言うは易し行うは難し

58a6aa64-s


部活運営のヒント 読者のみなさま


こんにちは、清明学園中学の高橋です。




今回は、本校の夏にむけたコンディション作りについてご紹介したかったのですが、
試験前ということもあり動画をとることはできませんでしたので、またの機会にさせてもらいます。

  勝負の夏が近づいてきました。
 私自身が、ベンチで生徒ともに考えて行うことをご紹介します。
 それは、自分の話す言葉に気をつける!!です。
 「 マイナスの言葉を言わない ことです。
  
 毎朝、出勤したら誰もいない職員室で自分のノートと向き合います。
本日の仕事内容の確認をして、
 自分がどのような一日を過ごしたいのか。
 自分がどのような人間になりたいのか。
 どのようなところを改善したいのか。
 
 そのなかに 『 言葉を意識して使う 』をほぼ毎日書いています。

 *朝早く出勤して誰もいない職員室での仕事は爽快です。
  昼間の2〜3倍の集中力や仕事量をこなしていると感じています。

 ただ、言うは易し行うは難しです。

  例えば、、、、
生徒が約束を守らない・手を抜く・自分で解決しようとしない
 学校生活での問題行動を起こす などなどが発生した時に
「 だから、あなたは勝てないのだ 」
「 このままいけば、夏は勝てないぞ 」
「 このまま負けて卒業でよいの 」
「 なぜあなたはテニス部にいるの??やめれば・・ 」
 
 などと生徒のマイナスイメージが強く残る伝え方をしてしまっています。

 それよりも
「 このミスをどのようにプラスに変えればよいか考えてみよう 」とか
「 この部分ができるようになれば、全国で勝てるぞ 」とか
 プラスのイメージで前向きになれるメッセージを伝えたほうがよいと考えています。

 特に、最後の勝負の夏は、どれだけセルフイメージを強く持てるかが大切になりますので自己肯定感を与えられるようなメッセージを送りたいものです。

孫子も以下のように表現しています。
 
『 悲観的に準備して、楽観的に行動する 』

 練習中は「 まだまだ未熟だ 」と考え、試合になれば 「 必ずできる 」
自分に言い聞かせる。このようなところがポイントになるかと思います。

 『 マイナスな言葉を使わない 』ということだけで人生が拓ける気がしています。
 指導者の方々はいかがでしょうか。

6197059775857
  孫子の本はいくつか持っていますが、こちらはお奨めです。

PS 
  近々、ある尊敬する先生とコラボ練習会を企画しています。
 
内容はというと、私が、その先生のチームを指導する。
  その先生が、本校を指導するという企画です。
  高校の先生方は、よくやられていて、とてもうらやましく感じています。
  お互いで勉強し合いながら高め合う。本当にうらやましいです。
 何度か関東の中学ソフトテニスでも行いたく、信頼する何人かの先生方に声をかけさせてもらったのですが、未だに実現できていません。
 
先日、ある2県の都道府県選抜男子チームがこのコラボ練習会を毎年、行っていることを伺いました。素晴らしいことだと感じています。
その2チームは本番ではお互い、常に上位を争っていますし、お互いの勝利をたたえ合っている姿には毎年、感動しています。
 
このようなコラボ練習会をもっと、行っていきたいと感じています。
 もし清明学園と行ってくれるチームがあれば、ぜひともお願いします。勉強させてください。



【編集部より】 
※このたびは編集部の都合により配信が遅れたことをお詫び申し上げます※
高橋先生へのお手紙、ご質問、レター等をお待ちしております!
ニックネーム・所属(学校名)・質問・レター内容を添えて、
sofuonhenshubu@gmail.com 
までお寄せください!
(「ご質問」の場合、・ニックネームおよび先生からの回答はメルマガ上で紹介させていただく場合もございます。学校名など、個人が特定される情報は掲載いたしませんのでご安心ください。)
 
●参考情報:

清明学園・高橋先生に関する記事:

