58a6aa64-s

部活運営のヒント 読者のみなさま
 

こんにちは、清明学園中学の高橋です。


以前、関東大会で対戦して敗戦しうな垂れていた時に、その勝者チームである神奈川県領家中学校の中村先生に素敵な言葉をかけて頂きました。
「 今年は高橋先生に出会えたことが一番の幸せ 」
とても嬉しかったと同時に素敵な言葉だなと自分の中で残っています。

7156550670570


そして今年度、私が「 ある先生に出会えたことが今年の一番の幸せ 」となった先生を紹介します。それは、埼玉県奈良中学校の長谷川博之先生です。長谷川先生のことをソフトテニスの指導者の方に知ってもらうことが今回の記事の目的です。全国各地で年間何十回と講演会や授業をされているハイパフォーマー、スーパー教師です。

先生との出会いは、長谷川先生主催の勉強会に本校の同僚が参加していました。そこで部活運営に対して受講者から質問だが出たそうです。長谷川先生は、「 清明学園のソフトテニス部は生徒指導としてもとても参考になります 」と紹介してくれました。それを聞いた同僚から驚いて連絡をもらいました。私も長谷川先生とは面識はなく、私の本を読んでくれて興味をもってくれていたことがわかりました。

嬉しくてすぐに、長谷川先生の本を購入して読むと生徒指導学校経営クラス経営教科道徳、多岐にわたりたくさんの本を出版されていて、その一冊一冊に先生の生徒への愛情、教育への情熱が伝わってきました。

私も、いろいろとノートに書き留めましてが、そのなかでずっと胸に響いて離れない言葉が

『 子どもたちは教師を選べない 』
『 自分が最も尊敬する人物に接するよう子どもたちに関わる 』

7156551506898

↑特にこの本はお薦めです。あらゆる教育現場における場面別で、生徒たちの心に響く事例集がまとめてあります。ぜひとも!!


11月都大会前日にパワーをもらうと食事をご一緒させていただきました。
いろいろな話が盛り上がるなか、長谷川先生が新任1校目でソフトテニス部を担当された生徒が大人になり、今、指導者となっているようです。それだけでも素敵な話なのに、、、まだ続きます。その教え子さんが指導した生徒が、今年の全国小学生大会個人戦で日本一になったそうです。とても感動しました。
 長谷川先生、ありがとうございました。


◆質問

 長谷川先生に質問をさせてもらいました。
「 長谷川先生ほどではありませんが、私も学校の仕事、そして東京都強化、全日本、講習会と忙しい日々を過ごしています。そして自宅に戻れば子育てと。正直、子育てが楽しくて楽しくて仕方がありません。自宅では子どもとずっと遊んでいます。そうなると、圧倒的に勉強をする時間がありません。教師として指導者としてもっともっと勉強したいことがあります。長谷川先生は、どのように勉強する時間をつくられていますか? 」

すると
「 私も自宅では子どもと過ごして夜はすぐに寝ます。そして朝3時に起きて勉強しています。 」
驚きました!!

長谷川先生の教えを試みています。私も3時は起きれませんが4時に起きて、自分の勉強する時間に充てるようにしました。ありがとうございます。自分のためにも生徒のためにも保護者のためにも、そして自分の家族のためにも一日一日を頑張って過ごしていきたいと思います。

*********** 


◆次回予告

サービスについての動画は来週

生徒たちは夏に向けてハードワークな練習をがんばっています。
また次回、紹介させてもらいます。


【編集部より】  
高橋先生へのお手紙、ご質問、レター等をお待ちしております! 
ニックネーム・所属(学校名)・質問・レター内容を添えて、 
sofuonhenshubu@gmail.com  
までお寄せください! 
(「ご質問」の場合、・ニックネームおよび先生からの回答はメルマガ上で紹介させていただく場合もございます。学校名など、個人が特定される情報は掲載いたしませんのでご安心ください。) 
 
●参考情報: 

清明学園・高橋先生に関する記事:

 ●ソフオン編集長が高橋茂先生の指導方法の根幹に迫るインタビュー

[ 高橋 茂 監督 プロフィール ] 
 清明学園中学校 ソフトテニス部顧問 
 全日本アンダー17男子コーチ 

[ 清明学園中学 近年の戦績 ]
 (平成26年度) 全国中学校大会 男子個人戦優勝、男子団体戦出場 
 関東中学校大会 男子個人戦優勝・ベスト16、男子団体戦優勝 
 第2回国際ジュニア大会 男子シングルス優勝 
 過去5年間では全国出場3回、都道府県対抗10年連続出場、東京都大会・個人の優勝は10回以上 
 
  
高橋先生の指導に対する考え方がいち早く読める! 
メールマガジン「部活運営のヒント」(無料)の購読登録はこちら












ブログのトップページへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加