【関東学生ソフトテニス選手権】IN 千葉県白子町

こんにちは!ソフトテニス・オンラインのHaNaです!

先日…
関東学生選手権
IN 千葉県白子町
に行ってきました!
*男子ダブルス*

優勝 水木・荒木(早稲田大学)
IMG_9798

準優勝 米川・池口(明治大学)
IMG_9799

第三位 片岡・森田(日本体育大学)
IMG_9800

第三位 幡谷・西田(中央大学) 
IMG_9801

*女子ダブルス*
優勝 久保田・原(國學院大學)
IMG_9802

準優勝 五十嵐・左近(日本体育大学)
IMG_9804

第三位 浪岡・生井沢(日本体育大学)
IMG_9803

第三位 水澤・江頭(立教大学)
IMG_9805

プレーphotoなどをHaNaのTwitter(@SFphoto87)やInstagram(@sfphoto87)に掲載していますので、是非フォローお願いいたします!

IMG_8035
IMG_8036
IMG_8037
IMG_8038
IMG_8039
IMG_8040

【関東学生春季リーグ】 IN 千葉県白子町

こんにちは!ソフトテニス・オンラインのHaNaです!

先日…
関東学生春季リーグ
IN 千葉県白子町
に行ってきました!

*男子1部リーグ*

優勝 日本体育大学
IMG_9792

準優勝 國學院大學
IMG_9793
第三位 早稲田大学
IMG_9794
*女子1部リーグ*
優勝 日本体育大学
IMG_9795
準優勝 明治大学
IMG_9796
第三位 東京女子体育大学
IMG_9797

日本体育大学のアベック優勝でした🏆
IMG_7965

プレーphotoなどをHaNaのTwitter(@SFphoto87)やInstagram(@sfphoto87)に掲載していますので、是非フォローお願いいたします!

IMG_6103
IMG_6107


新シーズン開幕!令和4年度 関東選手権埼玉県予選会

2022kanto_yosen_01og


こんにちは。
ソフメシの荒川です。


やっと4月になりました!

(ブログ執筆をサボり続けた影響で時差が激しい)

いよいよ令和4年度がスタート!

今年でめでたく45歳を迎える私にとっては、成年ラストイヤーにあたります。




気づけば歳をとったもんですが、「シニア80までに日本一」を目標に掲げる私にとっては、競技人生まだまだこれからです。



2022kanto_yosen_02


毎年、新年度のスタートはここから。

5月に行われる関東選手権の県予選。

これまで何度もその壁に阻まれてきましたが、今年こそ。




今回もペアは来須さん。

今年から所属が鷲宮コスモスに変わりました。

お互いペアがいないからと前衛同士で組み始め、昨年ははじめて年間を通じて固定ペアとして試合に出場。

結果はまだまだこれからですが、息のあったプレーも少しずつ増えてきて、多少の手応えは感じられるようになってきました。



今年はペアとしての更なる飛躍を目指して、ペアウェアを新調。

2022kanto_yosen_03


ウェアは格好いいのに、右の人の腹が気になる!!




2022kanto_yosen_04


今年も激戦の埼玉県予選、35男子の部。

47ペアがエントリーして、うち関東選手権に進めるのは上位12ペア。



2022kanto_yosen_05


2022kanto_yosen_06


45男子にエントリーの大友(大宮クラブ)・落合ペアは、初戦を勝って早々に本戦出場決定。

さすがです!



2022kanto_yosen_07


2022kanto_yosen_08


35男子の部でも、同じく所沢TCのメンバーが続々と試合に入ります。

実力者揃いのトーナメント。

そう簡単には勝たせてもらえません。




そうして、いよいよ自分の試合がスタート。

2022kanto_yosen_09


後衛サイドが定着してきた!?