 ●ソフオン編集長が高橋茂先生の指導方法の根幹に迫るインタビュー

[ 高橋 茂 監督 プロフィール ] 
 清明学園中学校 ソフトテニス部顧問 
 全日本アンダー17男子コーチ 

[ 清明学園中学 近年の戦績 ]
 (平成26年度) 全国中学校大会 男子個人戦優勝、男子団体戦出場 
 関東中学校大会 男子個人戦優勝・ベスト16、男子団体戦優勝 
 第2回国際ジュニア大会 男子シングルス優勝 
 過去5年間では全国出場3回、都道府県対抗10年連続出場、東京都大会・個人の優勝は10回以上 
 
 
高橋先生の指導に対する考え方がいち早く読める! 
メールマガジン「部活運営のヒント」(無料)の購読登録はこちら
 





【NTT堀より】 『上達する練習とは』(チーム編)

みなさん。こんにちは。
今回も“堀再び”です。

たくさんの方々にジュニアアスリートプログラム(JASP)の動画コンテンツを観て頂いているようです。ありがとうございます。

実際にNTT西日本で行っている練習や、初心者のみなさまにも取り組んで頂けるような練習、
ここ最近では日本ソフトテニス連盟の北本英幸さんの基礎技術の動画も配信しています。

各地で講習会をさせていただく機会があるのですが、よくある質問が、「NTT西日本ではどんな練習をしていますか?」「どういった練習をすれば強くなりますか?」という質問です。

私がこの類の質問に答えることはただひとつ。
「練習に“絶対”はない。ただ“絶対”を信じないチームに勝利はない」ということです。

これは、私が日本大学時代に、恩師から学んだことです。

私はそれまで、あのチームではどんな練習をやっているのだろう?あのナショの選手はどんな練習を?とそういったことを探すことに躍起になっていたころがあります。
もちろんそれはそれで、他人から学ぶ・真似るということは、とてもプラスになるのですが、自分自身のポリシーはどこだ?!と大いに悩みました。

悩んでいたころに出会ったのが先ほどの言葉です。
それまでは監督がこの練習をやるぞ!キャプテンがこの練習をやるぞ!と指示されたものを時間通りに行うだけでした。もちろん、全体練習後に居残り練習で補っていたのですが、チーム全体を見ると、どことなく「ただ言われたことをやるだけ」の部分が見えました。

そこで監督に直談判。キャプテンや、同級生とも話し合い、「チームはどこにいきたいのか」「今のチームの課題は」「強みは」「いつまでに何を達成するか」「そのために行う事は」と週に1度ミーティングを開き、そこで決めたことを監督や下級生に伝え、練習に組み込んで行くことにしたのです。
当時の監督も「俺の言うとおりにしておけば良い」という風な監督さんではなかったので、我々の提案に大いに賛成してくださり、その中で経験を踏まえて練習内容にエッセンスを加えてくれたりと、これまでの練習が180℃は言い過ぎかもしれませんが、みんなの顔色が変わり、充実度が劇的に変化していったのを覚えています。

その頃、日本大学はインカレではなかなか勝てない時期が続いていましたが、その年準優勝と躍進。日本体育大学に惜しくも敗れてしまいましたが、プロセスに間違いはなかったと、自信を深めることが出来ました。

みなさんも日々の練習の中で大いに悩まれていることと思います。
我々NTT西日本も日々決まった練習はなく、進化に向けての日々変化、ほんとうにこのやり方でいいのか自問自答、意見交換をしながら取り組んでいます。
いわば一流選手が集まった我々でもそういった状況なのですから、中高生の指導者の皆さんは大いに悩まれていると思います。ジュニア出身の子がいたり、気分の浮き沈みが激しい子がいたり、うまくできずに泣き出す子や、練習に来なくなったりする子がいたり。

「なぜわからないんだ?」「俺の言う事をよく聞け!」「俺の言う事をやればいい!」という指導の時代は終わりました。色々な情報が子どもたちも、携帯やパソコンから入る時代です。
まずはチームがどうあるべきか、どうしたいか、どこを伸ばしたいか、直したいのかをチーム全体ではっきりと明確にし、共有していくことが、導いていこうとすることが第一歩であると思います。

そんな中で、JASPの練習メニューがすべて正しいとは思いませんが、少しでも日々の練習の刺激、お役に立てれば幸いです。今後はJASPの中でも、練習メニューの組み立て方等も紹介していきますので、是非参考にしてみてください。

JASPが“絶対”ではありません。ですが、“絶対”にお役に立つと信じています。

次回も見てくださいね!!


 http://jasp.jp/JASPは登録無料!さぁみなさんも登録しよう!!

