1




4660323a


ソフトテニス・オンラインが発行する無料メルマガ「部活運営のヒント」をご購読のみなさん、こんにちは!

スポーツインテリジェンス トレーナーの中野です。

6月に入り、一気に気温、湿度ともに高くなってきています。
この時期に起こりやすいのが、ご存じの通り、“熱中症”です。
熱中症という言葉はここ数年で一般的になりました。

ひと昔前に比べると気温の上昇が大きく、最高気温が
40度近くなることも大きな原因の一つです。
また、気温だけでなく
湿度が熱中症の発生に影響します。
やはり高温・多湿は体にとって大きなストレスになります。
そこで、今回は、熱中症の症状と発生時の対応についてご紹介します!


熱中症とは、暑さによるストレスで引き起こされる全身的な熱障害の総称です。
原因や症状によって熱痙攣、熱失神、熱疲労、熱射病に分類されます。
熱中症が引き起こされる要因としては、運動や発熱による体温の上昇と高温多湿、熱を逃がしにくい衣服、暑熱への未馴化(暑さへの適応)、脱水などの体から熱を放出する力が低下するなどがあります。


熱中症の症状は以下の4つです。

   熱痙攣

高温の環境下で起こり、痛みを伴った筋肉の痙攣、吐き気や腹痛を伴います。

大量の発汗により、塩分を含まない水分のみを補給したときに起こり、体温の上昇はわずかです。

   熱失神

運動を中止した直後に起きることが多く、筋肉のポンプにより血液が心臓に戻る機能が働かなくなり、脳への血流が減って意識消失に至ります。
(通常は数秒間で回復する)

   熱疲労

高温の環境下(蒸し暑いところ)で疲労感、頭痛、めまい、吐き気などの症状が認められます。

大量の発汗による脱水症状のため、熱が体外へ放出されず体内にこもってしまい、体温が上昇します。

   熱射病

高温の環境下で、体温調節が機能しなくなった状態をいいます。

異常な体温の上昇と興奮、錯乱(さくらん)痙攣(けいれん)昏睡(こんすい)などの意識障害が特徴です。

発汗の停止により皮膚は乾燥し、手当が遅れればショックや細胞・臓器障害の陥り、死亡する可能性もあります。

熱中症が発症したら

  意識障害、全身痙攣、高体温、真っ直ぐ走れない・歩けないなど1つでも当てはまれば重症と考え、躊躇せずに救急車を要請しましょう。

  熱中症は、発症から20分以内の手当が必要とされているので、救急車要請の有無に関わらず手当を開始します。

風通しの良い日陰など、涼しいところに運びます。

衣服を緩め、身体を冷却しやすい状態にしましょう。

ァ)椰佑楽な姿勢に変えます。
     (顔が青白く、脈が弱いときは足を高くし顔の方向へ血流を流します)

  意識があり、吐き気や嘔吐などがなければ水分補給をさせます。 スポーツドリンクや薄い食塩水などを飲ませましょう。

皮膚が冷たかったり、震えがあったりする場合、乾いたタオルなどで皮膚をマッサージしましょう。

皮膚の温度が高いときには、水で全身をぬらし、うちわなどで扇いで風を送り体温を下げます。

  氷嚢、アイスパックなどを頸部、腋窩部(脇の下)、鼠径部(股関節のつけ根)にあてて皮膚の真下を流れている血液を冷やしましょう。

冷却はできるだけ早く行う必要があり、意識が回復し「寒い」と訴えるまで続けましょう。


1
(引用:https://wakuwakutuhan.jp/outlast/5.html



今回は、熱中症の症状と発生時の対応についてご紹介しました。
熱中症は、スポーツ選手が特に気をつけなければいけない生死に関わる病気です。

手に負えないと感じたら、迷わず速やかに救急車を呼びましょう。
まずは、起こさないように体調を万全に整え、起こった場合には対処ができるように準備をすることを忘れないでください。

次回は
熱中症を引き起こさないための予防についてご紹介します!



※ウォーミングアップ、トレーニング方法についての質問、疑問などがございましたら、

までお寄せください!質問および回答を当メルマガにてご紹介させいただきます。

(全てのご質問にはご回答できない場合もございますので、ご了承ください) 


 

※この記事は無料メルマガ「部活運営のヒント」読者の方々に先行で配信いたしました。







 

スポーツインテリジェンスHP

http://www.sports-intelligence.jp/


からだサポート【S.I メルマガ】登録フォーム

https://plus.combz.jp/connectFromMail/regist/cpfw9543

4660323a

スポーツインテリジェンスのトレーナー記事が誰よりも早く読める! 

メールマガジン「部活運営のヒント」(無料)の購読登録はこちら


ブログのトップページへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加