hayato_int

Photo:ソフオン編集部撮影

ソフオン編集部です。

3月発売のソフトテニス・マガジンで掲載された「プロ宣言」。その後、自身のSNSからもプロ宣言と意気込みが掲載された船水颯人選手。今大注目の颯人選手に、編集部が単独インタビューを行いました!
  • これからの目標は?

  • ヨネックスとの契約関係は・?

  • ペアとの練習時間はとれるの・・?

などなど、ソフトテニス・オンライン編集部が聞いてきました!



IMG_3365
2019全日本選抜より(撮影:ぉまみ)

【編集部】このたびはインタビューのお時間をいただきありがとうございます。

−−マガジンの「プロ宣言」の記事を拝見しました。あの記事が出てから、反響はどうですか?


颯人:たくさんいただきました。ただ、現状として他の競技のように賞金が稼げると言うわけではありません。
私がこの選択をしたのは、とにかく自分自身の可能性とソフトテニスという競技の可能性に挑戦してみたいという気持ちが強かったからです。


−−全日本選抜シングルスのドローの表記には「船水颯人(ヨネックス)」という表記がありましたが。


颯人:ヨネックスの所属(=スポンサー)契約をさせて頂きました。
このような活動をしていく上で、最適な環境を作って頂いたことに感謝しています。
(編集部注:ヨネックスの実業団選手になるということではないとのことです)

−−今後、ヨネックスさん以外のスポンサーなども獲得していくのでしょうか?

颯人:その予定ですが、ソフトテニスはあくまでもマイナー競技。
これまで以上に勝つことが求められてくると同時に、ソフトテニスの魅力を伝えていくことを重要になってくると思っています。
まずは、私自身しっかりと競技に集中する環境を作って頂いたことに感謝し、競技力の向上に努めていきたいと思います。

−−当面の目標は

颯人:直近の目標としては、5月にある世界選手権の予選会ですね。インドアシーズンから準備をしてきました。何としても自力で代表権を獲得したいです。残りの時間で万全の準備をしていきたいと思います。


−−練習環境は引き続き早稲田大学ですか?

颯人:はい、そうなります。今までは授業の関係で練習ができない場合があったり、毎週のように試合が入っていたので、大会に出ながら調整をしてきました。
今シーズンからは、これまでとは違う環境の中でしっかりと自分のスタイルを確立していきたいと思います。
ここから先1~2年が競技生活の中で最も重要なシーズンになると思っています。

−−ダブルスとシングルス、どちらに重きを置くのでしょうか?

颯人:これまでと同様にどちら優勝を狙います。学生の時は、時期によって「こっち」というのがありましたが、どちらでも強い選手になりたいと思ってます。


−−引き続き上松選手(早稲田大学)とペアを組まれるとのことですが、練習は時間がとれるのですか?

颯人:もともと学生時代からペアで一緒にやる練習時間量は意識していません。ペアを組むからと言って2人で一緒にやる時間を確保しなくても、試合に向けて合わせていけます。お互いプレイヤーとして尊敬していますし、「指示」ではなく「意見交換」しあえる関係ですね。

−−ありがとうございました!これからも船水颯人さんを応援しています!


IMG_2600


(編集部後記)
プロ宣言が明らかとなった後初の大会となった全日本選抜シングルスでも圧倒的な力で優勝した船水颯人選手。インタビューでは”自分が挑戦者になる”という、冷静な中にも強い意志を感じました。ソフトテニス界の新たなチャレンジを、ソフトテニス・オンライン編集部一同、最大限応援していきたいと思っています!

【ソフオン編集部より】
無題
インタビュー後に撮影した、
船水颯人選手からのメッセージ動画を4/14(日)に公開します!

↓ ↓

チャンネル登録はこちら

ソフトテニス・オンライン

Youtube公式チャンネル


2019シーズンの注目選手動画を絶賛公開中!
・増田/九島(和歌山県庁/ミズノ)
・安藤選手(東京ガス)

Inttttteerer


ソフトテニス・オンライン






ブログのトップページへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加