#当たり前の積み重ね

58a6aa64-s


部活運営のヒント 読者のみなさま


こんにちは、清明学園中学の高橋です。

 


 当たり前のことを当たり前にする素晴らしさ
 
  先日、あるテレビ番組のディレクターの方から連絡がありました。
  「 清明学園ソフトテニス部 」を取材させてほしいと、、、、。
  いろいろな部活動を紹介する3分ほどのコーナーです。
  過去の取材実績部活動のチームをきいて驚きました。他種目の名門チームばかりでそこに入れてもらったことが光栄でした。
  
  これから会議にかけるとのことで、電話取材があったのですが、私の過去の雑誌の記事やネットで検索したときにいろいろな取り組みをされているとリサーチされての取材でした。

 しかし、ほとんど現在行なっていないものばかりでした。
私自身、どのようにチームづくりをしてよいかわからず、他種目でも他チームが行っている良いと思ったものはすべて取り入れてきました。しかし、現在は、行なっていません。
 電話取材を受けながら、「 特別なことはしていないし、これでは会議にかえてもらってもテレビに出るような興味引くようなこともないし、ダメであろうな・・」と感じてしまいました。
 
 結果はまだわかりませんが・・・・。
 
  電話取材を終えて、今のチームは・・・・と考えさせられました。
   一つの言葉が浮かびました。
  
  【 凡事徹底 】
   当たり前のことを当たり前に行う。
   今朝もミーティングで伝えたことは、
     心を込めて挨拶をする
     なぜ挨拶が必要なのか
     どのように挨拶をするのか
    挨拶を交わせばどのように変わるのか
    過去の先輩の挨拶エピソードなどなど

 こうして自分ができることを日々コツコツと積み重ねることの繰り返しで技術も心も磨かれていくのだろうなと感じさせられました。



【編集部より】 
※このたびは編集部の都合により配信が遅れたことをお詫び申し上げます※
高橋先生へのお手紙、ご質問、レター等をお待ちしております!
ニックネーム・所属(学校名)・質問・レター内容を添えて、
sofuonhenshubu@gmail.com 
までお寄せください!
(「ご質問」の場合、・ニックネームおよび先生からの回答はメルマガ上で紹介させていただく場合もございます。学校名など、個人が特定される情報は掲載いたしませんのでご安心ください。)
 
●参考情報:

清明学園・高橋先生に関する記事:

 ●ソフオン編集長が高橋茂先生の指導方法の根幹に迫るインタビュー

[ 高橋 茂 監督 プロフィール ] 
 清明学園中学校 ソフトテニス部顧問 
 全日本アンダー17男子コーチ 

[ 清明学園中学 近年の戦績 ]
 (平成26年度) 全国中学校大会 男子個人戦優勝、男子団体戦出場 
 関東中学校大会 男子個人戦優勝・ベスト16、男子団体戦優勝 
 第2回国際ジュニア大会 男子シングルス優勝 
 過去5年間では全国出場3回、都道府県対抗10年連続出場、東京都大会・個人の優勝は10回以上 
 
 
高橋先生の指導に対する考え方がいち早く読める! 
メールマガジン「部活運営のヒント」(無料)の購読登録はこちら
 





#【NTT船水より】五感を研ぎ澄まそう!



NTT西日本ソフトテニス部の船水雄太です!

今回は私が集中するために実践していることを紹介したいと思います。

皆さん人間には五感があることは知っていますよね?
(聴覚・視覚・味覚・触覚・嗅覚)
我々人間はこの感覚を常に感じながら生きています。

私は、この五感に様々な刺激を与えることによって集中したり、リラックスしたりの切り替えをしています。
それぞれの感覚器官において私が、実践していることを紹介していきたいと思います。

聴覚で実践していることですが、これは皆さんもよくしている音楽を聴いて集中力を高めていく方法です。
私の場合で言いますと、3パターンに分かれていて、リラックスしたい時は、綺麗な音色の音楽を聴きます。
試合の前日や、モチベーション上げたいときは、とにかく熱い音楽を聴いて高めています。(長渕剛など)
大会の日は、アップテンポの音楽を聴く人も多いかと思いますが、私はそれだとボルテージが上がりすぎて繊細さを失うため、逆にゆっくりした曲調の音楽を聴きます。

