IMG_3629
ソフトテニス・オンラインが発行する無料メルマガ「部活運営のヒント」をご購読のみなさん、こんにちは。
のめさんでございます。
今回は、ヨネックスの草野選手のフォアハンドストロークを参考にフォアハンドストロークの注意すべきポイントをご紹介します。

上記の画像はテイクバック時に右の軸足から左の足に体重移動しているシーンです。
ポイント1
・左手はボールとの距離感を計る。
・ボールがバウンドして頂点に達する前にテイクバックしている。


IMG_3630
テイクバックが終了しスイングに入る瞬間の画像です。
ポイント2
・ボールを高い打点で捉えにいく(腰と胸の間で打つと安定します)
IMG_3631
インパクト直前
ポイント3
・左足にしっかりと体重移動していることから、右足のカカトが上がっています。
・上半身を回転させている入りの部分です。
・上半身を回転させるときに左手を引きつけている所に注目して下さい。
IMG_3632
ポイント4
・回転は上半身から入り腰が回ってきます。(次の画像につながります)
IMG_3633
ポイント5
・腰が回転することで上半身がボールの飛ぶ方向へ向いていきます。

IMG_3634
ポイント6
・体が回転し、左手は完全に引きつけられスイングはフィニッシュしています。
 (草野選手のスイングはここで終わりません)

IMG_3635
ポイント7
・骨盤の右側が前え出てくるまで回転しています。
・この大きな回転が、草野選手の鋭いストロークのパワーを作り出しています。

新入生の方や初心者の方にはこの動作を全ていっぺんに行うのは難しいと思います。
部分を切り取って意識しながら一つ一つ練習してみましょう。

最終ポイント
意識」して毎日反復練習を行うことで1つの技術を3ヶ月で身に付ける事ができますよ!!

是非試してみてください。

最後にソフトテニスについての質問にお答えしていきたいと思います。
疑問や練習方法などコメント頂きたいと思います。

のめさんのTwitterアカウント
もしくは
までご連絡ください!

YouTubeチャンネル
ソフトテニスの基本技術等をアップしています!!
「のめさんソフトテニスチャンネル」もぜひご覧ください。

※この記事は無料メルマガ「部活運営のヒント」読者の方々に先行で配信いたしました。

4660323a 
by ソフトテニス・オンライン

「のめさん」ほか、個性的な指導者たちの記事が誰よりも早く読める! 

メールマガジン「部活運営のヒント」(無料)の購読登録はこちら



ブログのトップページへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加