4660323a


皆さん、こんにちは。トレーナーの宮崎です。

今回は股関節周りを中心に、パワーポジションを意識した体幹トレーニングをご紹介します。

パワーポジションとは、背筋を伸ばし、重心を落とした状態で、運動能力を最も発揮しやすい姿勢といわれています。

パワーポジション正面
パワーポジション横

ソフトテニスにおいて、パワーポジションがしっかり取れるようになれば、動き出しが良くなります。
動き出しが良くなれば、フットワークの向上につながり、ボールに速く追いつくことができるため、ストロークの安定にもつながります

今回のトレーニングにはチューブを使用して行います。
チューブが張った状態を維持することで、鍛える筋肉が意識しやすいです。
チューブがない状態で行っても、十分効果が期待できます。

1人でも行えるメニューですので、ぜひ挑戦してみてください!


<体幹トレーニング>
1. 前歩き
両足首にチューブを通し、足を肩幅よりやや大きく広げます。
チューブが広がった状態を維持しながら、半歩ずつ前に進みます。
チューブ無しで行ってもOKです。その際は、足幅を意識して行いましょう。


【ポイント】
・ベースラインからネットまでの距離(11.89m)を目安に行いましょう。
・膝が内側に入らないように注意しましょう。
・上半身の姿勢を保つため、手は胸の前で組みましょう。

2. 横カニ歩き
両足首にチューブを通し、足を肩幅よりやや大きく広げます。
チューブが広がった状態を維持しながら、半歩ずつ横に進みます。
チューブ無しで行ってもOKです。その足幅が狭くならないよ、意識して行いましょう。


【ポイント】
・サイドラインからサイドラインまでの距離(10.97m)を目安に行いましょう。
・一歩踏み出すときに、上半身が上下にブレないように意識しましょう。
肩は膝の高さが変わらないように移動します。


パワーポジションをしっかり意識しつつ、姿勢を維持するために必要な股関節回り、おしり周りの安定を作り、体重移動がしやすく、回転運動のしやすい身体を手に入れましょう!




※ウォーミングアップ、トレーニング方法についての質問、疑問などがございましたら、

までお寄せください!質問および回答を当メルマガにてご紹介させいただきます。
(全てのご質問にはご回答できない場合もございますので、ご了承ください)


スポーツインテリジェンスHP

http://www.sports-intelligence.jp/


からだサポート【S.I メルマガ】登録フォーム

https://plus.combz.jp/connectFromMail/regist/cpfw9543

4660323a

スポーツインテリジェンスのトレーナー記事が誰よりも早く読める! 
メールマガジン「部活運営のヒント」(無料)の購読登録はこちら
 


ブログのトップページへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加