視覚で実践していることは、ビジョントレーニングをして集中力を高めています。
目と脳は密接につながり合っているので、緊張していると目の周りの筋肉が固まったり、焦点が定まらずキョロキョロして落ち着かなくなったりします。
なので集中したいときは、目を見えるか見てないかのギリギリ範囲で上下・左右・斜めと動かして目をストレッチしたり、逆に一点を20秒ほど凝視してから普通にみる事で緩めたりしています。
試合で緊張したり、雑念が入っているときはチェンジサイドの時に、ビジョントレーニングをして視覚に刺激を入れて、次やるべきことにだけ集中するようにしています。

味覚で実践していることは、試合に入る前私は、酸っぱいアメを食べます。逆に試合が終わり1回リラックスしたいとは、甘いもの、チョコレートを食べます。
これらの行為には科学的根拠があるのかはわかりませんが、味覚に特定の刺激を与えることによって、これらの味を感じたら、集中(闘うのだ!)・リラックスするんだ!という体のスイッチとして私は味覚を利用しています。

触覚で実践していることは、低周波の電気を体にあてることに体をリラックスさせることです。微弱な電流を体に流すことによって筋肉を緩めたり、脳からの電気信号を伝わりやすくしたりします。
低周波治療器の値段は高価なので、整骨院などで低周波をあててもらえば安価に済むのでお勧めです。

嗅覚で実施していることは、自分の中で集中できる香り、リラックスできる香りを決め、タオルにそれらの香りをつけます。試合には集中できる香りのタオルを持っていき、試合が終わりクールダウンの時は、リラックスできる香りのついたタオルを持ち、それぞれの香りを嗅ぐことによって集中・リラックスのスイッチを切り替えるようにしています。

音楽を聴いて聴覚だけに刺激を入れるのではなく、五感をフルに活用できるともっと質の高い集中ができると思いますので、ぜひ参考にしてみてください!!

“五感を研ぎ澄まそう”
皆さん!私を含め、これからも意識を高く持ち、一緒に頑張っていきましょう!!!!

 http://jasp.jp/JASPは登録無料!さぁみなさんも登録しよう!!

陣形の変化に対応する力

58a6aa64-s

部活運営のヒント 読者のみなさま


こんにちは、清明学園中学の高橋です。




「 勝てるオールラウンダー育成 」
 原稿おそくなりました。全日本合宿から体育祭準備と疲弊しきっていました。
体調が戻らず、全く動けませんでした。毎年、この時期は全国大会が終わり疲れがたまった状態で新学期の準備、全日本合宿となるので花粉症も重なり・・・散々でした。
遅くなり申し訳ありません。

 女子の勝てるオールラウンダーの育成
 前回に続きます。私なりの意見は前回、書かせてもらいましたが今回は、東北高校に遠征にいきましたので、そこである東北高校女子選手と中津川先生にこのテーマで話を伺いました。

 まず女子選手に、このなかで一番オールラウンド選手を教えて下さいと聞いたら、1名の選手がきてくれました。

 その選手は、オールランドのプレーをどのように伸ばしてきたのかを質問をしたら、前衛・後衛関係なくすべての練習を全員で取り組んできたそうです。そのことによって、苦手なプレーなく、現在、ネットプレーを対応できると話をしてくれました。

 また、中津川先生に尋ねると、試合直前の時期になると前衛・後衛と分業したほうがよいかもしれないが、可能なかぎり全員で同じネットまえストローク練習と取り組ませることと教えてもらいました。
 同じくベースライン平行陣で、どのような戦術・取り組みをされていますかと尋ねました。すると、選手によって戦い方は変わってくるので単純には答えられませんと・・・。
女子では、ひたすら二人でつなぐテニスでも団体で全国上位に進出する学校ではいますよとおっしゃっていました。
 男子では、攻めるダブル後衛でなければ、上位では戦えないと思っていますが、とても深いなと勉強になりました。

 ジュニアの世界でもこれからますますオールラウンドの力が要求されてくると思います。様々な陣形の変化に対応できるためにもすべてのプレーができることが必要になってくると感じました。

