正しいトリプルエクステンションでパワーを発揮!パワー向上トレーニング〜上半身編〜

4660323a

む2



ソフトテニス・オンラインが発行する無料メルマガ「
部活運営のヒント」をご購読のみなさん、こんにちは!

スポーツインテリジェンス トレーナーの
宮崎です。


2週にわたって下半身のパワー向上トレーニングをご紹介致しましたが、

今回は、上半身のパワー向上トレーニングと、

上肢と下肢を連動させたパワートレーニングをご紹介します。




1.
壁プッシュアップジャンプ 10回×23セット


開始姿勢:壁よりも少し離れ、両手を肩幅よりも広く開き、肘を90度曲げます。

つま先と手の平で上体を支えます。

この時、体幹に力を入れ、頭から踵までが一直線となるようにします。



無題1

無題2

無題3

動作:開始姿勢から手で強く壁を押し、壁から離すように身体を持ち上げます。

体が壁から離れている間も体幹は真っすぐに保ったまま開始姿勢に戻ります。



※ポイント

姿勢を崩さず、壁を強く押すことが重要です。

 



2.
トリプルエクステンション 1020回×23セット


準備物:ペットボトル(水を入れた状態)

    ※初めは500mlから始め、慣れてきたら重さを増やしましょう



開始姿勢:ペットボトルを胸の前に保持します。両足は肩幅より広げ、

    安定した姿勢を作ります。

    ※今回写真では、メディシンボールを利用しています。

む1

む2


動作:開始姿勢から、両脚で地面を押し、足関節・膝関節・股関節を一気に伸ばし、持っていたペットボトルを上方へ押し上げます。




   頂点までいったら、開始姿勢まで戻ります。


無題3

無題4

無題5



※ポイント

ペットボトルを押し上げるときは、上半身の力ではなく、足裏で地面を押した力足首・膝関節・股関節を同時に素早く伸ばす動作(トリプルエクステンション)を利用します。


トリプルエクステンションが正しくできることでパワー発揮に
繋がります。

 

まずは、基本姿勢がしっかりとれるようにしましょう。


プッシュアップ(腕立て伏せ)、スクワットを正しい姿勢で行い、慣れてきたらパワートレーニングに挑戦しましょう!!




※ウォーミングアップ、トレーニング方法についての質問、疑問などがございましたら、

までお寄せください!質問および回答を当メルマガにてご紹介させいただきます。

(全てのご質問にはご回答できない場合もございますので、ご了承ください) 


 

※この記事は無料メルマガ「部活運営のヒント」読者の方々に先行で配信いたしました。


スポーツインテリジェンスHP

http://www.sports-intelligence.jp/


からだサポート【S.I メルマガ】登録フォーム

https://plus.combz.jp/connectFromMail/regist/cpfw9543

4660323a

スポーツインテリジェンスのトレーナー記事が誰よりも早く読める! 

メールマガジン「部活運営のヒント」(無料)の購読登録はこちら


東芝姫路、金治監督勇退へ

ソフオン編集部です。

以下のようなニュースが飛び込んできました!

あの金治監督が勇退されるそうです。。

d_12063341
(神戸新聞より)

ソフトテニス女子の強豪・東芝姫路(兵庫県姫路市)を52年にわたって率い、全日本実業団選手権で18度、日本リーグで15度の優勝歴を誇る金治義昭監督(79)が3月末で退任することが13日、分かった。後任には外部指導者が就く予定。

 金治監督はたつの市出身。龍野実高(現龍野北高)を卒業後に東芝へ入社し、選手兼任で1967年、監督に就任した。74年からは監督業に専念し、選手の自主性を重視した指導で屈指の名門に育て上げた。

 国内主要タイトルを全て獲得し、指揮を執った優勝大会は870を超える。全日本女子の代表監督として世界選手権を6度制覇。国体成年女子の兵庫県代表監督としても13度の栄冠を獲得した。兵庫県や日本連盟の要職を歴任し、昨年11月には旭日単光章を受けた。

 今年7月に80歳の節目を迎える金治監督は「(監督として)現役の間に叙勲を受けることができ、区切りと感じた。退任後は会社の枠を超え、競技発展の手助けができれば」と話している。



https://www.kobe-np.co.jp/news/sports/201902/0012063340.shtml

人気Youtuberと「コスプレ」な「ソフテニ」大会!?

