ソフトテニスオンラインをご覧の皆様

 

こんにちは!

編集部のふくじーにょです!

 

(公財)日本ソフトテニス連盟の機関誌「ソフトテニス」の2012月号を紹介します。

スクリーンショット (113)

【表紙写真】

1031日と11月1日に京都府・福知山市で開催された「第34 ソフトテニス日本実業団リーグ」。写真は共に初優勝を飾った和歌山県庁とチームサニーブリーズ


トップを飾るのは久々に大会報道です。10月末に開催された「第34 ソフトテニス日本実業団リーグ」と「第27 全日本クラブソフトテニス選手権大会」。京都府で行われた実業団リーグは男子が和歌山県庁、女子はチームサニーブリーズがともに初優勝を飾りました。一方、千葉県で開かれた全日本クラブ選手権は、男子がKEI SPORTSが初優勝、女子は杉並文化クラブが10年ぶりの優勝を果たしました。

 

この他、好評連載中の「チャンピオンからのメッセージ」と「ソフトテニス入門 規則とルールQ&A」が続きます。今月のメッセージで登場するのは、1950年、1953年、1954年に優勝を遂げた生川久恵さん(現 福田久恵)、2013年のチャンピンである阿部悠梨さん、そして、2017年、2018年、2019年を制している林田リコさんです。


スクリーンショット (112)

1950年に女学生で皇后杯を制した生川・島田ペア。53年と54年にも優勝を果たし、通算3勝を飾った

 
スクリーンショット (115)

2013年の茨城県大会(第68回)で優勝を飾った上原・阿部ペア。写真は同僚と一緒に記念撮影したもの

 
スクリーンショット (116)

2019年の岩手県大会(第74回)で個人として3連覇を達成した林田選手(写真右)。パートナーは島津選手



機関誌の購読については以下のサイトより

お申込みください。

http://www.jsta.or.jp

 

アッという間に12月を迎えた感じです。

今年は新型コロナウイルスで

中止や延期になった大会が多かったですね。

しかし

徐々に大会も開かれ始めました。

皆さんのほうでも大会が再開し始めているのではないでしょうか。

今年はいろいろありましたが、

来年はソフトテニスを思い切り楽しめる

そんな1年になって欲しいと思います。


〈目次〉

・第34 ソフトテニス日本実業団リーグ

・第27 全日本クラブソフトテニス選手権大会

・チャンピオンからのメッセージ

・ソフトテニス入門

 規則とルールQ&A

・支部ニュース

Soft Tennis Information 情報コーナー

・次号予告

・令和2年度 大会日程並びに開催地一覧


ではでは!

http://www.jsta.or.jp













ブログのトップページへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加