草加市オープンソフトテニス大会に参加しました!

170827souka-open_01og


こんにちは。
ソフオンブロガーの荒川です。

8月も終わりに差し掛かり、早いものでもうすぐ秋の大会シーズンに突入します。


夏のあいだは、インターハイやインカレなどをはじめとして各カテゴリーの日本一を決める熱い大会が目白押しでした。

そして秋は秋で、学生にとっては新人戦の季節だったり、社会人でも秋季大会やクラブ戦など新チームが始動する時期だったりして、また面白いものです。

私自身も9月、10月のカレンダーを見ると、ほぼ毎週末に試合の予定が入っています。


「ツアーかよっ!」

と心のツッコミを入れつつ、この歳になって今さらながらソフトテニス漬けの生活になりつつあることに幸せを感じます。


そんなわけで8月最後の週末は、今期からペアを組ませていただいている草加若葉会の前川さんにお誘いいただき、草加市オープンソフトテニス大会に参加させていただきました。


170827souka-open_02



この大会は、埼玉県草加市とその周辺の市の選手を対象にしているいわゆるローカル大会です。


会場のそうか公園テニスコートには綺麗なオムニコートが10面あり、そのうちの5面を使用して大会が実施されました。


170827souka-open_03


170827souka-open_04


170827souka-open_05



今回、男子の部は、シニア、成年のエントリー数が規定に満たず、一般の部に組み込まれる形で開催されました。

こうした場合、エントリー時点で「一般の部と一緒になりますが、それでも出ますか?」という連絡があります。

もちろん出場を辞退することも可能です。


しかし翌週には熊本で開催される全日本社会人選手権も控えていることから、せっかくなら調整もかねて一般の若手選手を相手に腕試ししたいという考えもあり、エントリーさせていただきました。


過去記事:いざ!全シャカへ!



170827souka-open_06



男子の部に関してはエントリー数も少なく、実質的に草加市内の主要クラブである草加若葉会と、草加松原クラブの対抗戦ともいえる様相でした。


予選リーグは2つのブロックに分かれ、5ペアによる総当たりリーグ戦です。

勝ち負けを問わず最低でも4試合はできますので、とにもかくにも大会経験を積んで試合慣れしたい私にはもってこいです。


170827souka-open_07


朝から曇りがちだった天気も、試合が進むにつれて快晴になりました。



結果は予選リーグ2勝2敗で、残念ながらリーグ抜けならずでした。

やはり一般の壁は厚いです。


170827souka-open_08


聞くところによれば、決勝に進出した両ペアの選手は、高校時代から県でも上位に進出していた有力選手だそうです。

どうりで上手いわけです。


平成29年度 草加市オープンソフトテニス大会 試合結果



170827souka-open_09



残念ながら今回は入賞ならず。


「まだまだ若いもんには負けんよ。フッ」

と、涼しい顔で勢いのある若手を退けるような強いおじさんになってみたいものです。


理想と現実の乖離を受け入れつつ、もっと練習せねばと上達意欲がかき立てられます。

次回こそは・・・。


草加市のみなさん、お世話になりました!

またよろしくお願いいたします。



sofumeshi_softon


暑い夏こそ「食事」が大切!

4660323a


皆さん こんにちは。トレーナーの橋本です。

夏の大会シーズンもいよいよ終盤になってきましたね。
今年も各地方で気温は高く、暑い夏になっています。

コート風景
 
暑い環境でベストパフォーマンスを維持するために重要なのは「食事」です。
今回は「夏場の食事のポイント」についてご紹介します。

 
夏場において、大会期間中複数試合行うと、普段よりも体力の消耗が大きくみられます。
暑くてなかなか食事を摂る気になれない…という選手もいるかもしれませんが、試合で消費した分のエネルギーをしっかり摂取していないと試合中スタミナ切れを起こし、本来の力で戦うことはできません