 このような形で参考になっているかはわかりませんが、ご質問ありがとうございました。


PS 
 全国大会まえに東京選抜選手と【 チアダン 】を鑑賞しにいきました。
みんな、モチベーションがあがりました。
 チアダンは、部活動でいつも真剣に向き合っている指導者の方々こそ、観て頂きたい映画でした。
 顧問の先生が、生徒とうまくいかずに落ち込み、自宅に戻って家族に励まされてあるコトバには、『 本当にその通り!! 』と号泣しました。とてもエネルギーがもらえます。
ぜひ、指導者の方々もご覧ください。
東京選抜の男子は、チアダンの円陣を真似したら全国3位まで登り詰めることができました。
6023918141629



【編集部より】 
※このたびは編集部の都合により配信が遅れたことをお詫び申し上げます※
高橋先生へのお手紙、ご質問、レター等をお待ちしております!
ニックネーム・所属(学校名)・質問・レター内容を添えて、
sofuonhenshubu@gmail.com 
までお寄せください!
(「ご質問」の場合、・ニックネームおよび先生からの回答はメルマガ上で紹介させていただく場合もございます。学校名など、個人が特定される情報は掲載いたしませんのでご安心ください。)
 
●参考情報:

清明学園・高橋先生に関する記事:

 ●ソフオン編集長が高橋茂先生の指導方法の根幹に迫るインタビュー

[ 高橋 茂 監督 プロフィール ] 
 清明学園中学校 ソフトテニス部顧問 
 全日本アンダー17男子コーチ 

[ 清明学園中学 近年の戦績 ]
 (平成26年度) 全国中学校大会 男子個人戦優勝、男子団体戦出場 
 関東中学校大会 男子個人戦優勝・ベスト16、男子団体戦優勝 
 第2回国際ジュニア大会 男子シングルス優勝 
 過去5年間では全国出場3回、都道府県対抗10年連続出場、東京都大会・個人の優勝は10回以上 
 
 
高橋先生の指導に対する考え方がいち早く読める! 
メールマガジン「部活運営のヒント」(無料)の購読登録はこちら
 




【週刊NEWS】オールラウンドへ/2017年5月13日(土)号

Still0512_00004
<Photo: 中学ソフトテニス関連WEBログより>

ソフオン読者のみなさん、こんばんは。
ソフオン編集部 Hoshoです。

明日は昔よく組んでた後輩と久しぶりに組んでの試合なので、
とても楽しみです(^^

 ダブル後衛からオールラウンドへ
- 中学ソフトテニス関連WEBログ(2017/5/12更新)
http://komon.sblo.jp/article/179720605.html
どんぐり北広島の中本監督と対談した方のブログです。
【編集部 Hosho】

 明大ペアが初優勝!関東学生選手権
- 明大スポーツWEB(2017/5/11更新)
http://www.meispo.net/news.php?news_id=10601
2日間にわたって行われた関東学生選手権で、女子ダブルスで望月友美佳(営4=加藤学園)・小谷真由(営3=米子松蔭)ペアが悲願の初優勝を果たした。(本文より)

 新デザイン「NEXIGA 90シリーズ」
- YONEX HP(2017/5/12更新)
http://www.yonex.co.jp/soft_tennis/news/2017/05/170512172.html
上級者向けラケット「NEXIGA 90G、90S、90V」の新デザイン、ジャパンレッドが2017年6月下旬より発売されます。

 【写真】韓国東亜日報大会
- Watakyu Seimoa Soft Tennis Team(ブログ)(2017/5/13更新)
http://ameblo.jp/kiyouken/entry-12274112673.html
大会の内容と写真が掲載されています。
【編集部 Hosho】

 全日本大学王座決定戦へ!
- 福山平成大学 HP(2017/5/11更新)
http://www.heisei-u.ac.jp/faculty_info/2017/0511_114550.html
大会の写真が掲載されています。
【編集部 Hosho】

社会人の熱い団体戦!東京都クラブ対抗戦が開幕!

