前衛のすべての技術の上達 = 「ひとつの体の使い方を覚えるだけ」

トップ図


みなさん、こんにちは!
中学校外部指導者系ソフオンブロガーの
オッキーナことオキモトです。

10月に入りましたね!
今月は、国民体育大会(国体)、
全日本選手権(天皇杯・皇后杯)、
日本実業団リーグ、
全日本クラブ選手権、と

大きな大会が目白押し!

レベルの高いプレーを見る機会が
たくさんあります。

そして、各大会に出場する選手の中で、
オキモトが特に注目しているのが、
この方↓の指導を受けた選手達!

p7

 小峯秋二氏 プロフィール
   全日本女子ナショナルチーム/全日本女子U20チーム監督
   富山県立高岡西高等学校ソフトテニス部監督

小峯先生の出演されている
「ソフトテニス進化論 シリーズ(DVD)」
とても勉強になるので毎回楽しみに見ています。
(7月には後衛編をご紹介させていただき、多くの反響をいただきました!)

今日は「前衛編」をご紹介します。

実は、、先日行われた、オキモトが指導に携わっている中学生の新人戦で
小峯先生の指導法を取り入れたことが活き、

狙った通り、、"前衛"が大活躍!

結果、団体戦優勝!

5年ぶりに優勝カップが学校に戻ってきました。

3年生が引退して、まだ日も浅く、
完璧とまでは程遠いですが、
自分が思っていたよりもしっかり、
少しずつ、前衛が育ってきているように感じました。

まだまだ荒削りではありますが…

中学生くらいの年代は、
前衛が決めてくれると
一気に流れが変わったりするもの。

前衛の活躍は試合の空気を変えます。

小峯先生の前衛編のDVD、

前衛指導に関わる指導者のみなさんにとっては「必見」の内容になっています。


『小峯秋二のソフトテニス進化論』
〜ネットプレーの常識を覆す!前衛指導の極意〜

「あなたは、スマッシュやハイボレー、ローボレー、ヒッティングボレーなど、
これらは全て「別の技術」として、それぞれに打ち方を教えていませんか?」

dvd_set


(3枚1組)
■前衛に必要な要素(導入編)
■前衛の身体の使い方(基本編)
■前衛の感性・技術を身につけるためのドリル


10/20(金)までの割引キャンペーンもあるようですので、
チェックしてみてください。




ブログのトップページへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加