<ポイント 1.>
エネルギー源である「糖質」をしっかり摂取する(夏バテ防止)
◎おにぎり → 一口サイズで複数個用意する
◎冷たい麺類 → 冷やしうどんや冷やし中華など

身体のエネルギー源とは「糖質」のことです。
試合会場でお弁当を注文されている学校もありますが、夏場は一回で全部食べられず残してしまい、暑い場所においていて早く傷んでしまう…といったことも考えられます。
試合期間中はおにぎりを一口サイズで複数個用意しましょう。一口サイズは食べやすく、少しの量なので、思いのほかたくさん摂取することができます。ただし、それだけではエネルギー摂取量が少ないので、冷やしうどんや冷やし中華などの麺類を同時に摂ることをおすすめします。冷たい麺類は暑い環境でも食べやすく、冷やし中華などは卵や野菜なども同時に摂取できるので特にいいですね。

<ポイント 2.>
疲労回復効果のある食事
◎野菜や果物 → 食べやすい大きさに切り、漬物や塩漬けなどで食べやすくする

疲労回復に良い食べ物の代表は、ビタミンCが多く含まれる野菜や果物です。
なすやきゅうりの漬物や、トマトに塩をまぶしたものなどは、量もしっかり食べられて、なおかつ食べやすいです。(塩分は熱中症や痙攣予防にも効果的です)
また、レモンのはちみつ漬けなどの柑橘類にも多くのビタミンCが含まれており、バナナにはカリウムが含まれており、痙攣予防に効果的であり、食べやすく腹持ちも良いです。


今回ご紹介をした食事内容は、主に試合中の昼食や捕食に摂っていただきたい食事内容です。
 
夏場で特に怖いのは熱中症。
熱中症の原因は暑さだけでなく、疲労や食欲不振からも発症します。
 
試合期間中に、「暑くてご飯が食べられない…」といった状態にならないよう、普段からしっかりご飯を食べる習慣をつけて、身体の中から強い選手を目指しましょう!




※ウォーミングアップ、トレーニング方法についての質問、疑問などがございましたら、

までお寄せください!質問および回答を当メルマガにてご紹介させいただきます。
(全てのご質問にはご回答できない場合もございますので、ご了承ください)


スポーツインテリジェンスHP

http://www.sports-intelligence.jp/


からだサポート【S.I メルマガ】登録フォーム

https://plus.combz.jp/connectFromMail/regist/cpfw9543

4660323a

スポーツインテリジェンスのトレーナー記事が誰よりも早く読める! 
メールマガジン「部活運営のヒント」(無料)の購読登録はこちら
   

【週刊NEWS】ボレーのふところを広くする/2017年8月27日(日)号

DSC_3251-1-1280x720
<Photo: まさとぶろぐ@カンボジアより>

ソフオン読者のみなさん、こんばんは。
ソフオン編集部 Hoshoです。

昨日は久しぶりにテニスができて楽しかったです(^^
体が鈍ってたのか、筋肉痛になりましたが。。

 ボレーのふところを広くする練習法
- 前衛ドットコム(2017/8/20更新)
http://softtennis-zenei.com/technique/volley-15/
ボレーの練習法について書かれています。
【編集部 Hosho】

 【動画】コリアカップまとめ
- まさとぶろぐ@カンボジア(2017/8/27更新)
https://ogiwaramasato.net
大会の結果や、動画、写真が掲載されています
【編集部 Hosho】

 【写真】コリアカップダブルス
- Watakyu Seimoa Soft Tennis Team(ブログ)(2017/8/19更新)
https://ameblo.jp/kiyouken/entry-12304722430.html
大会の写真が掲載されています。
【編集部 Hosho】

 【動画】篠原選手のサービス
- Youtube(動画)(2017/8/26更新)
https://www.youtube.com/watch?v=pWB2SVW_UP0
サーブの動画をスローモーションで公開されています。
【編集部 Hosho】

