58a6aa64-s


◎フェデラー式サービス


春の全国大会を目指しながら、生徒と相談をして変えたことを紹介します。( パート2 )技術的なことなので賛否両論あるかと思いますが・・・。ご参考になればと思います。


後衛のある選手

サービスの改革に臨みました。レギュラーを集めて伝えました。「 フェデラーのサービスを取り入れます。やってみて継続してみて自分に使えそうだったら取り入れてみて 」と始めました。6月だったので、あまり時間はありません。採用した生徒は8人中2人。

 

どこをどのように変えたのか。動画でご覧ください。

*従来の清明学園サービス


*フェデラー式サービス


 
【 脚を寄せない 】

このことによって起こるメリットは、身体動作が少ないのでボールに正確性・安定性でる。フェデラーは、正確性・安定性を最優先にして、こちらの方式を選んでいるとある本で勉強しました。すぐに翌日の練習で生徒に紹介しました。

 


 ある選手です。その選手は春の全国大会には出場したものの団体戦では出番なし。個人戦も1回戦突破のみで終わりました。サービスだけは、とても魅力で武器でしたが、試合になるとバランスを崩して打ちきれない所がありました。本人は、そのようなこともあり、従来方式とフェデラー式を試合の中で打ち分けると決めました。そこから練習が始まります。本人はすぐに手ごたえを感じました。声をかけると、「 これいいです 」と返ってきます。

 

 そして迎えた都大会個人戦。練習してきたサービスが入りません。ここに関しては、また機会があれば詳しくお伝えしようかと思います。関東代表決定戦に回ります。勝てば関東大会出場が決まります。強豪ペアーに対して、またサービスが入らずにファイナルへ。ファイナルへ回るときに確認しました。

「 サービスどうするの? 今、ほとんど入ってないし相手前衛もレシーブがいいし、強いサービス封印して入れに行った方がいいんじゃない。まあ、最後は任せるから自分で決断しな。」

私の指示助言はほぼ無視。笑

入れにいくサービスを選択したのは、1本だったと思います。その1本で相手レシーブミスを誘えたのですが・・・。結果は勝つことが出来ました。

この試合をみて感じたことは、

「 この生徒は、サービスに自信を持っているのだから、任せたほうがいいな 」と感じました。

 

 迎えた関東大会個人戦。またもや代表決定戦。しかも相手は数日前に本校ペアーが誰も勝てなかった強豪ペアーです。このゲームでやっと彼が取り組んできたことがでました。サービスエース・サービスからの攻撃で主導権を握ることができました。まさかまさかの東京予選5位通過から全国個人出場を決めました。全国大会では思う存分、サービスからの攻撃で攻めてほしいと思います。

 

 **********


PS 関東大会、ありがとうございました。群馬県関係者の方々、暑さ・台風による雨などの環境の中、生徒のための大会運営、本当にありがとうございました。

unnamed (5)


 男子団体優勝は、茨城県霞が浦でした。優勝、おめでとうございます。

 本校は完敗でした。ファイナルでスマッシュを臆することなく、あれだけ追われたらお手あげでした。霞が浦とは大会直前3日間一緒に練習をさせてもらいました。一緒にさせてもらったのは、『 とにかくいつも全力で向かってきてくれる 』からでした。暑いなか、ダレることなく、全力で向かってきてくれる姿は、こちらもパワーをもらえるからでした。素晴らしい準決勝を対戦、勉強させてもらいました。おめでとうございます。生徒たちは悔しい笑顔ない3位でした。笑

 表彰式くらい、笑えよと思いましたが・・・。


**********


【編集部より】※高橋先生へのお手紙、ご質問、レター等は、都道府県・ニックネームを添えて、
sofuonhenshubu@gmail.com までお寄せください!(ご質問・ニックネームおよび先生からの回答はメルマガ上で紹介させていただく場合もございます)
 

●参考情報:

清明学園・高橋先生に関する記事:

 ●ソフオン編集長が高橋茂先生の指導方法の根幹に迫るインタビュー

[ 高橋 茂 監督 プロフィール ] 
 清明学園中学校 ソフトテニス部顧問 
 全日本アンダー17男子コーチ 

[ 清明学園中学 近年の戦績 ]
 (平成26年度) 全国中学校大会 男子個人戦優勝、男子団体戦出場 
 関東中学校大会 男子個人戦優勝・ベスト16、男子団体戦優勝 
 第2回国際ジュニア大会 男子シングルス優勝 
 過去5年間では全国出場3回、都道府県対抗10年連続出場、東京都大会・個人の優勝は10回以上 
 
 
メールマガジン「部活運営のヒント」(無料)の購読登録はこちら










ブログのトップページへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加