4660323a


全国のソフトテニス指導者のみなさま。

 

こんにちは、NTT西日本ソフトテニス部の新キャプテンを拝命いたしました丸中です。今年度もどうぞよろしくお願いいたします!

 

過去に私は練習や試合でミスが重なると下を向いて項垂れる仕草をとったり、淡々とプレーしてしまう癖が多くありました。これは非常に注意する行動だと私も自覚しており、ミスが重なって下を向いてプレーする選手、声も出さず元気が無くなっていく選手。自分からも相手からも逃げてしまうその行動は、メンタルの弱さが大きく関係していると考えます。NTT西日本ソフトテニス部は各地で講師として講習会に参加する事が多いのですが、主に中学・高校生にふて腐れた態度を取りながらプレーしている姿を良く見てしまいます。講師として参加している私も、「この子はあまりやりたくないのかな」と、受講生とコミュニケーションを上手く取れない事がたまにあります。その為、私も競技者としてその行動・仕草について毎日、充分に気をつけながら競技しています。そこで今回は今後そのような行動・仕草を取らない様、「メンタル」を向上させる為に、私がどんな事に取り組んでいるかお話したいと思います。

**********

*自分を見る

メンタルを向上させる為にまず、私が行ったのは自分を知る事から始めました。生まれてから25年間、学業や社業、ソフトテニスにバイト等、色々な経験をしてきましたが、まだまだ自分の事を奥深くまで把握できていないと、毎日感じています。その中で比較的多く感じたのが、私は「飽き性」という事でした。同じ事を延々と行動するのが嫌いで、中学生の頃は「サーブ50本打つ!」や「ストローク10本の7セット!」といった反復練習が耐えられず、実際に打った数を誤魔化したり、変な打ち方で楽をしてみたり、練習から逃げてしまう時がかなりありました。また、学生の頃努めていたバイト先で、同工程の内容を繰り返し行う業務を預けられた時、延々と繰り返し行っていく内に、やはり飽きてしまいました。そこで私は、作業時間を短縮させようと自分で作業方法を変えてしまい、失敗してしまった事があります。今考えると、より効率的に業務が進められる様、改善しようとした事は良いと思いますが、「正確に業務を行う」という本質が見えなくなってしまい、非常に愚かな行動だったと今も反省しています。そんな「飽き性」の自分と向き合い、どうやって克服していくのか。ある本を読んで、私も少しずつ改善されていく様になりました。

**********

*トリガーを引き、スイッチを押す

ピストルはトリガー(引き金)を引いてから発砲が可能になります。同じ様に私達人間も、トリガーを引いてスイッチを押してあげましょう。例えばテニス界で有名なラファエル・ナダルは、「必ずドリンクは前に向けてからコートに入る」、「試合に入る前、必ずダッシュをしてベースラインに向かう」、「サーブを打つ前に、必ず髪の毛・ウェア・ハーフパンツを整えヒッティングする」々、非常に細かいですが、ルーティーン動作というトリガーを引いてプレーしています。それが長年、テニス界のトップに立つ強さの一つだと強く感じています。

 

過去に私はこんな経験がありました。大事な試合を控えている時に、緊張からかいつも以上に入念なアップを行い、精神的にもかなり気を張りながら、試合まで待機していました。ところが私が入るコートの前の試合が長期戦となり好試合を展開していました。その分、準備時間も長くなり試合前にかなり疲れてしまった事がありました。人間は生物特有の疲労がある為、トリガーを引きっぱなしで生活する事は出来ません。要は「やる時はしっかりやる、休む時はしっかり休む」ON・OFFの切り替えを上手く行っていきましょう。

トリガーを引く事は微々たる行為かもしれません。ですが技術・フィジカル・戦術は勿論の事、最終的に対戦相手と差をつける部分は、どの競技でもメンタルであると考えています。私は競技力向上の為に、「これは意味がないからやめておこう」、「これは自分には出来ないから諦めよう」といった、自分の可能性を自ら閉ざしてしまう事は絶対にしたくありません。元々精神的に自信がなかった私ですが、自分のトリガーポイントを見つけた事で、業務・競技・プライベート等、やりがいを実感出来る時が多くなりました。そのやりがいが自然に楽しいと感じる様になり、楽しいから飽きもせずひたむきに取り組む事ができ、取り組み量が自信となりました。


‘‘自分のトリガーを見つけ、毎日の生活とソフトテニス競技を充実させましょう,,

 

 ----------------------------------------------

JASPはたくさんの練習メニュー・試合動画が登録無料で見られる!
みんなJASPに登録し、練習・戦術・戦略の幅を広げよう!!

Facebookで公開中のダイジェスト動画でが登場しています!
ぜひ見てくださいね!

Facebook のダイジェスト動画はこちら

----------------------------------------------

発行:4660323a 
by ソフトテニス・オンライン

指導に役立つ「NTT西日本堀 監督」やNTT所属選手の記事が誰よりも早く読める! 

メールマガジン「部活運営のヒント」(無料)の購読登録はこちら










ブログのトップページへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加