大学生たちの熱い夏、マツカレ

0825matsukare_2017_01og

こんにちは。
ソフオンブロガーの荒川です。


大学生の日本一を決める大会といえば、おなじみのインカレがあります。

しかし、同好会出身の私としては、大学生たちの熱い夏といえば、やはりなんといっても白子のマツカレです。


去年、10数年ぶりにソフトテニスを再開するにあたり、覗きに行ったあのマツカレから早一年。

今年はせっかくならと、仕事を調整して団体戦と個人戦の両方見に来ちゃいました。


過去記事:青春の舞台 "マツカレ"



0825matsukare_2017_02



それこそ学生時代の自分であれば真っ先に顔を通していたであろう、チーバくんとげんき君の記念撮影パネルには目もくれず、学生たちの熱戦を見ていると自分たちが学生だった当時のマツカレの試合が自然と目に浮かびます。


0825matsukare_2017_03


0825matsukare_2017_04


0825matsukare_2017_05



体育会(学連)の人からすれば、所詮サークルなんてと、チャラチャラしたイメージがあったり遊びのように見えるかもしれません。

それでも、上手い下手とは関係なしに、ただソフトテニスが好きな人同士が集まってソフトテニスを続けていける環境がある。

そういった意味では、同好会というのは貴重な場だと私は考えます。


今はテニスが大好きで毎日部活動に明け暮れる中高生のなかにも、「大学でやるほど自分は上手くないし・・・」と大学までソフトテニスを続けることを躊躇してしまう人も少なくないと思います。

そういった人には同好会、サークルという選択肢もあることをぜひ知ってもらいたいです。


硬式テニスサークルの華やかなイメージに比べると、ソフトテニスサークルというのは世間的には地味に見られがちですが、そんなことはどうでもよいことです。

体育会にせよサークルにせよ、大学でも大好きなソフトテニスを続けることで、一生の趣味や仲間を得ることができます。


過去記事:学同連でつながった仲間たち




マツカレは、団体戦2日間(予選リーグ・決勝トーナメント)、個人戦の計3日間に渡って開催されます。

全国から総勢1,500人に及ぶ大学生たちが参加するビッグトーナメントです。




注目の男子団体戦で決勝へコマを進めたのは、昨年優勝の第1シード日大文理Aチームを2回戦で破り、さらに準決勝でもリベンジに燃える日大文理Bチームを退けた早大ヤングAチーム。

対するは、第2シードから順当に勝ち上がったせせらぎAチームです。

0825matsukare_2017_06


0825matsukare_2017_07


0825matsukare_2017_08



3番勝負の接戦を制して今年の同好会日本一に輝いたのは、せせらぎAチームでした。

0825matsukare_2017_09


0825matsukare_2017_10


0825matsukare_2017_11


女子団体戦は2013年まで日大文理が9連覇と長らく無敵を誇っていましたが、ここ数年は混戦模様のようです。

今年の決勝では、立教Aチームが桜倶楽部を破り頂点へ。

0825matsukare_2017_12


0825matsukare_2017_13


ここ最近はさまざまなカテゴリーの試合を見ていますが、いろいろな人の想いが詰まった団体戦は見ているだけでぐっときます。



余談ですが、大学のサークルともなるとそれぞれ所属する同好会連盟の試合や理事会などを通じて、サークルの枠を超えて他大学とも交流があったりします。


私にとって白子の夜といえば、ここぞとばかりに各大学の宿をはしごしては飲み散らかしたり、若気の至りでハチャメチャなこともいろいろありましたが、今ではどれも良い思い出です。

