【NTT村上より】相手を翻弄!カットサービスの返球




こんにちは!NTT西日本ソフトテニス部の村上です。今回で2回目の投稿となります。

早いもので今年度の新シーズンが始まりました。気が付けばもう今年で29歳です。
20代最後のシーズンを頑張っていこうと思いますのでよろしくお願いします!

今回はカットサービスの返球について書かせて頂きます。

皆さん、ソフトテニスをしていてカットサービスを打ったことがあるという方がいるかと思います。

ソフトテニス特有のサービスですよね。

どうやって打つのかとか、どうやってグリップを握るのか考えて練習したことがあると思いますが、カットサービスをどう取るのか考えて練習したことってありますか?

カットサービスをされてそのまま負けてしまったという経験があるという方が中にはいるのではないでしょうか?

私もいまだにカットサービスの返球に悩んでいます。笑

近年では全日本選手権大会等の国内トップレベルの大会でカットサービスからダブルフォワードのペアが数年前に比べて多くなり、それと同時にカットサービスを返球する機会も増えてきました。

しかし、まだまだ多くのペアがカットサービスを駆使するダブルフォワードへの対戦に慣れていません。

私もインドアやハードコートでカットサービスからダブルフォワードを実際に展開するものの、カットサービスの相手に対して上手く返球できずに敗れてしまったことが数えきれないほどたくさんあります。

カットサービスの返球が浮いてスマッシュ!!っというパターンをみたことがあるのではないでしょうか?

カットサービスの返球を何も考えずになんとな〜く戦ってしまうと負ける確率がぐんと上がってしまいますので、私の個人的な考え方となりますが、カットサービスの返球について述べさせて頂きます。

「カットレシーブはなるべく低く構えて返球すべし!」
指導者・コーチの方がよく言われるアドバイスで、日本の中では最も浸透しているアドバイスでしょう。中には膝を擦るくらいまで低く構えている選手もいます。
果たしてこれが絶対に正しいのでしょうか?
答えは「ケースバイケース」だと思います。
日本のダブルフォワード第一人者、篠原・小林組は通常時のレシーブよりも低く構えて待つペアです。
そして我々NTTの先輩、日本のレジェンド中堀・高川組はカットサーブの返球も天下一品で、国内でこの二人より返球がうまい人を見たことがありません。
その中堀・高川組は、中堀さんは通常レシーブよりやや低め、高川さんは通常レシーブと同様くらいの構えのイメージがあります。
海外で言えば、アジア大会2連覇の台湾、ヤン・リー組。ヤン選手もやや低め、リー選手に限っては通常時レシーブとほぼ同様で、膝を低く曲げるということはしません。
高川選手もリー選手も左利きということ、逆クロスサイドということ…さまざまな要因が考えられますが、国際大会を見る限りでは、「低く構える」ということが“絶対正しい”とは言えない気がします。

■体勢を低く構える利点
⇒バウンドしたボールの下にもぐりこむように打つことが出来る。
 縦面は使いづらいが、スライスでの返球やロブを上げやすい。
低く構えることにより返球した後に姿勢がくずれにくい。

■体勢を通常レシーブと同等に構える(そこまで極端に膝を曲げない)利点
⇒縦面が使いやすいため、アングルショットや鋭いショットが打てる。
 目線のブレが少なくなるため、次のボールへの反応がしやすい。

ということがいえると思います。よって、一概に低く構えるのではなく、
☆弾まないほど厳しいカットサーバーには「低く」
 そこまで厳しくないカットサーバーには「通常時と同じくらい」
で構えるというのが基本になるのではないかと思います。

2つの構えを理解してもらったところで、さらに重要になるのは3点。

カットサーブの名手と言われる人たちの共通点は、「縦面の使い方が抜群にうまい」
とうことです。そのためには“ショート乱打”と言われる練習を肩慣らしやアップではなく、真剣に取り組み縦面の使い方を練習することです。

ボールが飛んでくる間に、バウンドする位置とカットサービスの切れ味(切れているのか・いないのか)をある程度予測することです。
⇒この判断が重要です!飛んでくるボールの軌道やボールの形によって、バウンドする位置や切れ味が変わってくるので素早く判断しましょう。特にインドアやハードコートは砂入り人工芝やクレーコートに比べバウンドの変化がより大きく、弾みません。ボールの新旧でもボールの曲り方や弾む方が変わってきます。この判断が遅いと絶対に返球できませんので、日々の練習の中で養ってください!!