と言いたいところですが、いかんせん練習不足は否めません。



2022kanto_yosen_10


2022kanto_yosen_11


我ながら、下手くそなくせに一丁前に緊張するから動きがカタイ・・。

いつも通りに立ち上がりが悪く、もったいない凡ミスが続いてゲームを落とします。



2022kanto_yosen_12


あれよあれよとポイントを失い、気づけば1ゲームも取れずに完封負け。



2022kanto_yosen_13


開幕初戦から、清々しいくらいの負けっぷり。

あまりの不甲斐なさに、ぐうの音も出ません。



2022年度大会結果>令和3年度 関東選手権県予選会
埼玉県ソフトテニス連盟ホームページ
https://www.saitama-sta.com/kenren/taikai/2022/kanto_yosen/



必要なのは明確で、練習量アップと、体重ダウン。

凹んでいる暇はないので、次に向けて言い訳つくらず頑張ります!



過去記事:近くて遠い関東大会



softtennis_blog


sofunavi_softon

令和3年度 全日本私立高等学校選抜ソフトテニス大会

zennihon-shigaku2022_1og


こんにちは。
ソフメシの荒川です。

GW明けスペシャル第2弾!ソフメシ時刻はただいま3月中旬です。



私立高校の日本一を決める「全日本私立高等学校選抜ソフトテニス大会」



3月の高校選抜直前に開催されることもあり、センバツの前哨戦ともいうべきこの大会。

センバツが名古屋で行われるのに対して、この全国私学は会場が横浜国際プールと東京体育館ということで神奈川県在住の私にとっては近場で開催される全国大会。

毎年のように会場へ足を運んでは観戦していました。

しかし、新型コロナウイルス感染拡大の影響により令和元年度、令和2年度と2年連続で開催中止。

今年はどうなることかと思いましたが、無観客での開催に。



無観客で見に行けないのは残念ですが、大会が開催されることが何より。



そう思っていたところ・・・

日本私立高等学校ソフトテニス連盟さん・東京都高体連さんよりご相談をいただき、なんと当日のライブ配信を担当させていただくこととなりました!

本来だったら見ることができなかった試合を生で見られる嬉しさが半分。

もう半分は、我が子の晴れ舞台を直接会場で応援できない保護者や関係者のみなさんに向けて、なんとしても無事に配信をお届けしなければというプレッシャー。

心配性の私は試合の何日も前から、それこそ選手以上に緊張していた気がします。




そうして迎えた本番当日。


zennihon-shigaku2022_2

zennihon-shigaku2022_3


先に終わった男子日程に続いて、今回配信を担当させていただいた女子日程は東京体育館で3日間。

無観客開催のため、会場には出場する選手と監督のみ。

ご家族の姿はありません。




お陰さまでここ最近はソフトテニス関係の仕事も、本当にさまざまなご相談をいただくようになりました。

弊社プレイヤーズはもともとインターネット関係が専門の会社ではありますが、メインはWeb制作でありライブ配信は必ずしも得意分野というわけではありません。

それでも、もはやWebに動画は不可欠な要素ですし、なかでもライブ配信はコロナ後も需要が続く分野と見ているので、いろいろとチャレンジさせていただきながら貴重なノウハウと経験値を蓄積しています。



「大会ライブ配信をやりたいけど、自分たちだけではさすがに無理・・・」という場合にはお力になれるかもしれません。

ご相談は無料です(笑)


株式会社プレイヤーズ




前回のブログでもご紹介したヨネックスカップは、比較的大掛かりな機材を持ち込んでの本格的な配信でした。

それに対して、今回のお題はいかにコストを抑えて安く配信を行うか。



「簡易な配信でいいから」

とは言われたものの、簡易な機材だけで複数のコートを1日中安定した配信を行うというのがむしろ難題だったりします。

それでも、ライブ配信をなるべく費用を抑えて実施するというテーマは、うまくすれば今後のビジネスチャンスにも繋がります。



zennihon-shigaku2022_4


今回は天候に左右されない屋内で電源も確保できたので、問題は通信環境のみです。

極力低コストかつ一定以上のクオリティでライブ配信を考え、iPadとポケットWi-fiの組み合わせ。

事前の検証は行ったものの、電波の強さは会場によってまちまちなので、実際やってみるまでうまくいくかどうか不安で仕方ありませんでした。



zennihon-shigaku2022_5


サブアリーナを含めて全6面を朝から夜まで回しっぱなしだったため、途中何度か配信が途切れることがあったもののその都度すぐに復旧させて想定したよりは無事にいきました。