早稲田強し!大学王座決定戦

0611daigaku_ouza_01_og

こんにちは。
ソフオンブロガーの荒川です。

先週、東京体育館で行われた大学王座を観てきました。


6月7日、8日が予選リーグ、9日が決勝トーナメントという日程です。

平日開催ということもあり、なかなか観戦に行けない方も多いと思いますが、学連の各地域支部の代表校が王座をかけて争う団体戦は迫力満点です。

海外からの招待校も参加して、国際大会さながらのハイレベルなプレーも見られます。

0611daigaku_ouza_02

せっかくならこうした機会を多くの人に知ってもらって、近隣の中学生や高校生にも観戦にきてもらえたらと思います。

部活動で毎日ソフトテニスに明け暮れていても、トップレベルの選手たちのプレーを見る機会はなかなか少ないはずです。

1日くらい練習を休んででもみんなで観戦にくれば、そこで目にしたプレーの数々が、きっと明日からの練習のモチベーションをおおいに高めてくれるに違いありません。


また、中学では人気スポーツのソフトテニスですが、卒業後も長く競技を続けてもらうためには、大学、社会人とまだまだ先があることを知ってもらうことが必要です。

中学、高校で6年間と考えても、長い人生のなかでみればあまりにも短かい時間です。

学生時代に無名だった選手でも、20年、30年と長く続けていくなかで、一般やシニアで活躍される人もたくさんいます。

せっかくなら大好きなスポーツを長く続けて、それぞれ自分なりの楽しみ方を見つけてほしいものです。



大学王座は、男子は5本勝負(3複2単)、女子は3本勝負(2複1単)の団体戦で争われます。

ダブルス、シングルスとそれぞれの対戦がありますので、オーダー順の妙なども見所の一つです。

0611daigaku_ouza_00

注目の男子決勝は2連覇を狙う早稲田大学と、準決勝で薹北市立大学(台湾代表)との激闘を制した日本体育大学の顔合わせです。

前回優勝の早稲田は、アジアチャンプや天皇杯チャンプを擁して、まさにスター軍団といった盤石の布陣です。

0611daigaku_ouza_03

0611daigaku_ouza_00-2

早稲田の1番、先日の関東選手権一般でも優勝した内本・星野ペアに対し、日本体育大学の河野・榊原ペアがゲームカウント5-1で快勝。

0611daigaku_ouza_04

0611daigaku_ouza_05

続く第2対戦のシングルスも、両者譲らず一進一退の戦いでファイナルまでもつれます。

ここで早稲田がシングルスを落とすといよいよ後がない状態でしたが、日体大の2番、全日本U-20チームにも選出されている永井選手が不運にも負傷により途中棄権。

日体大は王者早稲田をあと一歩のところまで追い詰めましたが、最後は早稲田の貫禄勝ちでした。

0611daigaku_ouza_06

0611daigaku_ouza_07

0611daigaku_ouza_08


女子決勝も同じく早稲田と日体大の対戦。

0611daigaku_ouza_10

3番勝負の接戦となりましたが、早稲田が見事7連覇を達成しました。


それにしても、メンバーの代替わりもある大学で7連覇とはすごいものです。

決勝戦での日体大の気迫のこもったプレーを見ても、実力は拮抗していて紙一重といえますが、その中で勝ち続ける強さは圧巻です。

0611daigaku_ouza_12

0611daigaku_ouza_11

0611daigaku_ouza_13


全日本大学ソフトテニス王座決定戦 試合結果



男女ともに優勝を果たした早稲田大学は、日本代表に選出されている選手も多く、その勢いはとどまることを知りません。

8月には大学ソフトテニス最大のイベントであるインカレが石川県にて開催されます。

果たして、早稲田の牙城を崩すチームは現れるのか。

今年のインカレも目が離せません。

0611daigaku_ouza_09



全日本大学ソフトテニス王座決定戦 注目動画
男子/決勝 第1対戦
内本・星野ペア(早稲田大学) 対 河野・榊原ペア(日本体育大学)



SOFT TENNIS Navi
https://www.youtube.com/c/SOFTTENNISNavi


sofumeshi_softon


【熱中症対策】お得なドリンクキャンペーン実施中!

