4660323a


みなさんこんにちは。トレーナーの市山です。

春先は新入生の加入で、チーム内の選手のレベル差が大きい時期ですね。
そんな時期にご紹介したいのが反応トレーニングです。
技術レベルは違っても複数人で楽しく行えます。
ウォーミングアップやトレーニングとしてお試しください!

今回は「リアクションボール」を使用した反応トレーニングをご紹介します。
リアクションボール
ゴム製でできており、写真の通りボコボコとしたボールとなっている為、バウンド後にどこへ弾むか分かりません。瞬時に反応し、ボールをキャッチする為に素早く移動するトレーニングになります。
実際にソフトテニスでイメージしていただくと、悪い例として、不意に前方へ振られたとき足裏が地面に張り付いたまま動き出せず、1テンポ2テンポ遅れて頭からお辞儀をするように動き出す、という場面です。

では、実際にトレーニング方法を見ていきましょう。
 
■やり方(2人で実施)
2人で向かい合い、1人がリアクションボールをワンバウンドで投げ、もう1人の選手がキャッチします。
お互いが交互に投げ合いましょう。
リアクションボールトレーニング㈰

■バリエーション1:複数人で実施
複数人で行う場合は、円になって隣の人へ順番に投げていきます。
「全員がミスなく連続キャッチ1周できるまで」というように緊張感を持って行うもの良いですね。

■バリエーション2:難易度アップ
バウンド数を2バウンドに増やすことで難易度が上がります。
上級者の方は、チャレンジしてみましょう!

<注意>
ゴム製で硬いボールですので、直接人に向かって投げないで下さい。
必ず下から山なりに投げましょう。

やり方は簡単ですので、小学生でも遊び感覚で楽しく行えます!
動き出しやキャッチ姿勢が重要になりますので、慣れてきましたらポイントを抑え、より効果的に行いましょう!

以下、重要ポイントは数回に分けてお伝えさせていただきます。

■ポイント1
ボールがワンバウンドする瞬間、どこへでも動き出せるパワーポジションで構えましょう!
■ポイント2
ボールがワンバウンドする瞬間、どこへでも動き出せるよう、スプリットステップを意識しましょう!
■ポイント3
移動は、手や頭からではなく、重心を移動させましょう!
■ポイント4
キャッチ姿勢は、そこからボールを打てるような安定姿勢を意識しましょう!

 



※ウォーミングアップ、トレーニング方法についての質問、疑問などがございましたら、

までお寄せください!質問および回答を当メルマガにてご紹介させいただきます。
(全てのご質問にはご回答できない場合もございますので、ご了承ください)


スポーツインテリジェンスHP

http://www.sports-intelligence.jp/


からだサポート【S.I メルマガ】登録フォーム

https://plus.combz.jp/connectFromMail/regist/cpfw9543

4660323a

スポーツインテリジェンスのトレーナー記事が誰よりも早く読める! 
メールマガジン「部活運営のヒント」(無料)の購読登録はこちら
 


ブログのトップページへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加