4660323a


こんにちは。トレーナーの宮崎です。

今回は股関節を大きく使いながら行う、ストロークに即した体幹トレーニングをご紹介します。

股関節は身体の中心にあり、強い力を生み出すポイントです。
股関節で生み出した力が、体幹→上半身→ラケットへと移行し、力強いストロークを生み出します
 
今回のトレーニングでは、重心を低く保つことを意識して行います。重心を低くすることで、姿勢が安定し、強い力を発揮することができるからです。
しかし、地面から下半身に強い力を得たとしても、体幹がぶれてしまっては、正確にラケットに力が伝わりません。
重心を低く保ち、なお且つ体幹を安定させてはじめて、力強いストロークに繋がるのです。


<体幹トレーニング>

【1】斜め後方ランジ

1. ラケットを頭の後ろで抱えます。
*この時、ラケットは身体につけないよう注意しましょう!
2. 斜め後方へ大きく足を踏み出し、腰を落とします。
3. 足で地面を強く蹴って、元の位置に戻りましょう。


★ポイント★
後方に足を踏み出す際はバランスが崩れやすいため、体幹を安定させバランスが崩れないように注意しましょう。


【2】斜め前方ランジ(ラケットスイング)

1. 基本姿勢:胸の前で、両手でラケットを持ちます。
2.  (フォアハンド)
左足を前方斜め右方向へランジ。
テークバックをイメージして上半身を右に捻ります。
フォアハンドのストロークをイメージして上体を捻り、踏み出した左足は力強く地面を蹴って戻りましょう。
3. (バックハンド)
フォアハンドを同様に、交互に行いましょう。


★ポイント★
・下半身を安定させるために、腰を低く落とすことを意識しましょう。
・体幹の意識を持って行いましょう。


テニスコートで空いた時間に行うことができるので、是非チャレンジしてみてください。





※ウォーミングアップ、トレーニング方法についての質問、疑問などがございましたら、

までお寄せください!質問および回答を当メルマガにてご紹介させいただきます。
(全てのご質問にはご回答できない場合もございますので、ご了承ください)


スポーツインテリジェンスHP

http://www.sports-intelligence.jp/


からだサポート【S.I メルマガ】登録フォーム

https://plus.combz.jp/connectFromMail/regist/cpfw9543

4660323a

スポーツインテリジェンスのトレーナー記事が誰よりも早く読める! 
メールマガジン「部活運営のヒント」(無料)の購読登録はこちら
   


ブログのトップページへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加