日体大のホームページが新しくなりました!

nittaidai-softtennis01og



こんにちは。
ソフメシの荒川です。


もうお気づきの方もいらっしゃるかも知れませんが、大学ソフトテニス界の盟主、“あの”日体大のホームページが新しくなりました!

有難いことに、“あの”篠原秀典監督から直々に「荒川さんにホームページを作ってもらいたい」というご指名をいただき、今回制作を担当させていただきました。

最初にお話をいただいてから、だいぶ長らくお待たせしてしまいましたが、先日無事にサイトが完成して公開を迎えました。




これは単なる言い訳ですが、コロナ以降、あらゆる業界で否応無しにオンラインシフトが迫られるなか、Web制作やSNS活用などのご相談もこの1年で大幅に増えました。

最近は自社だけでは手が回らない案件は外部パートナーの手を借りるケースも多いのですが、それでも日体大のサイトだけはどうしても全部自分の手で作りたい。

そうしたエゴというのか、融通の効かなさが相まって当初の予定よりも遅れに遅れてしまいました。

でも、その分ありったけのソフトテニス愛を注いで丹精込めて仕上げました(苦笑)!



nittaidai-softtennis02


日本体育大学ソフトテニス部




最近はホームページよりも、SNSを中心に運用されるクラブや部活も多くなってきました。

更新の手軽さを考えれば、それも当然の流れだと思います。

日体大ソフトテニス部も、これまでTwitter、Facebook、Instagramなどを通じて積極的な情報発信をしており、そのマメさには私も感心することしきりでした。

とくに、YouTubeで外部にも公開しているオンラインセミナー『BUSITU』に至っては、毎回さまざまなテーマで選手たちの生の声を聞くことができ、いつも興味深く視聴しています。

そうしたSNSでの発信力を生かしつつ、それらを集約するかたちで公式サイトとしてまとめたのが今回のサイトです。

SNSだけでなく、しっかりとしたホームページを用意することでより多くの人に確実に情報を届けることができます。



篠原監督との打ち合わせを重ねるなかでも、何度となく話に挙がった「日体大らしさ」について。

選手たちに対して、「技術を追求していくことはもちろんだが、ただ勝つことだけでなく、チャンピオンとしてふさわしい振る舞いや人格形成を求めていきたい」という言葉が印象的でした。

そんな日体大の『質実剛健』をコンセプトに、私なりに形にしてみました。

イメージ以上のサイトができた満足感もありますが、ある意味でWebサイトは永遠の未完成品とも言えるものなので、ここからまた大事に育てていきたいと思います。



サイト更新を担当する学生たちにも軽くレクチャーをさせていただきましたが、早速学生たち主導でどんどん更新してくれています。

大会結果なども細かく掲載してくれていますので、日体大の関係者やOB・OGだけにとどまらず、ソフトテニスフリークのみなさん要チェックです!

ぜひブックマークしてちょくちょく覗いてみてください。





余談ではありますが。

打ち合わせのたびに「ラケット持ってきてくださいね」と、篠原さんらしい一流のおもてなし。



天下の日体大さんのコートに、私のような下手くそが足を踏み入れるなんてさすがに恐れ多い!!



nittaidai-softtennis03



とは思いながらも、持ち前の図々しさでレジェンドとの乱打やボレーボレーに挑む、ただのソフトテニス好きなおじさん。

下手の横好きでも、長く続けると良いことがあるものです。



コートにお邪魔するたびに、真摯に競技に取り組む学生たちの姿を目にして、こちらも清々しい気持ちになります。

また応援したいチームが増えました。

良いご縁に感謝です。

みなさんの一層のご活躍を応援しています!


株式会社プレイヤーズ
https://players-inc.jp/



softtennis_blog


sofunavi_softon

”よしれい”プロ × 小峯 秋二 氏!/YouTube動画紹介マガジン【おが。まとめ】(11/30週)


こんにちは!ソフトテニス・オンラインのおが。です!

今週のニュースと言えば、
東京インドアの出場選手が発表されましたね!
(出遅れた感はありますが......)

選考基準となる大会が軒並み中止となった今年度の事情を受け、投票制によるペア選出となった今大会。途中経過が発表されるたび順位の変動が話題となりました。

言わずと知れた実力を誇る選手はもちろん、知名度を強みに出場権を勝ち取った選手、さらに今大会ならでは、ペア指名制のためにできた普段は見られないペアリングなど注目の要素が盛りだくさん。
詳しくはルーセントさんのサイトやソフトテニス・オンラインの記事などでチェックしてみてください!

