CB29D50D-3CB6-480B-B6A1-1806893D0F9F



宮崎県に、5年勤めた教員をやめて現役国体選手で初めてソフトテニススクールを作り尚且つとして活躍を目指す選手がいた。 

今年、新設されたプロチームAIM所属 村田匠選手のペアである 井口雄介選手だ。

井口選手は、村田プロと同じく日本体育大学を卒業。社会人選手としても輝かしい成績を残している。

天皇杯ベスト8 全日本シングルスベスト8
全日本社会人ベスト8

茨城国体準優勝、福井国体ベスト4
岩手国体ベスト4

九州オープン優勝、九州選手権2連覇
九州シングルス3連覇

井口選手は、教員をやめた理由について自身の運営するラジオ「井口雄介ソフテニ雑談所」の中で、「生徒と接すること意外に楽しさを感じなく、教師としての仕事面で自分の必要性を感じられなかった。」と語る。
様々な環境の中でソフトテニスを頑張り、
仕事と理想とのギャップや職場環境に苦しんだことも多かったことだろう。

※ ラジオ 井口雄介ソフテニ雑談所

https://stand.fm/channels/5f5334a06a9e5b17f73820a2

D428D82B-DE49-4D26-AD27-A48AC748EB2B


井口選手は、ソフトテニス が大好きで ソフトテニスを頑張る子供たちが大好きで 自由に時間をつくり、自分の大好きなソフトテニスをプレーするため、ソフトテニスを頑張りたい子供たちを中心に、一般の人たちを応援したくてソフトテニスを仕事にすることを決意し一念発起した。

井口雄介選手 
ツイッター → https://twitter.com/il_oor?s=21
インスタグラム → iguchi0307
https://www.instagram.com/iguchi0307/

次回、村田プロと組むことへの思いを語る。


ブログのトップページへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加