初心者を全国大会へ導く〜清明学園中のすぐにでも使える実践指導法DVD

58a6aa64-s

【初心者を全国大会へ導く指導方法とは?】


From:部活運営のヒント

指導者の皆さん、こんにちは。
ソフトテニス・オンライン編集部です。


今回ご紹介する新発売DVDは「上達スピードを上げる 〜清明学園中学校ソフトテニス部の120分レッスン〜」

seimei_a01


清明学園中学を全国大会常連校に押し上げ、現在全日本U-17コーチも務める高橋茂監督の指導法を凝縮した内容です。

2枚組DVDには、初心者、経験者を問わずに実践できる具体的な練習メニューや指導のポイントなどが盛りだくさんで目からウロコの連続です。

日々の部活動で生徒への教え方に悩んでいる顧問の先生方には、ぜひ参考にしていただきたいものばかりです。

seimei_a02


高橋監督の指導のうち、いくつかポイントとなる点をご紹介します。


―蘓桓圓ら楽しく飽きさせない

新入生は、まず素振りと球拾いから。

そう考える指導者も多いかと思いますが、上達のためにはラケットとボールにいち早く慣れさせる。

そのためにホームラン競争や、ボールつきなどさまざまなメニューを用意しています。

seimei_a03


ボールつきひとつとっても表面、裏面と交互に使う面を変えたり、右手と左手を持ち替えたり両手にしたり、ときには硬式テニスのボールや風船を使ってみるなど、さまざまな工夫を通じて初心者が楽しみながらラケットを使ってボールを操る感覚を養います。

seimei_a04


初心者向けの練習は、ひたすらトス打ちなどつい単調になりがちです。

こうした練習メニューを真似して取り入れるだけでも、レパートリーが広がって生徒の上達も早まること間違いなしです。


効率的な体の使い方

さて、続いては実際にコート内でラケットとボールを使った練習です。

まずは基本的な打ち方からかと思えば、いきなりジャンピングスマッシュの練習です。

seimei_a05


初心者だからできない、やらせないではなく、初心者のうちからこうした練習を取りれることでプレーごとの体の使い方を覚えさせます。

高橋監督の真骨頂ともいえるのが、野球やバレーボールなどソフトテニス以外の競技からもさまざまな動きを取り入れた練習です。

体をどう動かせば、ボールにどう力が伝わるのかなど、論理的に説明してくれます。

seimei_a06


良いボールを打ったかどうかの前に、実際どのように体を動かせば良いボールが打てるのか。

感覚的な部分をしっかりと言語化し、実演してみせることで、生徒にも伝わりやすくなります。

「振り切れ」「腰を落とせ」などと抽象的になりがちなアドバイスも、このDVDを見たあとであればそれぞれのプレーに対して具体的で的確なアドバイスができそうです。


トレーニング要素を取り入れる

基本的な反復メニューのなかでもただボールの打ち方を習得するだけでなく、それと同時に効果的に筋力アップや身体機能を高めるための工夫が随所になされています。

seimei_a07


ボールを打ちやすい状況をつくって気持ちよく打たせてあげるよりも、敢えて厳しい状態をつくって体に負荷をかけてあげることで、体力づくりのトレーニングにもなって一石二鳥です。

根性論ではなく、生徒をいかに効率よくレベルアップさせていくかというのは、指導者共通の悩みです。

高橋監督ならではの考え抜かれた練習メニューの数々は一見の価値ありです。


明日の部活の練習からすぐにでも取り入れることのできるヒントが満載です。

ぜひチェックしてみてください。



「上達スピードを上げる 〜清明学園中学校ソフトテニス部の120分レッスン〜」
指導・解説: 高橋 茂
実技:清明学園中学校ソフトテニス部
【主な成績】
平成28年度 全日本都道府県大会 個人戦 3位
団体戦 3位
平成28年度 東京都新人戦 団体戦 優勝
平成28年度 全国大会 団体戦 ベスト8
平成26年度 全国大会 個人戦 優勝(高倉和毅、山根稔平)


