全小画像
ソフトテニス・オンラインが発行する無料メルマガ「部活運営のヒント」をご購読のみなさん、
こんにちは。
のめさんでございます。

画像は、先月栃木で開催された、全国小学生選手権大会の開会式の一枚です。

私も、初めて代表チームで参加させていただきました。

全国で勝つ難しさを痛感し、来年また参加させて頂ける時には選手がいいパフォーマンスをできる用に考えて研究しています。

小学生の選手はダブル後衛のペアがとても多く、粘りのテニスに雁行人ペアは苦しい試合が多く見られました。

ここは絶対の対策が必要です!!

さて、本題ですが7月、8月は小学生〜大学生までの全国大会が各地で行われています。

全国大会が終わると大きな変化がありますね。

そう、世代交代です。

のめさんの経験上、学年が上がるタイミングと代替わりするタイミングには不思議と技術が上がるんです。

これは個人的な感覚かもしれませんが、読者の方にこのような経験された方いませんか?

上級生が抜けることで責任感が増し、練習やソフトテニスそのものに対する意気込みが変わってきます。

ではどんな練習をすればいいのかというと、サービスやレシーブ試合など様々な練習がありますが、の

めさんのオススメ練習を2つ紹介します。

1 ネットを高くして、サービス練習とサービスラインからのストレートへの一本打ちです。
  
 角材などをネットより5〜10センチ程高いものを用意してネットを緩めて支柱の内側に入れて

 ネットを高くします。
 
 高い状態で各練習をした後に、通常の高さに戻すとネットが低く感じます。

2 3本乱打

 試合中の大半が3本目で決着します。
 
 3本をしっかり打って止めるの繰り返しです。
 
 ミスするまで打つとミスする癖が付きますから注意しましょう。

最後にソフトテニスについての質問にお答えしていきたいと思います。
疑問や練習方法などコメント頂きたいと思います。

のめさんのTwitterアカウント
もしくは
までご連絡ください!

YouTubeチャンネル
ソフトテニスの基本技術等をアップしています!!
「のめさんソフトテニスチャンネル」もぜひご覧ください。

※この記事は無料メルマガ「部活運営のヒント」読者の方々に先行で配信いたしました。

4660323a 
by ソフトテニス・オンライン

「のめさん」ほか、個性的な指導者たちの記事が誰よりも早く読める! 

メールマガジン「部活運営のヒント」(無料)の購読登録はこちら



ブログのトップページへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加