[全中優勝ペアが大学で再会!]早稲田大の合宿に来てみたよ!part1 激闘の始まり

IMG_7355

こんにちは。ソフトテニス・オンラインの取材サポーターになることになりました、「鉄さん」と申します。

さて、本日より早稲田大学の合宿にお邪魔しています!男子は史上初のインカレ七連覇を、女子は王座奪還を狙う早稲田大学”軟式庭球部”。

  • イベント名:早稲田大学軟式庭球部 高知合宿
  • 開催場所:高知県東部総合運動場テニスコート
  • 開催日:男子 3月13日(火)〜3月19日(月)
  • 開催日:女子 3月14日(水)〜3月19日(月)

今年は高知合宿が初めて行われてからなんとちょうど40年目とのこと!

第一回は昭和54年卒業の武士・水田ペアだったそうです。現在使用している東部総合運動場は当時はもちろん無く、土佐高校にて練習を行ったとのこと。

それから毎年行われていた訳ではないけれど、定期的に合宿を実施しながら現在では毎年高知で実施し、大変お世話になっているとのこと。

中京大学との合同合宿から今では中学生や高校生も集まり、記念大会も開催され1つの大きなイベントのようになっています。


IMG_7349
毎年多くのOB・OGが練習・応援に駆けつけます

合宿自体は今日で5日目、佳境を迎えていますが、本年度の主将の船水選手を始め4名がナショナルチームの合宿に参加しているため不在となっています。
日本代表に選ばれる選手が軟式庭球部にいることは大変誇らしいことですが、合宿の時期が重なってしまい、全員が揃わないのはちょっと寂しいですね。(先輩には4年間一度も部の合宿に参加出来なかったなんていう人も!)

IMG_7343
船水主将の不在を支える田口主将代行

この時期の1つの楽しみとしては大学入学が決まった新戦力たちの参加です。
今年も有望な選手たちが後輩として早稲田大学に入学、そして軟式庭球部に入部してきます。

IMG_7353
昨年度
主将を務めた高倉選手の弟、元全中チャンプ(元全中チャンプって書くと今はもうチャンピオンじゃなくなっちゃうような気もするけど、正しい表現って何?)


IMG_7354
その高倉選手とペアを組み全中を制した山根選手

大学になってペアが再会するというのも面白いですね!

IMG_7351
インカレチャンピオンのOB、黒羽選手

IMG_7356

IMG_7357

この方、早稲田内では大変話題になるOBさんとのこと



夜は夜でOB/OGによる稲門会が実施されました。いくつかのハプニングに見舞われながらも大先輩から若手まで楽しく交流させて頂きました。

IMG_7358
そして夜は更けていく・・・

昨日まで雨だったようですが、今日は天候にも恵まれて残りの日程も良い天気だといいなーと願ってます
また続報入れます!

パート2へ続く


取材、写真:鉄さん

参考URL:

早稲田大学軟式庭球部 ニュース

<編集部よりお知らせ>

鉄さん も活躍中!

地域の大会結果を発信しませんか?(取材サポーター募集)




【週刊NEWS】トスで磨いたサーブ/2018年3月18日(日)号

20180318_001
<Photo: 「YONEX HP」より>

ソフオン読者のみなさん、こんばんは!
ソフオン編集部 Hoshoです。

 トスで磨いたサーブ〜林湧太郎選手
- 毎日新聞(ニュース)(2018/3/10更新)
https://mainichi.jp/articles/20180310/ddl/k29/050/546000c
高田商業高ソフトテニス部の林湧太郎選手は、正確なサーブ力を生かし、今年度の高校選抜大会(団体)、高校総体(個人)、国体(団体)でいずれも優勝を果たした。元は苦手だったサーブだが、いろいろな練習を試行錯誤することで、試合を有利に進める武器に磨き上げた。(本文より)
【編集部 Hosho】

 2018年好スタート!新生ヨネックスチーム
- YONEX HP(2018/3/12更新)
http://www.yonex.co.jp/soft_tennis/news/2018/03/1803121700.html
新チームとなったヨネックスは、1番手を務めた森田奈緒&吉田栞里が準々決勝から決勝まで白星をおさめて波に乗り、関西大学Aとの決勝戦も森田&吉田、徳川愛実&黒木瑠璃華が連勝。2018年最初の団体戦タイトルを獲得しました。(本文より)
【編集部 Hosho】

