4660323a



い



ソフトテニス・オンラインが発行する無料メルマガ「
部活運営のヒント」をご購読のみなさん、こんにちは!

スポーツインテリジェンス 
トレーナーの工藤です!


今回は呼吸法と合わせた体幹のトレーニングをご紹介します!


 

皆さんはテニスをしている時に、自分の呼吸がどのようになっているか意識したことがありますか?


インパクトの瞬間は声を出し、「息を吐いている」という人が多いでしょう。

では、テイクバックの時はどうですか?


インパクトの時に息を吐くためにテイクバックでは息を吸っていませんか。

 

実は、テイクバック時に息を吸うと身体の重心が上がり、体幹が安定しにくくなるのです。

息を吐くことで身体の中に力がこもってしまうのを解消し、ボールを打つ時に力まなくなります。


そのため、テイクバック時も息を吐くことで安定してボールを打つことができます。


今回はこの呼吸と体幹のトレーニングを連動させたトレーニングについて紹介します。

 


 

呼吸法+上体起こし(基本編):10回×3セット



あ

い


両ひざを曲げ、座った状態で両腕を伸ばします。

この姿勢から息を「ふー」と吐きながら上体を後ろに倒していきます。

この時肩甲骨が床につくくらいまで上体を倒していきましょう。



a


そこから息を一気に「ふっ!」と吐きながら上体と脚を一瞬で引きつけます。

一気に息を吐く時は声を出しながら行うのも良いです。


この時両ひざをしっかりくっつけてやりましょう!

 

これが最初に書いたテイクバックの時とインパクトの時の呼吸の仕方と同じようになります。

 

 

 

「テイクバックで息を少し吐き、インパクトの瞬間に一気に息を吐く」


普段の乱打などでもこれを意識してやってみてください。


次回は応用編を紹介します。


基本編ができるようになったらぜひチャレンジしてみてください!




※ウォーミングアップ、トレーニング方法についての質問、疑問などがございましたら、

までお寄せください!質問および回答を当メルマガにてご紹介させいただきます。

(全てのご質問にはご回答できない場合もございますので、ご了承ください) 


 

※この記事は無料メルマガ「部活運営のヒント」読者の方々に先行で配信いたしました。


スポーツインテリジェンスHP

http://www.sports-intelligence.jp/


からだサポート【S.I メルマガ】登録フォーム

https://plus.combz.jp/connectFromMail/regist/cpfw9543

4660323a

スポーツインテリジェンスのトレーナー記事が誰よりも早く読める! 

メールマガジン「部活運営のヒント」(無料)の購読登録はこちら




ブログのトップページへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加