IMG_5213


ソフオン編集部 ふくじーにょです。

ん?

190213_


”ソフトテニス・キャンプ”?

そんな魅力的なイベントが行われていたんですね・・(って、ソフオン記事を読んで知る・・笑)

ソフオン・ライターの荒川さん(ソフメシ)が楽しそうな記事を書いてくれてました!行ってたんですか!笑

brenaissance-tanagura01og


↓ ↓



このソフトテニス・キャンプが開催されたのは、福島県の「ルネサンス棚倉」という場所。

むむむ。行ってみたい。GOしたい。


次回なにか魅力的なイベントが開催されるんだったら絶対参加するぞぉおおおお!!!

「なんで教えてくれなかったんスかぁ!!」

って、仕掛人「のめさん」に(LINEで)詰め寄ったら、

のめさん:
「ありますよ。春休みに。かつてないイベントです」

ってLINEが帰ってきました。。

えっ。。

「もっと教えてもっと教えて。」


と(LINEで)書いても、ぜんぜん詳しいことを教えてくれません。


*** 別の日 ***


のめさんにお酒をつぎつつ(笑)・・・詰め寄ったところ・・・

どうやら・・・・
話を総合すると・・・


○ ミックスもOKなリーグ戦形式の大会らしい

○ 小学生からオトナまで、全世代参加OKらしい

○ コスプレOKらしい

○ 韓国式バックを専門家から教えてもらえるらしい

○ 人気Youtuberのおもしろ動画に一緒に映れるかも!?らしい

○ 人気Youtuberとは・・・あ○タロウ、ペ○ソン らしい?! (笑)


などなど・・


必死の思いでゲットした開催要項キャプチャー



IMG-5215



最新情報&お問い合わせ先は・・・

ルネサンス棚倉のホームページをチェックしてください!

ルネサンス棚倉



ボレーはラケット振る?振らない?

IMG_2629
ソフトテニス・オンラインが発行する無料メルマガ「部活運営のヒント」をご購読のみなさん、こんにちは。
今回はのめさんの大学生時代の写真です!!
さあ、どれが
「のめさん」でしょう?
日本体育大学最強伝説を作りあげた、現日本体育大学監督の篠原秀典
現ヨネックス女子監督の
松口友也が作りあげたこの世代は最強でした。

そして、のめさんはその世代の応援団長でした♪
知る人ぞ知るってやつですね〜笑笑

そして、本題に入る前にメルマガを見ていただいている皆様、のめさんへの質問をたくさん頂きましてありがとうございます。まだまだ質問受け付けますのでどんどんご連絡下さい。
少しづつお答えしていきたいと思っています。

それでは今日の本題です。
皆さん、ボレーをするときによく「ラケットを振らないでボレーしなさい」と声がけしている人聞いたことありませんか?
これを聞いて疑問に思う事ありませんか?
テニスでラケットを振らない瞬間てほとんど無いんですよね。
では、技術がアップするほど何が違っているのかと言うと・・・・
ボレー時は、「ラケットをコンパクトに振る」これが正解です。
上手な人でもボレーの時にどう見てもラケット降ってますよね。
ラケットを振らないでと教えるよりも、コンパクトに振ってと教える方が理に適っていて小学生など子どもたちも納得してプレーすると思います。
のめさんは以前に「上手な人は振ってるように見えるだけで振ってないんだよ」といって心のどこかで「振ってるよな〜」っと思いながらも振らせない指導をしていました。
皆さんこれについてどう思いますか?
ご意見いただければと思います。

最後にソフトテニスについての質問にお答えしていきたいと思います。
疑問や練習方法などコメント頂きたいと思います。

のめさんのTwitterアカウント
もしくは
までご連絡ください!

YouTubeチャンネル
ソフトテニスの基本技術等をアップしています!!

「のめさんソフトテニスチャンネル」もぜひご覧ください。

※この記事は無料メルマガ「部活運営のヒント」読者の方々に先行で配信いたしました。

4660323a 
by ソフトテニス・オンライン

「のめさん」ほか、個性的な指導者たちの記事が誰よりも早く読める! 

