O-Type(岐阜)のクラブチームナビを新規登録

こんばんは!
ソフオン編集部のHoshoです。

「O-Type」

さんのクラブチーム・ナビを新規登録しましたので、お伝えいたします。

O-Type(岐阜)
http://st-on.jp/CLUB/600178.html


登録がまだのクラブ・大学の方のご登録をお待ちしております!

【週刊NEWS】初の王座出場権を獲得!/2017年5月30日(火)号

softtennis5__1
<Photo: 大阪体育大学 HPより>

ソフオン読者のみなさん、こんばんは。
ソフオン編集部 Hoshoです。

周りで風邪が流行っていて、体調を崩している方が多いです・・
季節の変わり目だからですかね(^^;
皆さんもお体にはご自愛ください。

 初の王座出場権を獲得!〜大阪体育大学
- 大阪体育大学 HP(2017/5/19更新)
https://www.ouhs.jp/news_club/cl_17_05_18_1/
大阪体育大学男子は1部リーグ3勝2敗で準優勝の成績を収め、初の東西六大学王座決定戦出場権を獲得しました。
【編集部 Hosho】

 【写真】ワタキューカップ ポーランド・ドイツ
- Watakyu Seimoa Soft Tennis Team(ブログ)(2017/5/28更新)
http://ameblo.jp/kiyouken/entry-12278689121.html
大会結果と写真が掲載されています。
【編集部 Hosho】

 新しい後衛用ラケット「DI-Z AERO」
- MIZUNO HP(2017/5/19更新)
http://www.mizuno.jp/softtennis/news/product/170519-st-di-zaero.html
後衛用先軽ラケット「DI-Z AERO」2017 年7月上旬発売いたします。
ソフトテニスのプレースタイルは多様化。後衛選手の中でもラケットを素早く操作し、速いラリーに より自分の展開に持ち込むプレーヤーが増えてきています。「DI-Z AERO」のコンセプトは、この、 素早く、速いラリーのなかでプレーヤーが正確なボールコントロールを可能にする新しい後衛用ラケッ トを目指し開発いたしました。(本文より)
【編集部 Hosho】

 カンボジアにソフトテニスを根付かせたい理由
- まさとぶろぐ@かんぼじあ(ブログ)(2017/5/24更新)
https://ogiwaramasato.net/
カンボジアでソフトテニスのナショナルチームのコーチと、農村にスポーツ教育を促進する活動を行っている方のブログです。
【編集部 Hosho】

機関誌 「ソフトテニス」 5月号を紹介します!

ソフトテニスオンラインをご覧の皆様
こんにちは!
編集部のふくじーにょです!

(公財)日本ソフトテニス連盟の機関誌「ソフトテニス」の
17年5月号を紹介します。

スクリーンショット (45)

【表紙写真】

5月13日と14日にかけて香川県高松市で開催された「第24回全日本シングルスソフトテニス選手権大会」。写真は男子の部で優勝を飾った船水颯人(早稲田大学)

(写真提供:ベースボールマガジン社)

 


5月号のトップを飾るのは、5月13日と14日の2日間にわたって香川県高松市で開催された「第24回全日本シングルスソフトテニス選手権大会」の全結果です。
男子は船水選手が2年ぶり2度目の優勝を遂げ、女子は徳川選手が2連覇を飾りました。

P3-ph01-男子優勝 船水颯人
P3-ph02-女子優勝 徳川愛実

他には、ナショナルチーム女子と全日本アンダー17男女チームの強化合宿の報告や先月号から始まった連載企画「ソフトテニス日本リーグ チームガイド」と「ようこそ!「専門委員会」へ」も掲載。今月号で紹介する男子チームはアキム、女子チームはベストです。また、専門委員会は総務委員会を紹介します。
 
さらに、持っておくとなにかと重宝する「都道府県連盟及び学連の連絡先一覧」やニュージーランドのオークランドで行われた「ワールドマスターズゲーム2021関西」のレポートなどなど、今月号も読みごたえがありますよ。

機関誌の購読については以下のサイトより
お申込みください。

全国的に猛暑が続く中、
熱中症に気をつけてソフトテニスを楽しみましょう。

では、また来月にお会いしましょう!

〈目次〉
・速報! 第24回全日本シングルスソフトテニス選手権大会
・ナショナルチーム女子強化合宿報告
・全日本アンダー17男女チーム合同強化合宿報告
・ソフトテニス日本リーグ チームガイド
    男子 アキム  女子 ベスト
・ようこそ!「専門委員会」へ
    Vol.2 総務委員会
      ・会員登録制度部会
      ・IT部会
・都道府県連盟及び学連の連絡先一覧
・海外レポート 「WORLD MASTERS GAMES 2021 KANSAI」に向けて
・地区大会/地方大会
・学連ニュース
・支部ニュース
・Soft Tennis Information 情報コーナー
・次号予告



ではでは!






