こんにちは!ソフトテニス・オンラインのおが。です!

気が付けばもう11月。今年も残すところ2か月となりました。


この週末、10/30~31には千葉県の白子にて、白子町をソフトテニスで盛り上げよう杯が開催されました。「Sun SMILE」「KEI SPORTS」「せせらぎクラブ」が中心となり、同大会を企画・運営。
全日本クラブ選手権の中止など、例年の盛り上がりから一転、活気を失ってしまった「テニスの町」を盛り上げようと開催されました。
昨年の全日本クラブ選手権覇者「KEI SPORTS」チームや、日本体育大学ソフトテニス部チーム、YouTuber×プロ×現役大学生の混合チームなどなど、様々な顔ぶれが一堂に会し熱戦が繰り広げられた模様です!

同大会にはソフトテニス・オンラインの「Hana」が伺っており、記事が更新されておりますのでぜひご覧ください!
白子町をソフトテニスで盛り上げよう杯
Hanaさんのツイッター・インスタグラムでは素敵なお写真が掲載されています!
合わせてぜひチェックしてみてください!

5f7d22cf


様々な大会が開催に向けて動いている中、ワールドマスターズゲームズ関西の延期の方針が固められました。ソフトテニス競技も京都府・福知山にて開催が予定されていましたが、さらに4年延期の方向で進められています。

大会に向けて準備を進めていた方にとっては想定外の一報。まさとMASATOチャンネルのまさとさんとあゆタロウさんも、先日ペアを組んで出場することを発表したばかりでした。

当初は2021年5月に開催を予定していた同大会。計5年の延期となり、出場を検討しなおす選手や延期によって出場資格を得る選手が出たりと、様々な影響が出て来そうなものです。

では、10/25~10/31の一週間分、参りましょう!












<技術指導系>
▷【ガチ練】世界大会に出るのでサービスダッシュの実践練習をしてきた!【ソフトテニス/SOFT TENNIS】

まさとMASATOチャンネルより、前衛のサービスダッシュからのローボレーの練習動画。前にあがるところを狙われた時のための処理の練習は、実戦に向けて必須のもの。ミスなくつないでその後のプレーを展開していくためにも、しっかり習得したい技術です!




まさとMASATOチャンネルより、、
まさとさんに寄せられた質問に回答する動画。改めてまさとさんはどんな人なのか...などなど!
【初質問コーナー】視聴者さんからもらった質問に答えます!【ソフトテニス/SOFT TENNIS】













▷キーワードは”タイミング”!前衛によく捕まる後衛は必見です!【ソフトテニス】

船水雄太チャンネルより、ロブで走らされた球に対して余裕があるときの打法の紹介!相手を惑わせるためのタイミングのずらし方の一つとして、船水雄太プロの技術を一つ伝授。
同チャンネルでは、船水雄太プロが青森県成年男子チームとして臨んだ三重とこわかソフトテニス大会2021の試合動画もアップされています!ぜひご覧ください!

【三重とこわかソフトテニス大会】船水雄太•渡邊(青森県) VS 船水颯人•内田(三重県)【ソフトテニス】

















▷【新指導理論】一流選手のテイクバックの共通点!正しいラケットの引き方【ソフトテニス】

見て強くなる!ソフトテニス塾より、最新のテイクバック理論のご紹介!速いテンポでラリーが展開する、近年のソフトテニスに対応できる形の「ユニットターン」。プレースタイルや道具がこれまでとは変化してきている中、選択肢の一つとして注目の理論です!




























<試合動画・プレー系>
▷【解説】インハイ史上初!?奇跡の逆転劇の全貌!

「ちなみに因【Chinami Kyosuke】」チャンネルより、待望の後編!2015年のインターハイ男子個人戦決勝、内本・丸山ペア(上宮) vs. 因・米澤ペア(能登)の試合を両後衛が解説。後編となる今回は、因・米澤ペアのゲームカウント3-0リードからの歴史に残る4ゲームを、44分にもわたる動画で振り返ります!















▷200km/hサーブのジュニアがソフトテニスに初挑戦!小倉諭行選手

「はぶさわ soft tennis channel」より、硬式選手によるソフトテニスのサーブを紹介する『俺のサーブ』企画の第2弾!グリップの握り厚薄・掌屈、スタンスやサーブを打つときの意識などを詳しくお話ししてくださっています。硬式テニスのメソッドから様々な発見ができそうです!
【俺のサーブ】硬式テニス選手にソフトテニスでサーブをぶち込んでもらおう!難波隼平選手

















▷2021年 NIPPON TOP of TOP 2021 ダブルス TOP of TOP 決定戦 上岡・林大(同志社大学・NTT西日本) 対 船水雄・九島( AAS Management・ミズノ)

「naoyeah323」チャンネルからは、今週も『NIPPON TOP of TOP 2021』の交流戦の動画がアップされています!シングルス・ダブルス(正規ペア/シャッフルペア)の試合を両方織り交ぜながら順に公開されており、すでに公開されている動画分でもバラエティに富んだラインナップとなっています。ぜひご覧ください!















