春日部オープンに参加しました!

0703kasukabe_01og


こんにちは。
ソフオンブロガーの荒川です。

先週からぐずついた天気が続き、梅雨明けが待ち遠しい季節です。

そんななか、7月2日に開催された春日部オープンに参加してきました。


ペアに誘われて今回初めてエントリーしたのですが、この大会は埼玉県の春日部市ソフトテニス連盟が主催し、近隣の市のクラブの選手が参加しています。


私がよく知らないだけで、こうしたオープンで参加できるソフトテニスのローカル大会は探せばきっと数多くあるのだと思います。


この春日部オープンは、一般、成年、シニア45、55、65とクラスが分かれています。

私がエントリーした成年男子の部と一般男女の部は、同市内の谷原中西側テニスコートで開催されました。

前日まで雨の日が続いていたうえ、試合会場はクレーコートと聞いていましたので、当日まで開催は微妙かなと思っていましたが、なんとか天気ももってくれました。

0703kasukabe_02


綺麗にローラーがかけられたコートを見て、早朝からコート整備していただいた大会運営者の方々に感謝です。

0703kasukabe_03


大会規模としては市民大会よりも若干大きい程度ですが、シニアの部は別会場で行われているため、試合進行にも余裕がありました。

なんとなく交流試合のようなアットホームな雰囲気でした。

腕試しという点でも、あまり試合慣れしていない今の私にピッタリです。


テニスコート隣のグラウンドでは、少年野球の大会も開催されていました。

0703kasukabe_06


グラウンドにこだまする、ちびっ子たちの元気の良い掛け声にほっこり。

まさにスポーツ日和の休日満喫です。


0703kasukabe_04


「今、この一球に全力を!!」


その通り!!

野球もソフトテニスも、一球入魂です。



心配された天気も、日中からはすっかり陽が照って真夏のような暑さでした。

0703kasukabe_05


成年男子の部は、5ペアエントリーでしたので総当たりによる計4試合のリーグ戦です。


炎天下の4試合。

たいてい成年の試合に出ると、簡単に勝てる試合も少ないので何気に体力を消耗します。

0703kasukabe_07


会場に着いてドローを見るなり「今日はリーグ戦だから負けても4試合できるな」などと喜んでいたのもつかの間。

予想以上の暑さにやられました。

最終戦は気力、体力を振り絞ってファイナル粘り勝ち。



結果的に、4戦全勝でなんとか優勝しました!


平成29年度春日部オープンソフトテニス大会 試合結果


横須賀市春季(成年)に続く、今期ローカル大会2勝目です。

過去記事:横須賀市春季ソフトテニス大会に参加しました!


これまでのソフトテニス人生でも、大会で優勝した経験は数えるほど、それももちろん小さな大会だけです。

下手の横好きでも、長く続けているとたまにはいいこともあるものです。

素直に嬉しいッス!



優勝できただけでも嬉しいのに、ソフトテニスの神様からの贈り物はそれだけではありませんでした。


な、な、なんと!


0703kasukabe_08



優勝商品がルーセントのカタログギフト8,000円分!!


市民大会などでも優勝すると、ウェアやラケットバッグがもらえることはありますが、なんと選べるギフトとは!!

最高じゃないですか!!

太っ腹!


春日部市ソフトテニス連盟のみなさん、そして大会協賛のテニスショップ エムズさん、ありがとうございます!

春日部市ソフトテニス連盟
http://kasukabesta.main.jp/

テニスショップ エムズ
http://www.tennis-ms.com/


つい先日ルーセントの内見会に伺って、「新しいウェアいいなぁ。。」と思っていたら、まさかの展開!!


過去記事:ルーセントの新作がズラリ!


この幸運に感謝し、ペアでお揃いのかっちょいいルーセントウェアをお願いしました。

嬉しすぎて、試合の疲れが吹っ飛んじゃいました。

(でも、翌日はしっかり筋肉痛でした。。)


少々気は早いですが、来年の連覇に向けて頑張ります!

そして、成年世代ももっとエントリーが増えて大会がさらに盛り上がってくれたらと、一ソフトテニスファンとして願っています。

私の優勝の可能性は遠のきますが。。


もっと練習せねば。



sofumeshi_softon

メンタルカードで脳をクリアに!集中持続力アップ!