大人も熱いッ!!関東選手権大会

こんにちは。
ソフオンブロガーの荒川です。

行ってきました、茨城県神栖市!

知らないとなかなか読めない「かみす」市です。

0529kanto_01_og



5月27日(土)と28日(日)の2日間、ここ茨城県の神栖海浜公園と鹿島ハイツスポーツプラザを会場に社会人の関東選手権が開催されました。

関東1都7県の予選を通過した選手たちによって、2日間に渡って熱戦が繰り広げられます。

0529kanto_02


0529kanto_03


0529kanto_04



今年は、男子「シニア80の部」が初めて8ペアエントリーにより成立したそうです。

これまでも80歳以上の選手の参加自体は可能でしたが、エントリー数が規定に満たない場合は、下のクラス(シニア75)での出場となります。

高齢化社会にあって、これからますます元気なアクティブシニアが増えていくのを象徴したような、こうしたトピックは嬉しいものです。


というわけで今大会は、下は高校生から上は80代のおじいちゃん、おばあちゃんまで、総勢1,107ペア、実に2,200人以上が参加しています。

まさに、孫と一緒に楽しめる国民的生涯スポーツ、ソフトテニス!!


0529kanto_05




関東選手権は規模な大きな広域大会ですので、年齢別のクラスによって会場と日程が分かれています。

今回私が見に行った大会2日目の神栖海浜公園では、一般男女の勝ち残り(ベスト32)と、シニア男子45、成年女子、シニア女子60/65/70が実施されました。

0529kanto_06



会場で知り合いに声を掛けると、「あれ?成年男子って昨日じゃない?」と不思議がられました。

「いやいや、私バッチリ予選で負けてますからっ!! 観戦です!」


過去記事:目指せ、関東大会出場!! 13年ぶりの県予選



どうしても有名選手や強豪ひしめく一般の試合に目が行きがちですが、成年やシニアのクラスもそれぞれ熱いです。

この日実施されていたシニア45男子の部は、現在自分が該当する成年のすぐ上のクラスであり、また大学の先輩が活躍されていることもあって興味深く見ていました。


0529kanto_07



自分よりも5〜10歳くらい上の人たちですが、さすが関東大会に出場する選手たちはみな上手です。

往年の名選手が衰えを知らないプレーを見せているかと思えば、30歳を過ぎてからソフトテニスを始めたという人がとんでもなく強くてビックリしたり。

さらには、シニア45の部で準優勝した前衛の方が63歳と聞いてまたビックリ!

ちなみに決勝まで、あの暑いなか6試合戦っているだけでもすごいです。

自分だったら、とてもあそこまで動けません。。


自分よりも上の世代の方々の試合を見て、真剣に練習すれば、きっと大人になってからでも強くなれるんだと励みになりました。

勢いのある若手を熟練の技で押さえ込んだり。

学生時代にまったく歯が立たなかった相手に何十年かあとになって勝ったり。

やはり、好きで長く続けたもん勝ちです。

プロもない、オリンピック種目でもない、アマチュアスポーツだからこその楽しみ方がソフトテニスにはあります。


私もシニア80までに日本一を目指して、初心に返って頑張ります。


0529kanto_08




一般の部では、実業団チーム、社会人クラブチーム、学連の選手たちがしのぎを削り、実力ペア同士の対戦が目白押しでした。

日本代表クラスの選手も多数出場していることもあり、どの試合も見応えがあります。

0529kanto_09



0529kanto_10
一般男子の部/優勝
内本・星野ペア(学連/早稲田大学)


0529kanto_11
一般女子の部/優勝
笠井・尾上ペア(学連/日本体育大学)



関東ソフトテニス選手権大会 試合結果
茨城県ソフトテニス連盟 > 大会結果 > 平成29年度第68回関東ソフトテニス選手権大会




自分が前衛なので、上手い前衛のプレーには自然と目がいきますが、早稲田大学の星野選手のプレーには何度も息を呑みました。

現役天皇杯チャンプ(船水颯人選手/)の繰り出すローボレーは、まるで魔法のようでした。

やはり、生で凄いプレーを目の当たりにすると、みるみるファンになってしまいます。



0529kanto_12



ちょっと遠かったけど、やっぱり見に行ってよかったです!

でも、せっかくなら見るだけじゃなくて自分もコートに立って試合がしたいものです。

来年こそは選手として出場できるよう、練習に励みます!



