【NTT船水より】 ”休む勇気”について

 58a6aa64-s



NTT西日本ソフトテニス部の船水 雄太です!


全国の指導者のみなさん。こんにちは!

今回は、休養について話していきたいと思います。ぜひ指導者の皆さんも、選手・生徒のみなさんも参考にしてみてください。



「休む勇気」

皆さん、各大会に向けて目標をもって頑張っている最中だと思います。勝負の世界に皆さんは身を置いているわけで、当然勝敗はつきものだと思います。勝敗に一喜一憂せず、モチベーションを高く維持して努力していくことが最も重要です。

当然、大会で勝てなくなってくると、不安になってくるでしょう、今まで努力してきた自分が信じられなくなってきて、努力なんて無駄だと思ってしまうこともあるでしょう。でも最後に報われるのは、どんな時も地道に努力をしてきた人だけです。1年間、もしくはソフトテニス人生を終えるまでコツコツ積み重ねていくことがとても重要です。


当然頑張ろうと思ったら、沢山ボールを打とう!(量的向上)か、短時間、限られた時間で集中して練習しよう(質的向上)のどちらかになってくると思います。当然、どちらも高めていかなければならないのですが、まずはどちらかに絞ってトレーニングする必要があります。


数多くボールを打つ反復練習は、プレーの無意識化をするにあたって、非常に大切な練習方法です。

一方の短時間練習の場合は、1球の質の向上、テニスの試合時間程度に要する、瞬発的な集中力を取得することができます。

これら2つには、私が述べた以外にも様々な効果があります。2つの方法を上手く組み合わせる、もしくはどちらか合っている方を選んでトレーニングして欲しいと思います。


この記事を読んで「さぁ頑張ろう!」と思ってくれる人が1人でもいると大変うれしく思いますが、その気持ちに落とし穴もあるのでアドバイスしていきたいと思います。



さぁこうなってきたら、皆さんの頭の中は、

練習練習練習練習練習練習練習練習練習練習練習練習練習練習ってなっていませんか?

この気持ちに落とし穴があるのです。


自分を追い込んでいくことが重要ですが、追い込みすぎるあまりに、身体の重要なサインに気づかないことが多いです。疲れてくると、身体がしんどくなってくると思いますが、これは脳がこれ以上やったら身体が練習に耐られなくなるというサインでもあります。

この時には、集中力の低下も見られ、パフォーマンスも低下する可能性があります。

そうなってくると怪我につながってきたり、練習に身が入らなかったり様々な障害がでてきます。

そんな時に無理をして頑張りすぎていると、重要な大会の前、自分が気づかないうちに集中力が低下したり、パフォーマンスが著しく低下する、バーンアウト状態となってしまいます。


結論、何を伝えたいのかというと、題名にもあったように休む勇気を持とうということです。


休むのが怖い、その気持ちは私もわかります!今でもそう思うときがあります。


しかし、追い込みすぎて大会に臨んだときは、良いパフォーマンスを発揮したことがありません。

心・技・体がかみ合わない感覚になります。


個人的には1週間に1、2日は休みをとることをお勧めします。 週ごとにリフレッシュしていければベストだと思います。なかなか休みが取れない人は、自分の中で5段階ほどの運動強度を設定して、週ごとに強度を変化させて、メリハリをつけてみても良いと思います。

(でも指導者が強度5の気持ちの時に自分が強度1だったらヤバい。たぶんおこられる。笑)



実は、皆さん自分では気づいていないが、大事な大会の時が一番心・技・体のバランスが崩れている可能性があります!疲労とうまく付き合い高い、モチベーションを維持しながら頑張っていきましょう!



JASP(ジュニアアスリートサポートプログラム)
JASPに登録しよう!!

是非登録してレベルアップを図りましょう











おかげさまで100人目!!

musako-softtennis_100_01og

こんにちは。

ソフオンブロガーの荒川です。


ここ最近、日本列島が強い寒気に見舞われています。

私が住む神奈川県川崎市でも、もう2週間も前になる大雪の残雪があちらこちらに見られるほどに気温の低い日が続いています。

そんな寒さもなんのその。

ソフトテニスは年中無休です!

musako-softtennis_100_02


この日は、自身が主催する武蔵小杉ソフトテニス練習会のナイターです。


武蔵小杉ソフトテニス練習会
https://www.facebook.com/MUSAKOsofttennis/

以前ブログでもお伝えしたとおり、発足からの前回までの累計参加者が99人。

この日初めて参加される方が、記念すべき100人目のゲストとなります。


過去記事:ソフトテニスで友達100人できるかな?



