1



4660323a


ソフトテニス・オンラインが発行する無料メルマガ「部活運営のヒント」をご購読のみなさん、こんにちは!

スポーツインテリジェンスのトレーナー中野です。

平成も残すところあと半月となり、来月から令和元年がスタートします。

選手の皆さんも進学、進級による新しい環境での生活がスタートしたことでしょう。

そこで今回は、新たなシーズンにむけての目標設定についてお話しさせていただきます。



私たちは、旅行に行くとき、まず始めにどこに行くか目的地を設定します。

目的地が決まれば、どのようなルートで行くか(飛行機、電車、車、自転車)を決定し、費用や日数など現実的なことを考慮し計画を立てます。

実はスポーツに於ける目標設定も、この目的地へ向けての旅行計画と同じ考え方なのです。


 

皆さんは、今シーズンの明確な目標設定はもう行いましたか?

シーズンの目標設定をするとなると多くの場合、「○○大会で〇位になる」といった設定の仕方ではないでしょうか。

しかし、それだけでは本当の目標設定とは言えません。

何故なら、そこに行くためのルートが考えられていないからです。

考えなければならないルートは、「心、技術、身体、戦術、戦略」です。

その5つのルートに対して、目標への具体的な通過地点を設定しましょう。



<目標設定をするためのポイント>

具体的で絞り込んだ目標、通過地点にする。

具体的な数値で設定する。

実現可能な、努力することによって達成可能な目標とする。

目標達成に繋がるような設定をする。

・達成までの時期を明確にする。


目標設定の一例として、大リーガー大谷選手の高校時代の目標設定を紹介します。

目標を達成する人は具体的で細かな目標を立てています。

 


<
作成方法>

一番真ん中のマスに目標を設定し、その周りに目標達成のために必要な8つの能力を書
きます。

さらにその能力を上げるために必要な8つの事柄を期間なども含め書いています。


1

最終目標を達成するための前段階、前々段階における細かな目標を立て、一つ一つ達成していきます。

目標を達成することで、「やればできる」という気持ちが脳にプラスの働きかけをします。

そして、その時点での自分のレベルが理解・認識できて、自動的に目標を達成するためには何が必要なのかがわかってくるようになります。

 

目標設定は時間と根気の必要な作業ですが、皆さんもこれらを参考にして自分自身の目標設定を作成してみてください。


※ウォーミングアップ、トレーニング方法についての質問、疑問などがございましたら、

までお寄せください!質問および回答を当メルマガにてご紹介させいただきます。

(全てのご質問にはご回答できない場合もございますので、ご了承ください) 


 

※この記事は無料メルマガ「部活運営のヒント」読者の方々に先行で配信いたしました。


スポーツインテリジェンスHP

http://www.sports-intelligence.jp/


からだサポート【S.I メルマガ】登録フォーム

https://plus.combz.jp/connectFromMail/regist/cpfw9543

4660323a

スポーツインテリジェンスのトレーナー記事が誰よりも早く読める! 

メールマガジン「部活運営のヒント」(無料)の購読登録はこちら




ブログのトップページへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加