5f7d22cf


今週末は日本リーグ、そして来週末はJAPAN GPと、大きな大会が控える12月。
配信に力を入れている日本ソフトテニス連盟公式YouTubeチャンネルでライブ配信される日本リーグ、そしてプロに委託して万全の体制での配信を予定しているJAPAN GPと、どちらの大会も試合の模様が配信される予定で楽しみにしているファンも多いはず。

2020年、笑顔で年末を迎えるためにも存分に楽しみたいイベントです!


では、11/30~12/6の一週間分、参りましょう!












<技術指導系>
▷謎の白ラケットを使ってフネクシに乱打対決を挑んでみた【ソフトテニス】

今回はMIZUNOさんの協力のもと、なんと30本もの製品化前のラケットを用意しての乱打対決!正体不明の白ラケット...船水 雄太 プロ、九島 一馬 選手とともに轟音の響き渡るミズノスポーツプラザ舞洲のコートで白熱の乱打対決をお届けします!





MASATOチャンネルより、、、
【ミズノ】このラケットたちは一体?!謎の白ラケット登場!?【ソフトテニス】

今週も気になる動画がアップされています!ぜひぜひ_(_^_)_











▷【超重要】間合いの取り方を覚えてポイントを取りまくろう!《ソフトテニス》

前衛の基本でありつつ、永遠の課題である後衛との駆け引き。今回は、カトゥーさん流の間合いの取り方を徹底解説!ポジショニングやモーションで、ボールを取りに行く動きはもちろん後衛に意識させる意図でも有効な間合いの取り方を学べます👍













▷【走り抜けろ】苦手な人は必見!逆クロスバックボレーをマスターしよう!【4コースボレー企画】

おかもーソフトテニス日記の4コースボレー企画、ラストは逆クロス展開からのバックボレー。正クロスよりも苦手としている方が多いであろうこのコース。先を通されないポーチ、正面を突かれた時の対処まで黒羽 祥平 選手によるわかりやすい解説です!































<試合動画・プレー系>
▷【ソフトテニス】伊藤 幹〜凱旋〜

ふじむらーちゃんねるに伊藤 幹 選手(ヨネックス)が登場!富山県出身で、慶応義塾大学→ヨネックスと歩み、昨年の日本リーグでのシングラーとしての活躍も記憶に新しい伊藤選手。そんな彼のストローク技術にふじむらーちゃんねるのカメラが迫ります!
















▷【男女関係なし!】林田リコ選手と林田和樹選手の打ち合いが激しすぎる!【ソフトテニス】

林田 リコ・上松 俊貴ペア(東女体大/早稲田大) vs. 林田 和樹・小松 芹那ペア(ヨネックス/東女体大)でお送りする白熱のミックスダブルス!迫力のシュートラリーから女子選手特有のロブを巧みに操る配球などなど、普段の試合とは違った面白さが詰まっています(*´ω`*) 
















▷【韓国】もう日本式のバックハンドストロークだけでは戦えない。。【ソフトテニス】

すっかり聞き慣れた「韓国式バック」だけど、聞かれると説明はできない...。本場韓国の地でトップ選手からバックハンドストロークを学んだ内海コーチによる韓国式バック講座!日本式との違いやメリットを知って、プレーの幅をさらに広げられそうです👍






























<バラエティ系>
▷『船水兄弟』出版しました!【プレゼント企画あり】

ソフトテニスマガジンでおなじみのベースボールマガジン社より、『船水兄弟』が出版!春よりプロソフトテニスプレイヤーとしての道を歩む兄:雄太プロとともに書かれた一冊。エピソードトークを踏まえながらその内容に触れ、最後にはプレゼント企画の発表も!

















▷【高レベル】日本のトップ選手達が5球勝負で的を撃ち抜く!【ソフトテニス】

先週末に行われたヨネックスワールドチャレンジより、恒例となった的当て企画!苦戦する子供たちからバトンタッチしたトップ選手のチャレンジでは、一撃で仕留める選手もいたりと圧巻の技術力。コロナ禍で思う存分テニスをできないシーズンを過ごした子供たちにとっても刺激になったことでしょう(^^♪










































<今週のPick Up!>
▷【小峯秋二】22世紀にソフトテニスが残るには【プロモーター】

今週のピックアップはこちら!