おかげさまで最近は参加希望者も多くなり、Facebookページで日程を告知するとすぐに定員が埋まってしまう状況です。

気持ちとしては、希望する人がいる限り30人でも40人でも受け入れたいところではあります。

しかしながら、利用できるコート数や時間にも限りがあるので、せっかく来ていただいてもあまり打てないといった状況を避けるため、1面あたり12名までを上限とさせていただいています。


それでもこの日は事前に定員の24人が一杯となったうえ、さらに何人か満員でお断りした方も。。

やはり、大人になってもソフトテニスをやりたい人って、場所やきっかけさえあればいくらでもいるんだなぁと改めて思います。

musako-softtennis_100_03


musako-softtennis_100_04


嬉しいことに、この日に初参加された方は、なんと7人!


記念すべき100人目のゲストには、ささやかなプレゼントくらいは用意しようかとは思っていました。

ところが、その100人目がまさか7人もいるとは考えていないかったので、予約状況を見て慌てて粗品のロゴ入りボールを用意しました。


musako-softtennis_100_05

寒いなかご参加いただいたみなさまと、ソフトテニスを通じたこのご縁に感謝です。



練習会に参加されるなかには、相当にうまい人から、うん十年ぶりにラケットを握るという人までさまざまいらっしゃいます。


なんだか興味はあるけど、「私なんて・・・」という、そこのあなた!

そういうあなたのための練習会です!!

上手いとか下手とか関係なく、一緒にソフトテニスを楽しみましょう。


次は、記念すべき1,000人目を目指して!!

この交流の輪が一体どこまで広がっていくものかは分かりませんが、まだ見ぬソフトテニス友達との出会いにワクワクしつつ・・

これからもたくさんの方と一緒に練習できることを楽しみにしています。


musako-softtennis_100_06




softtennis_blog

地域の大会結果を発信しませんか?(取材サポーター募集)


pixta_16126837_M_henshu_com

ソフオン編集部です。

●ソフトテニス・オンラインの臨時取材スタッフ(取材サポーター)として登録し、あなたの地域で行われる大会(主に中・高の都道府県レベル以上)の結果情報を発信しませんか?

●交通費(上限あり)と、謝礼をお支払いたします。

●「取材」といっても難しくありません。わかりやすい「マニュアル」をお渡しします。電話でもご説明します。

●取材に「行けるときだけ」行っていただければでOKです。(事前連絡は必須)

●中高ソフトテニス部員の親御さんの登録も歓迎です。


募集概要

●ソフトテニス・オンラインでは、地区で行われる都道府県以上の大会(高校のインターハイ予選、関東大会など地区大会を想定)の取材スタッフを募集しています。

●取材には「行ける時だけ」でOK。「こんな大会がいつあるよ」という情報はソフオン編集部からも発信させていただきますし、ご提案いただいても構いません。

●申請フォームにご入力いただいた後、ソフトテニス・オンライン編集部からメールもしくは電話にてご連絡差し上げ、実際に業務をお願いするかの相談をさせてください。


<募集条件>

●ソフトテニスが大好きなこと!

●デジタルカメラ(できれば一眼レフ)を持っていること

●取材経験なくてもOK!(レクチャーします。マニュアルあります)


<業務について>

●お願いしたい業務内容は、「大会風景の写真撮影」「編集部が指定するBlogシステムへのアップロード」です。
 ※リアルタイムでの大会結果の更新は「不要」です。大会の結果が出た後に余裕をもって更新いただいてOKです。
 ※マニュアルをお渡ししますので、Blogなどのシステムを普段使っていない方でも大丈夫です。

●移動実費(上限あり)+謝礼をお支払いいたします。(詳細の条件は応募申請後、提示させていただきます)

●大会運営本部への事前の取材許可申請等は、必要に応じてソフトテニス・オンライン編集部より行います。

関心のある方はぜひ登録ください

「取材サポーター」登録はこちらから

#【動画】シングルス&インドアに不可欠!バックカットの基本動作と4つの練習法☆

58a6aa64-s

部活運営のヒント 読者のみなさま
 

こんにちは、清明学園中学の高橋です。


都道府県対抗シングルス練習開始しました。

小中学生のシングルスにおいて勝ち抜くための重要なスキルとしてバックハンドカットストロークが挙げられると思います。このカットストロークで長短を打ち分けられることで失点をさけられることが多々あります。いくつかの練習方法や練習メニューを紹介します。


