IMG_3636

ソフトテニス・オンラインが発行する無料メルマガ「部活運営のヒント」をご購読のみなさん、こんにちは。
のめさんでございます。

今回は、前衛のレシーブを元にストローク時に注意すべきポイントをご紹介します。

IMG_3622
IMG_3612

ポイント1
テイクバックのタイミング
相手の打球したボールがコートにバウンドした時にはテイクバックが終了している。
テニスを始めたばかりの方に多いのは、打つ瞬間にテイクバックをする事でボールにラケットが当たらない事です。
早く「準備」をする事でまずはボールにラケットが当たる事を確認してみましょう。
IMG_3623
IMG_3613

ポイント2
ラケットを持たない手の使い方
右利きの場合左手はどのように使うよう指導していますでしょうか?
勿論意識する点は1つではないので一概に「これ」とは言えませんが、初心者の方を指導する際には次の点を意識してみましょう。
1 左手(右利きの場合)でボールとの「距離感を測る」。
  あまりピーンと張ってしまうと力が入ってしまいますので、リラックスした状態でボール方向に伸
  ばしてみましょう。
2 手のひらで「ボールを掴みに行くイメージで」!!
  親指を下に向けて掴みに行くイメージ。手のひらが上を向いてしまうと、ボールがスライスしてし
  まう事が多いです。
IMG_3624
IMG_3614


ポイント3
インパクト時の態勢
ボールを飛ばそうと考える事や前衛は早く前に上がりたいと思うと、前傾姿勢になりすぎてミスに繋がる事が多くあります。
ストロークと前上がりは別に行動しなくてはいけません。
頭が突っ込まないように「体を立ててインパクト」をしましょう。
IMG_3627
IMG_3628
IMG_3615

ポイント4
レシーブから前上がりへのフットワーク
前衛はインパクト後に前上がりに切り替えます。
レシーブをした軸足がスムーズに前へ出るように意識しましょう。
インパクトしてからボールのインアウトを確認してしまう事が多く、次の動作が遅れてしまいがちです。次の「動作への切り替え」が大切です。

前回、テニスはサービスからポイントがスタートしますとお伝えしましたが、サービスレシーブはポイントの始まりで最も重要なプレーです。
テニスを始めたばかりの方々が、試合をしてテニスの楽しさを覚える為に必要なポイントですので是非ご指導中に試してみてください。

最後にソフトテニスについての質問にお答えしていきたいと思います。
疑問や練習方法などコメント頂きたいと思います。

のめさんのTwitterアカウント
もしくは
までご連絡ください!

YouTubeチャンネル
ソフトテニスの基本技術等をアップしています!!
「のめさんソフトテニスチャンネル」もぜひご覧ください。

※この記事は無料メルマガ「部活運営のヒント」読者の方々に先行で配信いたしました。

4660323a 
by ソフトテニス・オンライン

「のめさん」ほか、個性的な指導者たちの記事が誰よりも早く読める! 

メールマガジン「部活運営のヒント」(無料)の購読登録はこちら



ブログのトップページへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加