 【写真】アジアカップ〜ワタキュー
- Watakyu Seimoa Soft Tennis Team(2018/3/11更新)
https://ameblo.jp/kiyouken/entry-12359528345.html
第22回アジアカップひろしま国際ソフトテニス大会についての記事が掲載されています。
【編集部 Hosho】

 ボールの寄付ありがとうございました!
- まさとぶろぐ@カンボジア(2018/3/16更新)
https://ogiwaramasato.net/
カンボジアへのボール寄付に関する記事が掲載されています。
【編集部 Hosho】

アジアカップひろしま国際ソフトテニス大会(広島ぶらり旅編)

2018asia-cup_trip01_og


こんにちは。
ソフオンブロガーの荒川です。


今回、アジアカップひろしま国際ソフトテニス大会の観戦のため、初めて広島を訪れました。


関東在住の私からすると、広島は遠いというイメージでしたが、夜行バスでたったの12時間!!

夜行で朝現地に着いてその日の夜行で帰るという、ほぼ日帰り強行スケジュールではありましたが、むしろ時間を有効活用できてよかったです。


前職の一時期、頻繁に海外出張をしていたことがありましたが、そのときはトランジットも含めて片道12時間を毎月行ったり来たり。

それに比べれば、12時間バスのリクライニングシートに横になっているだけで目的地に到着できるのだから、よほど楽なものです。


日本国内にもまだまだ行ったことがない場所はたくさんありますし、もっとアグレッシブに行動してあちこち訪れてみたいと思います。



アジアカップの会場である広島翔洋コート(中央庭球場)は、アクセスの良い広島市街地の好立地にあります。

2018asia-cup_trip02



平成6年に初めてソフトテニスが正式種目に採用された第12回アジア競技大会、そして平成15年には第12回世界ソフトテニス選手権大会が、ここ広島翔洋コートで開催されています。

アジア大会や世界大会が行われた会場でもあるだけに、非常に素晴らしいコートでした。

やはり、競技普及のためには環境整備も大変重要です。



今回はほぼ日帰りだったので行ける場所は限られましたが、せっかくなのでいろいろ見てきました。


会場と道を挟んですぐ向かいに、広島城があります。

2018asia-cup_trip03


コンビニへ買い出しに行くついでに、広島城を取り囲む立派なお堀の周りをぐるりと散歩。

これだけでも観光気分を満喫できます。



大会は16:00頃に終了したので、その後は周辺散策。

初めて広島に来たら、やはりここに来ないわけにはいきません。

2018asia-cup_trip04


2018asia-cup_trip05


テレビや写真では何度も目にしているその姿ですが、実際に自分の目で見て肌で感じるのでは、まったく違います。

73年前のその日に、ここで何が起こったのかが鮮明に浮かんできます。


2018asia-cup_trip06


どうしても行ってみたかった平和記念資料館にも滑り込み、閉館間際までその展示の数々を食い入るように眺めていました。


「戦争反対」「核廃絶」と、言葉でいえば簡単なことに対して、これまで人類がいかにして取り組み、なぜいまだ解決に至ることができないのか。

どこか自分とは遠い世界にある「戦争」という漠然としたイメージではなく、ここで暮らしていた人々の平穏な生活が一瞬にして崩れ去り、その後もいかに大きな爪痕を残してきたか。