◆基本動作

・右肩にあごを乗せるイメージでラケットをセットさせます。 
7434596669146

・スイング後、左腕も大きく動かします。
*とくにこの部分は意識をさせないと動いてきませんのでチェックしてあげてください。
(これは長いボールを打ちたい時で短いボールをベースラインから落としたい時は敢えて左腕を使わないことがポイントになります。)
7434597435563


◆練習方法

.轡隋璽肇薀蝓爾妊疋薀ぅ屐VS カット  

 顔を残してラケットヘッドを走らせるように意識させます。

▲侫螢好咫璽ャッチボール       
 フリスビーで遊ばせながら右腕の脱力スイングを意識させます。

H礁未砲篤阿させた状態からカットストロークで返球して1対1 
 動かさせた状態でも身体のバランス・頭の位置を意識させて返球させます。

ち缶未砲 



*************


◆悩める指導者として・・・

PS1
すこし思うことがありました。この半年で、熊本・岩手・福島・石川と講習会に呼んでいただき、私なりの指導で工夫してきたことを精一杯伝えさせてもらいました。最初は喜んでもらって嬉しい限りでした。回数を重ねるたびに、私自身、皆さんが思うようなカリスマ指導者ではありません。

 今でも、、、

生徒のこころが掴めず、生徒に厳しい言葉をかけすぎて傷つけて失敗することがあります。全国の素敵な指導者の方々と話をして知らないこともたくさんあります。忙しいことを理由にさぼったり、本校の生徒の指導に手を抜いたりすることもあります。

何より自分が、本当に素晴らしい指導者であれば、毎年、全国の賞状をとらせることができています。成功していることより失敗していることの方が多いです。

 でも、「 高橋先生〜! 」と声をかけてもらいます。
 
過去、全国で賞状がとれたのは、生徒・保護者ががんばったからです。本やDVDを出すことができたのも東京都で勤務していたからです。( 取材費交通費がかかりませんからね )
全日本スタッフを担当させてもらっているのもご縁があり巡りあわせがあったからです。

自分の力以上に評価されていることに疑問と焦りを感じて、「 自分でよいのだろうか 」と考えれば、このブログも書けなくなりました。
 自問自答して、
これからは、一人の生徒と向き合う中でいろいろなことに悩める指導者として、発信させてもらいたいと思います。

**********

◆自己肯定感を育む

PS2
 生徒「 先生!高校で日本一になりたいので、○高校へ進学したいです。 」
 「 ・・・・ 」
  「 レギュラーをとることが大変だし、勉強もがんばってきたのだから△高校に進学すれば・・大学ついているし 」

また数日後、
 生徒 「 先生、やっぱり○高校へ 」
 母親 「 先生からみてこの子は、高校で活躍する可能性はありませんか? 」
 私  「 はい、正直にそのように思います。厳しいと思います。しかし、私に言われて進路を変えているようではこの先、通用しません。私がそのように言っても、自分の信じる道を貫き通すことだけのものがないと 」
 生徒 「 あります 」

というような会話で進路が決まりました。日本一を目指すべく頑張るようです。
もちろん、ここに至るまでに卒業生の進路や寮生活、実際の卒業生の声など、たくさんの情報収集をした結果の決断です。ここで感じたのは、本人の自己肯定感がとても高いということです。自己肯定感は、次への意欲の大きなエネルギーとなります。「 自分はできる 」これは、大人でも大事ですよね。この自己肯定感は、本人の性格もありますが、周囲からの影響に大きく左右されます。彼は3年間で、この自己肯定感を自分で育んできたと思うととても嬉しくなります。逆に、いじめられたり・不登校の生徒と面談をすると、この自己肯定感がとても低いです。そこを変えるための作業に苦心しています。
自己肯定感を育む・高めるために・・・教師の役割はとても大きいと感じます。
そういう力をもった教師になりたいと思います。


【編集部より】  
高橋先生へのお手紙、ご質問、レター等をお待ちしております! 
ニックネーム・所属(学校名)・質問・レター内容を添えて、 
sofuonhenshubu@gmail.com  
までお寄せください! 
(「ご質問」の場合、・ニックネームおよび先生からの回答はメルマガ上で紹介させていただく場合もございます。学校名など、個人が特定される情報は掲載いたしませんのでご安心ください。) 
 
●参考情報: 