「このボールは形がつぶれているからこれは切れているだろう」・・・
「このボールは新しいから滑ってくるだろう」・・・etc

カットサーブを打てる人がチーム内にいなければ、わざと空気を減らしたボールをレシーブしたり、手投げで色々な角度からあげてレシーブしたり、工夫すれば似たような状況を作ることが出来ます。

ラケットの引きはコンパクトに
 ストロークと同じようにテイクバックをしてしまうと、変化するボールに上手くヒットできないためできるだけコンパクトに引くこと。引かずとも、そのままボールをプッシュするような感じもOK。プッシュするときはラケットをすくうイメージで。


次に対ダブルフォワード時のカットレシーブの種類とコースについて紹介します。

以下の3つを中心に組み立てましょう。
シュートレシーブ
ロブレシーブ
ショートレシーブ

それぞれ解説していきます。

シュートレシーブ
シュートレシーブは以下の4つのコースがあります。
(1)ストレート(前に立っている方)
(2)クロス(サービスダッシュする方)
(3)ミドル(相手プレイヤー同士の間)
(4)プレイヤーの体の正面

4つのコースへ打つ場合でも、ライジング気味でバウンドしたところを狙って思いきって打ち、ネットぎりぎりの低いボールが理想です。

またクロス・ストレート・ミドルだけではなく、プレイヤーの体の正面にぶつけることも選択肢としていれましょう!近距離になればなるほど体をさばいて処理しなければならないので有効打となります。
カットレシーブでは、このような低いシュートボールを中心に組み立てられると安定してレシーブゲームを戦うことができます。

▲蹈屮譽掘璽
ロブレシーブは以下3つのコースです。
(1) ストレートロブ
(2) クロスロブ
(3) ミドルロブ
ロブレシーブする場合には、ベースラインをめがけて狙ってしまうとオーバーする可能性が高まりますので、相手に深い位置でスマッシュさせるような形で打っていきましょう。シュートの構えからロブを打てれば読まれにくくなります。
また、相手のバック側にロブをコントロールし、相手にバッグでハイボレーをさせてから二人で後ろに下がり、フォローしてからスタートするのも1つの戦術です。
ロブを相手に意識させることによって、シュートボール・ショートボールがより効果的になり、ダブルフォワードの陣形を崩すことができます。

ショートレシーブ
ショートレシーブは以下、3つのコース
(1) ストレートショート
(2) ミドルショート
(3) クロスショート
ショートレシーブは、ネット際を狙いすぎるとミスにつながってしまいますので相手の腰より低い位置で打たせるような形で打っていきましょう。これもロブレシーブと同様にシュートの構えから打てると、相手が反応しづらくなります。
ネットよりも下の高さで処理させることにより、ミスが増える確率が高まり、また上手く足元へ沈め浮き球を引き出すことができれば、自分・味方へのチャンスボールへともつながります。
基本的には切れているカットの時は体勢を低くして返球プッシュする(特にネット際に落ちた時)、切れていないカットの時はドライブで返球するイメージで打ちましょう。

以上、ダブルフォワードのカットレシーブの種類とコースを紹介しました。

カットサービスの切れ味や落下する場所によって、打てる種類・コースが限定されますが、ある程度、レシーブ前に「ここに打つぞっ!」と明確な意思を持つことも重要です。

私もカットの返球について苦労しています。レシーブの返球がうまくいっている時は有利に試合が進められますので、カットサービスを恐れず、ぜひ実践の中で取り組んでみて下さい。

そして、いろんな返球で相手を翻弄させましょう!!

以上、ご一読ありがとうございました。

 http://jasp.jp/JASPは登録無料!さぁみなさんも登録しよう!!