メールマガジン「部活運営のヒント」(無料)の購読登録はこちら

東北ソフトテニスの聖地「ルネサンス棚倉」へ!(キャンプ視察編)

renaissance-tanagura01og


こんにちは。
ソフオンブロガーの荒川です。


2月といえばキャンプシーズン。

キャンプ視察といっても、プロ野球の話ではありませんよ!

そう、もちろんソフトテニスのキャンプです。


今回、福島県で開催された「ソフトテニスキャンプINルネサンス棚倉」にお邪魔しました。

昨年スタートして今年が2回目となるこのキャンプ。

2月の連休3日間に渡る開催で、参加者は北は青森県から、南は大分県までの全国各地から延べ300人超。

ジュニアから中高生、さらには一般選手までソフトテニスが上手くなりたいという人たちが、ここ棚倉に集結しました。


今回講師を務めるのは、ソフトテニス界の若きレジェンド。

長年日本代表として活躍され、昨年惜しまれつつも現役を引退。

現在は監督として母校の日本体育大学を率いる篠原秀典さんです!

renaissance-tanagura03

どーん!

スターは引退してもスター。

その輝きが色褪せることはありません。


renaissance-tanagura05


renaissance-tanagura06


選手としても監督としても第一線を走り続けている篠原さんが、目の前で実演を交えて丁寧に指導してくれます。

これには参加者も俄然モチベーションが上がります。

renaissance-tanagura07




そしてさらにもうお一方。

日体大ソフトテニス部OBでもあり、元全日本アンダーチームトレーナー。

愛知学泉大学の高橋憲司先生。

renaissance-tanagura08


ソフトテニスリサーチャー(研究者)としてユニークな活動もされている高橋トレーナー。

さまざまなウォームアップの仕方や、運動神経を向上させるためのコーディネーショントレーニングなど、楽しく実践的なトレーニング方法を次々と教えてくれます。

renaissance-tanagura09


renaissance-tanagura10


参加者のなかには選手だけでなく、指導者としてソフトテニスに携わる方もいらっしゃいます。

これらの練習方法、トレーニング方法を習得するだけでも、とても価値のあるキャンプだといえます。



ちなみに、このルネサンス棚倉にはオムニコート、ハードコートあわせて約30面のテニスコートがあります。

キャンプ初日の夜に降った雪の影響で、あいにく外のコートは積雪に見舞われました。

renaissance-tanagura11



それでも立派なインドアコートを完備しているため、天候に左右されずに練習を実施できます。

renaissance-tanagura12


renaissance-tanagura13



冬場の福島ということで、都会育ちで軟弱者な私はビビって念入りな防寒対策で臨みました。

でも、そんな心配もいらないくらいインドアコートは熱気に包まれていました。

renaissance-tanagura14




サポートスタッフとして講師陣に加わってくれた日体大の現役選手たちがまた豪華。

renaissance-tanagura18


今年、ナショナルチーム入りを果たした星野雄慈選手を筆頭に、橋本旭陽選手、大貫彩選手、松尾七海選手。

いずれも大学トップクラスの有力選手たち。


renaissance-tanagura17


renaissance-tanagura15


renaissance-tanagura16




なんとも魅力的なソフトテニスキャンプですが、その仕掛人こそが「のめさん」こと中野目さんです!

renaissance-tanagura19



TwitterやYouTubeなどの各種SNSでも積極的に情報発信されていますので、ご存知の方も多いかと思います。

まだの方は要チェックです!


のめさんTwitterアカウント

のめさんソフトテニスチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCXzlBSR1G1qWJLyxkXGYuQA


日体大で篠原さんと同期だったのめさん。

「テニスは篠原。私は応援団長兼宴会部長」とは本人の談ですが、かく言うご本人も「西郷一中→高田商業→日体大」というソフトテニスのエリート街道を進まれ、相当な実力をお持ちです。


そんな中野目さんが、このルネサンス棚倉に入られてから積極的にソフトテニス関連のイベントや大会を企画・主催しています。

勝手なイメージでずっと前からルネサンス棚倉にいらした方なのかと思えば、実は入社されたのは案外最近のことで、この2年くらいで同社のソフトテニス展開を猛スピードで推進されているやり手営業マンの顔を持ち合わせます。