頑張れ、ちびっこ選手たち!川崎ジュニアオープン

0912kawasaki_jr-op_01og

こんにちは。
ソフオンブロガーの荒川です。

土曜日の朝、近所のテニスコートでジュニアの大会があるというので、覗きにいってきました。


ここ等々力テニスコートは、私も自身が主催する練習会でよく使用するコートです。


武蔵小杉ソフトテニス練習会
https://www.facebook.com/MUSAKOsofttennis/


私の住んでいる神奈川県川崎市には、よく大会に使われている立派なテニスコートが2つあります。


この等々力テニスコートと、もう一つは富士見公園テニスコートです。

中高生から社会人一般まで、市大会のほとんどがそのいずれかで行われます。

神奈川県の大会などで使用されることもありますので、神奈川県近隣でソフトテニスをされている方であれば、一度くらい来たことがあるという人も少なくないかもしれません。


0912kawasaki_jr-op_02


会場に着くと、カラフルなウェアを身にまとった子供たちと、同じくお揃いのウェアを来た保護者たちがいっぱいです。


ジュニアの試合は選手のみにとどまらず、保護者の熱の入れようも伝わってきます。

私も子を持つ親としてその気持ちはよーくわかります。

もしも自分の子供が試合に出ようものなら、きっと運動会で我が子の応援に熱を入れる父親のようにハッスルしてしまうことでしょう。


0912kawasaki_jr-op_03


コートではチームごとにおのおの個性のあるウォームアップをしています。



この川崎ジュニアオープンは、神奈川だけにとどまらず、東京、埼玉、千葉、遠くは茨城などからもジュニアの選手たちが参加しています。

今回の総エントリー数は200ペア近くにのぼり、相当大きな規模の大会といえます。


0912kawasaki_jr-op_04


知り合いに声をかけながら会場をウロウロ。

最近練習でご一緒している人たちのなかにもジュニアの親御さんも多く、指導やら引率やらで大変そうですがとっても楽しそうです。

うらやましい限りです。

私もはやくジュニアのパパさんママさんに仲間入りしたいものです。



私はこの日予定があるため朝一の試合しか見られなかったのですが、高学年(5・6年生)の部、低学年(4年生以下)の部、さらには初心者の部も開催され、ちびっこたちが元気よくコートを駆け回っていました。

0912kawasaki_jr-op_05


0912kawasaki_jr-op_06


0912kawasaki_jr-op_07



進行の都合上、高学年女子の部は試合が終わりきらなかったようで、そちらは勝ち残ったペアだけで後日開催されるそうです。


第8回 川崎ジュニアオープン 試合結果



私がソフトテニスを始めたのは中学からですが、ソフトテニス競技の裾野を一層広げていくことを考えると、最初の入口となるジュニアのカテゴリーも非常に重要だといえます。


ソフトテニス大好きな子供たちが、スポーツを通じてすくすく健康に育ち、仲間をつくって人間的に成長していく。

そんな姿を親や地域の大人たちが見守りながら、また世代を超えたつながりが生まれていく。

そういうことに自分も携わっていけたらと思います。


頑張れ、小さな選手たち。

おじさんも負けずに頑張ります。


運営、応援のみなさんもお疲れ様でした!




sofmeshi_eyecatch_st-on

【NTT堀より】 〜指導者として心がけていること


おはようございます。NTT西日本の堀です。

前回までのおさらいも含めて、私が監督をするにあたり、心がけていること注意していることをご紹介していきます。

上達するために、指導者と選手(生徒)の目標目的意識の共有・一致が第一歩であり、練習内容は実戦になるべく則したものが良いと思います。ただ、基礎を疎かにするのはいけませんので、地味な練習・地道な練習も時には必要です。だからといって反復練習オンリーだと、特にテニスを始めて間もない子どもたちはテニスを嫌いになってしまうと思います。練習もバランスを大事にしたいものです。

練習に答えはありません。指導者の創意・工夫が必要なのです。
1本打ちや素振り、長い時間をかけた反復練習は、悪い言い方をすれば指導者としては“楽”なのです。
「いつも通りこれをやれ!」「分かりました」で済むからです。
指導者も昔から行われてきた、もしくは自分自身がやらされてきた常識と思っている”練習なので、それが基本なのだと信じ込んでいます。

「先生、この練習は何の役に立つのですか?」と万が一聞かれたときにキチンと答えられるかが大切なんだろうと思います。ひと昔前なら「言われたことをキチッとやっておけ!」で済んだのですが、今はそうはいきません。
色んな情報がすぐに手に入る時代。情報が溢れています。色んな理論や理屈がスマホから検索できます。

