ソフトテニスオンラインをご覧の皆様
こんにちは!
編集部のふくじーにょです!

(公財)日本ソフトテニス連盟の機関誌「ソフトテニス」の
17年6月号を紹介します。

スクリーンショット (46)

【表紙写真】

5月13日と14日にかけて香川県高松市で開催された「第24回全日本シングルスソフトテニス選手権大会」。写真は女子の部で優勝を飾った徳川愛実(ヨネックス)

(写真提供:ベースボールマガジン社)

 

6月号の巻頭は、5月下旬に三重県鈴鹿市で行われた全日本アンダー14男女合同強化合宿の報告です。
男子は2月下旬の三重県四日市市で行われた合宿以来、女子は1月末から2月初めに滋賀県長浜市で開かれた合宿以来で、男女合同合宿は初めてとなります。
今回の合宿のテーマは「早い準備」で、そのためにどうすればいいかを選手自身に考えさせたとか。また、国際大会で使われることの多いハードコートを経験したり、ミックスダブルスを行うことで、女子は男子のスピード感あるテニスを体感できたようです。全国の指導者のみならず選手の皆さんにも参考になると思います。

ph01-1 (1)


6月号は2つの大会レポートが掲載されています。
1つは、香川県ソフトテニス連盟による「第24回全日本シングルスソフトテニス選手権大会」。男女準決勝からの熱い戦いぶりがわかりますよ。

もう1つは、5月下旬にヨーロッパで開かれた「ワタキューカップ国際ソフトテニス大会 ポーランド大会・ドイツ大会」。このうちドイツ大会の詳細を掲載しています。野際専務理事の鋭いレポートと日本代表として出場した船水雄太選手、林大喜選手(ともにNTT西日本)、小谷菜津美選手、大槻麗選手(ともにダンロップ)の感想を読むことができます。遠い海外の大会に参加して初めてわかることがあるのですね。

今月号の「ソフトテニス日本リーグ チームガイド」はヨネックスを紹介しています。また、「ようこそ!「専門委員会」へ」は競技委員会をクローズアップしました。

機関誌の購読については以下のサイトより
お申込みください。

全国的に梅雨のシーズン、
プレーできないと嘆くより、機関誌を読んで知識欲を刺激しましょう。

では、また来月にお会いしましょう!


〈目次〉
・全日本アンダー14男女チーム合同強化合宿報告
・大会レポート 第24回全日本シングルスソフトテニス選手権大会
・海外レポート 2017ワタキューカップ
        ポーランド大会・ドイツ大会
・ソフトテニス日本リーグ チームガイド
   男女 ヨネックス
・ようこそ!「専門委員会」へ
   Vol.3 競技委員会 
    ・プログラム編成部会
    ・等級制度部会
・地区大会・地方大会
・学連ニュース
・支部ニュース
・次号予告


http://www.jsta.or.jp 

ではでは!


ブログのトップページへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加