4660323a


皆さん、こんにちは。トレーナーの市山です。
 
梅雨に入り、じめじめとした日々が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

各地では、全国大会に繋がる県大会や地区大会が繰り広げられていますね!
みなさんの最終目標は様々だと思います。
地区インターハイで去年を上回りたい人、県インターハイに出場したい人、全国大会に出場したい人、全国で上位入賞を目指している人。
どの目標の選手にも同様のことが考えられます。
それぞれのレベルに応じて技術練習や体力トレーニングなどの体の準備がそれなりにできても、いざ試合本番のコートに立って「ビビる」「不安になる」「自信がない」など、メンタルが充実していないと、せっかく身に付けた技術を発揮できないままに終わってしまいます。
 
自分の力を出し切るためにも最後のハードル、「メンタルトレーニング」に取り組んでみてはいかがでしょうか。
 
メンタルカード

これは、「メンタルカード」と言われております。
目的は「気持ちの切り替え」と、「集中力を高める」トレーニングに活用されます。
 
ミスをした後やゲームを取られた後、過去の結果に捕らわれず、気持ちを切り替えて次のプレーに入れていますか?
今、この1プレーに集中できていますか?
1プレーの結果が1点となり、積み重ねが勝利に繋がります。

日常では五感から様々な情報が入り、脳ではいろいろなことに意識が散っている状態です。
何かに取り掛かるときも、脳でいろいろなことを考えてしまっている状態では「雑念」が多く、効率が悪いですね。
練習前や、勉強に取り掛かる時、「さあ、今からやるぞ!」というときには、このメンタルカードを活用し、脳がクリアな状態で集中する癖をつけましょう!
トレーニングをされると、気持ちや脳の切り替えがスピーディに行えるようになります。
日常生活の中でも十分にメンタルトレーニングを行えます。

選手の皆さんには、「やりきった!」と思えるような試合をしていただきたいですね!
メンタルカード案内

◆各全国大会でのスポーツインテリジェンスブースでも販売しております!◆
(ヨネックスブース内)
 
<ブース出店日はこちら>
↓ ↓ ↓
◎インターハイ(男子) 7月24〜25日
 インターハイ(女子) 7月28〜29日
会場:福島県会津若松市
 
◎全日本小学生選手権大会 7月28〜30日
会場:滋賀県長浜市
 
◎全国中学校大会 8月19〜20日
会場:長崎県長崎市
 
◎全日本レディース決勝大会(団体戦) 8月25〜27日
会場:宮城県仙台市

ぜひブースにお立ち寄りくださいませ!




※ウォーミングアップ、トレーニング方法についての質問、疑問などがございましたら、

までお寄せください!質問および回答を当メルマガにてご紹介させいただきます。
(全てのご質問にはご回答できない場合もございますので、ご了承ください)


スポーツインテリジェンスHP

http://www.sports-intelligence.jp/


からだサポート【S.I メルマガ】登録フォーム

https://plus.combz.jp/connectFromMail/regist/cpfw9543

4660323a

スポーツインテリジェンスのトレーナー記事が誰よりも早く読める! 
メールマガジン「部活運営のヒント」(無料)の購読登録はこちら
  

【週刊NEWS】【動画】チャイナカップ日本ポイント集/2017年7月2日(日)号

20170702_001
<Photo: まさとぶろぐ@カンボジアより>

ソフオン読者のみなさん、おはようございます。
ソフオン編集部 Hoshoです。

今日は友人の結婚式に参列してきます(^^
余興の準備が大変でしたが、無事成功できるように
がんばります!

 【動画】チャイナカップ日本ポイント集
- Youtube(動画)(2017/6/26更新)
https://www.youtube.com/watch?v=Q_yg1RUTwl8
チャイナカップでの日本のポイントシーンが動画でまとめられています。
【編集部 Hosho】

 【写真】チャイナカップまとめ
- まさとぶろぐ@カンボジア(2017/6/26更新)
https://ogiwaramasato.net
チャイナカップにおける写真がたくさん掲載されています。
【編集部 Hosho】

 「魔法の一本打ち」〜意識するだけで効果倍増
- ソフトテニス練習方法紹介サイト「てにろぐ」(2017/6/27更新)
http://blog.livedoor.jp/softtennisfestival/archives/17599620.html
一本打ちの練習方法について書かれています。
【編集部 Hosho】

【動画】神戸星城高校部活紹介
- Youtube(動画)(2017/6/25更新)
https://www.youtube.com/watch?v=tNh_DJOqMfI
部活紹介の動画が公開されています。
【編集部 Hosho】

勝利の神様は細部に宿る 

58a6aa64-s


部活運営のヒント 読者のみなさま


こんにちは、清明学園中学の高橋です。




道具関係を大切に扱おう!