熱きプロソフトテニスプレイヤー、芳村 玲 プロ。
言わずと知れた名プレイヤーであり名指導者でもある小峯 秋二 氏。

ソフトテニス界に思いをはせるお二人による対談動画。
ソフトテニスの現状、協議の今後を見据えて__

実に興味深い内容の15分間となっております!




さて、いかがだったでしょうか!

今週ピックアップしたのは、芳村プロと小峯さんによる対談。
ともに熱い思いを持ち、ツイッターなどで精力的に発信しているお二人。

かつて選手として国内外で圧巻の戦績を収め、引退後も日本を代表する指導者として活動、また一愛好家としても類い稀な行動力でソフトテニス界を動かす小峯さん。
ソフトテニスに深く長く携わり続けるからこそ見える現状、ソフトテニスの今後のビジョンを語っておられます。

そして今年からプロとして活動する芳村選手。様々な声があったなか船水兄弟に続き、国内3人目となるプロ宣言をした2020年。YouTubeでの積極的な発信や独自のプロジェクトの推進と、これまでにない存在としての道を切り開いています。

ソフトテニスの競技性を見つめ、今後のあり方を考える。
いわゆる「メジャースポーツ」と照らして、何が違っているのか。
ひとつの特徴である競技人口の多さ、その大部分を占める中学生にとってソフトテニスという競技はどういう競技で、競技離れの背景にあるものは何か。
競技に携わる者の多さでは勝負ができない外部から見た魅力、その現状はいかに。

革新を探るなかで現行の動きに疑問を呈し、より良いこれからを問うお二人の対談からいろいろなことを考えさせられます。

お二人による対談動画はまだ続くようなので目が離せません!

そして、動画の最後には一般社団法人 Well Trade Project W.A.K.Aが主催する「SOFT TENNIS FESTA 2021  令和2年度 全国中学生ソフトテニス対抗戦」についても!
既に中止が発表された中学生の都道府県対抗に代わる大会として、着々と準備が進められています。
詳しくは大会HPや同法人の公式ツイッターよりぜひご覧ください。





☟おが。の今週の個人的な注目はこちら☟
▷【2021福袋】スゴいのが出来上がりました【自信しかない】

お正月の恒例となったKEI SPORTSさんの福袋。
毎年大好評の福袋、今年は数量限定で12月1日より予約を開始し販売!

予約開始当日から注文が殺到し、オンラインショップでの在庫がみるみるうちに減っていく次第。おととしから購入している私も無事注文しました(`・ω・´)ゞ
昨年は石巻を訪ねて店頭で購入させていただきましたが、今年は郵送を心待ちにするばかり。
毎年豪華ながら年々進化を続ける福袋...めちゃくちゃ楽しみにしております。


早いものでそんな話題が出る今日。

週末は日本リーグ。
男子・NTT西日本チームは前人未到の連覇記録を11に伸ばすのか、はたまた昨年逆転負けで準優勝に泣いたヨネックスや他チームの台頭が見られるのか。
選手の引退や移籍、新加入で新体制のチームが形成されている女子は勢力図に変化が現れるのか、長らく日本リーグに残留を続けるチームに一矢を報いるチームが現れるか...。

今年失われた熱戦の数々を取り返すような「アツすぎる」戦いに期待したいですね!


それでは、また来週(*- -)(*_ _)










おが。-Twitter-
https://twitter.com/HayaOga_ST_khtt




おが。-Instagram-
https://www.instagram.com/hayaoga_st/












    

今週は「プロ」率高めで!/YouTube動画紹介マガジン【おが。まとめ】(11/23週)

こんにちは!ソフトテニス・オンラインのおが。です!


今年も残すところ一か月。
本格的な冬の訪れを横目に、ソフトテニス界もインドアシーズン入りの時期ですね。

この週末にはヨネックスワールドチャレンジが2会場、2日間にわたって開催されたほか、ヨネックスカップ 北信越インドアが観客を入れて開催されるなど、開催可否が心配されながらも主催等の皆さんの尽力のもとに無事開催に至ったイベントが盛り上がりを見せました。

コロナ禍の新たな生活スタイルの一環として、ソフトテニス界も新たな指標のもとに、歩みを着々と進めています!