小平市ソフトテニス春季市民大会の団体戦に参加しました!

こんにちは。
ソフオンブロガーの荒川です。

知人を介して小平市ソフトテニス連盟の方からお声がけをいただき、大会に参加させていただきました。

0515kodaira_01_og


大学の先輩から「小平市の団体戦に出て欲しいって誘われているんだけど、出られる?」とお話をいただいたときには、いまいち状況が飲み込めていませんでした。

「え?団体戦?・・・私ですか???」

もし私が実績のある有名選手であれば、「助っ人」として試合に呼ばれるということもあるのかもしれませんが、残念ながらその実力は持ち合わせていません。


よくよく聞いてみると、このブログを見ていただいた連盟の方から、「よかったら試合に出て大会のことも記事に取り上げてほしい」といった経緯のようでした。

「そういうことであれば、ぜひぜひ喜んで!」


どんな大会で、誰とチームを組むのかも当日会場に着くまでよく分かっていないような状況でしたが、ソフトテニスのあるところであれば、どこへでも飛んでいきます!

0515kodaira_02


0515kodaira_03



私が参加した男子1部は、5チームによるリーグ戦形式でした。

小平クラブのメンバーを中心に、私のようにお呼ばれで参加した人も含めて、小平クラブから4チーム。

さらに、東京都1部リーグに所属する強豪ミドウクラブも参戦しています。


朝の練習の時点で、もの凄い剛球を打っている選手たちを見て、嫌な予感がします。

「まさか、あの人たちと試合やるわけでは・・・?」


幸い、今回入れていただいた小平クラブAチームは、私以外は相当な実力者揃いです。

0515kodaira_04
金田/鳥海ペア

0515kodaira_05
小山/森ペア


今回、お声がけいただいた小平市連盟理事の小山さんも、もともと学連などで活躍され、最近も関東オープン成年3位など輝かしい実績を持つ方です。

0515kodaira_06


とても同世代とは思えない若々しさで、一般の若手選手に全く引け劣らない勢いのあるボールを打っていました。

小山さんのプレーを見たら、「成年だから、さすがに一般には勝てない」などと言い訳している自分が恥ずかしくなります。


チームメンバーがとても心強い反面、すごい人たちの中に入ってしまって恐縮することしきり。


各チームにそれぞれレベルの高い選手も多く、市民大会とは思えない迫力のある試合が繰り広げられました。

0515kodaira_07


0515kodaira_08


0515kodaira_09


結果、個人の戦績としては1勝3敗。

見苦しくも言い訳をすると、本職ではない後衛として出場したということはありますが、一般の強豪選手に全く歯が立たずコテンパンでした。

シニア70ペアとの対戦でファイナルの激闘を制した1勝がせめてもの慰めです。


団体成績は、5チーム中3位でした。

捨て駒としてノンプレッシャーでのびのび試合に臨んだつもりが、あまりの惨敗っぷりに試合の流れを壊してしまってスミマセン。。



小平市ソフトテニス春季市民大会(団体戦) 試合結果

2017年5月14日開催
上水公園テニスコート

男子1部
result_kodaira2017spring



つい先々週に東京都クラブ戦1部で見た人たちを相手に、まさか自分が試合をするなんて夢にも思いませんでした。


過去記事:平成29年度 東京都春季クラブソフトテニス対抗戦


結果は申し訳なさいっぱいですが、お陰さまで強豪クラブの強さも肌で感じられて、そのうえ4試合もできて楽しかったです!


来週は同じく小平市の個人戦が開催されるそうです。




大会途中、他チームの試合を観戦していると、小学生とシニアの対戦などもありました。

0515kodaira_10


こうやって世代の垣根を超えて楽しめる、これぞソフトテニスの魅力。


「ああ、自分にはこのくらいのレベルがちょうどいいなぁ」

などと思って見ていたら、とんでもない!

