From:部活運営のヒント

こんにちは!

ソフトテニス・オンライン編集部です。

 

インターハイの熱戦が引き続き、繰り広げられていますね!

 

全中やインターハイなどの上位大会に出場できなかった学校のみなさんは、「来年こそは!」と思っているのではないでしょうか。

しかし、「部員が多くて思ったように練習ができない」「練習方法がマンネリ化している」といった悩みがある部活も多いのではないでしょうか。

 

そんなみなさんにおススメの練習方法DVDをご紹介します。

8/10金までのお得なキャンペーンも実施中です!)

 

●今回ご紹介する指導法コンテンツ

 

7135_1

 

ナロさんの「ソフトテニス・ドリル60連発」

〜 選手たちだけでできるアイディアドリル集 〜

 

・発売元:ジャパンライム

・解説 :皆呂 充亮 (株式会社スポーツ・ナロ)

・実技 :東京 千代田女学園高等学校ソフトテニス部

 

詳しくはコチラ(「指導に役立つDVDナビ」内のページに飛びます)

 

 

●編集部にてDVDを見た感想のサマリー

 

・「部員が多く、コート数が少ない」中高ソフトテニス部のための練習方法が多数紹介されているが、自分たちだけでは考えつかないレベルの、非常に工夫された練習方法が紹介されていて役立つ。

 

・一般的に知られている練習方法を応用していく形で、多数の人数が同時に練習できるメニューが紹介されているため、練習方法を理解・導入しやすい。

 

・一度レクチャーすれば、先生がいなくても、生徒たちだけで練習を進められるわかりやすい内容。

 

●どんな想いで作られたのか?

 

“全国各地でソフトテニスの指導行脚を続けているナロさん。どこの現場でも求められるのは『ドリル』だといいます。「初心者でもできて、自然と上手くなるような練習方法が求められます。それでいて子どもたちが飽きないよう、たくさんのバリエーションを提供できるようにしています」。とナロさん。講習会ではいろいろな角度から数十種類ものドリルを紹介していて、これを目当てに毎年のように参加する指導者や選手がたくさんいるのです。

 

このDVDでは、普段ナロさんが行っているものや、雑誌・書籍で紹介したもの、そして今回初めて公開するものを合わせて『60種類』のドリルを紹介しています。内容はソフトテニスに必要な動きを簡単に身につけられるよう、様々な工夫が凝らされています。実際の試合で出てくるパターン、前衛の選手が陥りやすいポイント、初心者が苦手にする動きなど、これまでの豊富な指導経験をもとにつくられています。

 

そして最大の特徴は『選手たちだけでできる』というところです。先生がいなくても練習ができるように、球出しの仕方なども収録しています。なかなか毎日コートに出られないという指導者の方にも、お役立ていただけるDVDです。“

(ホームページのPR文章より)

 

●具体的な内容はこちら

この商品の詳細は以下のリンクよりご確認ください

http://www.japanlaim.co.jp/fs/jplm/gr1397/gd7135

 

 

 

8/10(金)まで限定のお特なキャンペーンを実施中のようです!

無題


http://japanlaim.com/campaign/sports/2018summer/index.html

 

 

 

 



 


ブログのトップページへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加