58a6aa64-s

皆さん、こんにちは。
トレーナーの市山です。(所属:スポーツインテリジェンス)
先日、仙台で行われました全日本レディース(8/22-23)に行かせていただきました。

台風の影響もあり、雨がパラつく2日間でしたが、2日目の決勝戦では雨も上がり、暑すぎない良いお天気の中で行われました。

YONEXブース内に「コンディショニングブース」を出店させていただき、テーピングの販売や怪我の予防や処置を行いました。
2日目の中盤からは、前日の疲れもあり、試合中、痙攣を起こしている選手を数人見かけました。
試合中に足が攣ったり、熱痙攣を起こした時、このように対処しています。

1、リラックスさせる
  仰向けに寝かせ、靴や手足に付けているものは出来るだけ外します。(サポーターやアームカバー)
2、体を冷やす
  首の後ろ・脇の下・太もも付け根をしっかりと氷で冷やしましょう。
  内輪で仰ぐなど、体から熱が逃げるようにしましょう。
3、経口補水液(OS-1など)やスポーツドリンクを飲ませる
  ※お茶や水では意味がありません。
4、攣っている筋肉をゆっくりとストレッチ
  ※状態によってはストレッチ中に他の場所が攣り、何をしても痛い状態があります。
この場合、経口補水液(OS-1など)を飲み、アイシングをします。
  痙攣や痛みがひどい場合や、意識がもうろうとするような場合は、早めに救急車を呼ぶことが安全です。


少しずつ涼しくなりますが、まだまだ油断が禁物です。
練習や試合の日は、しっかりと水分補給をし、コンディションに気をつけましょう!

スポーツインテリジェンスHP

ブログ

フェイスブック

からだサポート【S.I メルマガ】登録フォーム

S.I.Shop



58a6aa64-s




ブログのトップページへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加