58a6aa64-s


部活運営のヒント 読者のみなさま


こんにちは、清明学園中学の高橋です。




指導者の気づく力
 
 先日、大田区の都大会予選2日目を本校2面で行っていました。
お蔭様で上位独占でき校内試合のような形で大田区チャンピオンを決めていました。
私は、同士討ちということもあり、少し距離を置いて見守っていましたが、
全く試合を集中してみることができませんでした。

 理由は・・・・。

 奥の仮設コートで練習をしている本校の生徒2人に目がいきました。
 その2人とも・・・。全身で落ち込んでいました。練習も手がつかず・・・。
コートを挟んだところから見てもわかりました。

理由は明白です。二人ともこの大会に向けて、練習を頑張ってきました。
しかし、結果は2回戦敗退。一人はケガで参加出来ず、でした。

「 彼らは、今、どのような心境にいるのだろう?? 」
「 彼らは、まだ前向きな気持ちに変わっていないのだろうな?? 」
「 声をかけようかな・・・ 」
「 いや、これは彼らが自分で乗り越えないといけない 」
「 もう少し様子をみよう 」
「 次の大会の日程を伝えたりして新しい目標に向かわせよう 」

  そのようなことを考えていたら決勝戦が終わっていました・・・・。

  二人ともに声をかけていません。
  いつもはこのようなことを言ったこともありませんが、
 「 ○○君、バナナ食べたか?? 」 熱中症予防で準備をしている
バナナをすすめました。
 私なりのエールでした。2人は届いたかわかりませんが・・・。
 
6276849563722

 この新聞記事はある勉強会で頂きました。とても胸が苦しくなります。
指導者として、アンテナ高く、彼らの想いに気づき、耳を傾けられるように
もっともっと成長したいと感じました。
 
 指導者の方々、今日も1日がんばりましょう。



【編集部より】 
※このたびは編集部の都合により配信が遅れたことをお詫び申し上げます※
高橋先生へのお手紙、ご質問、レター等をお待ちしております!
ニックネーム・所属(学校名)・質問・レター内容を添えて、
sofuonhenshubu@gmail.com 
までお寄せください!
(「ご質問」の場合、・ニックネームおよび先生からの回答はメルマガ上で紹介させていただく場合もございます。学校名など、個人が特定される情報は掲載いたしませんのでご安心ください。)
 
●参考情報:

清明学園・高橋先生に関する記事:

 ●ソフオン編集長が高橋茂先生の指導方法の根幹に迫るインタビュー

[ 高橋 茂 監督 プロフィール ] 
 清明学園中学校 ソフトテニス部顧問 
 全日本アンダー17男子コーチ 

[ 清明学園中学 近年の戦績 ]
 (平成26年度) 全国中学校大会 男子個人戦優勝、男子団体戦出場 
 関東中学校大会 男子個人戦優勝・ベスト16、男子団体戦優勝 
 第2回国際ジュニア大会 男子シングルス優勝 
 過去5年間では全国出場3回、都道府県対抗10年連続出場、東京都大会・個人の優勝は10回以上 
 
 
高橋先生の指導に対する考え方がいち早く読める! 
メールマガジン「部活運営のヒント」(無料)の購読登録はこちら








ブログのトップページへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加