こんにちは。
ソフオンブロガーの荒川です。

ちょっとタイミングを逃しましたが、ゴールデンウィークといえば、ソフトテニス。

全国のソフトテニスプレイヤーたちは、練習や試合で多忙な日々をお過ごしのことと思います。

0511tokyo-clubleague_01_og


今年の連休は、はじめて東京都のクラブ戦を見にいきました。

社会人のクラブチームでプレーしている人にとって、各都道府県連盟のクラブ戦といえば、まさにクラブの威信をかけた「負けられない戦い」です。

ここを目標に日々の練習を頑張っている社会人プレイヤーも少なくないはずです。

0511tokyo-clubleague_02



ちなみに私は生まれも育ちも東京都。

中学、高校、大学と、東京の学校でソフトテニスを続けていましたが、卒業後は埼玉県の社会人クラブに所属していたこともあり、東京のクラブチーム事情にはやや疎い面があります。


年1回の埼玉県クラブリーグとは違い、東京都のクラブ対抗戦は春と秋の年2回開催されます。

また、同じクラブからAチーム、Bチームなど複数チームでエントリーできるのも特徴です。

多くの社会人クラブチームにとって、5ペア、つまり選手を10人揃えるだけでもなかなか大変なところを、部員が30人以上(しかも男女別で!)もいるクラブが珍しくないのには驚きですし、羨ましくもあります。

ちなみに、普段あまり試合には出ないという人でも、クラブ戦になると駆り出されるという話はよく耳にします(ソフトテニスあるある)。


なんにせよ、これだけ多くの社会人プレイヤーがいるということは、ソフトテニスファンにとっては嬉しい限りです。

0511tokyo-clubleague_03


ちなみに余談ですが、我が所沢テニスクラブは現在、埼玉県クラブリーグの4部に所属しています。

10月のクラブリーグでは団体メンバー入りして3部昇格に貢献するというのが、私の今年の大きな目標の一つです。

過去記事:平成28年度 埼玉県クラブリーグ



東京都のクラブ戦は現在、男子は1部〜12部、女子は1部〜9部まであります。

各リーグ8チーム(*)で争われ、上位2チームが昇格、下位2チームが降格となります。
(*新参入チームが含まれる最下部リーグを除く)


参加チームが多いため、各リーグごとに日程や会場が分かれており、春季は5月のゴールデンウィークを皮切りに7月初旬まで都内各地で熱戦が繰り広げられます。


私が見に行った男子1部リーグは、有明テニスの森で5月4日に開催されました。

0511tokyo-clubleague_04


さすが強豪クラブがひしめく東京都の1部リーグです。

出場している選手のレベルも高く、どの試合も見応えがありました。

0511tokyo-clubleague_05


0511tokyo-clubleague_06


テニスは個人競技に見られがちですが、ソフトテニスはダブルスを基本としていますし、ことにチームを背負って戦う団体戦ともなれば、選手と応援までもが一体になって盛り上がります。

硬式テニスとはまた一味違う熱いチーム応援なども、独特の雰囲気があって楽しいものです。

自分が試合していなくても、応援の掛け声を聞くだけでテンションが上がります。

0511tokyo-clubleague_08


0511tokyo-clubleague_07


0511tokyo-clubleague_09


いやー、やっぱり団体戦はソフトテニスの醍醐味です。

熱いッス!


東京都春季クラブソフトテニス対抗戦 試合結果


かつての私自身がそうですが、社会人になると仕事や家庭の都合で、残念ながら大好きなソフトテニスから遠ざかってしまう人もたくさんいます。

でも、大人になっても、こうやってソフトテニスに熱中できる機会は探せばあるものです。


私も団体メンバー入りを目指して、練習ガンバります!




sofumeshi_softon

[ソフトテニス・オンライン]
ソフトテニス・オンライン

Twitterで更新情報を発信しています
ソフトテニス部でよくあることをつぶやきます。@いただいた投稿のうち優秀作品はbotに追加します。 By ソフトテニスのポータルサイト【ソフトテニス・オンライン】http://t.co/8y6bhL2EPB
ぉまみのブログ「ソフトテニス☆サプリメンツ」はこちら

最新記事
PageView

    記事検索
    月別アーカイブ