関東ソフトテニス選手権大会 注目動画

一般男子/決勝戦
村田・山本(学連/日本体育大学)対 内本・星野(学連/早稲田大学)



一般女子/決勝戦
笠井・尾上(学連/日本体育大学)対 森田・神谷(東京/ヨネックス)



SOFT TENNIS Navi
https://www.youtube.com/c/SOFTTENNISNavi



sofumeshi_softon


【NTT堀より】 一流選手の修正力




こんばんは。NTT西日本の堀です。
今回は私から寄稿します!


「ビビって何も出来ませんでした」
「練習でやったことを試合で出せなかったです」
「1本目のミスが響いて最後まで思い切れませんでした」
「何度も“負ける”と思いました」
「メンタルが弱かったです」

誰の言葉だと思いますか?
どこかの中学生?高校生?
誰もがプレーや試合のあとに1度は口にしたことがあるフレーズではないでしょうか?
これは大会を終えた、ある選手の言葉です。

5月中旬、香川県高松市で全日本シングルス選手権が開催されました。
我々NTT西日本は4名の選手が2日目に勝ち進み、ドローの不運もあり、ベスト4掛けで船水選手と丸中選手、準決勝では船水選手と長江選手が同士討ちを行いました。長江選手が勝ち進み、迎えた決勝。相手はNTT船水選手の弟、颯人選手(早稲田大)で、同じ日本代表でしのぎを削る2人の戦いは熱戦が期待されました。
しかし、結果は長江選手のG0-4負け・・・
私も含め、観客の皆さんも信じられない気持ちだったと思います。
厳しいトレーニング、合宿を経て、しっかりとした準備で挑んだ大会だっただけに、長江自身、そしてチーム全体も敗戦を受け入れるには少し時間がかかりました。

はじめのフレーズは、その長江選手が試合後しばらくしてから話をしたときに出てきた言葉です。

長江選手はNTTのエースだけではなく、この数年代表キャプテンとして日本を牽引、シングルス・ダブルス共に日本トップの選手です。

そんな長江選手でさえ、皆さんと同じような精神状態・心理状態になるんだ!!ということがお分かり頂けると思います。


初心者であろうが実力者であろうが同じ人間です。緊張もします。不安になります。ビビります。
大切なのは自分で自分の現状を認めて、コントロールしようと努めることです。
残念ながら長江選手は決勝戦の途中に流れを変えることが出来ませんでしたが、試合後、自己分析・ゲーム分析をし、冷静に自分を見つめ直し、次の目標へと進む準備をしていました。この敗戦をバネに更に強くなっていくと確信しています。

優勝した船水颯人選手も兄、雄太選手も増田健人選手も素晴らしいテニスでしたが、本来の80%位の調子だったと思います。
しかし彼らは調子でテニスをすることがありません。調子が悪いからイライラしたり、物にあたったりすることなく、今日はこのショットの精度が悪いから、こういう戦術で戦おう、こういう展開に持ち込もう等々、出来ないことを悲観したり、イライラしたりすることなく、今(今日)出来ることをしっかり出し切って戦うことが出来ます。

横綱稀勢の里は、高い実力を持ち期待されながらもずっと横綱になれず、大関にとどまっていました。周囲やマスコミからは「メンタルが弱い!」とずっと言われ続けてきました。

稀勢の里は大事な場面、弱気になった際、まばたきが多くなる・眉間にシワが寄るというクセがあったそうです。そのクセを修正し、緊迫した場面でも無表情や少し微笑むように表情を変えたそうです。

そういった些細なことを分析、修正することで、やっと横綱に登りつめました。それだけが横綱になった要因ではありませんが、強くなった要因のひとつとして挙げられると思います。

自分自身をしっかりと“正直に”見つめ、分析し修正していく。これこそが一流選手の証であり、強くなるための秘訣のひとつと言えると思います。これは技術力の高さではなく、初心者でも誰でもすぐに実践できる心構えです。
是非皆さんも参考にしてみてください!

王者になりたければ、まず王者のように振る舞え!という格言もあるように、まずはうまい選手のプレーや振る舞いを見てほしいと思います!
NTT監修のコンテンツ『JASP』の中には好プレー集や実戦練習も数多く紹介しています!うまくなりたい人、強くなりたい人は必見、オススメです。登録無料ですので是非ご覧下さい。

 http://jasp.jp/JASPは登録無料!さぁみなさんも登録しよう!!




[ソフトテニス・オンライン]
ソフトテニス・オンライン

Twitterで更新情報を発信しています
ソフトテニス部でよくあることをつぶやきます。@いただいた投稿のうち優秀作品はbotに追加します。 By ソフトテニスのポータルサイト【ソフトテニス・オンライン】http://t.co/8y6bhL2EPB
ぉまみのブログ「ソフトテニス☆サプリメンツ」はこちら

最新記事
PageView

    記事検索
    月別アーカイブ