これだけの規模のキャンプを取り仕切るだけでも大変だと思いますが、新しい大会の開催や合宿の招致など、本当にアグレッシブに活動されています。


部活やサークルの合宿地を検討されている方は、ぜひ一度のめさんにご相談されることをお勧めします。

renaissance-tanagura20




実は私が今回の視察に至ったのも、昨年末頃にのめさんがわざわざ川崎にある私の事務所を訪ねてくれて、キャンプのお誘いをいただいたのが発端です。

そこで伺った「ルネサンス棚倉を東北地方のソフトテニスの聖地にしたい」という熱意に、私も心動かされました。

これは断れないなと、なんとか調整をつけて2日間だけではありますがお邪魔させていただきました。

そんなご縁に感謝と、中野目さんの営業力に脱帽です(笑)。



講習会、研修会ではなく「ソフトテニスキャンプ」と銘打っているこのイベント。

趣向を凝らしてさまざま角度から参加者のレベルアップを図っています。

renaissance-tanagura21


renaissance-tanagura22


トップ選手によるデモンストレーションに、篠原監督の解説。

一見単純そうな練習でも、どういう意図をもって、どこをポイントにやっているか。

同じようなショートラリーや、ボレー&ボレーでも、これだけのバリエーションがあるものかと驚きました。


また、エキジビションとして参加者とのゲームも組まれ、そこにもまたポイントごとの解説とアドバイス。

renaissance-tanagura23


renaissance-tanagura25


renaissance-tanagura24


日本ソフトテニス界を背負って長らくトップを走り続け、自らが常に革新を追求してきた「シノコバ」の篠原監督直伝によるダブルフォワード。

昨夏のインカレで早稲田の7連覇を阻んだ日体大。
 
盤石の布陣と思われた最強早稲田のエース、船水・上松ペアを破り、連覇を阻止する原動力となったのがまさにこの橋本・星野ペアです。

日体大快進撃の秘訣を垣間見た気がしますし、個人的に今年のインカレの見どころも増えました。



ジュニアや中高生の選手たちには、ぜひこうした一流選手のプレーをその目で見て肌で感じてほしいですし、指導者の方々にはそういう機会を積極的につくってほしいと願います。

renaissance-tanagura26




昼間のコートでもお腹いっぱいなキャンプですが、夜は座学でトップ選手たちの考え方を学びます。

一流の人はどう考え、いかに競技に取り組んできたのか。

興味深い話を聞くことができます。



所用で少し遅れて講義の会場に入ると・・・。


??

え?

進撃の巨人!!!???

renaissance-tanagura27



かなり意表を突かれましたが、よくよく聞くと関節や筋肉の使い方など真面目なお話でした。

この高橋先生ならではのユニークなパフォーマンスを、篠原さんは「大勢の前でこういう格好ができる強靭なメンタル」と評していましたが、そこもまた勉強になります!(笑)


renaissance-tanagura28


場の空気も和んだところで、参加者からも積極的な質問が飛び交います。


「試合でどうしても緊張してしまうのをどうしたらいいか?」

「トップ選手は試合中に何を考えているのか?」


いろいろと興味深い話が挙がりましたが、

「テニスコート以外での普段の振る舞いや考え方、行動が大切」

というのがとくに印象に残りました。


コート外でもいい加減な人間は、コートの上でもいい加減。

普段から自分に負けている人間は、試合の厳しい局面でやはり自分に負ける。

自らが経験され実際に結果を出してきた人が言う言葉には重みがあります。




講義が終わったあとは、未成年を除く大人の希望者で情報交換会。

renaissance-tanagura31


いろんなバックグラウンドを持ち、さまざまな立場でソフトテニスに携わる人同士。

もちろん篠原さんや高橋先生からも直接あれこれ話が聞ける大変貴重な場でした。

そして、日体大OBみなさんのキャラの濃さ、連帯感にも圧倒されました!

素敵で楽しい時間をありがとうございました。

そしてこれからもよろしくお願いいたします!



参加した選手みなさんのこれからのご活躍も応援しています!

renaissance-tanagura32


ルネサンス棚倉 リゾートスポーツプラザ
[ソフトテニス・オンライン]
ソフトテニス・オンライン

ぉまみのブログ「ソフトテニス☆サプリメンツ」はこちら

最新記事
PageView

    記事検索
    月別アーカイブ