mizuno_scud-dios01og


こんにちは。
ソフオンブロガーの荒川です。


梅雨の真っ只中。

雨に泣かされ練習中止や大会延期など、ソフトテニスプレイヤーにとっては憂鬱な季節かもしれません。

そんな雨降りの週末。

私にとっては、ずっと待ち遠しかったイベントがありました。


スポーツナロの主催するミズノのニューモデル試打会です。

先日ナロさんよりお誘いいただき、迷うことなく他の仕事の予定を調整して参加表明させていただきました。

mizuno_scud-dios02


場所は、品川駅前の「品川プリンスホテル高輪テニスセンター」。

都心の一等地にある室内テニスコートです。

mizuno_scud-dios03


品川プリンスホテル高輪テニスセンター
https://www.princehotels.co.jp/shinagawa/sports/tennis/

前職のときに会社のレクリエーションで一度使ったことがあるのですが、目が飛び出るほどコート代が高いです。

私のなかでは、まさに「セレブのためのテニスコート」という認識です。

mizuno_scud-dios04


今回はナロさん、ミズノさんのお取り計らいにより、「オトナの試打会」ということで、なかでも高いプライベートコートという最高の環境をご用意いただきました。


ミズノの話題のニューモデル、「SCUD(スカッド)」と「DIOS(ディオス)」。

この新作ラケットを試打できるだけもソフトテニスファン垂涎なのですが、今回はそれにとどまりません。


ラケットの紹介をしていただくのは、言わずと知れたソフトテニス界の若きレジェンド。

mizuno_scud-dios05


どーーーーん!!


はい、そうです。

惜しまれつつも、昨シーズン限りで現役を引退したミズノの小林幸司さんです。



まだ発売前の新作「SCUD」と「DIOS」を打てる。

それも、あの元日本代表の小林幸司さんとです。

もう嬉しすぎて、倒れそうでした。



mizuno_scud-dios06


さらに、新作シューズ「ウエーブエクシード2」も試し履きできます。

まさに至れり尽せりです。


mizuno_scud-dios07


シューズも装着して準備万端の参加者たちに、小林幸司さんから新製品についての説明があります。


詳しい商品展開についてはまだ告知できないこともあるそうですが、これまでミズノの定番シリーズとして長く愛され続けてきた「Xyst(ジスト)」もしばらくは販売されるものの、ゆくゆくはこの前衛用モデルの「SCUD(スカッド)」と後衛用モデルの「DIOS(ディオス)」のシリーズに集約されていくそうです。


ラケットの機能や特徴なども細かく説明いただき、聞いているだけで試打を通り越してすでに買いたくなっている自分がいます。


それぞれのラケットについての詳細が気になる方は、私の下手くそなご紹介よりも、すでに公開されているミズノの特設サイトをご覧ください。

ミズノソフトテニス公式サイト>前衛・後衛特化型ラケットSCUD(スカッド)&DIOS(ディオス)
https://www.mizuno.jp/softtennis/kiwamero/


mizuno_scud-dios08


試打では、同じモデルでもガットの種類やテンションが違えば打感がまるで変わってしまうので、それぞれ正確に比較できるようすべてのモデルに対して同じガット設定にしたラケットがズラリ。

さすが、ソフトテニスの専門ショップ、スポーツナロが主催する試打会です。



mizuno_scud-dios09


各自、思い思いに気になるラケットを試します。


みんながテンポよくたくさん打てるように工夫された練習メニューも、個人的には大変参考になりました。

今後の自分の練習にも取り入れてみたいと思います。


mizuno_scud-dios10

そして、何よりも感動したのは、小林幸司さんと一緒に乱打やボレーボレーをさせていただいたことです。

日本代表として10年以上に渡って第一線で活躍されてきた小林選手と一緒に練習することができるなんて、これまで想像もしていませんでした。


mizuno_scud-dios11


本当に、至福の時間でした。

小林さん、ナロさん、ならびに関係者のみなさん、ありがとうございました。

もとい、「感謝」です!!



mizuno_scud-dios12


サービス精神旺盛なナロさん、そして小林さんですので、希望者との写真撮影にも快く応じていただけました。


もちろん、私も真っ先に名乗りをあげさせていただきました。

mizuno_scud-dios13


全くもって余談ではありますが、誠に勝手ながら私のなかでは前々から小林さんと自分の顔が似ていると思っていました。

いざこうして初めて並んで写真に写らせていただき、自分としては「やはり」という思いが・・・。

少なくとも、顔の系統的には同じような。。


客観的な意見を聞こうと、自宅に帰ったあとに妻に写真を見せて尋ねてみると、


「別に」

と一蹴。



はい、すみませんでした。

たんなる私の思い込みでした。


全国の小林幸司ファンのみなさん。

大変失礼いたしました。



mizuno_scud-dios14


そんなわけで、本当に素晴らしい機会をありがとうございました!

ソフトテニスファンの一人として、夢のような時間でした。




関連記事:平成29年度 ルーセントカップ 東京インドア全日本ソフトテニス大会




softtennis_blog



ブログのトップページへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加