5f7d22cf

一方で、全国的な感染の再拡大が顕著となっている昨今、大会の中止やさまざまな活動の制限の処置がなされる地域も出ているようです。

時間だけは平等にあるなか、こんな状況だからこそ、できないことを嘆くのではなくできることへの感謝をもって皆で乗り越えていきたいものですね。



...ちなみに今週は「プロ」率が高めとなっております!

では、11/23~11/29の一週間分、参りましょう!












<技術指導系>
▷兵庫県の強豪チーム明石ジュニアにお邪魔しました!【ソフトテニス】

前回の動画の兵庫県・浜の宮中学校での講習会に続き、今年のU-14女子日本代表選手を複数輩出している明石ジュニアへ!元気いっぱいの子供たちとともに、動きのある楽しい練習を通して技術や体の使い方を学ぶ練習会。そして兵庫県にあるソフトテニス専門のショップ「スポーツハウスマイルド」さんへ!

今週も参考になる動画が!ぜひぜひ_(_^_)_











▷【解説】船水颯人特別レッスン!バックハンドストローク【特別講座】

大好評!船水 颯人 プロの技術解説動画、今回はバックハンドストローク編です。スイング軌道や打点がフォアほどに多くなく、比較的安定しやすいと言われるバックハンド。船水プロが意識しているポイントの解説、様々なアングルからの実際の打球や打ち分けの動画も合わせてご覧ください!



























<試合動画・プレー系>
▷【ライブ】2020北信越選抜インドア大会

11/28・29、新潟県は上越市で開催されたヨネックスカップ 北信越インドアの試合動画が、日本ソフトテニス連盟公式YouTubeチャンネルより配信されました。観客を動員しての久しぶりの大会。地元の選手・招待選手たちによる熱戦の数々をぜひアーカイブからご覧ください!














▷【超激戦!】世界最高峰の戦いでスーパープレイ連続!【ソフトテニス】

この週末に開催されたヨネックスワールドチャレンジ。土曜、大阪会場で行われた船水・上松ペア(ヨネックス/早稲田大学) vs. 林田・柴田ペア(ヨネックス)の一戦です。日本男子の絶対的エースとインドアの申し子による白熱の一戦...轟音響くラリーにご注目あれ!














▷高倉荒木vs小田島小杉がレベル高すぎた。。山根荒木による解説!【ソフトテニス】【解説動画】

早慶戦解説、第二弾は高倉 和毅・荒木 駿ペア(早稲田) vs. 小田島 俊介・小杉 佳敬ペア(慶應)の一戦を山根選手と荒木選手が解説します!小田島選手の現役最終戦となった試合。全対戦はKeio Soft Tennis Clubチャンネルより見ることができますので、要checkです!
















▷【ソフトテニス】男子ナショナルチーム合宿に潜入してみた!

全日本の大会が軒並み中止となり、同様に活動の機会がなかった今年のナショナルチーム。先日行われた合宿の様子をエースマネジメント・荻原さんの編集で公開。合宿の様子から、選手やチームスタッフへのインタビューまでをまとめた一本となっております。
【ソフトテニス】女子ナショナルチーム合宿に潜入してみた!



























<バラエティ系>
▷【新色ジオブレイク】70S使ったら打ちやすくて、また悩んでしまった【ソフトテニス】

今回はプロソフトテニスプレイヤーの「よしれい」こと芳村 玲 選手(MOJJO Japan)と一緒に!YONEX社より12月に発売となる、GEOBREAK 70 SERIESとCYBER NATURAL SLASHの新色「FIRE RED」を、実際のプレーとともにレビュー!ぜひ購入の参考に。














▷芳村プロ参戦!プロvsプロ

「プロソフトテニスプレイヤー」同士のコラボ!
ともに今年、プロソフトテニスプレイヤーとして活動していくことを宣言された村田 匠プロ(AIM)と芳村 玲プロ(MOJJO Japan)。イマ熱いお二人によるボレーボレー対決&乱打対決!プレーはもちろん、お二方の明るい人柄にも注目です(^^♪








































<今週のPick Up!>
▷【テニスVSソフトテニス】硬式テニスのプロはソフトテニスも上手いのか!?【スタテニ】

今週のピックアップはこちら!