  週1回、本校で行っているミーティングの内容を掲載させてもらいます。

6273103209441


 イチローが誰よりヒットを打てる理由
 チームの地元紙がなぜイチロー選手は、あれほどのヒットを打てるのかについて、次のような記事を掲載しています。

【 イチローほどバットを大切に、丁寧に扱っている人間は絶対に他にいない。彼はスチール製の特性ケースを作り、湿気から防ぐための除湿剤も備えてそこにバットを収めている。また他の多くのメジャーリーガーのように怒りに任せてバットで地面を叩いたり、バットを放り投げたりは決してしない。四球で出塁する時も優しくバットを横たえるなど。
 あれだけ多くヒットが打てるのは長年、極限まで大切に扱われケアされてきたことに、バットがイチローに報いようとする力が働いているからだ 】
 以前からのミーティングで伝えてきた言葉をおぼえていますか??
 【 勝利の神様は細部に宿る 】
 この細部にこだわることができれば勝利が近づく

 モノにも命が宿っているから道具に感謝の気持ちで扱うことが大切だというのは分かりますが、そのことによって道具は人に報いようとする力が働くのです。
 イチローもオリックスにいた時、頭にくることがあり一度だけバットを放り投げてしまったことがあるそうです。後で後悔し、その日はバットをホテルに持って帰りバットと一緒に寝たと告白したことがあるのですが、逆にその凄さを感じさせられます。
ラケット・シューズを磨いたこと、ありますか??


 ここまでがミーティングで配布したプリントです。
その後、言葉で付け加えました。
 過去の話です。
 数年前に能力抜群の2人が入部してきました。
清明学園の生徒らしくなく、勝ち気が強く負けず嫌いで親からも自立している。
 2人とも2年生の夏から団体で都の優勝を引き寄せいていた二人なので、当然ながら秋の新人戦個人優勝を狙って行きました。準々決勝で、練馬区の生徒に敗退になりました。
その敗戦を受け入れられなかったその一人がラケットを叩きつけました。
 私としては烈火のごとく、指導したかったのですが・・・・。
一言も話さずに、会話もせずに、大会が終わるまで待ちました。
大会後、役員の先生が最後まで片づけをしてもらっているなか、共に生徒とお手伝いをして、全員に 『 無言でゴミ拾いをしよう 』と伝えました。たくさんのゴミを拾い、伝えました。
 『 A君がラケットを投げてしまった。これで少なくとも東京の学校からは応援されるチームに値しないでしょう。このことを背負って数日後に行われる団体を戦わないといけない。やることは一つ。みんなで投げつけられたコートに謝りに行こう。 』
 バカみたいな儀式かもしれませんが、全員で行いました。
私も皆のまえで
『 テニスを教えることができても、大切なことを教えられていなかった。申し訳ない。』と話したことを覚えています。その後、彼にラケットにも謝罪させ、ラケットを購入してもらった保護者にも自宅で話をするよう伝えて解散しました。

 数日後、行なわれた団体では久しぶりの都優勝を果たしました。
その彼は、それ以降、どのような逆境におかれても、ラケットを投げることなく、関東大会個人では、G0−3負けの状態から両足が攣ったアクシデントも跳ね返して全中個人出場を果たしました。

 また、専用のクリームを購入してテニスシューズを磨かせることがあります。
意外にボロボロのシューズも手入れをするだけで、ぴかぴかになることを御存知ですか?
たった10分程度でかもしれませんが、それだけでも生徒のモチベーションもあがりますし、道具への愛着も出てきます。よかったらこの梅雨時期にやらせてみてはいかがでしょうか?