▷【ソフトテニス】決勝戦_日本体育大学現役選手との対決!?T橋・よしれいペアの相性抜群説浮上の試合となりましたww

やわてにT橋チャンネルより、10/30~31に白子で開催された「白子でソフトテニスを盛り上げよう杯」の決勝戦の試合動画!雨の舞う中で行われた第一対戦、T橋・芳村 玲ペア(やわてニっしーチャンネル) vs. 増田 洋五豊・蝦名 海飛ペア(日本体育大学)の試合です!

































<バラエティ系>
▷【検証】ミズノの来月から発売予定の新ラケットって実際どこが進化してるの!?【ソフトテニス】

あゆタロウチャンネルでは、ミズノより12月中旬に発売となる新ラケット「FSPEED」シリーズを徹底解剖!「DIOS/SCUD」シリーズと比較しながら、新シリーズで進化したポイントを検証します。購入を検討している方などはぜひ参考になさってみては。










































<今週のPick Up!>
▷広島・三重での大会報告と、皆さんに伝えたいこと…

今週のピックアップはこちら!

広島での「NIPPON TOP of TOP 2021」や三重での「三重とこわかソフトテニス大会2021」を振り返って、大会の結果報告と国体における"アスリート特例措置"についてのお話。

多くの方が知りたいと思っている内容を、船水 颯人プロ自身の口からお話しなさっています。





さて、いかがだったでしょうか!

ソフトテニス競技においては新しい取り組みであった、国体での「トップアスリートの国民体育大会参加資格の特例措置」について、三重とこわかソフトテニス大会で適用されたことが話題となりました。

日本スポーツ協会の定める同特例のもとに、国体の全競技において「トップアスリート」に該当する選手にはいくつかの特別な措置が設けられています。

ソフトテニス競技においては2019年よりこの制度を導入し、2021年の「三重とこわか国体」においてはじめて選手に適用される運びとなりました。
国体自体は中止となりましたが、その代替大会として開催された「三重とこわかソフトテニス大会2021」では本来開催予定だった三重とこわか国体と同様に大会が催され、特例措置の適用の形をとったままの開催となりました。

今回ソフトテニス競技で初めてこの制度を利用したのが船水 颯人プロと上松 俊貴 選手で、ともに三重県成年男子チームからの出場となりました。
お二人が通常、大会に出場される時の所属は稲門クラブ(東京都)であったこと、また出身県はそれぞれ青森県・岡山県であること、加えて同特例措置がソフトテニス界において初の試みとなり浸透していなかったことにより、二選手が三重県の代表として出場することに当惑した方も少なくなかったようです。

同制度を知っていた方の中には同特例についてのソースをSNS上で発信していたり、今回の適用を受けて制度について調べたりといった動きもありました。
同時に、聞き慣れない制度なだけに違和感を覚え、反発する声もあり、選手に直接非難の声をあげるといった人もいたようです。

この制度の適用に際して、関係者から明確な発表や説明がなかったことが混乱を招いたことも事実。トップ選手が開催県代表として出場することのサプライズ性は大きいものがありましたが、同時に困惑を困惑のままにさせてしまったという面も残りました。

大会を終え、こうして船水 颯人プロ自身が動画内で説明する形で今回の特例措置適用について明言されました。困惑の声に応え、当人から説明したことを支持する声も聞かれています。

一方で、YouTube動画の拡散力には限界があったり、三重県スポーツ協会員としての活動が広く周知されたわけでは無かったりと、また制度自体が未知のものであったがゆえに、すべてのソフトテニス競技関係者にしっかりと事実関係が把握され、受け入れられるわけでは決してないと思われます。

今年、こうして初めてが適用され、ソフトテニス競技においても今後はスタンダードな仕組みとなっていくものと考えられるこの制度。
初めての取り組みには様々な声が飛び交いますが、競技にとって新たな一歩となったことを喜びたいですね。


それでは、また来週(*- -)(*_ _)










おが。-Twitter-
https://twitter.com/HayaOga_ST_khtt




おが。-Instagram-
https://www.instagram.com/hayaoga_st/












    


ブログのトップページへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加