か


4660323a


ソフトテニス・オンラインが発行する無料メルマガ「部活運営のヒント」をご購読のみなさん、こんにちは!


トレーナーの眞茅です。


前回に引き続き、呼吸法と合わせた体幹のトレーニング応用編をご紹介します。


前回は仰向けでサーブ・スマッシュ動作のトレーニングを行いましたが、今回は立位で行うトレーニングです。

 

前回の記事http://st-on.blog.jp/archives/52280759.html



立位でのトレーニングは仰向けでのトレーニングと違い、足裏だけで体を支えている為、体幹が固定しにくくブレやすくなります。


お腹の力を抜かないように集中して行いましょう。

負荷としてメディシンボール(1圈法▲撻奪肇椒肇襦500ml)などを利用します。


基本編の仰向けでのトレーニングができ、立位でのトレーニングが難しい場合は片膝立ちから挑戦してみてください。

 

 


呼吸法+チョップ

(応用編):10×3セット

あ


い


メディシンボール(またはペットボトル)を両手で持ちます。

腰幅程度で左足を前、右足を後ろに開き、膝を曲げます。


う


え


息を「ふー」と吐きながら、右斜め上にメディシンボール(またはペットボトル)を持ち上げます。

この時腰が反ったり、膝が内に入ったりしないように注意しましょう。


お


そこから一気に「ふっ!」と息を吐き、メディシンボール(またはペットボトル)を左斜め下に振ります。

この時メディシンボール(またはペットボトル)の勢いで体が振られないように注意しましょう。

右ができたら、反対も同じように繰り返します。

 

正しい姿勢で基本トレーニングが出来るようになったら、徐々に負荷(重さ)など強度を上げるようにしていきましょう。

突然強度を上げすぎることで正しい姿勢が保てず、ケガに繋がる可能性があります。

十分注意してください。




※ウォーミングアップ、トレーニング方法についての質問、疑問などがございましたら、

までお寄せください!質問および回答を当メルマガにてご紹介させいただきます。

(全てのご質問にはご回答できない場合もございますので、ご了承ください) 


 

※この記事は無料メルマガ「部活運営のヒント」読者の方々に先行で配信いたしました。


スポーツインテリジェンスHP

http://www.sports-intelligence.jp/


からだサポート【S.I メルマガ】登録フォーム

https://plus.combz.jp/connectFromMail/regist/cpfw9543

4660323a

スポーツインテリジェンスのトレーナー記事が誰よりも早く読める! 

メールマガジン「部活運営のヒント」(無料)の購読登録はこちら




ブログのトップページへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加