58a6aa64-s

部活運営のヒント 読者のみなさま


こんにちは、清明学園中学の高橋です。


新チームでの強化練習  片足ケンケン一本打ち

 かなり古典的な練習ではありますが、毎年この時期に行っています。
個人的にはとても好きな練習です。
  
  今夏も、レベルがあがればあがるほど、気持ちよくボールを打たせてくれませんでした。
 あらためて片足でのプレーを余儀されなくなることがたくさんありました。
  片足で打たせながら筋力アップはもちろん、崩された時のバランス能力をあげてほしいと考えています。今年は、そこにさらにプラスアルファ―加えました。

 それは、着地の変化です。
 
地面の反発を利用して力強く打ちこませます。

 
逆に足を弾かずに、下に沈んで打ちこませます。

  特に今年から取り入れた下に沈むパターンは、身体のバランスを崩しやすいので踏ん張る力・ボディバランスが強化されればと思っています。
 いかがでしょうか?
 
  引退した3年生に
「 チームとしてどのような取り組みがよくて全国ベスト8までいけたのか? 」
    逆に
「 チームとしてどのようなところを改善しないとその先に行くことができないのか? 」
 を書かせました。

 その中で、ほぼ全員が、
「 コート上でボールを打ち込みながらのトレーニングがよかった 」 
と感想を書いていました。
今回、紹介した練習はまさに、コート上での負荷をかけたトレーニングと捉えています。


 PS 関東大会では、山梨の先生方に大変お世話になりました。
   雨の関係で順位決定戦もナイターで行うことになりました。近隣で花火大会も始まり、経験したことのない時間帯での公式戦でした。
   表彰式も終わり、帰宅したのは22時を回っていました。
山梨の先生方は、最後片付けもあり、翌日もコートに集まり片づけをしてもらったと伺っています。
   当たり前に大会が進んでいくことに、それを支えてくれているたくさんの関係者の方がいることを生徒に忘れないようにしようといつも話をしています。ありがとうございました。


【編集部より】 
高橋先生へのお手紙、ご質問、レター等をお待ちしております!
ニックネーム・所属(学校名)・質問・レター内容を添えて、
sofuonhenshubu@gmail.com 
までお寄せください!
(「ご質問」の場合、・ニックネームおよび先生からの回答はメルマガ上で紹介させていただく場合もございます。学校名など、個人が特定される情報は掲載いたしませんのでご安心ください。)
 
●参考情報:

清明学園・高橋先生に関する記事:

 ●ソフオン編集長が高橋茂先生の指導方法の根幹に迫るインタビュー

[ 高橋 茂 監督 プロフィール ] 
 清明学園中学校 ソフトテニス部顧問 
 全日本アンダー17男子コーチ 

[ 清明学園中学 近年の戦績 ]
 (平成26年度) 全国中学校大会 男子個人戦優勝、男子団体戦出場 
 関東中学校大会 男子個人戦優勝・ベスト16、男子団体戦優勝 
 第2回国際ジュニア大会 男子シングルス優勝 
 過去5年間では全国出場3回、都道府県対抗10年連続出場、東京都大会・個人の優勝は10回以上 
 
 
高橋先生の指導に対する考え方がいち早く読める! 
メールマガジン「部活運営のヒント」(無料)の購読登録はこちら







ブログのトップページへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加