 ヨネックス契約のワウリンカ選手は、以前、イライラして契約しているヨネックスのラケットを折ったことがあるみたいです。その後、ワウリンカは、ヨネックスの社長に謝罪の電話をいれたみたいです。



【編集部より】 
※このたびは編集部の都合により配信が遅れたことをお詫び申し上げます※
高橋先生へのお手紙、ご質問、レター等をお待ちしております!
ニックネーム・所属(学校名)・質問・レター内容を添えて、
sofuonhenshubu@gmail.com 
までお寄せください!
(「ご質問」の場合、・ニックネームおよび先生からの回答はメルマガ上で紹介させていただく場合もございます。学校名など、個人が特定される情報は掲載いたしませんのでご安心ください。)
 
●参考情報:

清明学園・高橋先生に関する記事:

 ●ソフオン編集長が高橋茂先生の指導方法の根幹に迫るインタビュー

[ 高橋 茂 監督 プロフィール ] 
 清明学園中学校 ソフトテニス部顧問 
 全日本アンダー17男子コーチ 

[ 清明学園中学 近年の戦績 ]
 (平成26年度) 全国中学校大会 男子個人戦優勝、男子団体戦出場 
 関東中学校大会 男子個人戦優勝・ベスト16、男子団体戦優勝 
 第2回国際ジュニア大会 男子シングルス優勝 
 過去5年間では全国出場3回、都道府県対抗10年連続出場、東京都大会・個人の優勝は10回以上 
 
 
高橋先生の指導に対する考え方がいち早く読める! 
メールマガジン「部活運営のヒント」(無料)の購読登録はこちら







機関誌 「ソフトテニス」 6月号を紹介します!

ソフトテニスオンラインをご覧の皆様
こんにちは!
編集部のふくじーにょです!

(公財)日本ソフトテニス連盟の機関誌「ソフトテニス」の
17年6月号を紹介します。

スクリーンショット (46)

【表紙写真】

5月13日と14日にかけて香川県高松市で開催された「第24回全日本シングルスソフトテニス選手権大会」。写真は女子の部で優勝を飾った徳川愛実(ヨネックス)

(写真提供:ベースボールマガジン社)

 

6月号の巻頭は、5月下旬に三重県鈴鹿市で行われた全日本アンダー14男女合同強化合宿の報告です。
男子は2月下旬の三重県四日市市で行われた合宿以来、女子は1月末から2月初めに滋賀県長浜市で開かれた合宿以来で、男女合同合宿は初めてとなります。
今回の合宿のテーマは「早い準備」で、そのためにどうすればいいかを選手自身に考えさせたとか。また、国際大会で使われることの多いハードコートを経験したり、ミックスダブルスを行うことで、女子は男子のスピード感あるテニスを体感できたようです。全国の指導者のみならず選手の皆さんにも参考になると思います。

ph01-1 (1)


6月号は2つの大会レポートが掲載されています。
1つは、香川県ソフトテニス連盟による「第24回全日本シングルスソフトテニス選手権大会」。男女準決勝からの熱い戦いぶりがわかりますよ。

もう1つは、5月下旬にヨーロッパで開かれた「ワタキューカップ国際ソフトテニス大会 ポーランド大会・ドイツ大会」。このうちドイツ大会の詳細を掲載しています。野際専務理事の鋭いレポートと日本代表として出場した船水雄太選手、林大喜選手(ともにNTT西日本)、小谷菜津美選手、大槻麗選手(ともにダンロップ)の感想を読むことができます。遠い海外の大会に参加して初めてわかることがあるのですね。

今月号の「ソフトテニス日本リーグ チームガイド」はヨネックスを紹介しています。また、「ようこそ!「専門委員会」へ」は競技委員会をクローズアップしました。

機関誌の購読については以下のサイトより
お申込みください。

全国的に梅雨のシーズン、
プレーできないと嘆くより、機関誌を読んで知識欲を刺激しましょう。

では、また来月にお会いしましょう!


〈目次〉
・全日本アンダー14男女チーム合同強化合宿報告
・大会レポート 第24回全日本シングルスソフトテニス選手権大会
・海外レポート 2017ワタキューカップ
        ポーランド大会・ドイツ大会
・ソフトテニス日本リーグ チームガイド
   男女 ヨネックス
・ようこそ!「専門委員会」へ
   Vol.3 競技委員会 
    ・プログラム編成部会
    ・等級制度部会
・地区大会・地方大会
・学連ニュース
・支部ニュース
・次号予告


http://www.jsta.or.jp 

ではでは!
[ソフトテニス・オンライン]
ソフトテニス・オンライン

Twitterで更新情報を発信しています
ソフトテニス部でよくあることをつぶやきます。@いただいた投稿のうち優秀作品はbotに追加します。 By ソフトテニスのポータルサイト【ソフトテニス・オンライン】http://t.co/8y6bhL2EPB
ぉまみのブログ「ソフトテニス☆サプリメンツ」はこちら

最新記事
PageView

    記事検索
    月別アーカイブ