IMG_2823
 Photo:関東高等学校選抜ソフトテニス大会 (ひたちなか市総合運動公園総合体育館)


ぉまみとともに熱戦の「関東選抜インドア」へ!

ソフオン編集部 ふくじーにょです。

ぉまみと、関東高校選抜インドア(初日)に行ってきました! ぉまみの記事はこちら

関東高校インドアとは・・・・県予選を勝ち抜いてきた各県の上位2校だけが出場できる大会で、合計16高校が出場。(8都道府県×2校=16高校)

その16高校がトーナメント方式で戦い、敗者復活を含めて関東から合計6校が3月に開催される全国大会、いわゆる「春のセンバツ」に出場できる、重要な大会なのです。
 
代表決定6校中4校は・・・・

トーナメントの1回戦では、必ず県の1位と2位が対戦するようにドローが組まれます。

↓こんな感じです(今回のドロー)。

 IMG_6578 (1)

初日は代表の6チームを決めるところまでやりました。

つまりベスト4+敗者復活の2チームを決めたことになります。

結果の詳細はソフオンBloggerのKOIBUCHIさんの記事 およびぉまみの記事をご参照ください。

<全国センバツ出場決定チーム>
●武蔵越生(埼玉2位)
●木更津総合(千葉1位)
●横浜創英(神奈川2位)
●宇都宮短大附(栃木1位)
●【敗者復活】矢板中央(栃木2位)
●【敗者復活】駒大(東京2位)

上記の6校さん、センバツ出場決定、おめでとうございます!

全国選抜出場が決まった関東代表6校ですが・・特徴があります。

それは・・・・6校中、4校が、「県予選では2位」の高校なのです。

県予選で1位で順当に選抜出場を決めたのは、8県中、

「木更津総合(千葉1位)」と「宇都宮短大附(栃木1位)」だけです。



● 1位と2位の結果が逆転

今回の”関東選抜インドア”を見て感じたこととも通じるのですが・・・・各学校に、本当に実力差が無いな、という印象を受けました。逆に言えば、突出してココは抜けている!というところが無いので、どの高校にもチャンスがあると強く感じました。

各県の1位と2位も差がなく、以下のように今回の関東大会で結果が逆になったケースも。

● <神奈川> 神奈川県1位の相洋は初戦で敗退(Vs武蔵越生)。神奈川2位の横浜創英はベスト4入りし選抜出場決定。

● <東京> 東京1位の早実は敗者復活で敗退だが、東京2位の駒大は敗者復活で勝利し選抜出場決定。

● <埼玉> 埼玉1位の松山高校は初戦敗退(Vs横浜創英)だが、武蔵越生はベスト4入りし選抜出場決定。


今回の関東インドアを見て、県予選で敗退した学校でも、来年、代表にさえなれば(県で2位までに入れば)センバツ出場の可能性はぜんぜんあるな!と思った次第です。

明日(1/18日曜日)は、準決勝、決勝です。

私は行けませんが、またもや、熱戦を期待します。

そして・・3月の名古屋の「全国高校選抜」での関東代表チームの活躍を期待します!!

IMG_2980
 (Photo:惜しくも初戦3番勝負ファイナルで日大岩瀬に敗退してしまいましたが、まとまった応援が印象的だった高崎商業高ベンチ)

最後に、取材にあたり様々にご協力いただきました大会本部および関係者の皆様に深く御礼申し上げます。


ソフトテニスのポータルサイト
「ソフトテニス・オンライン」




ブログのトップページへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加