その少年は、東京都の強豪ジュニア、稲城ジュニアソフトテニスクラブの山中君でした。

0515kodaira_11
山中一世選手(稲城ジュニア)


今年春の全国小学生大会でもベスト8に入っている期待のホープです。


過去記事:平成28年度 全国小学生ソフトテニス大会


聞けば、山中君のお父さんは、私と同世代の超有名選手。

運良くお母さんにお話を伺うことができましたが、お母さんご自身も相当な実力者で、この日も女子1部できっちり優勝されていらっしゃいました。


山中君は、午後から練習があるとのことで途中までの参加でしたが、大人を相手に2戦2勝。

チームとしての優勝にもしっかり貢献しています。

将来が楽しみな逸材です。

0515kodaira_12




夜は大会参加者の方々と、馴染みの中華料理屋で楽しく飲み会。

目一杯試合したあとに、ソフトテニスを肴に飲むお酒は、格別です。

ちょっとお邪魔するつもりが、ついつい話が盛り上がり長居してしまいました。

こうして、ソフトテニスという共通の趣味を通じて繋がるご縁に感謝です。


小平市のみなさん、ありがとうございました!

今後ともよろしくお願いいたします。

懲りずにまた誘ってください!!


小平市ソフトテニス連盟



sofumeshi_softon

関東学生リーグで発見☆期待のルーキー 女子ver

こんにちは!ソフオン編集部です!
先日は・・・
『関東学生春季リーグ』
IN 千葉県白子町
に行ってきました☆

新学年を迎えて初の公式戦となるこの大会には、今年から新加入した期待のルーキーたちが多く出場していました!今回は、関東学生リーグ女子1部に新加入した選手たちをご紹介します!


日本体育大学

桑名結衣選手(高岡西高校出身、前衛)
IMG_4171
昨年度の戦績:インターハイ団体3位


明治大学

宮下真緒選手(文大杉並高校出身、後衛)
IMG_5071
昨年度の戦績:インターハイ団体優勝、個人準優勝

上田理央選手(文大杉並高校出身、前衛)
IMG_4580
昨年度の戦績:インターハイ団体優勝、個人準優勝


慶應義塾大学

勝又菜々美選手(文大杉並高校出身、後衛)
IMG_5892

川口絢子選手(須磨学園高校出身、前衛)
IMG_5899


立教大学

中村彩乃選手(文大杉並高校出身、後衛)

IMG_4253
昨年度の戦績:インターハイ団体優勝、個人3位

吉原花海選手(文大杉並高校出身、後衛)
IMG_4259
昨年度の戦績:インターハイ団体優勝、個人3位


昨年まで高校ソフトテニス界を牽引していた選手たちが、今度は大学ソフトテニス界のルーキーへ!
新たな一歩を踏み出した選手たち!今後の活躍が楽しみです!!!





【3】重心移動

4660323a


体幹トレーニング【3】
 
皆さん、こんにちは。トレーナーの宮崎です。

前回は「楽しく反応トレーニング」の「ポイント2:スプリットステップ」についてお伝えしました。
引き続き「楽しく反応トレーニング」の「ポイント3:重心移動」についてお話させていただきます。


■前回のおさらい
 
「シュートボール1秒」というスピードを求められるテニス競技では、1回1回の反応や素早さが必要になります。ワンアクションをいかに速く大きく動けるか、移動できるかが重要です。
スプリットステップでは、アキレス腱や筋の伸展機能を作用させ、動き出しの1歩を素早く力強いものにできます。


■ポイント3:重心移動について

前回までは、動き出すまでの姿勢や蹴り出しの方法についてのポイントをご紹介しました。
今回は、移動についてです。

よく「重心」という言葉を使われますが、「重心」とはどこにあるのでしょうか?
頭?… つま先?… おへそ? …

体勢によって重心の位置は変わりますが、立位姿勢では「骨盤の真ん中」にあります。
具体的には「おへそとお尻の穴を結んだ真ん中」と言われております。
つまり「重心移動=骨盤の移動」ということになります。
移動スピードを向上させるためには、この重心(骨盤)から動かすということがポイントです。
骨盤後傾

※ベースボールマガジン社「ソフトテニスボディ革命」 川上晃司監修 より

上の写真では、骨盤が後傾して重心が後ろに残っている状態です。
この状態を改善するためには、背筋を伸ばし、骨盤を前傾させます。

骨盤前傾
※ベースボールマガジン社「ソフトテニスボディ革命」 川上晃司監修 より

ほんの少しの違いですが、骨盤が前に動くことで重心も数センチ前に移動します。
1秒で返ってくるボールに対して移動スピードを上げるには、「フットワーク」が必要ですが、走り方や姿勢を見直し、意識付けることが一番の近道かもしれませんね。

まずは、日常生活から心がけてみましょう!