硬式テニス × ソフトテニスのプロ選手がコラボ。

「よしれい」こと芳村 玲プロと上岡 俊介 選手が、硬式テニスの江原 弘泰プロと小野田 倫久プロとともに軟式&硬式のボレーボレー対決を披露!

同じ「テニス」と言えど道具や技術面に違いがある2競技のコラボで、それぞれの魅力をお伝えします!






さて、いかがだったでしょうか!

今週ピックアップしたのは、「硬式テニス × ソフトテニス」の企画の動画の一つ。

下記チャンネルでは、硬式テニスの江原プロ・小野田プロサイドでの動画が何本かアップされておりますのでぜひご覧ください!
スターテニスアカデミー / スタテニ

再生回数の伸びが注目度を物語っております👍






今週は<試合動画・プレー系>の動画を多めに紹介いたしました。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、大会などが再開されつつある今も無観客での開催が多くなっている現状があります。


多くのソフトテニスファンにとっては、現地で選手のプレーを観戦できずもどかしい思いであることと思います。

しかしその一方で、日本ソフトテニス連盟の公式YouTubeチャンネルをはじめ、あらゆるチャンネルで試合の模様のライブ配信が行われたり、大会や合宿の様子を発信していく動きが見られるなど、コロナ禍の中でプラスになっている一面もあります。

今後の新たなスタンダードとなっていくことで、コロナ禍以前よりもさらに充実したコンテンツとして、業界全体に良い影響をもたらしていくこととなると喜ばしいですね。

少し先の未来をイメージして、今できることを一つずつ。











それでは、また来週(*- -)(*_ _)










おが。-Twitter-


おが。-Instagram-












    

10年振りの昇格へ!令和2年度 埼玉県クラブリーグ

2020saitama-clubleague_01og


こんにちは。
ソフメシの荒川です。


昨年は台風の影響により中止。

今年はコロナの影響で2年連続の中止も止むなしかと思われました。



第3波ともいわれる感染再拡大の懸念と隣合わせの状況にありながら、無事に2年ぶりの大会開催を迎えることができました。

連盟関係者のみなさまには本当に頭が下がります。

難しい状況のなかで大会運営を行ってくださり、誠にありがとうございます!



2020saitama-clubleague_02

もともとは今年も10月開催予定だったものが雨で1度延期しています。

日没が早まってきたので、それに合わせて開始時間を前倒ししてスタート。

会場の秩父ミューズパークには、早朝からソフトテニス大好きな大人たちが集まります。



2020saitama-clubleague_03


試合開始が7時45分だったので、第1試合では朝日がまぶしいという珍しい現象も。

なんにせよ、試合ができるだけで有難いことです。




ちなみに今大会ももちろん、さまざまな感染予防対策がとられています。

来場者全員に検温チェックを行い、OKの証であるリストバンドを付けている人しかテニスコート敷地内には入れません。

2020saitama-clubleague_04


2020saitama-clubleague_05



現在のようなコロナ禍において、大会ごとにその規模や特性にあわせて中止の判断がなされるのも致し方ありません。

選手だけでなく、応援や、そもそも運営側も含めて、大会を開催したい気持ちはみんな同じ。

たとえ中止になったとしても、誰を責めることもできません。



感染予防対策にしたって、どこまでやれば大丈夫ということはないわけで、でも『だからできない』ではなく、『どうやったらできるのか』を模索していくことがこの先も求められます。

参加する選手も、大会開催の背景にはそれだけの努力があることに感謝と敬意を払わなければいけません。




2020saitama-clubleague_06


埼玉県下のクラブチームが出場するこの大会。

現在15部まで、90にも及ぶチームが参加しています。

ちなみに埼玉県レディースソフトテニス連盟主催のもと行われている女子のクラブリーグにも、1部から10部まで60チームがエントリーしています。

さすがソフトテニス王国、埼玉!!



年に一度のクラブ戦。

1クラブから複数チームのエントリーができる形式とは異なり、各クラブの代表チームのみで争われるため、まさにクラブの威信をかけた戦いです。



我が所沢TCも、クラブ設立当初から毎年昇格を繰り返し、一度は1部まで登りつめたこともあります。

私も若い頃はこのクラブ戦にレギュラーとして出場し、活躍することが何よりの目標でした。

しかしながらここ10年は降格と残留が続き、なんとか4部に踏みとどまっているという状況です。



「余談ですが」2年前の前回大会では5部降格のかかった5番勝負という、とびきりスリリングな場面で「私が」勝利させていただきました!


