全日本社会人選手権(選手編)

0905zennihonshakaijin_01og


こんにちは。
ソフオンブロガーの荒川です。


社会人の全国大会、その名もズバリ「全日本社会人ソフトテニス選手権大会」


今回、幸運にも県予選を通過したため、自身として14年ぶり2度目の全国大会出場です。


過去記事:いざ!全シャカへ!



2017年、今年の開催地は熊本県です。

さすがに熊本開催となると、前日のうちに現地入りしなければ試合開始には間に合いません。


0905zennihonshakaijin_02


時間に縛られない自営業者の特権をフルに生かして、金曜朝の便で熊本入りです。


0905zennihonshakaijin_03


空港からはタクシー移動で、午前中のうちに試合会場の熊本県民総合運動公園に到着。

前日練習のためのコート解放があり、選手は自由に利用できます。

早い便で到着できたので、まだコートはガラガラで使い放題です。


0905zennihonshakaijin_04


見ると、ナンバーワン実業団チームのNTT西日本の選手たちが練習しています。

まさかよりによってこの隣で練習することはないだろうと踏んでいたら、ご一緒した方から「いや、ここでやるよ」と一言。

「ええ!?ほかにもコート空いているじゃないですか。なにもわざわざここでやらなくても・・・。」


私のようなまったくもって何者でもない、一市民プレーヤーが日本代表選手を多数擁するトップチームの隣のコートで練習するなんて、思いもよりませんでした。

嬉しいやら、小っ恥ずかしいやら。


0905zennihonshakaijin_05


お昼を過ぎたあたりから続々と出場選手たちが会場入りし、コートが混み合ってきます。

全国大会なので当たり前なのですが、なにしろ練習している選手たちの上手いこと、上手いこと。


おじさんプレイヤーは、炎天下で2時間も動けば体力も底をつき、そそくさと退散。

試合前日とはいえ、せっかくなので午後は熊本市内観光に繰り出します。


その様子はまた別の機会に。




前日練習でたっぷりと動き、熊本の美味しい料理も堪能したところで、翌朝の試合に備えて早めに就寝。


いよいよ試合当日の朝を迎えます。

0905zennihonshakaijin_06


それにしても、受付が長っ!


混乱を避けるため都道府県ごとに別れたテーブルで受付します。

なにしろ総勢500ペア以上が参加している大きな大会です。

私が出場する成年男子(35歳以上)の部だけでも、119ペアのエントリーがあります。


0905zennihonshakaijin_07



開会式を終え、だだっ広い公園のなかを歩くこと10分ほど。

成年男子初日の会場は、一般男子のメイン会場から少し離れたコートでした。


0905zennihonshakaijin_08


無論、一般男子の部こそ大会の花形。

でも、おじさんたちの部も盛り上がっていますよ!



予想はしていましたが、1回戦からものすごくハイレベルな試合が繰り広げられます。

同じ全国大会出場といえど、県によってレベルのバラツキはあります。

埼玉県は日連登録者が多いこともあって、他県に比べると出場枠も多い(県予選でベスト16以上)ため、私なんてそれこそここではペーペー中のペーペーです。


0905zennihonshakaijin_09



0905zennihonshakaijin_10


私が所属する所沢テニスクラブから一緒に出場した二宮・梶井ペアも、強豪ペア相手に善戦するも悔しいファイナル負け。

やはり全国で一勝の壁は厚いです。


同じ埼玉県勢のペアが続々と初戦で姿を消すなか、ドローの関係で試合順が遅かった私にも妙なプレッシャーがかかります。

いい歳して、いまだにソフトテニスでこんなにドキドキワクワクできる自分を幸せに思います。



そしていよいよ自分の出番。

ペアには申し訳ありませんが、「どうせ自分はこの大会に出ているなかで一番下手くそだ。勝ったらラッキー。無欲でいこう」と、試合中の緊張を抑えるため自分にひたすら暗示をかけます。


