北野君3

ソフトテニス・オンラインが発行する無料メルマガ「部活運営のヒント」をご購読のみなさん、こんにちは。
今回は東北高校で活躍された、北野亮介選手と【パシャリ】
先日のめさん福島県小学生強化練習会に参加して頂いた時の一枚です。
ジュニアのみんなが束になってかかって行っても、切れのあるスイングとコントロールされた球筋でビシバシとお相手して頂きました。
ありがとうございました。
そして、ソフトテニス大好き
「のめさん」です!!

今回は先週に続いてパート4」
私の母校である「福島県西郷第一中学校ソフトテニス部」が平成10年まで24年連続全国中体連大会に出場し続ける事が出来たのかを何度かに分けてお伝えしていきたいと思います。
それまで、優勝8回、準優勝6回を成し遂げています。
現在も当時の方々の次世代が優勝入賞を多数達成しています。

ポイント3「毎日ポイント率を算出するスコアでレベルアップを具体化」についてお話ししていきます。

中学生にとって、毎日行う反復練習はとても退屈なものです。
先生の見ている時と、見ていない時の行動に差が出てしまうなんて経験、皆様にもあったりしませんか?

そこで西郷一中では毎日ゲームを行い勝ち負けを競い合い、そのスコアに
特徴を持たせて生徒のやる気にもつなげていました。

それが、階級制度を設けてスコアでポイント率を算出して、テレビゲームのように
レベルアップを具体的に表現する方法です。が上がったり、下がったりすることで喜びや、悔しさを感じる事が出来る。そして、ポイント率が上がることで級も上がり試合に勝てる確率も上がるという仕組みになっています。
その計算方法は簡単で次の通りです。
 ポイント率=ポイント数÷最後に触った数
最後に触ってポイントした数とミスした数を独自のスコアの書き方から読み取り、ポイント数を総数で割ることでポイント率を出していきます。

それと、ファーストサービスの入る確率も出していました。
サービス確率=ファーストサービスの入った数÷ファーストサービスを打った総数

この二つの数字を毎日計算して計算能力を高め、計算能力を高めることによって試合中の判断する計算スピードアップに繋げていました。

これも前回お伝えした数学のプリントと同じで、階級にポイント率の幅があり、3日連続で上の確立を出せば次の階級にアップする仕組みを取っていました。
自分のレベルを確認することができ、生徒のみなさんには具体的で目標設定しやすいと思いますので是非試しに実践してみてください。

最後にソフトテニスについての質問にお答えしていきたいと思います。
疑問や練習方法などコメント頂きたいと思います。

のめさんのTwitterアカウント
https://twitter.com/nakanome0513
もしくは
sofuonhenshubu@gmail.com
までご連絡ください!

※この記事は無料メルマガ「部活運営のヒント」読者の方々に先行で配信いたしました。

4660323a 
by ソフトテニス・オンライン

「のめさん」ほか、個性的な指導者たちの記事が誰よりも早く読める! 

メールマガジン「部活運営のヒント」(無料)の購読登録はこちら


ブログのトップページへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加