とても、私の陳腐な一言では言い表すことができませんが、いくら教科書で勉強してもどこか自分ごととは思えないその惨禍を、ここに立つとありありと感じることができます。


2018asia-cup_trip07


人類の犯したあまりにも大きな過ち。

そうした負の遺産だとしても、そこから目を背けず、向き合い、何ができるのかを考える。

決して忘れないために語り継ぐことがいかに大切かを思い知ります。


子供たちが大きくなったら、彼らを連れてまたここに来たいと思います。




奇しくも、この日は3月11日。

2018asia-cup_trip08


東日本大震災から7年。

原爆ドーム前の河岸では、追悼の集いが行われていました。


思いがけず、命の尊さに思いを巡らせます。

こうして生かされていることに感謝をしなければなりませんし、日々を精一杯生きなければなりません。



この日試合会場でも、東北地方太平洋沖地震のあった14時46分には、進行を一時中断して選手、観客全員で黙祷を捧げました。

2018asia-cup_trip09


この平和記念都市広島で、国を越えた交流、親善を目的とした国際大会が脈々と続いていることが非常に意義深いことです。

運営にあたられている広島県ソフトテニス連盟、広島市ソフトテニス連盟の方々をはじめ、多くの関係者のご尽力による賜物です。


2018asia-cup_trip14


ソフトテニス競技全体にとっても、国際普及というのは発展のための大きな鍵でもあります。

世界平和の話とも共通しますが、人間一人のできることはとてもちっぽけです。

それでも、そうした一人一人の意志や想いが重なり合えば、やがて大きな流れをつくることだってできます。

スポーツを愛する一人の人間として、いちソフトテニス愛好者として、微力ながら自分なりの貢献ができれば幸いです。




帰りのバスまでのわずかな時間で、街をぶらり歩きます。

2018asia-cup_trip10


広島にはJリーグチームもあり、プロ野球チームもあり、有名な観光地や美味しいものまで盛りだくさんです。

住むにも旅行に来るにも、魅力が溢れています。


広島に来たら、やはりこれだけは外せないというものがあります。


2018asia-cup_trip11


せっかくならばと、ネットで調べた行列必死という人気店へ。


2018asia-cup_trip12


これで、ミッションコンプリート。

ええ。

ベタと言われようが、お構いなしです。



2018asia-cup_trip13


初めての広島でしたが、想像以上に良いところでした。

必ずまた来ます!



関連記事:第22回 アジアカップひろしま国際ソフトテニス大会(観戦編)




softtennis_blog

【3/31までの限定企画】エクサーバンドまとめ買いキャンペーン

1be083a3-s


皆さん、こんにちは。トレーナーの市山です。
 
今回は、先月にご案内させていただきました『エクサーバンドまとめ買いキャンペーン』について、リライトさせていただきます!
 


こちらのキャンペーン、大変ご好評をいただいており(皆さまありがとうございます!)、

なんと!!!

キャンペーン期間を3月31日まで延長
させていただくことになりました! 

この機会に是非、ご活用ください!
 

??????????? いキャンペーン


<エクサーバンド料金>
1本 / SIメンバー価格・・・3,780円(税込)

◾️ジャンピングトレーニングなど、全身のトレーニング負荷としてご活用いただけます。
◾️また、肩関節の可動域が重要となるソフトテニスでは、ウォーミングアップでご使用いただくとパフォーマンスアップに効果的です!!


<エクサーバンドの使用方法>
「スポーツインテリジェンスHP / S.I.shopページ」にて動画配信中!


さらに!

チームでまとめてご購入いただきますと、トレーニング器具商品プレゼント!
もしくは、エクサーバンドのトレーニング方法を含め、指導を行かせていただきます!



ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください!

<お問い合わせ先>
スポーツインテリジェンス株式会社
大阪市北区中津1-2-18 ミノヤビル5階
TEL:06-6359-8171  
FAX:06-6359-8172
担当:市山




※ウォーミングアップ、トレーニング方法についての質問、疑問などがございましたら、

までお寄せください!質問および回答を当メルマガにてご紹介させいただきます。
(全てのご質問にはご回答できない場合もございますので、ご了承ください)


スポーツインテリジェンスHP

http://www.sports-intelligence.jp/


からだサポート【S.I メルマガ】登録フォーム

https://plus.combz.jp/connectFromMail/regist/cpfw9543

4660323a

スポーツインテリジェンスのトレーナー記事が誰よりも早く読める! 
メールマガジン「部活運営のヒント」(無料)の購読登録はこちら
    

アジアカップひろしま国際ソフトテニス大会(観戦編)