0905zennihonshakaijin_11


その甲斐あってか、いつにもまして私の動きは硬いものの、ペアの前川さんの球がよく走り予想外のゲームカウント3-0で先行。


0905zennihonshakaijin_12


「これは、いけるかもしれない!」

全国大会に出るのと、全国大会で勝つのでは重みが違います。


「ここで勝ったら、自慢できる!」

勝利がチラついた瞬間、緊張はさらに増して私の動きの硬さはピークに達します。


いつもだったら取れているはずのボールに、まったく体が反応しません。



「全シャカには魔物が棲んでいる・・・」

ただの自分の下手くそさを、何か別の理由に置き換えはじめます。


「せっかく出たんだ、試合を楽しもう」


0905zennihonshakaijin_13


そう言い聞かせるものの、実際には出てくるのはミスったあとの引きつった苦笑いです。




掴みかけたと思った勝利が両手をスルリと抜けて、まさかの4まくりで3-い寮貿圈

0905zennihonshakaijin_14


前川さん、本当にゴメンなさい!



試合を応援してくれていた先輩からは、

「ま、雰囲気に飲まれたな。惜しかったけど、長くやってればそんなことこの先もいくらだってあるよ」


確かに。

ソフトテニスをずっと続けていけば、また悔しい思いも、ときには嬉しい思いも、いろいろあることでしょう。

また再チャレンジの機会だってきっとあるはず。


来年は静岡開催だそうで、関東に近いため埼玉県予選のエントリーも多くなることが予想され、今年のように簡単にはいかないはずです。

でも、あと1年あるからもっと練習して上手くなります!


あー。でも、せっかくならもう1試合したかったぁぁぁぁああ!

おじさんの夏は、不完全燃焼で幕を閉じたのでした。




0905zennihonshakaijin_15


自分の試合が終わったあとは、メーカーブースを物色。


来年も必ず出場することを心に誓いつつも、ここぞとばかりに全国大会に出た証拠とすべく大会記念Tシャツを即買い。

練習でこれを着ると、不思議と自分が上手くなった気になってモチベーションが上がります(ソフトテニスあるある)。




強豪ひしめく成年の部で、初日を勝ち抜いたベスト16以上のペアは大会2日目へ。

決勝まで見させてもらいましたが、当然ですが上位入賞する選手たちは自分とはまるで次元が違います。

0905zennihonshakaijin_17
成年男子の部/優勝
花田・山田ペア(京都/京都市役所・徳島/大神子病院)

0905zennihonshakaijin_16
成年男子の部/準優勝
吉川・足利ペア(山口/宇部興産・岡山/クラレ岡山)



自分にとって成年の部は、あと5年ほど(*1)

果たしてあと5年間頑張って、この差はどこまで埋まるでしょうか。


最終目標は全日本シニア選手権制覇(*2)といえど、やはり出る試合にはどれも勝ちたいものです。


(*1)成年の上にはシニア45(45歳以上)というクラスがありますが、自分の年齢よりも下のクラスにはいつでもエントリーが可能です。つまり勝てる勝てないは別として、何歳になっても一般にも成年にも出ようと思えばずっとエントリーできます。

(*2)現在の最高クラスはシニア80(80歳以上)


0905zennihonshakaijin_18


競技者志向で真剣に勝とうと思えば、技術はもちろん、フィジカルやらメンタルから鍛え直さないとダメだなぁ。

課題は多すぎますが、それはつまり伸びしろがあるってことでしょう。

何事も一歩、一歩!




全日本社会人ソフトテニス選手権大会 試合結果
熊本県ソフトテニス連盟 > 大会結果 > 2017 第45回 全日本社会人ソフトテニス選手権大会
http://ksta.website/?p=6578


全日本社会人ソフトテニス選手権大会 注目動画
成年男子/決勝
花田・山田ペア(京都市役所・大神子病院) 対 吉川・足利ペア(宇部興産・クラレ岡山)


SOFT TENNIS Navi


過去記事:平成29年度 全日本社会人ソフトテニス選手権大会(観戦編)




sofmeshi_eyecatch_st-on

全日本社会人選手権(観戦編)