4660323a


皆さん、こんにちは。トレーナーの市山です。

暑い日が続いていますね。
梅雨の時期には熱がこもりやすく、熱中症の危険性も増します。
 
汗をかいた後のこまめな着替えを心がけましょう。 
また、熱中症になる前にしっかりと水分を補給し、身体の内側から予防しましょう!

ご参考までに:前回の水分補給についての記事
(水分補給がなぜ大切か詳しくご説明しております!)
↓ ↓ ↓ 

さて、スポーツインテリジェンスでは、ただいまドリンクキャンペーンを実施しています。
 
チームでのまとめ買いにお買い得!!! 
まとめ買いのお客様には「ジャグタンク」をはじめとした豪華プレゼントをご用意しております。

この機会に是非ご活用くださいませ!

ドリンクキャンペーン2017
ドリンクキャンペーン2017
ドリンクキャンペーン2017


※ウォーミングアップ、トレーニング方法についての質問、疑問などがございましたら、

までお寄せください!質問および回答を当メルマガにてご紹介させいただきます。
(全てのご質問にはご回答できない場合もございますので、ご了承ください)


スポーツインテリジェンスHP

http://www.sports-intelligence.jp/


からだサポート【S.I メルマガ】登録フォーム

https://plus.combz.jp/connectFromMail/regist/cpfw9543

4660323a

スポーツインテリジェンスのトレーナー記事が誰よりも早く読める! 
メールマガジン「部活運営のヒント」(無料)の購読登録はこちら
  

【週刊NEWS】潜入!名門の扉/2017年6月11日(日)号

20170611_001
<Photo: BLOGOSより>

ソフオン読者のみなさん、こんばんは。
ソフオン編集部 Hoshoです。

最近、早起きしてのジョギングを再開しました!
今後も続けていきたいなと思います(^^


 潜入!名門の扉〜6/16(金)放送予定
- BS朝日 - スポーツクロス HP(2017/6/11更新)
http://www.bs-asahi.co.jp/sportsx/
去年、高校三冠を達成した名門、「文化学園大学杉並中学・高等学校」について、6/16(金)の23:24〜23:54の日時で放送される予定です。
【編集部 Hosho】

 学校で先生が教える部活はなくなるか
- BLOGOS(2017/6/5更新)
http://lite.blogos.com/article/226982/
教員の多忙化の原因として部活指導が問題となっている。政府の教育再生実行会議が6月にまとめた第10次提言では、「持続可能な運営体制の整備が可能となるよう、改革を進める」と明記された。ただ、具体的にはどう変えるのか。取材を進めると、部活の主体を学校から地域へと移すプランが検討されていることがわかってきた。(本文より)
【編集部 Hosho】

 前衛の抜かれた時の考え方
- 前衛ドットコム(ブログ)(2017/6/10更新)
http://softtennis-zenei.com/mentality/thought/
前衛プレーの考え方について書かれています。
【編集部 Hosho】

 初心者ができるようになっておきたい練習5選
- ソフトテニス練習方法紹介サイト「てにろぐ」(2017/6/10更新)
http://blog.livedoor.jp/softtennisfestival/archives/16708117.html
初心者のための練習方法について書かれています。
【編集部 Hosho】

 自分に合った巻き方を見つけよう!
- YONEX HP(2017/6/9更新)
http://www.yonex.co.jp/soft_tennis/news/2017/06/1705301500.html
グリップの巻き方について動画付きで説明されています。
【編集部 Hosho】
[ソフトテニス・オンライン]
ソフトテニス・オンライン

Twitterで更新情報を発信しています
ソフトテニス部でよくあることをつぶやきます。@いただいた投稿のうち優秀作品はbotに追加します。 By ソフトテニスのポータルサイト【ソフトテニス・オンライン】http://t.co/8y6bhL2EPB
ぉまみのブログ「ソフトテニス☆サプリメンツ」はこちら

最新記事
PageView

    記事検索
    月別アーカイブ