清明学園・高橋先生に関する記事:

 ●ソフオン編集長が高橋茂先生の指導方法の根幹に迫るインタビュー

[ 高橋 茂 監督 プロフィール ] 
 清明学園中学校 ソフトテニス部顧問 
 全日本アンダー17男子コーチ 

[ 清明学園中学 近年の戦績 ]
 (平成26年度) 全国中学校大会 男子個人戦優勝、男子団体戦出場 
 関東中学校大会 男子個人戦優勝・ベスト16、男子団体戦優勝 
 第2回国際ジュニア大会 男子シングルス優勝 
 過去5年間では全国出場3回、都道府県対抗10年連続出場、東京都大会・個人の優勝は10回以上 
 
  
高橋先生の指導に対する考え方がいち早く読める! 
メールマガジン「部活運営のヒント」(無料)の購読登録はこちら








強さの底上げ!トレーニング合宿のススメ☆

1be083a3-s


皆さん、こんにちは。トレーナーの橋本です。

寒さも本格的になり、ソフトテニスではインドアシーズンに突入しましたね。
どの年代もオフシーズンは少なく、年間を通して試合が多い印象です。

私が担当させていただいている高校のチームでもオフシーズンを設定することは難しいですが、冬場はトレーニング期として、例年、年末に3日間の「トレーニング合宿」を行います。
 
今回は、トレーニング合宿の内容についてお話しします。



トレーニング合宿では一切ボールを打たず、トレーニングをみっちりと行います。
その後、年始にかけて選手達は数日間のオフに入る為、その間に筋肉の回復を図ります。


【トレーニング合宿での主なスケジュール】

1日目:スピード・アジリティー(ダッシュ系)

2日目:筋力・パワー(ジャンプ系)

3日目:持久力(ロングラン)

トレーニングメニューの目的と、筋肉の状態・疲労度を考えながらスケジュールを組み、メインメニューの合間に縄跳びや体幹トレーニングを挟むことで、全身に負荷をかけていきます
 
例年、トレーニングを行う全体的な流れは大きく変わることはありませんが、これまでの体力測定の結果からわかるフィジカル面や、練習・試合中での選手の動きを見ながら、その年のチームの強化ポイントをあげ、どのようなメニューを行うかを決めていきます

特に今年は、スピード・パワーの部分に力をいれ、ダッシュやジャンプ、体幹トレーニングを多く行いました。


また、トレーニング合宿では「フィジカル強化」だけではなく、「栄養」や「メンタル」についても取り組んでおります
 
「栄養面」に関しては、管理栄養士による講義の時間を設け、日頃の食生活の見直しからどのような食事をとる良いか、正しいウェイトコントロールの方法、栄養に関する基礎知識まで理解を深め、自己管理ができるように育成します。
 
「メンタル面」に関しては、選手が自身のメンタルについて分析を行いました。
試合中にどのようなことを考えているのか、自分はメンタルが強いのか・弱いのか、強い選手のメンタルはどのようなメンタルなのか等、様々な視点から考え、試合のときに大事なメンタルについての講義を行いました。


このように、3日間のトレーニング合宿ではフィジカル強化だけでなく、目標を達成するために必要なことを、あらゆる部分から強化していきます。

フィジカル面では自分自身を極限まで追い込むことで、心も体も大きく成長し、良い新年を迎えてくれていることでしょう!



※ウォーミングアップ、トレーニング方法についての質問、疑問などがございましたら、

までお寄せください!質問および回答を当メルマガにてご紹介させいただきます。
(全てのご質問にはご回答できない場合もございますので、ご了承ください)


スポーツインテリジェンスHP

http://www.sports-intelligence.jp/


からだサポート【S.I メルマガ】登録フォーム

https://plus.combz.jp/connectFromMail/regist/cpfw9543

4660323a

スポーツインテリジェンスのトレーナー記事が誰よりも早く読める! 
メールマガジン「部活運営のヒント」(無料)の購読登録はこちら
    
[ソフトテニス・オンライン]
ソフトテニス・オンライン

Twitterで更新情報を発信しています
ソフトテニス部でよくあることをつぶやきます。@いただいた投稿のうち優秀作品はbotに追加します。 By ソフトテニスのポータルサイト【ソフトテニス・オンライン】http://t.co/8y6bhL2EPB
ぉまみのブログ「ソフトテニス☆サプリメンツ」はこちら

最新記事
PageView

    記事検索
    月別アーカイブ