0904zennihonshakaijin_01og


こんにちは。
ソフオンブロガーの荒川です。


7月、8月はインターハイやインカレをはじめとして、各カテゴリーで日本一を決める大会が開催されます。


今年も熱い夏が終わりを迎え、わずかに秋めいてくる9月の第1週。

毎年この時期に開催されるのが社会人の日本一を決める全日本社会人選手権です。


各都道府県の予選を勝ち抜いた、実業団やクラブチームの実力者たちが、今年はここ熊本に集結しました。


0904zennihonshakaijin_02


会場となった熊本県民総合運動公園は、広大な敷地のなかに屋外テニスコート30面のほか、サッカー場、野球場、ソフトボール場、ラグビー場やら、陸上競技場から体育館、ドームまで、各種スポーツ施設が揃っています。


大会は土日の2日間に渡って実施され、総勢500を超えるペアが参加するビッグトーナメントです。

エントリー数
・一般男子 278ペア
・成年男子 119ペア
・一般女子  94ペア
・成年女子  18ペア


一般女子と成年女子の試合は、男子のメイン会場から少し離れたところに位置するパークドーム熊本で実施されました。

0904zennihonshakaijin_03



さすがは全国大会だけあって1回戦からハイレベルな試合が展開され、どの試合も見応えがあります。

この強豪ひしめくトーナメントを勝ち進むのは、たとえ有力ペアでも簡単ではありません。


0904zennihonshakaijin_05


大会2日目は、一般男子はベスト32、成年男子と一般女子はベスト16、成年女子はベスト8以上で争われます。

全日本社会人に出場するだけでもすごいことですが、2日目に勝ち残るペアはまた次元が違います。

日本代表メンバーであったり、高校や大学などでも全国トップレベルで活躍していた人であったりと、いずれも名前の通った有名選手や腕に覚えのある選手ばかりです。


0904zennihonshakaijin_04



今回は、男子と女子の会場がやや離れていたこともあり、男子の試合を中心に観戦しました。


全国の強豪選手たちがしのぎを削るなか、圧倒的な強さを見せたのがご存知NTT西日本です。

0904zennihonshakaijin_06


現在、日本リーグを7連覇中の最強実業団チームは、その強さをいかんなく発揮して今大会でも存在感が際立っていました。


0904zennihonshakaijin_07


圧巻だったのは、ベスト4を賭けた準々決勝。

ベスト8に4ペアが残り、すべてのコートが鮮やかなブルーのウェアで染まっていました。



0904zennihonshakaijin_08
船水・林ペア(広島/NTT西日本)


0904zennihonshakaijin_09
丸中・長江ペア(広島/NTT西日本)


0904zennihonshakaijin_10
水澤・村上ペア(広島/NTT西日本)


0904zennihonshakaijin_11
岩崎・原ペア(広島/NTT西日本)


ベスト4すべてをNTT西日本が独占か、という怒涛の勢いでした。


惜しくも独占はなりませんでしたが、そのNTTの牙城を崩したのもまた同じく広島のペアでした。

0904zennihonshakaijin_27
岡本・加藤ペア(広島/広島翔洋クラブ)


社会人デビュー1年目の岡本・加藤ペアは、広島翔洋高校を卒業後、それぞれ日体大と早稲田大でインカレでも活躍した実力ペアだそうです。

2回戦では第2シードの増田・九島ペア(和歌山/和歌山県庁・大阪/ミズノ)を倒して、一気に準決勝まで駆け上がりました。



0904zennihonshakaijin_12


ベスト4をすべて広島県勢が占めるなか、決勝戦はNTT西日本の丸中・長江ペアと水澤・村上ペアの同士討ちとなりました。



0904zennihonshakaijin_13


0904zennihonshakaijin_14


0904zennihonshakaijin_15


0904zennihonshakaijin_16


0904zennihonshakaijin_17


ダブルフォワードの試合は見ていて面白くないという意見も耳にしますが、そもそも相当な高い技術がなければダブルフォワードは成り立ちません。


NTT西日本の選手を見ていると、全員が前衛、後衛の隔てなくオールラウンドなプレーができて、状況に応じてポジションを変えていく様は、間違いなくソフトテニスの進化型といえます。


