play


ソフオン編集部です。

2016/3/12~3/13にかけて広島県にて開催された「アジアカップひろしま国際ソフトテニス大会」。

昨日の記事はこちら
 
最終結果が「広島市ソフトテニス連盟」のホームページに掲載されましたのでご紹介いたします。

●男子
優勝:NTT西日本広島Y
準優勝:和歌山県選抜A
第三位:ヨネックス、NTT西日本広島A

●女子
優勝:ヨネックス
準優勝:どんぐり北広島
第三位:ダンロップ、ナガセケンコー


■第20回 アジアカップひろしま国際ソフトテニス大会 最終結果
 (広島市ソフトテニス連盟)
 http://st-on.blog.jp/archives/52240311.html


■早稲田大学の結果レポート
ヨネックスに敗れベスト8に終わった早稲田大学A。
試合結果レポートが同部のホームページにさっそく掲載されています。(一部引用)

昨日から2日間かけて、広島市においてアジアカップが行われた。早稲田大学Aチーム、Bチームともに昨日の4回戦までの試合を勝ち抜け、5回戦から行われる本日の試合に臨んだ。Bチームは、5回戦で和歌山県庁と対戦。1番の小西・吉川は、小西が粘り強く配球し吉川が相手後衛のボールを上手く捉え、ファイナルの激戦を制すも、続く2、3番はなかなか噛み合わず相手のペースで試合が進む展開になり、敗退した。Aチームは、5回戦のワタキューセイモア戦で1、2番が流れ良く試合を進め2-0で勝利し、準々決勝へと駒を進めた。準々決勝では、ヨネックスと対戦。二面展開で行われた1番と2番の試合は、どちらもファイナルへもつれこむ。1番の安藤(優)・安藤(圭)は、自分達のミスやサーブとレシーブのミスが重なり二本放すことができず、最後は長いラリーで相手に押し込まれ、敗退。2番の船水・星野は、ラケットを思い切り良く振って向かってくる相手に対して上手く耐えしのぎ、勝利。勝負は3番勝負へ託された。3番の因・内本は、慣れない並行陣のテニスでなかなか噛み合わず、ミスが続きG0-4で敗退。1-2で準々決勝敗退となった。

続きはこちら
早大軟庭部ポータル - ニュース - 【アジアカップ 男子】入賞ならず
http://www.waseda-nantei.com/modules/news-w/article.php?storyid=699


ソフトテニス・オンライン


 


ブログのトップページへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加