From / 部活運営のヒント

スクリーンショット (79)

みなさんこんにちは!
清明学園中学の高橋です。

*時間の使い方

よく全国で質問されるシリーズです。いつ休みですか??学校の仕事こなせていますか?全日本合宿中、学校を抜けて大丈夫ですか?と、かなりの頻度で聞かれます。 膨大な仕事を限られた時間でこなすことができないと放課後の練習もつけないし、休日も遠征に帯同できません。そして、自分の家族と過ごす時間もありません。
若い時から、このように考えていました。ある仕事を120分かかっていたのを90分でできるようになれば、自分の時給があがるということを考えていました。自分の時給・単価をあげるためには、いかに短時間で正確に仕事をこなしていくかになります。 そこに力を注ぎました。

そのために、
仝造蕕譴唇貽の空き時間、誰にも声をかけられない自室にこもって仕事をする。
業者様に関しては連絡をすべてメールにしてもらう


,茲あることですが、職員室で仕事をしていると 声をかけられたりすると、また一から集中し直しということがありませんか?そうならないように、空き教室を探して、仕事を持ち込みます。そして一気に行うようにしています。 これは是非お勧めです。仕事量がとてもあがります

△い蹐い蹐紛伴圓気泙箸寮涵廚あります。こちらも仕事途中に電話がかかってきたら、予定していたところが終わらないということが多々ありました。最近は、すべてラインかメールにしています。 必ず半日以内に返信をするから、緊急時以外はメール・ラインでお願いしています。業者さまからのご提案や顔をあわせての打ち合わせも、時間を決めて10分と区切らせてもらっています。これで時短が生まれます

 Ν△鮗孫圓垢襪世韻如∩蠹な時間が生まれます。先生方のなかでも、私が捕まらないことがわかっているので、校内にいながらもラインやメールでできる方がいて、顔を合わせてのコミュニケーション も大切ですが、それだけでもお互いの時間が使われません。その分、あまった時間でいろいろな学校の間題に生徒指導として対応できるようにしています。

ソフトテニス部の生徒にも、このように伝えています。「部員も増えて、皆の練習場所確保がとても大変になってきた。対戦校への連絡・保護者への連絡などなど。そこで君たちが学校で何か問題を起こすと先生が対応せざるを得ない。 みなさんの幸せのために、お互いのよりよい時間を過ごせるために、問題行動はなしでいこう」と伝えています。

また、講習会(教育委員会派遣で平日もあり)や 全日本アンダー合宿で平日、学校を抜けることがあります。全日本スタッフを引き受けた時から、テーマでした。学校不在時に、他の先生に極力、迷惑をかけないこと。とくに生活指導主任として、各担任の先生の助けにならないといけない立場なので、定期的に各担任のところに行き、「なにか困っていることはありますか?生徒はどうですか?保護者の方とうまくいっていないことなどありませんか?」とこまめに聞くようにしています。

これを実行してから、担任が小さいことでも報告をしてくれてようになり、一緒に問題解決に知恵を出しあえて、それほど大きな問題になる前に対応できているように感じます。また、生徒指導上、関わっている生徒がいる場合は、全日本宿中も担任・該当保護者とは連絡は取り合います。私がやれることは限られていますし、生徒・保護者・担任が過ごしやすい環境をつくれることを意識して動くようにしています。

今回は、指導者の方々から質問が多かったので投稿されもらいました。

**********

*初心者へのサービス指導


初日からサービスに関しては、薄いグリップで持たせています。  


このグリップになるためにも以下のようなことを遊び感覚でやらせています。


サービスの導入部分ではおススメです。
来週は、遊びながらラケットワークやコーディネーションを高められる練習を紹介します。

スクリーンショット (79)

ソフトテニス・オンライン


ブログのトップページへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加