平行陣と雁行陣で目まぐるしく入れ替わる陣形。

カットサーブとオーバーハンドサーブの使い分け。

強打やドロップ、スライスなどを交えた多彩なショット。


シングルスも普及してきた近代ソフトテニスにおいて、こうしたトップ選手たちのプレーを見ていると、まだまだソフトテニスの奥は深いなぁと感じ入ります。



0904zennihonshakaijin_18


激戦の結果、丸中・長江ペアの初優勝。


全日本シングルスを3回、天皇杯を1回(*1)獲っているナショナルチームの長江光一選手ですが、意外にも全日本社会人での優勝はこれが初めてです。

(*1)ペアは水澤悠太選手/NTT西日本広島


やはりタイトルを獲るというのがいかに難しいことかわかります。

また、社会人2年目の丸中選手も、今大会での安定したプレーは群を抜いていた印象です。

これからますますの活躍が期待されます。



なんといっても一般の試合は見応えがあるものですが、個人的には自分と同じ世代にあたる成年の部は注目です。

往年の名選手たちが熟練の技で競い合う成年の部は、それこそ「いぶし銀」のプレー続出で見ていて思わず唸ってしまいます。

0904zennihonshakaijin_19


昨年優勝の吉川・足利ペアが今年も強敵を退けて決勝まで上がってきました。


対する花田・山田ペアですが、花田直弥選手は現在も日本リーグなどで一般選手に混ざって活躍されているうえ、2005年に全日本社会人一般の部でも優勝(*2)しています。

(*2)ペアは川村達郎選手/岡山市役所(現男子ナショナルチームコーチ)


0904zennihonshakaijin_20
花田・山田ペア(京都/京都市役所・徳島/大神子病院)


0904zennihonshakaijin_21
吉川・足利ペア(山口/宇部興産・岡山/クラレ岡山)


0904zennihonshakaijin_22


今年の成年トーナメントの頂点に立ったのは花田・山田ペア。



男子会場の試合が終了したあと急いでドームまで移動すると、途中からですが一般女子の決勝戦を見ることができました。

0904zennihonshakaijin_23



女子の試合も、トップ選手たちのプレーは間近で見ると迫力があって面白いです。

男子顔負けの打球音が、ドーム内にこだまします。


0904zennihonshakaijin_24
小谷・大槻ペア(福島/ダンロップ)


0904zennihonshakaijin_25
森田・神谷ペア(東京/ヨネックス)



0904zennihonshakaijin_26


日本代表メンバー同士の対決となった決勝では、ダンロップの小谷・大槻ペアが、ヨネックスの森田・神谷ペアを退け初優勝を果たしました。



学生ももちろんですが、大人になってもソフトテニスはやはり熱い。

テレビやマスコミにも取り上げられる機会の少ないアマチュアスポーツですが、こうした実業団選手などのハイレベルな試合を、ぜひ中高生たちにも見てもらいたいと思います。


長くソフトテニスをやっていると、上には上がいるということを嫌というほど思い知ります。

でも、だからこそ生涯を通じて長く続けるだけの魅力がある競技なんだと思います。

自分でやるのも面白ければ、上手い人の試合を見るのもまた面白い!

はやくも来年が楽しみです。



全日本社会人ソフトテニス選手権大会 試合結果
熊本県ソフトテニス連盟 > 大会結果 > 2017 第45回 全日本社会人ソフトテニス選手権大会
http://ksta.website/?p=6578


全日本社会人ソフトテニス選手権大会 注目動画
一般男子/決勝
丸中・長江ペア(NTT西日本) 対 水澤・村上ペア(NTT西日本)

「目標設定」は上達と結束への第一歩!