知り合いのお子さんも何人か出場していたので、その親御さんから「おかげで仕事の合間に娘の試合を見れました」とか「見やすい配信でよかった」などの声をいただき、なんだか重圧から開放された気がして安堵。



「自分が好きだからやっている」という大前提で、それが誰かの役に立っていると考えたらこれほど嬉しいことはありません。



ホッとしたら、やっと少し試合を楽しむ余裕もでてきました。



zennihon-shigaku2022_6


zennihon-shigaku2022_7




女子決勝は、京都光華と東北の対戦。

3面展開で各コートの試合が始まります。

zennihon-shigaku2022_8


zennihon-shigaku2022_9


zennihon-shigaku2022_10


zennihon-shigaku2022_11



コロナ禍でのガイドラインに従い、ベンチからも声を出しての応援は禁止されています。

それでもさすが強豪校は手拍子で息の合った応援で、ベンチとコート上の選手が一体となって戦います。

zennihon-shigaku2022_12



どちらもセンバツ優勝候補。

好カードの決勝戦は、最後は京都光華に軍配。

zennihon-shigaku2022_13


zennihon-shigaku2022_14


昨年のインターハイ個人では同士討ち決勝を演じた京都光華高校。

今年も旋風を巻き起こしてくれそうです。





zennihon-shigaku2022_15


初日の団体戦を終えて、2日目、3日目は個人戦。

予選リーグを1位通過したペアにより、くじ引き抽選で決勝トーナメントのドローが決まります。



高校男子に比べると、女子のほうが戦力均衡している印象があり、どこが勝つか読めない面白さがあります。

zennihon-shigaku2022_16



そのなかでも決勝まで勝ち上がったのは、須磨学園の前田梨緒・中谷さくらペアと、和歌山信愛の岩元望美・岩元愛美ペア。

この世代では、昔から名前の通った前評判の高いペア同士。

zennihon-shigaku2022_17


zennihon-shigaku2022_18


zennihon-shigaku2022_19


最後は前田・中谷が一歩上回り、私学日本一のタイトル獲得。




令和3年度 第56回全日本私立高等学校選抜ソフトテニス大会
日本私立高等学校ソフトテニス連盟ホームページ
https://nihonsirituhsta.web.fc2.com/kiroku.html


zennihon-shigaku2022_20



今年は各カテゴリーの全国大会が無事に開催されることを願っています。

私もその流れに乗じて、年間通じて全国を飛び回りたいと思います!



【注目動画】2022全日本私立高等学校選抜大会 女子団体/決勝 中尾・武田(京都光華) vs 中島・古山(東北)



【注目動画】2022全日本私立高等学校選抜大会 女子個人/決勝 前田・中谷(須磨学園)vs 岩元・岩元(和歌山信愛)



SOFT TENNIS Navi
https://www.youtube.com/c/SOFTTENNISNavi


softtennis_blog


sofunavi_softon

北へ!!YONEX CUP2022国際札幌大会

yonexcup2022_01og


こんにちは。
ソフメシの荒川です。


お陰さまで予想を超えて膨らみ続ける社業に追われ、怒涛のような日々を過ごしていたら2ヶ月以上に渡り筆が止まっておりました。

全国に推定40万人ともされるソフメシファンのみなさん、大変ご無沙汰しております!

ソフメシはまだ終わってません(笑)



