IMG_2629
ソフトテニス・オンラインが発行する無料メルマガ「部活運営のヒント」をご購読のみなさん、こんにちは。
今回はのめさんの大学生時代の写真です!!
さあ、どれが
「のめさん」でしょう?
日本体育大学最強伝説を作りあげた、現日本体育大学監督の篠原秀典
現ヨネックス女子監督の
松口友也が作りあげたこの世代は最強でした。

そして、のめさんはその世代の応援団長でした♪
知る人ぞ知るってやつですね〜笑笑

そして、本題に入る前にメルマガを見ていただいている皆様、のめさんへの質問をたくさん頂きましてありがとうございます。まだまだ質問受け付けますのでどんどんご連絡下さい。
少しづつお答えしていきたいと思っています。

それでは今日の本題です。
皆さん、ボレーをするときによく「ラケットを振らないでボレーしなさい」と声がけしている人聞いたことありませんか?
これを聞いて疑問に思う事ありませんか?
テニスでラケットを振らない瞬間てほとんど無いんですよね。
では、技術がアップするほど何が違っているのかと言うと・・・・
ボレー時は、「ラケットをコンパクトに振る」これが正解です。
上手な人でもボレーの時にどう見てもラケット降ってますよね。
ラケットを振らないでと教えるよりも、コンパクトに振ってと教える方が理に適っていて小学生など子どもたちも納得してプレーすると思います。
のめさんは以前に「上手な人は振ってるように見えるだけで振ってないんだよ」といって心のどこかで「振ってるよな〜」っと思いながらも振らせない指導をしていました。
皆さんこれについてどう思いますか?
ご意見いただければと思います。

最後にソフトテニスについての質問にお答えしていきたいと思います。
疑問や練習方法などコメント頂きたいと思います。

のめさんのTwitterアカウント
もしくは
までご連絡ください!

YouTubeチャンネル
ソフトテニスの基本技術等をアップしています!!

「のめさんソフトテニスチャンネル」もぜひご覧ください。

※この記事は無料メルマガ「部活運営のヒント」読者の方々に先行で配信いたしました。

4660323a 
by ソフトテニス・オンライン

「のめさん」ほか、個性的な指導者たちの記事が誰よりも早く読める! 

メールマガジン「部活運営のヒント」(無料)の購読登録はこちら


ブログのトップページへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加