4660323a


皆さん こんにちは。トレーナーの橋本です。

夏の大会シーズンも終盤になりました。
そろそろ新チームが始動する頃でしょうか。
チームが目指すべき「目的」を達成するためには、具体的な「道しるべ」が必要です。
 
この時期にチームで明確にしておきたい「目標設定」についてお話します。

トレーニング
 
皆さんは「目標」と「目的」の違いをご存じでしょうか。

【目的】
〇〇大会出場、〇〇大会優勝

【目標】
・体力をつける
・ストローク力をつける
・からだを柔らかくしたい

「目標」とは、「目的」を達成するための様々な手段のことをいいます。
チームが目指すゴール「目的」を達成するために、具体的な「目標設定」をするのです。

ところで、上記の目標をみてみるとどうでしょう。内容が漠然としていますよね。
この目標をさらに細かくし、具体的にすると・・・

・体力をつける → 毎日30分ランニングする
・ストローク力をつける → 毎日腕立て伏せを10回する
・からだを柔らかくしたい → 毎日お風呂上りにストレッチをする

といった内容になります。

また、「目標」とは、達成するごとに内容が変わっていくものです。
いつまでも同じ取り組みばかりをしていては、上達しません。
ひとつの目標を達成したら、さらに上のものを目指して目標を変えていく必要があります
ただし、ゴールである「目的」は変えてはいけません。
ぶれない「目的」があるからこそ、
小さな「目標」を日々達成し、ゴールに近づくことができます

指導者、選手を含めたチーム全員が同じ「目的」に向かって取り組むことにより、つらいときや苦しいときもみんなで励ましあいながら乗り切れることでしょう。
 
みんなで取り組めば必ず目標達成できると信じて、新チームとしての良いスタートを切ってください!




※ウォーミングアップ、トレーニング方法についての質問、疑問などがございましたら、

までお寄せください!質問および回答を当メルマガにてご紹介させいただきます。
(全てのご質問にはご回答できない場合もございますので、ご了承ください)


スポーツインテリジェンスHP

http://www.sports-intelligence.jp/


からだサポート【S.I メルマガ】登録フォーム

https://plus.combz.jp/connectFromMail/regist/cpfw9543

4660323a

スポーツインテリジェンスのトレーナー記事が誰よりも早く読める! 
メールマガジン「部活運営のヒント」(無料)の購読登録はこちら
   

【週刊NEWS】「きなこ」と「たえこ」/2017年9月3日(日)号

170828172
<Photo: YONEX HPより>

ソフオン読者のみなさん、こんばんは。
ソフオン編集部 Hoshoです。

今月は引越しなどがあり忙しくなりそうですが、
暇を見つけてテニスをしていきたいなと思います(^^

 「きなこ」と「たえこ」
- 中学ソフトテニス関連WEBログ(2017/8/29更新)
http://komon.sblo.jp/article/180823300.html
どんぐり北広島の監督、選手から教わったことについて書かれています。
【編集部 Hosho】

 【動画】珍しいタイプ?ムン・デヨン選手のカットサーブ
- Youtube(動画)(2017/8/29更新)
https://www.youtube.com/watch?v=ur0Ekvz36jU
2017年の韓国代表を決める大会でダブルス優勝した、ムン・デヨンのカットサーブ。同国でも珍しいタイプで、特にステップしながら体重移動する動きに注目です☆(本文より)
【編集部 Hosho】

 後衛のポジションは、どこがいい?
- ソフトテニス上達まとめ(2017/9/3更新)
http://masa-ao.com/wsoft/rear-guard-position
後衛のポジションについて書かれています
【編集部 Hosho】

 第6回 西田豊明コラム〜バックスイングについて
- NAGASE KENKO HP(2017/8/26更新)
http://kenkonews.sblo.jp/article/180852462.html
フォアハンドにおけるバックスイングについて書かれています。
【編集部 Hosho】

 サイバーナチュラルブラストが人気〜コリアカップ
- YONEX HP(2017/8/28更新)
http://www.yonex.co.jp/soft_tennis/news/2017/08/1708281700.html
新製品のサイバーナチュラルブラストに興味を持つ選手が多く、張り替えを希望する選手もいました。(本文より)
【編集部 Hosho】

【NTT堀より】上達する練習とは 〜最終章〜

みなさんこんにちは。NTT西日本の堀です。

これまで上達するために必要だと思っていることを熟々と書きましたが、上達する練習の最終章は「根性について」触れておきたいと思います。
おいおい、今どき根性かよ・・・という言葉が聞こえてきそうですが(汗)