団体戦後の派手な祝杯で酔い潰れ、翌朝の個人戦で有力ペアがトーナメント序盤で姿を消すなんてエピソードも、ちょっとした同好会あるあるです。




大会最終日の個人戦。

女子のエントリー数は約200ペア。

男子でいえば500を超えるペアが参加するトーナメントなので、優勝するまでにはこの炎天下で9試合を勝ち抜かなければなりません。

エントリー数が多いため、試合進行は周辺各会場に分散しており、各ブロックを勝ち上がったベスト8からセンターコートで試合ができるというのがお決まりです。


0825matsukare_2017_14


私もマツカレのセンターコートで大歓声を浴びながら試合をするのが夢でしたが、残念ながら力及ばずそれは叶いませんでした。



ちなみに、全国でも屈指のテニスの町として有名な、ここ千葉県白子町にはテニスコート数がなんと約340面あるそうです(*)。
(*白子町観光協会公表)

今年もセンターコート進出をかけて各ブロックで熱い戦いが繰り広げられました。

0825matsukare_2017_15


0825matsukare_2017_16


0825matsukare_2017_17



トーナメントの激戦を勝ち抜いてきた選手たちは、どのペアも実力者揃いです。

そのなかで優勝の栄冠を手にすることができるのはたったの1ペア。


0825matsukare_2017_18


0825matsukare_2017_19


0825matsukare_2017_20



大学生たちの夏は、今年も熱かったです。



0825matsukare_2017_21
男子個人戦/優勝
岸本・皆呂ペア(早大ヤング)


0825matsukare_2017_22
女子個人戦/優勝
樽見・浪花ペア(東洋ハイネス)



全日本学生オープンソフトテニス大会 試合結果 試合結果


全日本学生オープンソフトテニス選手権大会 注目動画
男子個人戦/決勝
岸本・皆呂ペア(早大ヤング) 対 川村・柴ペア(日大文理)


SOFT TENNIS Navi
https://www.youtube.com/c/SOFTTENNISNavi



最後になりますが、会場で大会役員の方と少しだけお話させていただく機会がありました。

もう何十年も大会をサポートされ続けてらっしゃる役員の方々が、もう20年も昔になる私の頃の選手や理事をよくご存知でいらっしゃって、驚きとともに大変嬉しく感じました。

連盟理事の学生も含め、たくさんの方々の熱意と貢献があって、こうした大きな大会が毎年滞りなく運営されています。


この先何十年もこのマツカレが続き、そして一段と盛り上がっていくよう、OBの一人として微力ながら応援したいと思います。

ありがとうございました!



sofmeshi_eyecatch_st-on

【学生オープン】 女子個人戦は”樽見・浪花(東洋ハイネス)”がV!

こんにちは!ソフオン編集部です!

08.22−08.24
全日本学生オープン
IN 千葉県白子町
が行われました!


女子個人戦は樽見・浪花(東洋ハイネス)が初優勝!日本一に輝きました!!!

IMG_2017_08_24_5282


優勝:樽見・浪花(東洋ハイネス
IMG_2017_08_24_5298

IMG_2017_08_24_5190
IMG_2017_08_24_5186


準優勝:大澤・三浦(日本大学)
IMG_2017_08_24_5289

IMG_2017_08_24_5113
IMG_2017_08_24_5117


第三位:鍋倉・中瀬(桜倶楽部)
IMG_2017_08_24_5224

IMG_2017_08_23_3740
IMG_2017_08_23_3742


第三位:堀越・二梃木(桜倶楽部)

IMG_2017_08_24_5231

IMG_2017_08_24_5005
IMG_2017_08_24_4995



以上、『学生オープン』女子個人戦Photoでした☆

男子個人戦Photoはコチラ↓
http://st-on.blog.jp/archives/52262644.html










[ソフトテニス・オンライン]
ソフトテニス・オンライン

Twitterで更新情報を発信しています
ソフトテニス部でよくあることをつぶやきます。@いただいた投稿のうち優秀作品はbotに追加します。 By ソフトテニスのポータルサイト【ソフトテニス・オンライン】http://t.co/8y6bhL2EPB
ぉまみのブログ「ソフトテニス☆サプリメンツ」はこちら

最新記事
PageView

    記事検索
    月別アーカイブ