1be083a3-s


みなさん、こんにちは。トレーナーの市山です。
 
今回は「ウォーミングアップでのストレッチ方法」についてお話しさせていただきます。



講習会へ行かせていただくと、
「ウォーミングアップで静的ストレッチは、やらない方が良いのですか?」というご質問をいただくことがあります。
 
皆さんは、どのように考えられるでしょうか?
 
簡単に「静的ストレッチ」と「動的ストレッチ」の違いをご説明させていただきます。

↓  ↓  ↓



<静的ストレッチ>

反動や弾みをつけずに筋肉をゆっくりと伸ばしていき、ストレッチされている状態で20〜30秒程、保持する。
伸張反射が起きにくく、柔軟性の改善効果が見られる。

ハム立位1

  
 
<動的ストレッチ>
 
反動や弾みをつけて行うストレッチング。
伸張反射を有効に引き出せる

ステップ


※伸張反射とは・・・?
筋が急に引き伸ばされると、それ以上筋が伸びてダメージを受けないよう、その筋を収縮させて保護しようとする反射
 →ウォーミングアップでは、反射的に筋肉を収縮させる伸張反射を引き出した方が良い。



―ストレッチの使い分け―

いつ、どのストレッチを行うかについて、今のところ決まった基準はありません。
 
ウォーミングアップの目的は、傷害予防と、筋肉の活動レベルを高めその後のパフォーマンスを向上させることです。
そのため、反動・弾みをつけた動的ストレッチで筋肉や関節・神経系を刺激することにより、筋肉の活動レベルを高めることをお勧めします。
 
また、静的ストレッチを行う場面として、ウォーミングアップの初期段階で「今日のコンディショニングチェック」として行うことはお勧めです。朝のウォーミングアップでは、筋肉の張りやその日のコンディションをチェックすると良いでしょう。徐々に動きや力を伴うものへと移行していくことをお勧めします。



現在チームで行っているストレッチが「ジーっと止まったストレッチしかしていない!」という方は、そのままのストレッチに反動・弾みをつけるだけでも効果的です。
 
是非、参考にしてください!




※ウォーミングアップ、トレーニング方法についての質問、疑問などがございましたら、

までお寄せください!質問および回答を当メルマガにてご紹介させいただきます。
(全てのご質問にはご回答できない場合もございますので、ご了承ください)


スポーツインテリジェンスHP

http://www.sports-intelligence.jp/


からだサポート【S.I メルマガ】登録フォーム

https://plus.combz.jp/connectFromMail/regist/cpfw9543

4660323a

スポーツインテリジェンスのトレーナー記事が誰よりも早く読める! 
メールマガジン「部活運営のヒント」(無料)の購読登録はこちら
    


ブログのトップページへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加