IMG_3810
ソフトテニス・オンラインが発行する無料メルマガ「部活運営のヒント」をご購読のみなさん、
こんにちは。
のめさんでございます。
今回の写真は、あゆタロウとパシャり!!
この2年間であゆタロウはソフトテニス会の人気者に急成長しましたよね〜♩
サイン攻め、写真攻めで長蛇の列が出来ていました!!

さて、前回サービスでの「意識付けを簡単に説明させて頂きました。
では、意識付けをするとどんな有利なことがあるでしょう?

事例1 前回説明した様に、同じ展開で同じコースにサービスを入れます。
    基本はバック側です。
    クロスで後衛のバックに2本連続でサービスを入れました。
    すると、3回目のサービスで相手の後衛はバック側を意識して半歩センター側にポジションを
    ずらしました。なので、次にクロスへエースを狙いにいきました。
    と、こういう流れの組み立て方になります。
    この後は、相手との駆け引きなので意識付けとその逆との繰り返しを上手く使うと良いと
    思います。
ただし、相手のペアが試合を考えながら進めるレベルの相手じゃないと使えませんので要注意!!
何も考えない相手は、意識も何にも無いので行き当たりばったりの展開ですから、こちらがいくら意識していても相手には何にも関係ないんです。
ここは要注意です。

一定のレベルになるとこういった駆け引きが成り立ちます。
これがスポーツの1番面白い瞬間ですよね。

小中学生のレベルアップに有効なのは練習試合だと考えています。
小・中学生の吸収力は凄まじいいものです。
半日、一日で急変化します。
新しい事をする事で吸収する。初めての相手と試合する事で変化する。
顧問の先生方、練習試合をたくさんさせましょう。
生徒さんの成長を褒めましょう。
そして、練習試合では意識付けを試してみましょう。
のめさん高校生の時、練習試合は1日15試合していました。
今は1試合しただけでヘロヘロです。
まずは自分を鍛え直すのが先かも・・・
かもじゃなくて絶対ってわかっていても行動できないのがダメなんですよね〜!!

最後にソフトテニスについての質問にお答えしていきたいと思います。
疑問や練習方法などコメント頂きたいと思います。

のめさんのTwitterアカウント
もしくは
までご連絡ください!

YouTubeチャンネル
ソフトテニスの基本技術等をアップしています!!
「のめさんソフトテニスチャンネル」もぜひご覧ください。

※この記事は無料メルマガ「部活運営のヒント」読者の方々に先行で配信いたしました。

4660323a 
by ソフトテニス・オンライン

「のめさん」ほか、個性的な指導者たちの記事が誰よりも早く読める! 

メールマガジン「部活運営のヒント」(無料)の購読登録はこちら



ブログのトップページへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加