「何のためにやっているのか?」と言われ答えられない練習は直ちにやめるべきです。

また、練習メニューを立てずにコートに立つ指導者もたまにいると思います。その場で「次はこれや、これや」で気分でメニューを決めていく・・・
これも「どうかな?」と私は思ってしまいます。
メニューを立てて、状況に合わせて柔軟に変更していくのは良いと思いますが、全く立てずにその日その日を消化していくやり方では伸びていかないと思います。
「しっかり準備せぇ!」と生徒には怒るのに、自分自身が準備出来ていないようでは生徒に笑われてしまいます。
選手は指導者に似ます。準備が出来ない指導者には準備が出来ない選手が育っていきます。

練習メニューさえも立てない指導者は、たぶん試合でも作戦を立てずに選手を送り出すでしょう。そういった指導者に限って、負けると「何やってるんだ!」「何で出来ないんだ!」と怒りを選手にぶつけます。
原因は全て我に有り。なのです。
その場しのぎの練習をしていると、指導者も選手もプレーや態度がその場しのぎになってしまうと思います。

たまのラッキーパンチで勝つことはあっても、勝ち続けることは困難でしょう。


授業をするのに必ずレジュメを作ってそれを基に授業を進めるはずです。
大事な会議やプレゼンをぶっつけ本番やその場しのぎでやる社員などいないはずです。

普段の練習から、出来れば前日、最低でもコートに立つ前までにはメニューを組み立てておきましょう。
その場しのぎの練習は生徒は気付くものです。

さて、また次回に続きます!

基礎的な練習や、実戦的な練習も「JASP(ジャスプ:ジュニアアスリートサポートプログラム)」で数多くご紹介しています。
登録は無料‼ぜひご覧下さい‼


JASPに登録しよう!

58a6aa64-s











機関誌 「ソフトテニス」 8月号を紹介します!

ソフトテニスオンラインをご覧の皆様
こんにちは!
編集部のふくじーにょです!

(公財)日本ソフトテニス連盟の機関誌「ソフトテニス」の
17年8月号を紹介します。

スクリーンショット (49)

【表紙写真】

7月下旬に滋賀県で開催された「第34回 全日本小学生ソフトテニス選手権大会」。写真は女子個人戦で優勝を飾った前川・中谷ペア(兵庫.明石ジュニアクラブ)

 

(写真提供:ベースボールマガジン社)



8月号のトップバッターは、「第62回全日本実業団ソフトテニス選手権大会」。男子はNTT西日本が底力を見せて3連覇を達成しました。一方、女子はヨネックスが26年ぶり2度目の優勝を果たしました。本誌では、福井県ソフトテニス連盟による男女準決勝と決勝のレポートが掲載されています。

ph01-IMG_6504
ph06-IMG_6135

続いて掲載されているのは「第34回全日本小学生ソフトテニス選手権大会」と「第48回全国中学校ソフトテニス大会」。どちらも男女個人戦と男女団体戦の4種別が行われました。各種別の優勝〜第3位は写真が掲載されています。

他にも、「第72回東日本ソフトテニス選手権大会」や「第71回西日本ソフトテニス選手権大会」、「第44回全日本レディースソフトテニス大会(個人戦)」が載っています。優勝ペアは写真が掲載されていますのでチェックしてみてください!

機関誌の購読については以下のサイトより
お申込みください。
http://www.jsta.or.jp

秋の気配を感じる今日この頃、
ソフトテニス日和が続きそうですね。

では、また来月にお会いしましょう!


〈目次〉
・第62回 全日本実業団ソフトテニス選手権大会
・第34回 全日本小学生ソフトテニス選手権大会
・第48回 全国中学校ソフトテニス大会
・全日本アンダー20女子チーム合宿報告
・第72回 東日本ソフトテニス選手権大会
・第71回 西日本ソフトテニス選手権大会
・第44回 全日本レディースソフトテニス大会(個人戦)
・ようこそ!「専門委員会」へ
    Vol.5 審判委員会
・地区大会・地方大会
・学連ニュース
・支部ニュース
・大会運営システム等を開発 増山良夫先生を偲んで
・次号予告

全日本社会人選手権(熊本ぶらり旅編)

