kanto-open-softtennis2022_4og


【夏休みの宿題(やり残し)スペシャル 第1弾】


こんにちは。
ソフメシの荒川です。


ブログ執筆再開にあたり、まずは4月のお話から(笑)

直前の関東選手権予選で、見事に初戦ストレート負けを喫した私。

結局、35カテゴリーで試合に出るようになってからの数年間、一度も関東選手権への出場は叶いませんでした。

予選敗退の回数を数えてみると、コロナも挟んで計4回。

関東への壁はなかなかに高いですが、来年から45カテゴリーに昇格(?)するので、懲りずにまた挑戦していきます。




そんな私にとっての関東大会はこっち。

関東オープンソフトテニス大会。

今年も35・45男子の会場は谷河内テニスコート。

kanto-open-softtennis2022_1


kanto-open-softtennis2022_2


オープン大会とはいえ、「関東」と冠のつくだけあって、エントリーしているのは腕に覚えのある人たちばかり。

ビッグネームも多数参加していますが、チャレンジャーである自分はただただ向かっていくのみ。


kanto-open-softtennis2022_3



たとえ下手くそでも、諦めずにやっていけばいつかは花開くはず。

そう信じて、勝負の舞台には上がり続けていたい。



kanto-open-softtennis2022_5


kanto-open-softtennis2022_6


kanto-open-softtennis2022_7


正攻法では分が悪い相手にも、ときどきうまくかみ合って強さを発揮するおっさんダブルフォワード(笑)。

まだまだ発展途上ですが、毎回ちょっとずつ経験値が増えていく感覚が楽しいです。



kanto-open-softtennis2022_8


kanto-open-softtennis2022_9


kanto-open-softtennis2022_10


この日は珍しく安定感あるプレーで、初戦を突破!!

強敵ひしめく関東オープンでの1勝は素直に嬉しいです。


kanto-open-softtennis2022_17




つづく2回戦では、実績のあるペアを相手に歯が立たず完敗。

昨年ローカル大会で奇跡的に勝利した相手でしたが、見事なまでにリベンジされました・・・。

やっぱミラクルは続かないですね(笑)




最近は自分の試合に出るだけでなく、大会を運営・サポートする側に回ったり、息子のジュニアを手伝ったり、さまざま形でソフトテニスに携わっています。

見る楽しさ、応援する楽しさ。

それもありますが、やっぱり自分が試合するのが一番楽しい!!

目指すは生涯現役選手。

シニア80まで続けるとして、選手人生としてはやっと折り返しくらい。

まだまだこれから楽しみます!



kanto-open-softtennis2022_11


kanto-open-softtennis2022_12


kanto-open-softtennis2022_13

45で活躍する先輩方も、まだまだ衰えなんて知りません。




35、45とも、関東オープンの決勝ともなるとレベルが高い!!

一般選手とだって十分張り合えそうな35選手。

熟練の技で上手さが光る、いぶし銀の45選手。



kanto-open-softtennis2022_15


kanto-open-softtennis2022_14


kanto-open-softtennis2022_16



このレベルの試合を見ていると、自分との差に愕然としますが、いつかは追いつき追い越したいと思います!



大会結果>令和4年度 関東オープンソフトテニス大会(東京都ソフトテニス連盟ホームページ)
令和4年度 関東オープン(男子)大会結果
令和4年度 関東オープン(女子)大会結果




【注目動画】2022関東オープン 男子35/決勝 大田・小森(若月組/グリーントマト)vs金田・豊田(常磐クラブ/若月組)




【注目動画】2022関東オープン 男子45/決勝 田中・鈴木(日本信号/坂戸ソフトテニスクラブ)vs諏訪・佐々木(川口ISC /坂戸ソフトテニスクラブ)




SOFT TENNIS Navi
https://www.youtube.com/c/SOFTTENNISNavi



softtennis_blog


sofunavi_softon



ブログのトップページへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加