minatoku-softtennis01og


こんにちは。
ソフメシの荒川です。


春のソフトテニスシーズンに突入しました。

まるで昨年の鬱憤を晴らすかのように、今年は毎週のように試合の予定があります。

広域大会につながる県予選から、地域の市民大会まで。

選手たちも、各主催連盟も依然手探りの状態は続きますが、少しずつソフトテニスのある日常が戻りつつあります。



今年は大学時代の後輩に誘われ、3年振りに関東オープンにもエントリー。

即席ペアでいきなり関東オープンで無様な試合をするわけにはいかないと、調整も兼ねて前週に開催された港区の市民大会に参加しました。

minatoku-softtennis02



関東オープンでペアを組む酒井は、東京のクラブチーム「グリーントマト」所属。

グリトマには他にも何人か知り合いがいますが、都内を中心に活動されている活気のあるクラブです。


ソフトテニスサークル グリーントマト
https://greentomato-softtennis.amebaownd.com/



港区の大会が行われるのは、都心の一等地。

麻布運動場のテニスコート。

minatoku-softtennis03



有栖川宮記念公園に隣接するそのテニスコートは、都心にいることを忘れるくらい自然あふれる気持ちの良い環境。

初夏の陽気さえ感じられるほど暖かな日曜日。

こんな絶好のテニス日和に、外で思い切り試合ができる幸せを噛み締めます。




ちなみに、この日は応援が約1名。

minatoku-softtennis04


直前まで連れて行く気もなかったのですが、なぜかこの日は早起きして「パパとテニス行く〜」とリクエスト。

一応、昨年からジュニアクラブでソフトテニスを始めた息子ですが、早起きの目的はテニスではありません。



パパと出掛ければ、ママの監視の目から逃れて気兼ねなく「Nintendo Switch」で遊べるという目論見。

小学2年生ともなると、なかなか計算高くなります。



まぁ、私は私で息子を連れ出せば、「子守を兼ねて」という言い訳が立ちます。

この1ヶ月は週末テニス予定続きなので、これでかろうじて妻のご機嫌もキープ。



親子でお互い持ちつ持たれつ・・・。


過去記事:はじめの一歩





minatoku-softtennis05


minatoku-softtennis06


大きな大会に出て、痺れるような緊張感のなかで試合するのも楽しいですが、もっと気楽に臨む市民大会もまた一興。



とか言いながら、どんな小さなローカル大会でも緊張してしまう私のチキンハート。

こればっかりはそういう性分なので、分かっちゃいるけどなかなか治りません。



minatoku-softtennis07


35歳以上の部は、毎回エントリーが少ないというのは聞いていました。

それでも、背伸びして一般の部に出て自信喪失するよりは、できれば勝って翌週に控える関東オープンに弾みをつけたいと考えていました。

35のローカル大会では4〜5ペアのリーグ戦というケースも多いので、この日も想定通り。

技術等級2級以下にあたる「級別グリーン」の一般選手と混合での5ペアリーグ。



いつも通りの勝負弱さを発揮していまいち乗り切れないながらも、なんとか2勝1敗で最終戦へ。



ん?

もしかして、最終戦で全勝ペアに勝てば、互いに3勝1敗。

勝ち点で並べば、直接対決の結果でまだ優勝の目が残っている!?




わずかな望みに賭けて、気合い入れて臨んだ最終試合。



気合いだけが空回りして、見事に0封で撃沈。



minatoku-softtennis08


優勝どころか、結局2勝2敗で3ペアが並んだ結果、5ペア中の4位に転落(笑)

単なる実力不足ですね!

また出直してきます!!




なにはともあれ、4試合楽しめてよかったです。

結果はイマイチでしたが、少なからず会心のプレーもあったので、次につなげたいと思います。



ありがとうございました!




minatoku-softtennis09


試合進行をうまくまとめていただいたお陰で、首尾よくお昼には終了。

子どもと公園をぶらぶらしながら、ゆっくりお昼ご飯食べて帰りました。




それにしても、パパの試合の応援よりも、パパがキミの試合を応援できる日は来るのだろうか?

・・・気長に楽しんでいきます。


softtennis_blog


sofunavi_softon




ブログのトップページへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加