ブログに書くネタに困っているわけではなく、むしろとても書ききれないほどのネタが溜まってしまい、にっちもさっちもいかなくなってしまいました。。。

私の性格上、どうしても飛ばしたり端折ったりできないので、「GW明けスペシャル」としてここからひたすら連投していきます。

もはや備忘録というより、回顧録です。

それでは、季節感のまったくない冬景色からお届けします。




2月末に行われたYONEX CUP2022国際ソフトテニス札幌大会のライブ配信を行うため、一路北海道へ。

経費削減のため移動はもちろんLCCです。

yonexcup2022_02


yonexcup2022_03


見渡す限りの銀世界。



yonexcup2022_04


新千歳空港から会場へ向かうバスの車窓も、見事なまでに真っ白。



yonexcup2022_05


yonexcup2022_06


飛行機とバスを乗り継いで、北海きたえーるに到着。



前日練習に励む選手たちを横目に配信準備に取り掛かります。



今回はヨネックスさんからお話をいただき、北海道ソフトテニス連盟さんと協力してのライブ配信実施です。

まん延防止等重点措置の影響もあり、無観客開催となった今大会。

海外招待選手の出場は叶いませんでしたが、それでも国内トップ選手たちが数多く参戦しています。

配信を担当させていただくだけでも光栄ですが、何よりこうしたトップレベルの試合を一人でも多くの方に知ってもらいたいです。

yonexcup2022_07


弊社スタッフと、お手伝いをお願いしたサポートメンバー、さらに北海道連盟のみなさんと協力して半日がかりで4コート分の配信準備が完了。

本格的な配信をやろうとすると機材も大掛かりになるので、試合当日の準備では間に合いません。

無事にセッティングが終わって、ほっと一息。



ホテルに荷物を置いたあと、北海道のうまいものを求めて夜の街へ。



yonexcup2022_08


「すすきの」という響きだけで心が躍ってしまいますが、この日は「まん防」の影響でほとんどの店が時短営業。



yonexcup2022_09


お目当てのラーメン屋もすでに営業終了・・・。

ってゆーか、それどころか入れる店ないじゃん!

この時点で21時をまわっていたので、外食難民に。

「まん防」を甘くみていました(泣)



yonexcup2022_10


やむなく北海道地場のコンビニチェーン「セイコーマート」で弁当を購入。



yonexcup2022_11


おとなしく部屋で食事を済ませ、翌日に備えます。

「また来るよ、すすきの・・・」




yonexcup2022_12




試合は男女とも4つに分かれた予選リーグと、その1位ペアによるトーナメント。

出場しているのは、全日本ナショナルチームメンバーを中心とした招待選手と、地元北海道の選手たち。

予選リーグから見応えのある試合が続きます。

yonexcup2022_14


yonexcup2022_15


yonexcup2022_16


yonexcup2022_17


yonexcup2022_18


yonexcup2022_19


yonexcup2022_20




コロナ禍でやむを得ないとはいえ、これだけ立派な会場でやるこんなに豪華な試合を、一般観客が観戦できないというのが残念です。

いくらライブ配信するとはいえ、生で観る迫力にはどうしても及びません。

YouTubeはあくまで知ってもらう、興味を持ってもらうきっかけとして広げていくとして、試合会場へ直接足を運んでくれる人をもっと増やしていきたいものです。

選手たちだって、多くの人に観てもらったほうがきっとモチベーションも上がるはず。



最近は運営側のお手伝いをさせていただく機会が増えたので、より一層強くそう思います。

大会を盛り上げるための黒子としてまだまだ頑張ります!


yonexcup2022_13




今大会を最後に現役引退となるヨネックスの桂拓也選手。

yonexcup2022_22


サウスポーから繰り出す豪快なストロークは見る人を魅了しました。



早稲田大学在学中の2013年に天皇杯を制した桂・盞逎撻△癲△海瞭が見納め。

yonexcup2022_23


残念ながら予選リーグ敗退となりましたが、最後まで魅せるテニスで楽しませてくれました。



そして、このペアもこれが最後の舞台。

yonexcup2022_24


yonexcup2022_25


日本代表でも活躍した徳川愛実選手と黒木瑠璃華選手。

引退間際の2年間をコロナに見舞われ、国際大会、皇后杯がなかったのが残念すぎます。



yonexcup2022_26


有終の美を飾ることを期待しましたが、ワタキューセイモアの中川・石井ペアに敗れ予選リーグ敗退。



ファンとしてはその活躍をもっと長く見ていたかったですが、これからは選手とはまた違った立場でご活躍されることでしょう。

本当にお疲れさまでした。




決勝戦の顔合わせは中川・石井ペアと、笠井・久保ペア(ナガセケンコー/日体大)。

yonexcup2022_27


yonexcup2022_28


yonexcup2022_29


yonexcup2022_30


予選リーグで徳川・黒木、準決勝で高橋・半谷と立て続けに有力ペアを破って勝ち上がった中川・石井ペアがここでも強さを発揮して見事優勝を果たしました。



今回、当日のライブ配信は北海道連盟さんのYouTubeチャンネルでお送りしましたが、決勝戦の編集版をSOFT TENNIS Naviのチャンネルに公開しています。