2018asia-cup_1_01og


こんにちは。
ソフオンブロガーの荒川です。


年に一度開催される国際大会を観戦するため、広島まで行ってきました。


この「アジアカップひろしま国際ソフトテニス大会」は国内の実業団、クラブチームや大学、高校をはじめとして、海外チームも参戦して団体戦で争われます。

また、都道府県単位の選抜チームや、クラブの枠を超えた連合チームなどでも参加することができます。


2018asia-cup_1_02


男子144チーム、女子51チームのエントリーによる大規模な大会は、2日間の日程で行われます。

初日は周辺会場に散らばり男子は4回戦、女子は2回戦までが実施され、勝ち残ったベスト16以上のチームが2日目ここ広島翔洋コートへ結集します。


今回、海外勢として韓国からは国体優勝の陰城郡廳(男子)とNH農協銀行(女子)。

そして中華台北、インドネシア、タイ、フィリピンからはナショナルチームも参加しています。


2018asia-cup_1_03



2018asia-cup_1_05


2018asia-cup_1_04



国際大会、しかも団体戦ということで、各チームとも応援にも熱がこもり、独特の緊張感があります。

2018asia-cup_1_12


2018asia-cup_1_07



2日目に勝ち残ったチーム同士の対戦は、どれも見ごたえ抜群でした。

国内有力チームと海外勢の対決はもちろんのこと。

2018asia-cup_1_09


2018asia-cup_1_06



国内勢同士の対戦においても、名門実業団チームとクラブチームの対戦だったり、

社会人と学生それぞれのトップチーム同士の頂上決戦など、見所が満載です。

2018asia-cup_1_10


2018asia-cup_1_08



どのコートでも魅力的な対戦カードが繰り広げられるため、あっちもこっちも見たくて体が一つではとても足りません。


2018asia-cup_1_11


これだけの規模で、実業団、学生、クラブチーム、さらには海外チームが入り混じって、それぞれのカテゴリーの枠を超えて争う団体戦という大会はそうそうありません。

勝ち負けはさて置き、市民クラブやサークルの選手が国際大会の舞台で実業団のトップチームや、海外の代表チームと直接試合できる機会なんて普通なら滅多にありません。

ソフトテニスを通じて国際交流や親睦を深めるという大会の趣旨も考えれば、観るだけでなく参加するのも大いにアリな気さえしてきます。




激戦のトーナメントを勝ち抜いてきたのは、全日本アンダー20代表選手で構成された「ワンダー20」チーム。

2018asia-cup_1_14



迎え撃つ、日本リーグを8連覇中の最強実業団チーム「NTT西日本」も気合い十分です。

2018asia-cup_1_15




2018asia-cup_1_16


2面展開の決勝戦は、お互い1勝ずつあげて3番勝負へ。

第3対戦では、アンダー20代表の高倉・高村ペアが、現役天皇杯チャンプの村上・水澤ペアをゲームカウント3-1リードとあと一歩まで追い込みます。

2018asia-cup_1_17


しかし、最後はファイナルに追いついた村上・水澤ペアの貫禄勝ちでした。


2018asia-cup_1_19



今大会でも、その強さを見せつけたNTT西日本は、見事大会3連覇です。

2018asia-cup_1_20




決勝で敗れはしましたが、この3月で上宮高校を卒業し4月からNTT西日本の一員となる広岡宙選手も、随所に光るプレーを見せていました。

春から社会人としての活躍が楽しみです。

2018asia-cup_1_18




男子決勝と同時進行となった女子決勝はゆっくり観ることができませんでしたが、ヨネックスが関西大学を抑えて、2年ぶり3度目の優勝を果たしています。

2018asia-cup_1_24





第22回(2018)アジアカップひろしま国際ソフトテニス大会 試合結果

広島市ソフトテニス連盟
http://www.ne.jp/asahi/st/hcsta/index.htm



この大会、個人的に一番の注目は、NTT西日本を今大会をもって引退する岩圭選手です。


過去記事:岩圭クンと私


同じく今大会で引退する原侑輝選手とのペアで、今シーズンは全日本社会人、天皇杯ともに5位で、全日本ランキングでも8位。

まだまだやれるだけに惜しまれる引退です。

2018asia-cup_1_21


2018asia-cup_1_22


個人的にはもっと長い間その活躍を見ていたかったですが、長いことソフトテニスから離れていたのは私のほうなので仕方がありません。

私が直接見ることができたのは引退間際の1年ちょっとでしたが、その勇姿は多くのソフトテニスファンの記憶に刻まれているはずです。

私も身近な後輩が最高峰の舞台で活躍する姿に、たくさんの勇気をもらいました。


この先は、また選手時代とは違ったかたちでソフトテニスに関わり続けてもらえたら嬉しいです。

長い間のご活躍、本当にお疲れさまでした!!


2018asia-cup_1_23





第22回(2018)アジアカップひろしま国際ソフトテニス大会 注目動画

男子/決勝(第2対戦)
原・岩ペア(NTT西日本) 対 中平・米澤ペア(ワンダー20)



SOFT TENNIS Navi
https://www.youtube.com/c/SOFTTENNISNavi




softtennis_blog

[ソフトテニス・オンライン]
ソフトテニス・オンライン

ぉまみのブログ「ソフトテニス☆サプリメンツ」はこちら

最新記事
PageView

    記事検索
    月別アーカイブ