私は当然、『根性論』はいけないと思いますが、上達するためには『根性』は必要不可欠だと思います。
ナショナルチームの中でも息が長く活躍する選手というのは「根性」があります。
しかしながら、今頃の生徒さんや選手に「根性だ」というと死語、笑われてしまうかも知れませんね。

まず皆さんは根性というと何を想像されるでしょうか?
「気持ち」「気合い」「情熱」「血のにじむ努力」・・・
どちらかというと、心が熱く燃えたぎる!ようなイメージだと思います。

一昔前、スポ根マンガ・スポ根ドラマの隆盛で、根性というのが血と汗と涙がセットとなり、弱い者がとてつもない猛練習・特訓で体をいじめ抜き、鍛えあげ、強い者をやっとの思いで倒す!というのが『根性』という言葉のイメージになったと推測します。
ドラマやマンガが日本中で流行し浸透していったのでしょう。
(※あくまでも私見です。)

ですが根性というのは本来、根気よく続ける力。もっと言えば“自分自身を見つめ、分析し、根気よく続ける力”
どちらかと言えばクールな心であろうと思います。
淡々と、黙々とクールに・・・これが根性の本質なのでしょうが、そんな主人公ではドラマもマンガもつまらないですもんね・・・

『根性』
一見古くさい言葉ですが、根性論とともに根性まで無くしてしまってはいけないと思うのは私だけでしょうか?

自分自身を見つめ、分析し、根気よく続ける力“根性”というのは、自発的・自主性の中から生まれてくるものと思っています。
厳しい指導者、厳しい練習で根性は培われるのではなく、人が見ていないとき、気付かぬ所でいかに根気よく続けるか、影の努力を出来るか否かが根性に繋がり、一流と二流の境目であるように思います。

ナショナルチーム男子の現監督で全日本選手権9回制覇の大偉業を持つ中堀成生監督とは現役時代も何年かご一緒しましたが、影の努力を人に見せない人でした。
雨で全体練習が無くなったとき、忘れ物をしてコートに寄った際、管理人さんに「お疲れ様でした。お先で〜す」と上がろうとすると、管理人さんに呼び止められ、「堀くん、中堀さんはこんな時でも走ってるよ。若い選手も見習いなさい」とズバっと指摘されたことがあります。雨で練習がない日もコートのそばに広島城があるのですが、そのお堀周りをずっと走っていたそうです。
管理人さんに「いつもですか?」と聞くと「しょっちゅうよ。そんなんじゃ若い選手はいつまでも越えられないよ」と言われ、中堀さんの根性の源を感じました。
そんな中堀さんの選手時代の最大の強みは競ったゲームでのしぶとさ
どんな劣勢でも逃げないプレー、ファイナルの苦しい場面で打ち切る姿は多くのファンを魅了しました。

そんな、影の努力・根気よく続ける力を、中堀さん引退後も今のNTTでは何人か持ち合わせているようです。○○選手は残って練習してたよとか、トレーニングしてたよというのを人伝に聞くと感心しますし、根性が育まれているなと大変嬉しい気持ちになります。
そんな選手は大事な場面で逃げないですし、言い訳もしません。

かく言う私自身は二流であったわけですが、選手時代の後悔を今の選手にはしてほしくない、根性”を育てる、気付かせる指導者でありたいと思っています。

今一度、忘れ去られそうな『根性』について考えてみるのも大切です。

基礎的な練習や、実戦的な練習も「JASP(ジャスプ:ジュニアアスリートサポートプログラム)」で数多くご紹介しています。登録は無料!ぜひご覧下さい!!

JASPに登録しよう!

58a6aa64-s








[ソフトテニス・オンライン]
ソフトテニス・オンライン

Twitterで更新情報を発信しています
ソフトテニス部でよくあることをつぶやきます。@いただいた投稿のうち優秀作品はbotに追加します。 By ソフトテニスのポータルサイト【ソフトテニス・オンライン】http://t.co/8y6bhL2EPB
ぉまみのブログ「ソフトテニス☆サプリメンツ」はこちら

最新記事
PageView

    記事検索
    月別アーカイブ