58a6aa64-s

部活運営のヒント 読者のみなさま

こんにちは、清明学園中学の高橋です。
遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします。

都道府県対抗全日本中学生大会にむけて、東京選抜が結成されました。早速、愛知県・山口県と遠征をさせてもらいました。先生方、大変お世話になりました。

その遠征での気がついたこと・学びをご紹介したいと思います。
中学校の指導者は、とても多感な中学生を向き合う。改めて難しくやりがいのある 職業という気づき
◆ ̄鸚を重ねて全国のテニス、チームをみて改めて、気がつく自分の指導の足らなさ


昨年の都道府県対抗から、東京選抜として活躍してくれた2人の生徒が、今年も実力が勝ち取りメンバーに選ばれました。一年間、東京都のなかでライバルとしてしのぎを削り戦ってきたのですが、初日の愛知遠征で実際、同じチームになり気がつきました。
一人の生徒は、1年前は、とてもかわいくてキャッキャとテニスをしていたのに・・・。随分と自我が生まれて、少年になっていました。子どもだったので、目がキラキラと近寄ってくれていたのに、少し照れながらこちらの様子を見ているという感じでした。
 もう1名はというと、1年生ながら我慢強くテニスをする姿が印象的でした。この山口遠征では我慢強いテニスができずに、試合の途中でも気持ちが大きくキレてしまいました。「 あれっ、このような生徒だったっけ?変わったな! 」と思いました。

 でも冷静に考えれば当然ですよね。中学生の1年間で大きくこころも身体も変わっていきます。子どもから少年、青年にと!二人とは、これからじっくりと話を重ねながら、さらに目が輝いた状態で大会に臨めるようにサポートをしたいと考えています。
 そして改めて中学生と時間を過ごしていくことは難しく、彼らに与える影響も大きいし、かける言葉も大切になります。難しい半面、やりがいのある仕事だなと感じました。
先生方、今年も頑張りましょう。

遠征を重ねると、自分のチームの未熟さ、自分自身の指導の甘さや足らないところがよく見えます。
山口遠征での出来事です。試合に入るときの「 おねがいします 」「 ありがとうございました 」東京チームは、声が小さく、これから戦う姿勢ではありませんでした。
指摘しつつ、どう考えると??と本人たちに聞くと、「 自分は、○○の大会で戦う執念・一本を取りに行く姿勢が足らなかった 」と言います。なので、「 おねがいします 」「 ありがとうございました 」の発声練習を私とあるペアー二人で行っていました。
 その様子をみていた熊本選抜の先生から声をかけられました。「 高橋先生、大変ですね。そういうところから選抜チームなのに指導をしなくてはいけないのですね 」と。恥ずかしながら答えました。「 すみません。あの生徒は、清明学園の生徒です。私の指導不足です。 」
普段、「 これくらいは良いだろう 」「 彼らは大人しいから仕方がない 」「 その時間を費やすなら他へ回そう 」「 できている生徒はいる。自分で気がつかないことにはダメであろう 」などと自分に理由をつけて流してきたことが、この遠征で学ぶことができました。ひとつひとつ彼らが課題をクリアーして、全国で戦えるようにサポートしていきたいと思いました。

image1 (3)
山口遠征では、雪が降るなか、早朝ナイターより打たせてもらえました。ありがとうございます。

PS 生徒指導主任として担任と共に、保護者の方の願いと学校の対応へのズレが生まれることがあります。何度、話をしても伝わらずに自分たちの力不足を感じます。以前のことです。私が担任をもっていて、ある対応によるストレスで口内炎が3つできました。口が開きませんでした。それを冗談である生徒に笑い話のように伝えたら、翌日、その生徒の保護者が手紙を添えてビタミン剤を届けてくれました。とても感動したのを覚えています。
 うまく伝えられないのは、こちらの責任としても、こちらの想いが伝わり、理解してくれている保護者がいることで何度も救われてきました。エネルギーになります。ありがたいことです。先生方はいかがですか??


 次回は、先日、生徒へ行ったミーティングについて紹介します。

   【編集部より】 
※このたびは編集部の都合により配信が遅れたことをお詫び申し上げます※
高橋先生へのお手紙、ご質問、レター等をお待ちしております!
ニックネーム・所属(学校名)・質問・レター内容を添えて、
sofuonhenshubu@gmail.com 
までお寄せください!
(「ご質問」の場合、・ニックネームおよび先生からの回答はメルマガ上で紹介させていただく場合もございます。学校名など、個人が特定される情報は掲載いたしませんのでご安心ください。)
 
●参考情報:

清明学園・高橋先生に関する記事:

 ●ソフオン編集長が高橋茂先生の指導方法の根幹に迫るインタビュー

[ 高橋 茂 監督 プロフィール ] 
 清明学園中学校 ソフトテニス部顧問 
 全日本アンダー17男子コーチ 

[ 清明学園中学 近年の戦績 ]
 (平成26年度) 全国中学校大会 男子個人戦優勝、男子団体戦出場 
 関東中学校大会 男子個人戦優勝・ベスト16、男子団体戦優勝 
 第2回国際ジュニア大会 男子シングルス優勝 
 過去5年間では全国出場3回、都道府県対抗10年連続出場、東京都大会・個人の優勝は10回以上 
 
 
高橋先生の指導に対する考え方がいち早く読める! 
メールマガジン「部活運営のヒント」(無料)の購読登録はこちら
 


ブログのトップページへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加