過去記事:今年も負けられない戦い!埼玉県クラブリーグ



今年は嬉しいことに、若手の新加入メンバーも増えて戦力充実。

なんならBチームまで組めるくらいの選手層になりました。


2020saitama-clubleague_07


2020saitama-clubleague_08


私の出番は遠のくものの、優先すべきはチームの勝利。

新チームの顔ぶれに、ここ数年にはなかった頼もしさを覚えます。



2020saitama-clubleague_09


2020saitama-clubleague_11


2020saitama-clubleague_12


2020saitama-clubleague_13


2020saitama-clubleague_10


設立当初からクラブを支えてきた40代メンバーと、新規加入の20代メンバーとの見事な融合。

これなら十分に戦える!



初戦の大宮クラブに-2で勝利し、幸先の良いスタート。

2020saitama-clubleague_14




この日は棄権チームがあったため、開始時点ですでに降格がないことは決まっていました。

クラブ戦で勝つことの難しさが身に沁みているだけに、私のなかには「これで残留は確定だ」という安堵がありました。



あとは自分の出番が回ってくるかどうかという期待も若干残しつつ、一方で今年の自分の結果と、この日のメンバーの活躍を見ていれば「今日は出る幕はないな」という気持ちも半分。

2020saitama-clubleague_15


2020saitama-clubleague_16


2020saitama-clubleague_17


見ていてうずうずしたり、仲間のプレーに一喜一憂したり。

なんにせよ、やっぱり団体戦は楽しいものです。




2020saitama-clubleague_18




途中、行田GTOに1敗を喫したので、2位か3位で残留だなと勝手に高を括っていたら、最終戦に入る時点で勝てば三つ巴というシチュエーションに。



最後の朝霞市連盟に-1以上で勝利したうえ、行田GTOの最終戦の結果次第という条件付きですが、まだ昇格の目が残っているということで俄然盛り上がります。




その昇格がかかった大一番を担うのが、所沢TCが誇るベテランペアであり創設メンバーでもある竹島・柴崎ペア。

2020saitama-clubleague_19


2020saitama-clubleague_20


来年には45クラスになるこのペアが、まだやれるというのを証明してくれているのが私にとっても大きな励みになります。



何より、この2人に最後を託すというのが、個人的にはドラマチックでグッときました。

いやー、団体戦ってほんと熱いですよね!



2020saitama-clubleague_21



見事、最後に締めるべき人が締めて、全試合を終了。

あとは本部の最終集計を待ちます。





2020saitama-clubleague_22


2020saitama-clubleague_23


4部優勝!!

やりました!!!!




記録をさかのぼってみると、実に2010年の3部優勝以来、10年ぶりの昇格でした。

嬉しい、嬉しいリーグ優勝。

この勢いでさらに昇格を重ねて、いつかは1部に返り咲きを!

そんなことだって、決して夢ではありません。



2020年度 DUNLOP CUP 埼玉県クラブリーグ 試合結果
埼玉県ソフトテニス連盟 > 2020年度大会結果 > DUNLOP CUP 埼玉県ソフトテニスリーグ[男子の部]
http://www.saitama-sta.com/kenren/taikai/2020/club_league/



2020saitama-clubleague_24


とにかく、やりました!!!!!!!!

(私は出場していません)



来年も頑張ります!



所沢テニスクラブ


関連記事:所沢TC



過去記事:年に一度の負けられない戦い!!



softtennis_blog


sofunavi_softon

【記事紹介】足立梨花、キュートなハーフツインテール姿を披露!「可愛さ反則級」「メチャ綺麗」と絶賛の嵐


ソフオン編集部です(^^

ネット生配信番組『ソフトテニスをメジャーにしたいんや!』でアシスタントを務めているソフトテニス経験者で女優の足立梨花ちゃんが、ネットニュースに。
ちゃんとあの番組の宣伝にもなってます。(^^




 

[ソフトテニス・オンライン]
ソフトテニス・オンライン

ぉまみのブログ「ソフトテニス☆サプリメンツ」はこちら

最新記事
PageView

    記事検索
    月別アーカイブ