0911zennihonshakaijin_01og

こんにちは。
ソフオンブロガーの荒川です。


先のブログ記事でもご紹介したように、全日本社会人選手権のために熊本まで行ってきました。


観戦編、選手編につづく熊本3部作の完結編です。


0911zennihonshakaijin_02


全シャカの試合会場となっている熊本県民総合運動公園は、熊本空港からほど近く。



今回は、知り合いや同じクラブの人たちと同行できたので、空港、コート、ホテルの行き来はタクシーを利用しました。

熊本のタクシーのおっちゃんは面白い人ばかりです。


大会前日の金曜午前中に会場入りしたので、コートが空いているうちにみっちり前日練習を終えるとお昼は近くのラーメン屋へ。


ものすごいド派手な店構えの「文龍」。

熊本でも有名なお店だそうです。

0911zennihonshakaijin_03


初めて食べる本場の熊本ラーメン。


0911zennihonshakaijin_04


お店のおすすめにもなっている、こってこての豚骨ラーメンをいただきました。

ここぞとばかりに替え玉まで頼んで、大満足。



お目当ての熊本ラーメンを堪能したあとは、ホテルへチェックイン。

部屋でシャワーを浴びて一休みしたら、熊本市内観光に出かけます。


今回、朝のコートへの移動がしやすいように、会場の最寄り駅であるJR三里木(さんりぎ)駅前のホテルに宿泊しました。

熊本市街地までは少し離れていますが、駅前なので移動は楽チンです。


それにしても、三里木駅はなんともフォトジェニックな駅でした。

0911zennihonshakaijin_05



電車に揺られること30分ほど。

せっかく熊本まで来た以上、熊本城を見ないわけにはいきません。


広大なお城の敷地はまるで大きな公園のようですが、昨年4月の熊本地震以来、まだあちこちに立ち入り禁止の区域が残っています。

石垣が崩れたままの箇所や、壊れた櫓などが外からでもはっきりとわかります。

0911zennihonshakaijin_06


テレビのニュースでは何度も目にしていた光景ですが、実際に熊本地震の爪痕をこの目で見ると、その地震の凄まじさがありありと想像できます。

最大震度7、マグニチュード7.3は1995年の阪神・淡路大震災と並ぶ規模だそうです。


0911zennihonshakaijin_07


この崩れた石垣を元どおりに戻すだけでも、途方もない時間と労力が必要です。


長い上り坂を進むと、熊本城を築城した加藤清正公を祀る加藤神社がお目見え。

0911zennihonshakaijin_08


0911zennihonshakaijin_09


この加藤神社も相当な被害を受けたそうですが、今は修復がされているようです。


0911zennihonshakaijin_10


手前に見えるのは重要文化財の宇土櫓。

熊本城では、大小天守に次ぐ「三の天守」と言われるほど大きな櫓で、江戸時代からの残る唯一の五階櫓です。

そして、奥にある建設現場のような足場に囲われたのが熊本城の天守です。


本来であれば、この加藤神社の境内から熊本城の勇姿が間近に拝めるはずだったのですが、まだまだ復旧には時間がかかりそうです。

0911zennihonshakaijin_11


清正くん、また来るよ!



