8F8152DE-53BA-4A76-B182-2F753D4C79EE-300x225

みなさん、こんばんは😌❤️
すた丼です🌟

タイトルびっくりしましたぁ〜😏??
ふふふ☺️
今日は熱いブログになりそうです!!笑
 

––––––––––––––––––––––––––––––––––––––

−日本リーグを満員にする−

これが俺の夢だから。

––––––––––––––––––––––––––––––––––––––
 

たまたまNTT西日本の堀監督とお話しする機会があって、
一番最初に言われたのがこの言葉でした。

堀監督といえば、私は少し怖そうなイメージがあったのですが今回話してみてこれがなんとまぁ面白い方で!!笑
だって、会場でいつも腕組んで仁王立ちして試合見てるんですもん!何考えてるんだろうなぁ〜って、、、笑
「ちょっと怖かったです。」って正直に言ってみたら、「俺、人見知りなの。」って笑
もし怖そうだな〜って思ってる人いたら、そんなことないですよ!!笑
とっても優しいし面白い方です😌!!
 

よし、堀監督に対する誤解も解けたところで早速本題に行きましょうか!
(※誤解していたのは私だけかもしれませんが。笑)
 

前回のブログ、ソフトテニスポケットが選手のプロフィールを公開する理由 を読んで下さった方は
もうお気づきかもしれませんが、ポケットとしても日本リーグに対しては並々ならぬ想いがあります!笑

わたしたちが取り上げる、「日本リーグ」。
現状、「日本リーグ」がソフトテニス界では最高峰の、「団体戦」のリーグ戦であるにも関わらず、
ソフトテニス界で「日本リーグ」の存在自体を知る人もあまり多いとは言えない。
もちろん存在を知っていても開催情報が展開されなければ、会場に足を運ぶ人も少ない。

そんな現状を変えたい、もっとソフトテニスを発展させたい。
私たちポケットの活動を見て堀監督から声をかけていただきました。
 

−ソフトテニスを発展させるためには?−
 

私たちができることは、ソフトテニスの魅力を存分に伝えること、あらゆる情報をわかりやすく展開すること。
しかしそれは、すべて選手があってこそです。
今ソフトテニス界に求められているのは、選手自身の意識。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

自分のためにやるのはアマチュア、人のためにもやるのがプロ。

「いやいや、軟式はアマチュアじゃん」
“生涯スポーツ”と呼ばれ誰もが親しむことができるがゆえ、
9割9分9厘の人がそのメンタルブロックから抜け出せない。

高貴なスポーツに見せたければ、まず選手が高貴に振舞わなければいけない。
誰かが動くのを待っててもダメだし、ひとりひとりのソフトテニス愛、それをもっともっとみんなでさらけ出して、
チームの垣根飛び越えて意見出しあってデカいエネルギーに変えなきゃいけない。
それが1番出来るのはやっぱり実業団選手。そして日本リーグ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

堀監督とお話しする中で、特に熱くなったのがこの話。
やっぱりどこまでいってもソフトテニスのマイナーイメージが拭えないうちはソフトテニスの発展などあり得ない。
ならどうすればマイナーイメージを払拭できるのか?


続きはこちら




ブログのトップページへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加