大きく影響する「大会当日の準備物」をトレーナーの目線からご紹介いたします。


我々トレーナーは、年間を通して試合帯同しますが、一番準備物に神経を使うのが夏季です。
外的環境による身体への負担が大変大きくなるからです。
「暑熱」と「多湿環境」は特に注意が必要です。

人間には、もともと体温調節機能が備わっており、通常であれば一定の範囲の体温に保つようになっています。ところが、高温で発汗が多く「脱水」になる場合や、多湿で汗の蒸発が起こらず「高体温」になる場合などは、パフォーマンスが大きく低下してしまいます。それ以上になると「熱中症」の危険性も出てきます。
また、紫外線による日焼けもパフォーマンスを下げる原因の一つです。
このように、他のシーズンに比べ夏季の大会は、準備の内容によって選手のパフォーマンスに大きく影響を与えてしまいます


【チームで準備しておきたい物】

1. 季節に関係なく用意するもの
季節を問わず大会時に用意するものを決めておけば、直前に焦らずに余裕が持てます。
・ドリンク
・ジャグタンク
・コップ
・クーラーボックス
・ウォーミングアップ用トレーニング器具(ラダーなど)
・救急用品
・ストレッチマット
・ブルーシート
 
2. 夏季に用意したいもの
夏季は体温のコントロールが鍵となるので、上記の内容にプラスして、身体を冷却するための物などが必要です。
(1) 日差しを避けるもの
・テント
・屋根の下など、直接日の当たらない場所の確保
(2) 体温を調節するもの
・氷
・バケツ ← 下半身を氷水につける。
・タオル ← 氷水に浸けたタオルで身体を拭く。
・うちわ ← 身体に風をあてる。
・冷たい飲み物 ← 身体の内から冷やす。
(3) その他
・経口補水液(OS-1など)
・体重計 ← 水分量のコントロールのため。
・虫よけスプレー
・かゆみ止め
 
以上、最低限用意しておきたい準備物の内容です。
 
上記以外にも、様々な状況を想定すると、必要なものはまだたくさんあると思います。
大会中にあれがあれば良かったと思わないようにしっかりと準備しておきたいですね。

次回は、大会時の選手個人の持ち物についてご紹介します。







※ウォーミングアップ、トレーニング方法についての質問、疑問などがございましたら、

までお寄せください!質問および回答を当メルマガにてご紹介させいただきます。
(全てのご質問にはご回答できない場合もございますので、ご了承ください)


スポーツインテリジェンスHP

http://www.sports-intelligence.jp/


からだサポート【S.I メルマガ】登録フォーム

https://plus.combz.jp/connectFromMail/regist/cpfw9543

4660323a

スポーツインテリジェンスのトレーナー記事が誰よりも早く読める! 
メールマガジン「部活運営のヒント」(無料)の購読登録はこちら
  
[ソフトテニス・オンライン]
ソフトテニス・オンライン

Twitterで更新情報を発信しています
ソフトテニス部でよくあることをつぶやきます。@いただいた投稿のうち優秀作品はbotに追加します。 By ソフトテニスのポータルサイト【ソフトテニス・オンライン】http://t.co/8y6bhL2EPB
ぉまみのブログ「ソフトテニス☆サプリメンツ」はこちら

最新記事
PageView

    記事検索
    月別アーカイブ