0911zennihonshakaijin_12


0911zennihonshakaijin_13


0911zennihonshakaijin_14


熊本地震から1年以上が経ってこの状況です。

城内の様子が、地震被害の甚大さを物語っています。

家屋倒壊や地割れなど、もっとも被害の大きかった益城町から熊本城までは10kmほどの距離にあります。


実際に被災地の状況をこの目にすると、自然の前にいかに人間が無力であるかを思い知ります。

しかし、人の手によって造り上げられたものは、いくら壊れたとしても必ずまた人の力によって新しく創り出すことができます。

0911zennihonshakaijin_15


城下にはまるで今でも城を守っているかのように、堂々たる姿の加藤清正公がにらみをきかせています。


築城からこれまでにも幾多の災害に見舞われたり、明治時代にも西南戦争の戦場となり天守を焼失するなど、危機に瀕してはそのたびに復興を遂げてきた熊本城。

清正公の意思を受け継いだ肥後もっこすたちの誇りでもあるこの城は、たとえ時間がかかったとしても必ずまたその壮麗な姿を見せてくれるはずです。




0911zennihonshakaijin_16


熊本市街地は、市電で移動ができます。

路面電車の風情がぶらり旅を盛り上げてくれます。


0911zennihonshakaijin_17


日も暮れて、熊本市内の繁華街、下通(しもとおり)アーケードへ。

熊本は初めての私ですが、せっかくならその土地の名物を食べるのが旅の醍醐味です。


0911zennihonshakaijin_18


0911zennihonshakaijin_19


0911zennihonshakaijin_20


熊本名物、辛子蓮根、あか牛、馬刺し・・・。

どれも絶品です。



そして、締めはやっぱり熊本ラーメンで。

0911zennihonshakaijin_21


0911zennihonshakaijin_22


こちらも有名店の「天外天」。

ニンニクの効いたあっさり目の豚骨ラーメンは、これまた絶品。


あまりの美味しさに欲張ってやや食べ過ぎた感がありますが、翌日の試合に備えてホテルに帰って早めに就寝。




そうでした。

ここ熊本へは試合で来ています。

0911zennihonshakaijin_34


0911zennihonshakaijin_23


試合は残念ながら1試合で終わってしまったため、いろんな意味で消化不良です。



そして、次の夜もまた街へ繰り出します。

この日は試合の反省会。

残念ながら一緒に行ったメンバーは誰も大会2日目に勝ち残ることは叶わず、翌日試合がないのをいいことに飲み会は盛り上がります。

0911zennihonshakaijin_24


馬刺しサイコー!

試合で負けた悔しさも吹っ飛びます。



もちろん、締めは熊本ラーメン。

0911zennihonshakaijin_25


0911zennihonshakaijin_26


こちらは正統派熊本ラーメンとうたう「黒亭」。

うん、その言葉に偽りはありません。

(このブログ記事を書いていたら、思い出してまた食べくなっちゃった・・・)


0911zennihonshakaijin_27





大会2日目となる日曜は朝から試合を観戦。

決勝までゆったり観戦できるようにと、帰りは夜遅い便を取っていましたが、試合進行は順調で14:00過ぎにはすべての試合が無事に終了しました。

よって、試合が終わると会場をあとにしてまたぶらり旅へ。


地元の人でもなければ知りえないような名物も堪能します。

0911zennihonshakaijin_28


このフジイの唐あげは、ペアを組んでいただいている前川さんの元ペアの方から「熊本行くならここはマストです」と教えていただいたお店。

安くてあまりに美味しい唐あげに速攻で飛びついてしまい、写真を撮るのも忘れちゃいました。



すでにホテルはチェックアウトしているため、飛行機の時間までに疲れを癒すオアシスを求め、さまようジプシーたち。

0911zennihonshakaijin_29



無事に目的地に到着です。


0911zennihonshakaijin_30


ゆっくり温泉に浸かって、リフレッシュ。


0911zennihonshakaijin_31


風呂上がりは、これで決まりでしょう。



試合して、観光して、美味しいもの食べて、温泉に入って・・・。


最高かっ!



大好きなソフトテニスをしながら、全国各地を回って旅ができたらどんなに楽しいだろう。

なんとなくそんなことを思っていたら、この熊本で夢が実現しました。

ただの旅行じゃなくて、全国大会の試合で来ているというのもまた嬉しさを倍増をさせてくれます。

一緒に来られた仲間がいることにも感謝です。


こうなったら、なんとか頑張って毎年全シャカに出場したいというモチベーションが湧いてきます。


来年は静岡開催です。

(浜名湖のうなぎ、富士宮やきそば、浜松餃子・・・。)




楽しい旅も終わりを告げ、熊本空港へ。

0911zennihonshakaijin_32


いろいろな出会いもあったり、試合で経験したことやトップ選手の試合を見て勉強になったことなど含め、たくさんの収穫があって充実した旅でした。

ありがとう熊本、今度は家族を連れてまた来ます!



過去記事:平成29年度 全日本社会人ソフトテニス選手権大会(観戦編)


過去記事:平成29年度 全日本社会人ソフトテニス選手権大会(選手編)




sofmeshi_eyecatch_st-on

[ソフトテニス・オンライン]
ソフトテニス・オンライン

Twitterで更新情報を発信しています
ソフトテニス部でよくあることをつぶやきます。@いただいた投稿のうち優秀作品はbotに追加します。 By ソフトテニスのポータルサイト【ソフトテニス・オンライン】http://t.co/8y6bhL2EPB
ぉまみのブログ「ソフトテニス☆サプリメンツ」はこちら

最新記事
PageView

    記事検索
    月別アーカイブ