1be083a3-s


 

みなさん、こんにちは!

スポーツインテリジェンスのトレーナー市山です!

 

いよいよ冬本番、トレーニングの時期ですね。

トレーニングは、目的や方法をしっかりと意識して行うことで効果がアップします。


一つひとつの動きを大切にしながらトレーニングを実施し、他の選手との差をつけていきましょう。


 

今回は身体作りのための筋力トレーニング<第二弾>をご紹介します。


自宅やコートの限られたスペースでも出来るトレーニングです。

ぜひ実践してみてください。

 



(筋トレーニング

目的:スイングスピードのアップ・上体の安定化



<方法>

仰向けになり、両膝を立て、両腕は胸の前でクロスして手のひらは肩に置きます。


おへそを覗き込むように背骨を少しずつ丸めながら上体を起こします。


呼吸を止めないように、ゆっくりと息を吐きながら行いましょう。

 

IMG_7855

IMG_7854


<解説>

腹筋のトレーニングには様々なバリエーションがありますが、まずは基本的なトレーニングをご紹介させていただきます。

姿勢を意識して20回×23セットを目標に行ってみましょう。

基本トレーニングが正しくできたら、起き上がるスピードをアップすること、下ろした時に背中を床に着けない、など強度を上げ、よりソフトテニスに特化したトレーニングを行うことができます。

 

捻り腹筋

目的:サーブやスマッシュ・ストロークのスピードアップ



<方法>

仰向けになり、両手両足を浮かせた状態でスタートします。

両手を頭上に挙げたところから、対角線上の膝に肘をつけられるよう上体を捻っていきます。

負荷なしでできるようになったら、写真のように1圓離瓮妊シンボールもしくは水の入ったペットボトルを負荷にし、強度を上げてみましょう

 
IMG_7847

IMG_7850


<解説>

手足を浮かせることで腹筋に力が入ります。上体を起こしながら捻ることで、サーブやスマッシュに必要な筋力をつけることができます。

サーブやスマッシュのスピードアップ、力強いボールが打てるように10回×左右2セットずつを目標にトレーニングを行っていきましょう。

まずは正しいフォームで行い、慣れてきたら腕と足を一気に速く捻ることで、より実際の動きに近づけたトレーニングが行えます。

サーブやスマッシュと同じスピードで出来るように頑張りましょう!




※ウォーミングアップ、トレーニング方法についての質問、疑問などがございましたら、

までお寄せください!質問および回答を当メルマガにてご紹介させいただきます。

(全てのご質問にはご回答できない場合もございますので、ご了承ください) 


 



スポーツインテリジェンスHP

http://www.sports-intelligence.jp/


からだサポート【S.I メルマガ】登録フォーム

https://plus.combz.jp/connectFromMail/regist/cpfw9543

4660323a

スポーツインテリジェンスのトレーナー記事が誰よりも早く読める! 

メールマガジン「部活運営のヒント」(無料)の購読登録はこちら




ブログのトップページへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加