編集版には決勝戦の解説が入っているのですが、実はみなさん当日アドリブで「よかったら解説しましょうか?」と買って出てくれました。

即席で解説席を用意し、持ち合わせの機材で対応したのでマイクや声量の問題でお聞き苦しい部分もあったかと思います。

それでも、男女とも豪華すぎるメンバーでメチャクチャ興味深くてためになる解説をしてくれています。

このブログ記事の最後にリンクを貼っておきますので、もしまだ見ていないという方は必見です。



yonexcup2022_31


女子決勝戦の解説は、ヨネックスの松口監督、北翔大学の小峯さん、どんぐり北広島の中本監督。

幾多の女子トップ選手を輩出してきた御三方。

正直、これ以上面白いメンツでの解説は考えられません。





yonexcup2022_32


yonexcup2022_33


つづく男子決勝では、日体大の篠原監督、NTT西日本の堀監督にも加わっていただきました。

選手としてだけでなく指導者としてもトップを走り続けるみなさんが、どういう視点で試合を見ているのか。

聞いていて思わず唸るような話ばかりでした。




男子決勝は、村上・長江ペア(NTT西日本)と、船水・上松ペア(稲門クラブ/NTT西日本)による対戦。

1月のルーセントカップ東京インドア決勝と同じ顔合わせです。


yonexcup2022_34


yonexcup2022_35


あのコートのなかでどういった駆け引きが行われているか。

私のような凡人には想像もつかない世界でも、トップレベルのみなさんの解説付きで見ると選手たちの凄さがより理解できます。



「ダブルフォワードはつまらない」などと考えている人は、騙されたと思って一度でいいからこの解説を聞いてください。

試合の見え方が変わって、きっとより楽しめるようになるはずです。



試合観戦の面白さを際立たせるためには、解説は必須ですね。

また一つ自分の中でハードルを上げてしまった気がします(笑)




yonexcup2022_36


ファイナル・デュースのしびれる激闘を制して、東京インドアの雪辱を果たした船水・上松ペアが優勝。

私自身は東京インドアも観戦していたので、同じペア同士の対戦でもその戦術の違いなども垣間見れてソフトテニスの奥深さを改めて感じました。



やはり、ソフトテニスはやるのも見るのも楽しいもんです!




大会終了後の引退選手のセレモニーでは、しんみりするところかと思いきや、人気YouTuber秋山ペイソンの小気味良い進行で最後はみんな笑顔。

yonexcup2022_37


yonexcup2022_38


選手のみなさん、素晴らしい試合をありがとうございました!

私も、選手の活躍を一人でも多くの方に届けられるよう、もっと精進します!



大会結果 |YONEX CUP 2022国際ソフトテニス札幌大会
北海道ソフトテニス連盟ホームページ
https://hokkaidosofttennis.com/?p=3411

北海道ソフトテニス連盟 |YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCJyuZg-5UShtB7M8oylW3eg


【注目動画】YONEX CUP2022/女子決勝 笠井佑樹/久保晴華vs中川瑞貴/石井友梨




【注目動画】YONEX CUP2022国際ソフトテニス札幌大会/男子決勝 船水颯人/上松俊貴vs村上雄人/長江光一




SOFT TENNIS Navi




softtennis_blog


sofunavi_softon

[ソフトテニス・オンライン]
ソフトテニス・オンライン

ぉまみのブログ「ソフトテニス☆サプリメンツ」はこちら

最新記事
PageView

    記事検索
    月別アーカイブ