※ウォーミングアップ、トレーニング方法についての質問、疑問などがございましたら、

までお寄せください!質問および回答を当メルマガにてご紹介させいただきます。
(全てのご質問にはご回答できない場合もございますので、ご了承ください)


スポーツインテリジェンスHP

http://www.sports-intelligence.jp/


からだサポート【S.I メルマガ】登録フォーム

https://plus.combz.jp/connectFromMail/regist/cpfw9543

4660323a

スポーツインテリジェンスのトレーナー記事が誰よりも早く読める! 
メールマガジン「部活運営のヒント」(無料)の購読登録はこちら
  

関東学生リーグで発見☆期待のルーキー 男子ver

こんにちは!ソフオン編集部です!
先日は・・・
『関東学生春季リーグ』
IN 千葉県白子町
に行ってきました☆

新学年を迎えて初の公式戦となるこの大会には、今年から新加入した期待のルーキーたちが多く出場していました!今回は、関東学生リーグ男子1部に新加入した選手たちをご紹介します!


早稲田大学

上松俊貴選手(岡山理大付高校出身、前衛)
IMG_4486
昨年度の戦績:インターハイ個人優勝、アジア選手権ダブルス優勝

内田理久選手(三重高校出身、前衛)
IMG_4674
昨年度の戦績:岩手国体優勝、インターハイ個人3位


日本体育大学

溝端亮二選手(高田商業高校出身、後衛)
IMG_4286
昨年度の戦績:インターハイ団体3位、個人3位


明治大学

本倉健太郎選手(岡山理大付高校出身、後衛)
IMG_4651
昨年度の戦績:インターハイ個人優勝、東京インドア優勝

金子大祐選手(高田商業高校出身、前衛)
IMG_5299
昨年度の戦績:インターハイ団体3位、個人3位

齋藤大樹選手(木更津総合高校出身、前衛)
IMG_4060
昨年度の戦績:関東大会団体優勝


法政大学

近藤昴選手高田商業高校出身、後衛)
IMG_4073

前川和輝選手(つるぎ高校出身、後衛)
IMG_5159

若月楓選手(羽黒高校出身、前衛)
IMG_5155
昨年度の戦績:ハイスクールジャパンカップ準優勝

吉田智就選手(法政大二高校出身、後衛)
IMG_5531


中央大学

田邉雅人選手(三重高校出身、後衛)
IMG_3937
昨年度の戦績:岩手国体優勝、インターハイ個人3位

宮崎悠登選手(羽黒高校出身、後衛)
IMG_5591
昨年度の戦績:ハイスクールジャパンカップ準優勝


國學院大學

谷岡凌太郎選手(清瀬高校出身、後衛)
IMG_4704

安居智輝選手(北海道科学大学高校出身、後衛)
IMG_5431

佐藤勇乃介選手(三重高校出身、前衛)
IMG_5427

廣富創太選手(北海道科学大学高校出身、前衛)IMG_5324

昨年まで高校ソフトテニス界を牽引していた選手たちが、今度は大学ソフトテニス界のルーキーへ!
新たな一歩を踏み出した選手たち!今後の活躍が楽しみです!!!






[ソフトテニス・オンライン]
ソフトテニス・オンライン

Twitterで更新情報を発信しています
ソフトテニス部でよくあることをつぶやきます。@いただいた投稿のうち優秀作品はbotに追加します。 By ソフトテニスのポータルサイト【ソフトテニス・オンライン】http://t.co/8y6bhL2EPB
ぉまみのブログ「ソフトテニス☆サプリメンツ」はこちら

最新記事
PageView

    記事検索
    月別アーカイブ