1be083a3-s


皆さん、こんにちは。トレーナーの宮です。

先日、第63回全日本インドア ソフトテニス選手権大会(2月4日 大阪市中央体育館にて開催)を観戦してきました。
 
今回は、試合観戦の感想をトレーナー目線でお話しさせていただきます。


今大会の優勝者は、男子は丸中選手・長江選手女子は高橋選手・半谷選手でした。
高橋選手・半谷選手は2連覇を果たされました。

また、日本のソフトテニスを牽引してこられた篠原選手・小林選手・神谷選手の引退ゲームでもあり、時代が変わる転機となる試合であったと思います。

全日本インドア写真

今回の大会を通して、やはりインドアを制するには「身体の強さ」がより求められると、改めて感じました。

砂入り人工芝コート(オムニコート)では、滑りながら徐々に減速してボールの位置に入ったり、滑ることで距離を出し、ギリギリのボールを拾うことができます。
しかし、インドアでは滑らない分、全てフットワークにより移動しなければなりません
 
さらに、ブレーキをかけるための筋力がなければ、体は本能的に早くから減速をしてしまう、もしくは、止まり切れず体が流れて次のボールへの切り替えしが遅くなりま

そのため、特に下半身の踏ん張る強さと、体幹の軸がブレないことがポイントになってきます。


このような部分に注目してみると、やはり優勝された選手の方々はストップ動作や切り返しでの軸のブレが少ない為、動きのロスも少ないことがよくわかりました。
 
また、どんなボールが来ても対応ができるため、穴がないように感じました。


技術を生かす体があり、最後はメンタルが勝敗を分けると、強く感じる大会でした。





※ウォーミングアップ、トレーニング方法についての質問、疑問などがございましたら、

までお寄せください!質問および回答を当メルマガにてご紹介させいただきます。
(全てのご質問にはご回答できない場合もございますので、ご了承ください)


スポーツインテリジェンスHP

http://www.sports-intelligence.jp/


からだサポート【S.I メルマガ】登録フォーム

https://plus.combz.jp/connectFromMail/regist/cpfw9543

4660323a

スポーツインテリジェンスのトレーナー記事が誰よりも早く読める! 
メールマガジン「部活運営のヒント」(無料)の購読登録はこちら
    


ブログのトップページへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加