IMG_3802
ソフトテニス・オンラインが発行する無料メルマガ「部活運営のヒント」をご購読のみなさん、
こんにちは。
のめさんでございます。
今回の写真は、先日行われた東日本小学生ソフトテニス大会での1枚です。
私も小学4年生からジュニアに入り(当時設立)ソフトテニスを始めましたが、
当時と今の小学生の技術は想像がつかないくらい進歩して来ました。
ダブル後衛が多くなったことも大きな変化ですね。

前回の投稿では、サービスの練習法を提供しました。
次はサービスゲームを有利に進める方法です。
スポーツ全般で勝負に必要なのは【意識付け】です。
相手と向き合うスポーツは、常に相手の癖や苦手な部分の情報を収集し戦います。
野球でピッチャーとバッターが一番わかりやすいと思います!!
バッターはピッチャーの次の球種をよんで一打一打バットを振ります。
同じように、サービス側とレシーブ側もそれにあたります。

前回の練習法で、サービスを狙ったコースにコントロール出来ることが前提となりますが、同じ展開で同じコースに2球連続でサービスを入れることで、相手に【意識付け】をさせます。
2球続けて同じコースに打つことで意識させた次に、その逆をついて相手の心理と打球のコースの2つで攻め崩します。
これがソフトテニスでの戦法の基本です。

サービスは基本相手のバック側に入れていきましょう!!
バック側を意識してポジションが寄ったところを逆に攻めて相手を崩して次にポイントを決めに行く流れを身につけると試合をするのも更に楽しくなりますね。
最後にソフトテニスについての質問にお答えしていきたいと思います。
疑問や練習方法などコメント頂きたいと思います。

のめさんのTwitterアカウント
もしくは
までご連絡ください!

YouTubeチャンネル
ソフトテニスの基本技術等をアップしています!!
「のめさんソフトテニスチャンネル」もぜひご覧ください。

※この記事は無料メルマガ「部活運営のヒント」読者の方々に先行で配信いたしました。

4660323a 
by ソフトテニス・オンライン

「のめさん」ほか、個性的な指導者たちの記事が誰よりも早く読める! 

メールマガジン「部活運営のヒント」(無料)の購読登録はこちら



ブログのトップページへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加